06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
RECENT ENTRIES

ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

本日4本立てぁ。味稗裡砲膨媛辰気擦討い燭世ました。
 ご本人からご快諾いただきましたので、【シャワートイレの気まぐれなつぶやき!!(シャワートイレさん)】とLINKさせて頂けることになりました。

 そしてこのブログをLINKに入れてくださったので、『☆RedStar53 阪神・赤星選手FanBlog☆(Amethystさん)』をLINKに追加させていただきました。

 リンクご紹介集はこちらをご覧下さい。

追加させていただいた紹介文は
続きを読む >>
| LINKS | 23:01 | comments(10) | trackbacks(0) |
本日4本立て そういやぁ私
去年の12月3日に、こんなこと書いてました。当たっている面あり?

| タテジマに想いを | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
本日4本立て◆ _樵曖悗如
実況「最後のバッター、ショートゴロ!鳥谷から、シーツへ!!試合終了!!阪神タイガース2005年セントラルリーグ○○!!長かったシーズンに、1つの大きな大きな結果を残しました。いかがですか?解説の福本さん。」
続きを読む >>
| タテジマに想いを | 21:00 | comments(6) | trackbacks(1) |
本日4本立て ,ょうろぐさんで楽しいことをやっているので、僕も書いてみました。
 きょうろぐ さんで楽しい企画をやっているので僕も書いて見ました。

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 19:54 | comments(3) | trackbacks(7) |
赤い心を見せたシーツ先生
いつかは止まる。そう思って見ていた今日の試合、2つ止まったものがあった。

 1つ目はカープ新井選手の連続試合本塁打。さすがにこれはいつかは止まるもの。しかし止まったからといってそれが悪いわけであるはずが無く、むしろ6試合連続で打ち続けることが凄いことで、新井選手にはこれをきっかけに更に打撃が上昇するであろう予感を感じさせた。

 2つ目は福原投手の対広島戦の連敗だった。なんでもえらい負け続けていたらしく、これだっていつかは止まると分かっていながらそれがいつになるのか分からない中での登板だった。

 序盤のホームランの失点は嫌な予感がしたものだが、いつもと違うのは四球の少なさだった。

 ヒットでの出塁は仕方ない。もちろん逆球が多ければ問題だが、打たれて出塁されるのならまだ諦めがつく。6イニングで89球。1イニング当たり15球で6安打。良くはないけど野手のリズムまで崩すような内容でもなかったと思う。

 ファンも、そして福原投手自身もそうかもしれないが、三振を狙いすぎてしまっていなかっただろうか?三振を狙いすぎるあまり力が入り狙い通りに投げることが出来ない。そして自滅する。それが今までの悪いパターンだったと思う。とりあえずさっさっとアウト3つ取って帰ってきてくれればそれでいいのだが。

 その今までと違う福原投手にリズムを崩さなかった打線にとって、3周り目となる打順で相手のデイビー投手攻略に取り掛かるのは今の打線にとっては苦労はしても出来ないことではなかった。

 1点を返して迎えた7回、こで昨日も打ち込まれた仁部投手を出さなければならない。片岡さんの地味だけど確実に出塁する選球眼の良さから始まる反撃。打つよりも相手にダメージを与える方法があることを教えてくれる。そして梅津投手へ。そしてシーツ先生が。今の自信を持って打ち込むタイガース打線。2点差で終盤に入ったら負けると思わないタイガース打線には非常に厳しい試合展開をカープは強いられる。

 最終回のアニキのホームランは米子の皆さんへの置き土産。実際には1点のリードでもあの中継ぎ陣をカープが打ち崩すのは容易ではなかった。

 昨日の黒田選手のアクシデントがあったとはいえ今週すでに2勝。夏場のロードまでに1つでも多くの貯金をしたい。ロードは5割でも上出来なだけに、その前の貯金がモノを言う。

 週末の横浜戦を過ごせば、その次はヤクルト(甲子園)、中日(ナゴヤD)、ヤクルト(千葉)と厳しい相手が続く。勝てるときに勝つ、貯金できるときにする。これが重要な出来事となって終盤へ向けて走り続ける。

 去年とは何かが違うタイガース。2003年の優勝は指揮官のリーダーシップによるところが大きい。2004年は空回りの1年。今年の2005年は選手が大人になった成果が現われている気がする。そしてその大人になった選手をベンチが気持ちよくプレーさせている。昨年のように原因が分かっていても打撃指導もせず選手が失敗し、岡田監督に「分かっているなら言ってやらんかい!」と怒られた死球コーチ(今年は福岡にいるわ)も今年はいない。

 選手が大人ならコーチも大人になった。しかし冷めているわけではなく勝つ姿勢を捨てていない。その姿勢を保ち続けて、選手へのバランスに配慮していけば昨年とは違う結果が出てくると思う。

 明日は移動日で試合がない。好調な時は毎日だって試合をやりたいものだろうけど、ここは英気を養って、横浜で大暴れしてほしいと心から願っている。

追記1 今日、読売ファンの友人が言った。「私ども巨人も、いよいよ『完全なる5位』という言葉がピッタリな感じです。」

追記2 岡田監督の愛称をどうするか?(ソース:夕刊フジ)・・・ノムさんは「知将」、星野さんは「闘将」、さて岡田監督は?・・・「どんでん」しか思い浮かばん・・・

 今日のMVPはこちらへ
| タテジマに想いを | 22:41 | comments(15) | trackbacks(31) |
油断無しの大勝
 あちぃなぁ・・・今日は俺が住んでいる静岡市内で37.8℃だってよ。。。気温が体温より高いそんな日に外の用事で出たりして・・・ふぅ・・・定時で帰ろ・・・っていつもだけど。

 で、今日のタイガースは米子で試合。先発は米子大好き?井川。相手は黒田投手。相手のエースをどう崩すか?ってところに注目して試合を見る。

 井川はいいんだか悪いんだか?って感じで1点を先制されるがアニキ(実は末っ子らしい)のホームラン行脚32場所目で同点。そして見事な攻撃で4点を取り試合を決め・・・たはず。

 しかし直後に広島:新井選手が♪赤い心見せ〜 広島を燃やせ〜 空を打ち抜く〜 大アーチ〜♪を赤星くんの頭上にぶち込み追いすがる。

 この新井選手のホームランは広島の球団タイ記録となる6試合連続アーチ。ちなみにもう1人は、打率2割!しかし読売の角からは鬼のように打ちまくったランスという、チーム在籍中は『フランシスコ・ザビエル』という(キリスト教を日本に伝えたえらい人)あだ名をつけられていた。

 現時点の日本記録は王さんと我らがタイガース最強!いや、日本プロ野球史上最強の外国人選手のR・バース選の7試合連続。でもあのときバース選手が王さんの記録に並んだとき、相手は逃げまくってボール球ばかり。王さんの記録をそんなにまでして守りたいのか?と嫌気がさした。

 記録っていうのはいつかは破られる。だったらタイガースは新井選手には逃げずに戦って抑えきってほしい。

 しかしこの米子球場ってのは、音をよく拾う球場というか何というか、バットに当たる音、ミットに収まる音がよく聞こえてなかなか新鮮な気持ちにさせてくれる球場だ。7回の新井選手の足とアニキの肩の勝負もナカナカ良かった。ファンからも久しぶりに地元で野球を見ることが出来る喜びが感じられて良かった。

 カープは井川に滅法強い栗原選手を昇格させた。ラロッカがいない、尾形もいない。そのなかで出来るだけの戦いをチーム一丸となってやっていた。

 勝負としては登板前に「甲子園のマウンドは苦手です。」と自ら語る、甲子園だけじゃなくてタイガースが苦手そうな高橋健を登板させなきゃならない苦しさのなか戦う。

 何度も粘る、それでも粘る。しかしタイガースも盤石の中継で抑え付ける。打線が頑張っても取られてしまうカープと、投手陣が取られたら打撃陣が取り返すタイガース。今の両チームの順位そのままの差を見せながら試合は進む。

 そして迎えた8回。4点差の満塁でまこっちゃん。果たしてこの点差でこの展開。まこっちゃんはやるのか、やらないのか??この永遠のテーマに対しまこっちゃんが出した答えは。。。テレビ画面に映る表情はやってくれる表情だった。そして!ヤッテクレタァァァ!!今日も2打点だ!!試合数を上回る打点数。色々やらなきゃならない去年の3番と違い、今年は「打点」に専念できる5番。他の選手なら打点を上げるだけでも苦労するのに、今岡選手は「打点を上げるだけでいいんでしょ?」って感じで稼ぎまくる。

 8回に得点を重ね、試合は事実上決まる。アナウンサーの実況もしみったれてきた。「あぁ、この雨はカープの涙雨となってしまうのでしょうか。。。」、「放送席も、正直言葉がありません。」、「しかしこれも現実!!」・・・聞いているこっちも切ないよ。しかしそれでも打席で粘る矢野さん。8回表で雨天コールドになったら今岡選手の打点が消えてしまう!!

 試合は大幅なリードのまま終了した。こういった大量得点差のゲームの場合、翌日が雑になる懸念はあるが、現在のチームでは各々が役目をこなしている成果であるので気にすることも無さそうだ。

 今回のカープ戦は2連戦。だから明日も勝ってハマへ向かおう。

 ハマスタ観戦まであと3日!!ぎっくり腰:多村は帰ってくるのか?!来るなぁ!!次からにしてくれぇ!!

 今日のMVPはこちらへ
| タテジマに想いを | 22:44 | comments(12) | trackbacks(32) |
名選手が
 僕が子供の頃、タイガースの選手を区別できるようになったかならないかという頃に、タイガースで活躍されていた遠井吾郎さん(一塁手)が肺がんでご逝去されました。(ソース:大阪日刊)
 
 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
| タテジマに想いを | 18:40 | comments(4) | trackbacks(2) |
酒と猛虎と男とボウリング
昨日のアクセス数。。。439アクセス。。。ブログ始めて以来、最多の数字でした。

 いつもご覧になってくださっている皆さん、ありがとうございます。

 いかにも真面目そうなブログタイトルに惹かれてご覧になってくださった皆さん、ありがとうございます。と同時に申し訳ございません。
 
 あまり馴染みのない方はご存じないかと思いますが、試合の無い日はふざけたことを書いているこのブログ。今日もお届けします。

 日によっては試合のある日より、このコーナーの方が人気があるのが困っちまうぜ。酒と猛虎と男と○○シリーズです。でもタイガースは関係ないネタです。行ってみましょう。

続きを読む >>
| 酒と猛虎と男と○○ | 18:33 | comments(2) | trackbacks(0) |
浜風が運ぶ、XtaSEAさんにエクスタシーな勝利
 昨日は野球の神様に僅差で振られてしまったタイガース。しかし今日はどうか?!ブロガーXtaSEAさんの対読売戦初勝利を賭けた戦いが始まった。

 しかし杉山くんは悪かった。球が甘いなんてものじゃなく、サインと違うところにも投げて矢野さんの表情を変えさせた。

 点を取ってもらった直後に取られてしまう。追い込むところまではいいけど、追い込んでから三振でも取りたくなるのか甘くなる。タイガース野手陣が今一番苦労している「先発投手による一人相撲」が今日も始まってしまった。途中で矢野さんの顔つきが変わったもんなぁ。しかしイニング数を上回る奪三振数・・・わからん。

 それを救ったのは、まさに神様のご配慮とでもいうべき『浜風』だった。なんせ読売の打つホームラン性の当たりがことごとくフェンス前で失速する。打球のあがった角度から見れば何本もスタンドに入りそうなものだが1本も入らず、逆に矢野さんと今岡選手の当たりは見事にスタンドに飛び込んでいった(さすが横浜時代からの打ち上げ花火師マレン)。6回裏のアニキの当たりだって巻いて入ったように見えたし。

 今日もチームに幸運を持ってきたのは鳥谷くん。神様は女神なのか?この若いオトコマエが今日も2安打に押し出し四球を選ぶなどチームに流れを持ってきている。鳥谷くん!誕生日おめでとう!!

 観戦しているXtaSEAさんは藤本ファン。その藤本もヒットを打ちチームに貢献する反面ミスもする。。。。。はやく1人前の選手になってXtaSEAさんを安心させてやってくれ!胃腸の治療をしたばっかりなんだし。胃に悪いって。。。

 久しぶりの打者一巡でも杉山くんは安定しなかった。球は抜けまくり、コースは外れる。だがしかし、それ以上に読売が狙いを絞れず捕らえ切ることが出来ない。おまけに浜風は味方してくれないし。

 先制、中押し、ダメ押しが出来て今岡選手も打って再び3割に届く勢いで打ち始めている。6回も悪いときなら得点差からタイムリーを打つなんてことも少ないのに、小久保の『でんぐり返りの練習』の横を抜けて2ベースヒットになっている。

 終盤の大事な場面ではハシケン登場。3イニングは長いと思ったかもしれないけど、7・8回の2イニングで23球しか投げていない少なさを活かし最後まで行った。

 7・8回の2イニング、その2イニングで相手に反撃されたら試合の行方が分からなくなるだけに大きな大きな好投だった。

 これで2カード連続で2勝1敗の勝ち越し。こうやって毎週勝ち越して、その結果毎月勝ち越していくことが本当に大事なことだと思う。

 お立ち台ではハシケンが春のキャンプで見せたように「タメ口でインタビューを受ける」のを期待していたが、新人らしく嬉しさを隠さずに話してくれた。しかしなぁ、杉山くん「これからも『矢野さんのミット』めがけて!」って・・・野口さんも浅井くんもいるじゃないか。。。次も頼んだぞ!!

 何はともあれ、脅威の勝率しんさんと、甲子園対読売戦初勝利のXtaSEAさんかおりん姉さんおかやんム?murakurinさん?観戦勝利おめでとうございます。今週は日程も空く日があるのでチームにはしっかり調子を整えて勝ちに向かって進んでもらいましょう!!

 今日のMVPはこちらへ
| タテジマに想いを | 21:58 | comments(14) | trackbacks(38) |
本日2本立て  そして始まるタテジマの逆襲(途中、下品な表現します)
 


7月2日と3日の両日、旅は人生の道標のブロガー、shuさんのお誘いでハマスタに行きます。画像のユニで出撃です。あぁ、2003年のまこっちゃんの代名詞、初球から遠慮しません打法が見たい!!

 ・・・最終回に点を取った次の日は勝率が良いような気がする。そんなことを思ってテレビを消した。

 今日の試合、ベンチの不可解・・・に見えた反撃で微妙に苦戦した。そして取れなかった点差が最後に決まってしまった感じだ。例えば江草くんのキャッチャーダブルプレーにしても、状況は難しいんだろうけど他に何か打つ手があった気がする。あのまま三振しても責めないし、同じゲッツーなら打ちに行ってくれた方がよかったし。

 ブラウン投手は球が高く、比較的よかったストレートをそれほど投げずに終わってしまった。捕手との相性なのか、それとも何なのか分からないけど押してゆくべき球の見極めができればもう少し何とかなると思った。

 ドラフトで投手ばかり獲得することに疑問を持っていたけど、こういう状況でローテーションが安定せず、ブラウン投手を持ってくることになると、やはり先発投手ってのはいくらいても足りないことはないんだなぁ・・・って思った。でも新人の若手二塁手は必要だし。

 しかし印象としてはジェフ投手の一発病って気がする。不幸な不幸な、もういっちょおまけに不幸な内野安打でランナーがたまってしまったのは仕方ないけどね。

 さてさて、今日の試合の印象に残ったシーンは何といっても球児くんの「見たか!」って場面だった。

 思い起こせば4月か?自称番長の500本目のHRがかかっていた試合に、『プロとして』勝負した球児くんに、まるで漫画の読みすぎのように「キン○マ付いとんのか!!」と番長と呼ばれている割には卑怯にも直接言わず、マスコミを通じて陰口のように言った『(自称)番長・清原』。。。恥ずかしいと思わないのか?・・・に対し、今日は思い知らせるかのように1球を除いて全てストレートで勝負『してあげた』場面だ。

 おそらく清原は老眼が始まっているのかもしれない。老眼が試合にどれだけ関係あるかどうか知らないけど少なくとも動体視力は落ちている。もしくは、頭に喰らい過ぎた影響で、脳の「打て!」と言うサインに体が付いていかないのかもしれない。非常に明暗が分かれた、「だから言わんこっちゃ無い。」という感じだった。ほれ、頑固な年寄りが「まだまだ若いもんには負けん!」とかいって掴みかかっていっても相手にされず転がされる昔のドラマの場面のようだ。

 そもそも前回は、同じ三振するにしても言い訳できるようにフォークにしてあげたのに感謝もしないで、こともあろうに口答えしてるから、今回は。。。ねぇ?

 それに「まだまだ若いものには負けん!!」っていうのは、うちのアニキのような人の言う台詞なのに。

 ってことで球児くん、自称・番長(仮?)に対し、きっとこう思っただろう。

 「ワシのキン○マはお前のために付いとるんじゃないわ!!嫁のためじゃ!!」・・・・・・・あぁ、すいません、品が無くて本当にスイマセン。

 で、許せなかったのはまだいたか。。。

 グランドにメガホンを投げ込む輩が(怒)!!

 あのファインプレーはメガホンを投げられる覚えは無いぞ!! 大体なぁ、読売ファンの連中は後ろのタイガースファンに関係なくレフト最前列で立ち上がって応援しやがって・・・そうじゃなくても普段から「おーおーおーおー」うるさいし、俺の職場の大嫌いな上司も読売ファンだし、大嫌いが重なって大大嫌いだっちゅぅに!!今日メガホンを投げたお前!甲子園だけじゃなく、スポーツ見に来るな!!でも投げたやつ、今日は無事に帰れただろうか?

 怒りに気持ちが治まらない部分もあったが、最後にまこっちゃんが今日も打点を上げて、ただで試合を終わらせなかった。今の読売には「0」で抑える投手はいない!!


 勝とうぜ!阪神タイガース!!怯まず戦おう!! しんさんXtaSEAさん、明日がんばってね。

 今日のMVPはこちらへ
| タテジマに想いを | 22:47 | comments(22) | trackbacks(27) |
本日2本立て    ばとーーーーーーんん
Pinkyさんから送られてきたMUSICAL BATON。。。書くだけ書くよ〜♪♪

☆Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

 3.3GB 
 ipod の使用を始めたら急激に増加。現在、MDやテープをパソコンに取り込む作業を地味に継続中。更に増加予定。

☆Song playing right now (今聞いている曲)

 PADDLE@ミスチル アルバム『シフクノオト』より。今さらかもしれないけど、この曲の良さを再認識。最近再び聴き始めました。

☆The last CD I bought (最後に買ったCD)

 ラヴ・パレード@ORANGE RANGE  電車男・・・平日仕事を休んでのんびり観たいなぁ。

☆Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

 六甲颪は別格。スピッツ、サザン、GLAY、ミスチルはよく聴くので選びようが無いくらいです。なので、テーマを決めて、そのテーマに沿って選曲します。

 〕粒敝門 
Just once@James Ingram
(アルバム「Kiss 〜for million Lovers〜」より)
 曲を知ったきっかけはSALT & SUGAR(SING LIKE TALKINGの佐藤竹善と元オルケスタ・デ・ラ・ルスの塩谷哲)がカバーしたアルバムを聴いたから。もう一度・・・の魔法は自分の生活に必要だなぁ。。。と感じることあり。

◆々イな曲だけど、一緒にカラオケに行ったカワイイ子が歌ったら、もっと好きになった曲部門
Sweet Emotion@相川七瀬
(シングル) 
 とてもノビノビとして開放感がある曲。スタンドから見上げる空みたい。オレが選手だったら絶対にこの曲で入場したい。かわいい子に関係なく好きな曲です。

 めでたいときに歌う曲部門
Happy Birthday @ サザン
(アルバム「KAMAKURA」他)
 そりゃあ明るい曲ですよ。以前、誕生祝にみんなで行ったカラオケで歌ったら喜んでくれた。え?誰の誕生日かって??忘れたよ。

ぁ々盥酸犬虜△痢ΑΑ
B・BLUE@BOΦWY
(シングル)
 高校3年生の頃、学校の文化祭のバンドコンテストに応募しようってことになったんだけど、僕は楽器の演奏が出来ない。他人の振りをしていたら、勝手にボーカルにされてエントリーされたときに練習した曲。でも結局、文化祭当日は体調不良で僕が入院。バンドもドラムが見つからなかったとさ。

ァ)佑人を好きになる時はこんな感じですねぇ。
 堕ちてきた天使@松岡英明
(アルバム「We Love You」)
 いやぁ、書いていて恥ずかしい。でも少し単純で、明るくて好きな曲です。

Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5人)

 う〜ん・・・もうみんなやってるし。受け取ってくれる人がいたらお渡しするけど。もういいでしょ?
| プロフィール | 20:29 | comments(2) | - |
まこっちゃんの奥ゆかしさ・・・あれ?
 仕事の帰り際に仕事をよこした読売ファンの上司に非常に腹が立ったまま帰宅した私です。

 信号機が正常に働けば勝てる!! 試合の決まったイニングで、シーツ先生がライト前ヒットを打った。ランナーは赤星くん。このとき僕の脳裏には嫌なものがよぎった。それは!鳥谷くんのサヨナラHRで勝った試合、3塁の信号機が故障して突撃させたシーンを!!しかし今日はメンテナンスをしてきたのか、しっかり作動!!見事に赤星くんを3塁で止める。

 11回裏、ついにチャンスで1アウト1.3塁。どうせ打たれて負けるならアニキよりもまこっちゃんの方がいいとでも思ったのだろうか敬遠してしまい、「こういう状況なら外野フライを打つなんて・・・えぇい騒ぐな皆の衆!!」の選手に廻してしまった。この試合はシーツ先生のヒットで決まっちゃったんだなぁ。

 今日のタイガースはいつもどおりだった。やはり上原投手は良くなってくればナカナカ打てない。今年は絶好調だけど、下さんは6回3失点は計算どおりの選手。赤星くんは走る。鳥谷くんもつなぐ。といった働きが出来る状態、これも普通。ライトに、センターに、手前に、ファールグランドに、広角にポコポコフライを打ち上げる藤本、4打数4フライ。これもいつもの状態・・・・・そろそろ怒るよ、マジで。

 そんななか当たり前を製造中の選手が今岡選手だった。でも今のタイガースにとって今岡選手が打点を上げることが既に当たり前になっている事実。それが本当に素晴らしい。

 最後の場面、おそらくまこっちゃんは打とうと思えばヒットでも打てたに違いない。でもそこを形式上はアウトになっても勝ちを手に入れるという相手への思いやりの満ちた勝ち方。まさに、まこっちゃんの慈悲に溢れる勝利の場面だった。

 今日の勝利で今週の負け越しはなくなった。しかも相手は上原投手という切り札を切ってしまった。それでも勝てないジャイアンツ・・・凹むだろうけど、凹むだけの気持ちを持った選手がいたのだろうか?小屋の中で外気に触れないウサギと、空の下で動き回る虎では勝負にならないくらいの勢いの差と意識の差が見て取れた。そんな感じの試合だと思う。

 今日の久保田くんの「ドキドキ劇場」も少しあった。でも負ける試合には見えなかった。先発の下さんが残したチームへの気持ちはしっかり最後まで残っていた。それが本当に嬉しい今日の試合だった。

 嬉しいと言えば・・・・・

まこっちゃん「うれしいっす、ほんとに・・・でへへへへ。」(←ヒーローインタビュー)

今岡選手「いやもう、何も考えて無かったです。」(←ヒーローインタビュー)・・・いや、もう、何も考えない方が良い結果出てます。

選手会長「ストライクが来たら振ろうと思いました。」(←ヒーローインタビュー)・・・いえいえ、ボールでも『今岡ゾーン』なら全部打ってください。

 今日はナイスゲームでしたね!解説の工藤さん?!「そうですよねぇ・・・」 ありがとうございました。

 明日も前を向いて戦い抜こう!!go!Tigers!!

 今日のMVPはこちらへ


今日は↓の記事でも大当たりだし♪
| タテジマに想いを | 23:17 | comments(2) | trackbacks(18) |
当選〜♪♪

タイガースネットの『てぃぶろぐ』虎っくばっくスタジアムに参加したところ、嬉しいことに当選しました。
今日、景品として、マスコミに配られる『タイガース2005 MEDIA GUIDE』が届きました。
あぁ嬉しい。


たけ
| タテジマに想いを | 18:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
忍んだのはファンの方だった?
年に数回ある拙い試合だったかもしれないなぁ。福原投手は完全に『怪我をする前の状態』に戻った。そりゃ良くも悪くも。戦績を見れば拙いことは分かる。井川を1回ファームで作り直したことを、今度は福原投手にやってもいい時期かもしれない。しかし今年はローテが安定しない年だなぁ。でもこう言えるだけ贅沢になったなぁ。今まではローテも組めなかったんだし。

 今日の試合、中日は楽だったと思う。立っていればランナーに出れるのだから。守っている方は、先制して追加しても・・・投手があれじゃあコケる。

 いいところを探すとすれば内野手は全体的に良くなっている。そりゃサードは時々お粗末な守備をするけど、それでも打つ方は鳥・藤の猛打賞はあるし、悪くは無い。

 欲を言えば4,5番。特にアニキは調子が出ない。今岡選手は「最近、打てなくて寝つきが悪い。」ことが判明した。1試合に1安打は打って、しかも打点を上げても寝つきが悪い。驚いたことに打率が3割を切っているがこの人は知らない間にageてくるのでダイジョウブだと思うが。。。ただやはり後ろがスペンサー選手というのが心配だったんだろう。ここは思い切って、矢野さんを6番に上げ、中村選手、藤本・・・でもよかったのかと思う。

 福原の代え時・・・確かに難しかっただろう。でも今日は5回終了時で代えておくべきだった。中継登板過多ではあるが、今日の内容なら中継が出動するのは目に見えている。ならば勝ちに行くときに勝ちに行ってほしい。

 今日の試合は、そういう意味ではベンチの動きも固まってしまっていた。いや、福原投手が固めてしまったのか???あれ?もしかしたら今日、ベンチで80番を着けていたのは、もしかして監督と頭頂部が瓜二つの影武者、ヒラ○カ・コーチ???・・・ならあの采配も仕方ない。なんだ、怒る気にもならないや。

 今週は明日から読売と戦う。今日で今週2勝1敗。4勝2敗できればいいんじゃないか?今はゲーム差よりも2005年版タイガースに全員が慣れて行く途中の時期なんだろうな。最終回の1点を明日につなげて、しっかり試合をやろう!!!


追記:広島東洋カープ・野村選手。2000本安打達成おめでとうございます。

 今日のGAORAは解説が世界の盗塁王。そこで南海の名選手でホームランアーチスト、門田さんの2000本達成の時のエピソードをアナウンサーが紹介していました。

 なんでも門田さんは2000本目は2ベースで決めたかったそうです。何でかって言うと、「2塁の上なら球場中から見てもらえる。その場所で、みんなの前で花束を貰いたい。」ということでした。そして見事に2ベースヒットで決めたそうです。

 それを聞いた世界の盗塁王・福本豊さんの言った台詞がすごい!!普通に「なかなかのもんやねぇ。」・・・!!

 門田さんの偉業をさりげなく「なかなかのもん」と言えるのは!って言うか、言って許されるのは福本さんと王さんぐらいでしょう。すごいぞ福本さん!!さすが国民栄誉賞を「そんなんもろたら、立ちションもできなくなる。」と断った方です。

 今日のMVPはこちら
| タテジマに想いを | 23:50 | comments(10) | trackbacks(19) |
赤ちょうちんでTD対決
今日は仕事の打ち合わせで遅くなり、延長戦になったのを知っていたけど上司と飲みに出かけて帰らせてもらえず。。。しかも飲みにいった人の中にはナゴヤ出身の竜ファンがいたりして・・・しかしこの結果!!やったぜ!!

 打てる球を見逃さない鳥谷くん、エライ!! 


 レフト方向にも強いあたりを打てた鳥谷くん、えらい!!


 踏ん張った投手陣もエライ!!まこっちゃんは・・・そろそろやるはず!!

 赤ちょうちんのカウンターで「やったぜ!!」と叫んでゴメンナサイ。上司が「こいつは本当に阪神バカなんですよ。」と言ったことに対し、「それのどこが悪いんですか!」と言い返して何が悪いんじゃ!!午後11時以降、私の酒は祝杯に変わりました。3塁の信号機は故障中みたいですが。

 試合経過を何回もメールで教えてくれた観戦仲間の、のぶさん、おかやん、げんばさん、本当にありがとうございました。

 この連勝は言うまでも無く本当に大きいですね!!この調子で突っ走ろう!!

 今日のMVPはこちらへ
| タテジマに想いを | 00:05 | comments(18) | trackbacks(26) |
ドラゴンズクエスト?
・・・センセイサレタ ヤノ ハ シュウチュウリョク ヲ タカメタ ・・・ ヤノ ノ レベルガ アガッタ・・・
・・・ドカーン!! ホームラン ダ! ヤノ ノ レベル ガ アガッタ!! 

・・・チャンスガキタ  ヤノ ハ バット ヲ モッタ・・・ ヤノ ノ レベルガ アガッタ・・・
・・・パコーン!! タイムリー ダ! ヤノ ノ レベル ガ アガッタ!!

・・・ダイピンチダ  ヤノ ハ ヒラキナオッタ ・・・ ツラレテ クボタ モ ヒラキナオッタ ・・・ ドカーーーン!! サンシンダ!! オレリュウ ヲ タオシタ ・・・ ショセン ノ タビ ガ オワッタ オオサカドーム ニ ヘイワ ガ オトズレタ・・・

でいいのかどうか分からないけど、今日の試合はRPGのように山あり谷ありだった。

 井川の失点は気の毒なもので、先制されたのは打たれたことは仕方ないが、中継の藤本の送球が逸れ、クロスプレーにすらならない。その藤本はチャンスで三振と、いいところが無かった。この様子を見ていた僕は、同じ左ならバントも出来て、守備も悪くはない8番セカンド秀太選手でもいいんじゃないかと思った。

 鳥谷選手は人が変わったかのように2番で生き返っている。つなぐ意識を持とうにも8番では次は基本的には投手。しかし今は後ろにシーツ先生、アニキ、選手会長といった選手がいる。自分も一員であるとの意識は彼のモチベーションを上げている。

 経営学ではモチベーションとか、モラール(モラルではないです。)が組織や成員に影響を与えるということが当たり前のように考えられ、そのモチベーションとモラールの管理が重要であるとされているが、今の彼にはその両方が好転している状況である。(偉そうに書いている私は高卒)

 井川だって悪くない。必死に出来ることをやっていた。さすがに2,3回で1点ずつ取られた時は嫌な感じがしたものだが、その後は鳥谷くんの好プレーに救われ、持ち直して行く。もう、鳥谷って呼び捨てにするのはやめよう。井川も試合後の談話ではチームへの感謝を述べている。本当にそのとおり、これはチームの勝利だ。

 5回裏の3点目と4点目は矢野さんが打ってくれて、このまま満塁を潰したら今までのドラゴンズが苦手な意識が強くなってしまうものだったが、そこを救ったのが矢野さんだった。

 選手会長が打てない日もある。アニキだって打てない日もある。シーツ先生も必死に何回もチャンスを作ってくれた。6番打者は。。。置いといても、それでも誰かがやってくれる。それが今のタイガースの強さ、チーム一丸だってことだ。この輪の中に入ってこなければいけない選手もいる。もっと大きな輪に広げていこう。

 交流戦ではあれほど取れなかった初戦を強敵から取ることが出来た。この流れを絶やさないように、明日からも攻め続ける戦いが待っている。
最後だってそうだった。コントロールが定まらない。変化球も決まらない。そうなった久保田くんに残されたものはクソ度胸とストレートだけだった。今日の最高は157km/h。思いっきり攻め込めば抑えられる。攻める気持ちがどれほど大切かを最後に知ることが出来たと思う。

 怯まず戦う勇気、恐れず攻める勇気。

 退く勇気は必要ない。前進前進でタイガースは戦うことが似合っている。明日からも今日の雰囲気のままに戦いに挑んで行こう。

 今日の岡田監督・・・「何ていうか・・・」をインタビューの中で7回言いました。口癖か?「明日も思い切って行ってほしい。」監督も良い方向に思い切って行きましょう。

 さて、今日は静岡では横浜VS読売の試合がありました。途中経過のみですが、横浜が大量得点差で勝ちました。読売ファンが多い静岡ですが、その読売が負けるなら野球ファンとしてはクルーンを見たかったはず。事実、8回表終了までは6−4の2点差でハマがリード。さぁクルーンの出番かぁ??と期待した観客をあざ笑うかのように、8回裏に読売は5失点(ハマは5得点)・・・これじゃあクルーンは出ない。空気の読めない両チームの戦いでした。

 今日のMVPはこちらへ。
| タテジマに想いを | 22:24 | comments(6) | trackbacks(31) |
酒と猛虎と男と『出会いの場』
 今日の記事は、やや自慢が入ります。「てめぇの自慢なんて読みたかねぇや!」って方はスルーしてください。
続きを読む >>
| 酒と猛虎と男と○○ | 19:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
酒と猛虎と男とばーべきゅー
 暑くなってきて、お読みの皆さんの中にも川原で、海で、山で、その他の場所でバーベキューなどをやっている方も多いと思います。

 今日はそのばーべきゅーの思い出を書きます。

 あれは今から7年位前のことでした。後輩から「大人数でばーべきゅーイベントをやりたいんです。来てください。」と言われ行きました。自宅から車で40分以上かかる山奥の川原でやることになりました。行くと返事をした手前、行きましたが気分はすでに「どん引き」です。

 行ってみたらいるわいるわ・・・その数、男女合わせて軽く100人は超えています。別に変な勧誘も無く、名簿に名前を書くことも住所も書かないため、適当な名前で参加します。

 一応、番号を書いた札を渡され、それを服の見えるところに付けることになりました。で、後は勝手に知り合ってください。。。という感じです。一応、イベントの最後に気に入った番号を3つまで書いて、お互いに指名しあった場合はカップルになれるって趣旨でした。

 僕と友達、計3人はとりあえずさっさと飲んで酔いを醒ましておかないと、帰りの車の運転が出来ないので飲み始めました。でも周りを見てもなかなか初対面同士が盛り上がるなんてことはしていません。で、主催者側が何とか盛り上げようとゲームをするのですが、僕らは参加もせずに飲んで食ってました。元を取り返そうと必死です。え?誰か相手を見つけてそっちで元を取り戻せば?って??そんなのは会場に着いたときからチェック済みですよ。

 そのうちに司会者が「女性は輪を作ってください。そして男性がその周りを回ってお互いに顔合わせをしてください。」と言いやがりました。そうそれはまるで、甘いものに集る蟻のように。。。花に群がる蜂のように。。。う○こに群がる蝿のように。。。汚い表現で申し訳ない。って感じでした。

 しかしそれは僕の友達の悲劇の始まりでした。とりあえず1周しましたが、いい子がいないものはいないんです。こういうときに恐ろしいのは目が慣れて『他にいい子は、他の場所に行けばいくらでもいるのに、その中で少しでもマシな子がいると、その子が一番良く見えてしまう』ことです。これで後悔したことが何回あるか。。。

 ですが、僕の友達は普段から非常にモテるやつでした。さぁ、悲劇が始まります。僕の友達の番号を見ようと、沢山の女の子が寄ってきます。「番号教えてください。」なんて聞いてくるのはかわいい方です。警戒して見えにくく付けた友達に服をめくって見ようとする人もいました。僕ともう1人の友達は、そいつがモテるのは見慣れているのでどうってことなく、腹が減ったので焼きそばを作っていました。炒めている焼きそばに水をかける前にソースの粉を振りかけるという邪魔が入りましたが、無事に作りました。

 するとどこからとも無く女性がやってきます。そして話しかけてきました。「焼きそば、下さい。」と。ご丁寧に皿と箸まで持っています。僕と友達は素っ気無く言いました。「ごめんね、これ、俺たちが食べる分だから。」・・・せめて「一緒に食べましょう。」くらい言えってんだ。それか出来上がる前じゃなくて、作っている途中に来て手伝え!!あぁ、ケチですいません。

 そんなこともあり、最終的に気に入った番号を書いて提出する時が来ました。僕は迷いました。。。誰もいねぇ。。。そりゃそうだ、土曜日の真昼間、日焼けも気にせずにこんな山奥まで。いねぇよなぁ。。。しかし!1人だけいたんです。僕はその人を書きました。ですが、当然その人には当たりませんでした。それはなぜか!!一番可愛かったのは、誰がどう見ても『司会のおねーさん』だったからです。聞いてみたら僕の友達も同じことを書いていました。

 そうそう、もう1人のモテる友達ですが、外れていました。ってか、ごめんな。彼女がいるのに無理やり連れて行って。

 イベント終了後、僕と友達は車に戻って帰る準備をしているのですが、モテる友達が来ません。車から見ると、女の子につかまっています。友達と相談の結果、「車を出すか。。。どうせ女の子が送ってくれるだろ。」と友達甲斐の無いことを言い始めています。少し動かした頃、友達が必死に走ってくるのが見えました。最後は無事に帰宅しましたが、それ以降、知らない人とばーべきゅーをやるのが苦手です。

 そして終わった後に、僕だけ腹を壊したのはきっと何かの罰が当たったに違いありません。
| 酒と猛虎と男と○○ | 21:24 | comments(2) | trackbacks(0) |
昨日の続き
 職場の嫌いな奴が、読売の選手と同じ名前だと更に嫌いになってしまう皆さんこんばんは。

 さて昨日の続き・・・今日こそはハマスタについて書きます。

 ハマスタというところは、静岡に住む僕には比較的都合の良い場所です。職場も静岡市の中心に比較的近い部署が多かったので、午後早退といった感じで職場を出て、そのまま静岡駅からJR東海道線の各駅停車に乗って熱海へ。熱海で快速アクティーに乗り換えて横浜へ。そして関内へ行っておりました。関内駅の改札を出る直前にあるコインロッカーに荷物をぶち込んでハマスタへ。というコースです。

 帰りの新幹線は、試合時間によっては新横浜から乗りますので最終でも苦しい。なので横浜線沿いに宿泊先を探したものです。そうすれば翌朝は朝イチの新幹線に乗れば職場へは間に合います。こういったことをしていました。もちろん時間に余裕がある時は午後から出勤していましたが。

 ハマスタですから、相手は横浜です。はっきり言って、よく負けました。昔は・・・といっても2003年くらいまでは、応援団のお兄ちゃんが声で応援を誘導していました。プラカードは無かったと記憶しています。ですから応援が間延びするわけです。

 例えば・・・「突撃!突撃!坪井!!・・・」の後に応援団の方が「さぁ、もっと大きな声で応援できるのではないでしょうか?! そーれ!坪井!!ドドドン・・・」って感じで前置きしたあとにコールして、そしてHMへ行くので、HMの前に終わってしまうこともありました。

 でも今はテレビで見る限りでは上手く流れているのでプラカードなどで合図しているんでしょうね。

 関東の球場・・・水道橋は知りませんが・・・1つだけ気になることがあるんです。それは『遅く来た客を通路に座らせること』です。やはり通路は『通る所』でしょ?安全面を考えたら座らせない方がいいと思うんです。そりゃ色々事情があって遅れて来られる方もいるでしょうけど、早く入って通路沿いの席に座ってもこれじゃ全然通路沿いじゃないですよ。特に神宮は酷くて、警備員が率先して通路に客を座らせているでしょ?あれじゃ後から来る連中の方が見やすい場所になってしまうんですよ。僕はそのことで神宮の警備員と言い争いしたことがあります。

 でも甲子園に今のように行くお金が無いときなんかは本当に横浜スタジアムによく行きました。

 親切な人もいましたよ。2002年でした。9月の消化試合で行ったときです。天気が悪くて雨模様ですが試合をやったとき、球場に入って1週間前でも余っていたので買っていたレフト指定席の自分の席に座ろうとしたら席の上に破った雑誌がおいてあったんです。僕のところだけじゃなく、何ヶ所も。何だと思いますか?

 実はそれ、早く来ていたファンの方が、後から来る方が椅子に座ったときに濡れないように、駅で雑誌を拾ってきて椅子の上に置いて雨を吸い取ってくれていたんです。それを自分の周りの席にやっていたんですよ。とても親切な50歳くらいの方で、僕の隣の席だったので、その日はその方と色々話しながら応援していました(負けたけど)。

 ハマスタの印象。。。応援しやすい。試合が見やすいかといえば、フェンスが高い球場なりの問題点はあります。テレビで観ると広そうだけど、そうでもない。その分をフェンスの高さで補っている印象があります。

 ジェット風船はダメだけど、外野は総立ちで大きな声で応援しています。球場の作りがそうなのか、声が良く響きますよね。

 ここ数年は「甲子園に行ける時は、甲子園に行っとけ!!」という考えの下に、甲子園ばかり行っているので、横浜スタジアムで観戦するのは2003年の夏以来です。約2年ぶりのハマスタです。ホテルも球場付近に予約しました。コインロッカーが関内駅の外にもあるか覚えていませんが、なるべく荷物を小さくして行こうかな?っと。

 このところオリジナルのユニは着ていませんが、今回はビジターユニで作ってあるものを着ていきます。背中には2003年の今岡選手の打撃を象徴する言葉が入っています。出発前日にでも画像を載せますね。

 このところユニの背中に文字を入れていませんが、またぼちぼち考えます。あと2週間後なんですよねぇ、楽しみです。
| タテジマに想いを | 20:13 | comments(0) | trackbacks(1) |
ハマスタぁぁぁぁ〜
うちの職場の彼女イナイ歴22年の22歳に、「僕のほうが先に彼女を見つけてみせます!」と34歳の俺に向かって宣言されたけど、俺は高校生の時には既に彼女がいたんだぞ!と思っている皆さんこんばんは。

 おかげさまでこのブログ、1周年を前後して1日のアクセス数が300から450程度になりました。この数字はブログとしては多いんでしょうか?そのうち本人は多分10くらいです。でも大勢の方にご覧いただいていること、お礼申し上げます。ありがとうございます。

 今日は仕事帰りに職場から近く、且つ自宅からも近いJR静岡駅構内のJR東海ツアーズで「ぷらっとこだま」のチケットを買ってきました。「ぷらっとこだま」とは何か??えー・・・すいません、詳しくは検索してください。早い話がこだまの指定席のチケットでドリンク付きで、静岡−新大阪間なら片道3000円近く安いやつです。これを7月下旬の甲子園分と7月2日のハマスタ分を買ってきました。7月3日の帰りは予想できないので金券屋で買います。

 そのハマスタ!「行こう!」と思ったのは関東在住のブロガー、shuさんのお誘いがあったからです。携帯にメールで「たけさん、来ない?」のお言葉が。実は僕の観戦予定、5月の楽天3連戦以後は7月下旬のヤクルト戦まで間隔が開きます。なので非常にありがたく、マジで嬉しく行かせて頂く返事を即答させていただきました。

 ハマスタですから相手は当然、横浜ベイスターズです。しかし僕は有名な?サイトである「大洋ホエールズだ!」で勉強しており、しかも静岡という土地は前監督の「大ちゃん」の地元であり(って昨年知った)必要以上に『大洋』の試合を見せ付けられているため・・・しかも相手は

ハマスタでやっても確実に客が入らない

対ヤクルトとか、対中日とか・・・のカードを

『たまにしかプロ野球が来ないので、やればほぼ満員になる』という田舎もん相手の典型的商売

をする姿勢は相変わらず・・・だし、昨年は対読売と対タイガースという試合を「どうせ負けるならハマじゃなくて静岡で・・・」と思ったか、珍しく静岡でやったら連勝してしまい、日本シリーズみたいに監督までお立ち台に上がり

「いやぁ、これなら静岡で毎年20試合くらいやりたい。

とか抜かしてみたら今年は対読売戦1試合のみで、「タイガース戦はどうした?おぃ!!」とファンの神経を逆撫でした・・・やはり静岡でやったあの試合、勝つには勝ったが「阪神ファンの方が多くて嫌になったのか?」・・・レフトだけじゃなくライトスタンドにも入りきらない阪神ファンが大挙して入ったからか??・・・とにかくそのハマのチームが相手です。

 しかし20試合ってあんた。。。リップサービスとはいえ、ハマの年間シートを買っている客のことも少しは考えないと。。。っていうか、まるで

ベイスターズにとってハマスタが鬼門

って言ってるようなもんじゃん。コレが原因で監督が代わりました(嘘)。

 でもこっちは真面目に考えちゃいましたよ。静岡草薙球場の外野は芝生席。なので席を確保するために仕事早退しなきゃなんないし、そうそういつも出来ないし。でも20試合のうちタイガース戦が5試合くらいならできるかなぁ?とか・・・

いや、出来る出来ないじゃなくて、やるな!俺なら。

 大洋の応援といえば、「ドンドコドンドンドン!ドンドコドンドンドン!ドンドコドンドンドン!ドンドコドンドンドン!そ〜れかっ飛ばせ〜!た・し・ろ!!(四角い窓枠にピッタリはまる輪郭をお持ちの現・打撃コーチ)」が思い浮かびます。

 子供の頃、親戚のおじさんからもらったチケットで見た静岡での大洋VS中日戦。田代さんのホームランで勝ち越したら、抑えの斉藤昭夫さんがボコられて逆転されたという、その時点でタイガースファンだった僕には何とも言いようがなく、しかも内野指定で観戦していたのにも関わらず、

ハマの応援団に無理やり応援させられたこと!
 
 ・・・とても恥ずかしかったですし、嫌だったですし、試合が長く感じました。などが幼少時の思い出として今は残っています(怒)。でもおじさんが買ってくれたアイスが美味かったです。

 あ、沖原選手がクルーンの157km/hのストレートをライト前にヒットしました。がんばれぇ!!

 というわけで、タイトルでハマスタ」と書いた割にはハマスタについて何も書きませんでした。ハマスタについては明日続きを書きます。

 今日のMVPはこちらです。・・・ってあるの?あるんです。
| タテジマに想いを | 21:04 | comments(4) | trackbacks(0) |
ブレイクタイム・・・んなわきゃあないが・・・
電車男の2番煎じを狙っている、電車通勤している彼女のいない皆さんこんばんは。電車は無理です。

 今日の試合は負けたけど、悲観することも無いような試合だと思う。負けて良い試合が無いのはもちろんだけど、仕方ない負けもあるってことだ。この1敗は後で取り返せる。そう思える試合だった。

 福原投手は今日は・・・っていうか、今シーズン勝ちが増えない理由を自分で披露しているような感じだった。『不用意』これで全てが言い切れるわけじゃないけど、そういった感想を僕は持った。

 先頭打者はそんなに出していないのに、それでもランナーを背負うと甘くなる。そして打たれる・・・点を取ってもらっても直後に取り返される。本当は慎重に行かなければいけないところでそうじゃなくなっている。そういった感じで僕は見ていた。

 打撃陣に点を取らせるのも投手の力量であるのは下さんで証明済みだ。岡田監督が言ったという「井川と福原の勝ち星がアレでも、チームの貯金がコレだけある。」(←正確な発言文言ではありませんが、そういうニュアンスの内容)というチーム状態でいるうちに建て直しが必要だと思う。

 西武は先発の西口投手が気の毒なくらいエラーやミスを繰り返す。しかしタイガースの反撃を最小限にとどめるピッチングで押さえ込む。

 そうこうしているうちにタイガースにミスが出てしまった。特に7回裏は失点1で凌げるものを、ついに『カミタロー』がやらかしてしまい、傷口を拡大してしまった。解説の伊原さん(元・西武監督、タイガースコーチ、オリックス監督)も「あぁいうことを絶対にするな!と上坂には何度も言ったんですが(怒)」というプレー。状況判断ができないクセが出てしまった。僕の頭の中では「赤松、赤松・・・」という名前が呪文のように回っていた。

 しかし冒頭に悲観することも無いと書いたのは嘘でもなんでもない。正直言って、ソフトバンク、ロッテ、日ハム、西武には5割、オリックスと楽天で貯金6できれば。。。と思っていたくらいだから、この交流戦は上出来だし、何よりもケガの功名だけど鳥谷を2番に固定できそうな目途がついたのは収穫だ。シーツ先生も復調した。杉山直久くんも自信をつけてきた。

 移動距離も長い、試合も続く、疲労感は多い。赤星くんも打撲をして、関本選手も脱臼した。しかしそれでもチームも勝ち方を覚えてきたし、ベンチも昨年よりもだいぶマシになった。矢野さんを休ませながら野口さんや浅井くんを使え、使いすぎの感はあるが中継ぎも桟原くんのおかげで層が厚くなった。そして何よりも守備は出来ないながら濱中選手が戻ってきた。

 課題は内野の控えだけど、これだって久慈さんという名手もファームにいるし、ファーストとサードができる片岡さんも帰ってきた。外野手の控えはカミタローは時々やらかすので、今の状態ならファームの粋の良い赤松くんや林くんだって試せる土壌ができている。赤星くんだって帰ってくる日は近いし、関本選手も怪我を治しながら昨年の試合出場に飢えていた気持ちを取り戻すだろう。きっと三東くんだってケガから返ってくる。勝負の夏に向けて、更にチームは向上する。

 今日の1敗は確かに残念。でもそれ以上に光明の見えた交流戦。失ったもの・・・それはきっと取り返せるものばかり。それ以上に収穫の多さが目立った交流戦。この収穫を今後の追い風に出来るように、胸を張って前を向いて、先を明るく見て戦ってほしいし、僕も阪神タイガースファンとして(プロ野球ファンとして)、チームの力を信じて折れない心で応援して行こうと思った。

 選手の皆さん、交流戦お疲れ様でした。セ・リーグの戦いに戻ってもファンと一緒に戦っていきましょう。

 本日のMVPはこちらへ。
| タテジマに想いを | 21:52 | comments(10) | trackbacks(33) |
挑戦表明
 立ち上がりから不安定なピッチングで不安な試合展開が予想されたが、こういう試合でも手に入れてしまう強さが今のタイガースにはあることが分かった試合だった。

 赤星くんも、プレー中のアクシデントとはいえ脇腹は負傷したら長期化するだけにとても心配で、あの場面は本当にヒヤッとした。無事であればいいが。

 シーツ先生、赤星くんといった、現在のポイントとなる選手を欠いたまま戦ったタイガースは、それでも猛虎の誇りを見せ付けた。百獣の王VS獣王。昨日が投手のシバキ合いなら、今日は打線のドツキ合いだった気がする。まぁ一方的といえばそうだけど。でも2日間とも攻めの姿勢を忘れずに戦ったことは特筆すべきことで、交流戦を戦うことでタイガースは猛虎という言葉を体現するようになった。

 鳥谷くんの2番というのは彼にとってもチームにとっても本当に雰囲気を変えた大きな出来事だった気がする。つなぐ意識が芽生えた彼にとって、この機会は本当に大きな意識改革だった。その成果が安定した守備に加え、今日も今季1発目の難しいあたりをスタンドに運ぶといった成果となって現われる。

 1番の赤星くんがいて、2番の鳥谷くんがこの調子で打ち続ければ中軸は本当に良い流れで打席に入ることができる。この地道なことかもしれないけど、とても大事なことが今日も終盤のアニキと選手会長の連発、アニキの2打席連続への呼び水となったと思う。

 西武もミスをしたらそこに確実につけこまれ、油断も隙もあったもんじゃない試合をされては、現在の若い連中は辛いものだっただろう。

 プレーとして褒めるべきかどうかの判断が分かれるホームへの突撃。今日はタイガース側がライオンズの田原に2回ほどお見舞いしたが、町田選手のスライディングは手から入るときに体が交錯したもので、関本選手の場合は足からしっかりホームに入る中でのシーンであり、ダーティーなものではないと思う。

 ここまでの2試合、ライオンズの主力打者をタイガースは本当に良く抑えている。「おかわり」にしてもおかわりどころか「飯抜き!」の状態だし、カブレラも抑え込んでいる。研究の成果などもあるのだろうけど、相手への実質的な面と精神的な面の両面でのディフェンスも見逃せない。

 あらゆる面からの攻撃で相手を弱らせる。自チームに負傷者が出てもカバーして埋めることができる。これは立派な強いチームのすることだ。

 今日の試合でタイガースは貯金が10。ライオンズ戦にも4勝をあげ、勝ち越しを決定した。忘れてはいけないのはカミタローの代打での積極性。いきなり初球のヒッティングで結果を出すことは誰にでもできることではない。関本くんも調子を戻し、スペンサー選手にも久しぶりにヒットが生まれた。その勢いを、試合の勢いを手元に引き寄せたのは彼だったかもしれない。

 ヒーローインタビューでは鳥谷くんが「優勝目指してがんばります、応援よろしくお願いします。」と語った。チームの主力選手が今季初か?開幕後にヒーローインタビューで「優勝」を口にした。しかしこれを絵空事にしない勢いと意識と結果が今のチームにはある。

 モチベーションの高さをチームに伝播させろ!!そのモチベーションの高さが言わせたチャンピオン奪取への挑戦表明。今日の勢いのまま戦い、明日の交流戦最終戦も突っ走ろう。

 勝とうぜ!阪神タイガース!!

 今日のMVPはこちらへ。


追記:赤星選手、骨には異常が無かったようで安心しましたが、デリケートな場所なので完治を優先させてほしいです。
| タテジマに想いを | 22:29 | comments(16) | trackbacks(32) |
20年分の「ただいまっ!」を乗せて
タイガースが所沢に帰ってきた。公式戦では1985年の日本シリーズ以来の凱旋だ。今から20年前、すでにタイガースファンだった僕は、当時は地上波しかないテレビで必死にタイガースを応援していた。画面には躍動するゲイル投手、真弓さん、掛布さん、バース選手、岡田選手、弘田さん、平田さんがいた。ユニフォームは違うけど、タイガースは20年分の「ただいま」を言いに所沢に帰ってきた。

 返ってきた挨拶にしては充分なものを今日の井川は見せた。今までと違い、腕の振りはとても良かった。そのためチェンジアップも効果的に決まり、たまに外れるストレートにも相手打者は手を出してしまい打ち取られていった。

 帰ってきたといえば片岡選手もDHながらフル出場した。残念ながら4三振と振るわなかったが、交流戦初戦で帰ってきた濱中選手も最初は三振の山だったので、慣れるにしたがって大きな戦力となる。

 それにしても非常に気合の入った試合だった。やはり相手は松坂投手、不調に見えたが簡単には打ち崩せない。それを上回ったのはタイガースの一丸野球だった。12球団イチのリードオフマン赤星選手、機能し始めている2番鳥谷の働きから先制。ゲームの主導権を握る。井川もピンチを招いても崩れず粘る。

 6回には前の打席で2ベースを打っているシーツ先生に驚きの代打。何でもシーツ先生、首を痛めているらしく、それを押しての出場だったが6回に満塁男の濱中選手に代わる。僕はてっきり「今週のビックリ・ドッキリ・メカ発進!!」とか訳の分からんことを始めたか・・・シーツ先生のプライドは・・・と思ったがそうでもないらしい。むしろそれを押してまで出場してくれてるシーツ先生に畏敬の念を持った。

 今日の試合は、度重なるチャンスに『チャンス時は変身』打点王が不発。。。しかしそれならそれで周りがカバーして勝利に導いた。

 『井川を勝たせろ!』の命題の下に戦った今日のタイガース。井川も復活かどうかの結論を出すのは尚早だけど、次への切符は手に入れた。こういう試合を重ねて行ってエースの名を取り戻す。

 所沢に帰ってきて「ただいま!」と言ったのは「ご無沙汰してます。」の意味だけではない。20年前に西武球場に吹かせまくった猛虎の烈風を取り戻すために、そして日本一への『約束』をするために帰ってきた。懐かしさの気持ちは少ししまっておこう。今日の試合で見せた勇気を、明日も明後日も表に出して戦い抜こう。

 今日のMVPはこちら
| タテジマに想いを | 22:03 | comments(4) | trackbacks(27) |
本日2本立て!! 俺も勝手にドラフトとFAについて考えてみましたってことだ
 プロ野球界ではドラフト・FA改革とか言っているけど、俺も勝手に考えてみた。職業選択の自由とか色々と多角的に考えていくことなんだろうけど、それも自分のわかる範囲で考慮しつつ考えた。あくまでも俺の独断です。皆さんもきっと、他に良い考えがあると思います。長いのでゆっくり読んでください。
続きを読む >>
| タテジマに想いを | 19:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
本日2本立て!! 酒と猛虎と男とで・ん・わ(うふっ)
 こんばんは。うちの職場のバイトの女性に「おぅ!俺のことを『オトコマエ』って言ってみろ!・・・それ言え、さぁ言え、すぐに言え!!」と迫り、無理やり「ハ、ハンサムですぅ・・・」と言わせている私がお送りする月曜のコーナーです。

続きを読む >>
| 酒と猛虎と男と○○ | 19:06 | comments(4) | trackbacks(0) |
本日2本立て! 記事を紹介して頂きました。
 ブログ仲間でLINKさせて頂いている、よっちゃんのブログ、Forza! ‐Rosso☆filante‐ で、一昨日書いた『がんばれアサイくん』をご紹介頂きました。
続きを読む >>
| LINKS | 19:35 | comments(2) | trackbacks(0) |
本日2本立て! 流れをつなげ
下さんが今まで抑えてきていたものを取り返されたというか、少し放出したかのような試合だった。

 観戦に行かれた方には辛い表現かもしれないけど、今日は下さんというダムが一杯になってしまった貯水量を放出した感じがした。 

 タフなベテランとはいえ、少しずつのローテーション変更は微妙に感覚を狂わせたのか今日は高め、そしてストライクゾーンに球が集まりすぎた。

 反対に日ハム打線は「好球必打」を心がけていたかのようで、下さんに2ストライクを取らせないまま先制を仕掛けた。連敗中のチームの背水の陣。窮鼠猫を咬むじゃないけど追い詰められたチームが最後にすることといえば、なりふり構わない攻撃だった。

 今日の試合は正直言って、どこが悪いとかそういう気はしなかった。それは別にダラダラ流すとかいう意味じゃなくて、典型的な『長いシーズン、こういう試合もあるさ』と割り切れる試合に見えた。それでも赤星くんのホームランは、今年取り組んできた打撃が成果を見せた瞬間だし、これによって彼のヒッティングゾーンは更に広がるだろう。

 そりゃあ、遠方から観戦に行ってらっしゃるファンにとっては大事な試合だろうし、それはテレビで観ていた僕だって気持ちよく3タテするところを見たかった。

 増してや火曜日から対戦する西武は最後に松坂、帆足、西口の3本柱を用意していると予想されてるんだからここで勝つに越したことはない。でもこういう試合もあるってことだ。

 この交流戦、タイガースは徐々に打線の調子を上げてきた。反面、先発投手陣の粘りは少し無くなった。今のチームで先発して完投することが予想できるのは福原投手くらいになってしまった。

 中継ぎから先発への配置換えはあるのか?それとも新たに先発の駒は増えるのか?それとも復調があるのか?

 投手陣が好調なうちに上位打線から調子が戻った。今度は打線が好調なうちに投手陣を整えたい。相手は西武、前回の対戦時は打線が不調な中だった。今度は打線が好調なだけに、前回と同じようには行かない(とはいっても2勝1敗だが)。

 ここまで交流戦は、千葉ロッテに借金1、福岡に借金2、しかし日ハムに貯金2、オリックスに貯金3、楽天に貯金4と来ている。おそらく想定以上に勝っているというところだろう。しかし勝って勝ちすぎということもない。

 チームの流れは悪くない。こういう試合の日もある。悪くない、むしろ良いほうの流れを切らず、そういった気分で火曜日を迎える方法を、チームとして確立できていれば火曜日からも恐れることはなく戦えると僕は思っている。

 個人的に残念なのは、しんさんが今季観戦初黒星を喫したことかな?shuさんも遠路観戦お疲れ様でした。

 今日のMVPはこちら
| タテジマに想いを | 19:33 | comments(12) | trackbacks(27) |
針の穴を通せ
職場にいるキレイ好きな人に向かって「それ以前に先ずはあなたの見た目をキレイにした方が・・・」と言いかけて我慢している皆さんこんばんは。

 ボール先行という今日の能見くんを見て先日の前川投手を思い浮かべてしまった。それでも彼には成長してもらわなければならない。それは本当にやってもらわなければならないことだ。投手に12球も粘られたりしてキレのない内容で苦労していたが、もう少しファームで調整する時間が会っても良かったのか?でもこの繰り返しで何とか上昇して欲しい。

 4回には貯めていたランナーを背負いながら、ライトのスペンサー選手が人間ロケットを発射するけど届かず更に加点され、その後のイニングではホームランまで打たれ、最大で5点差をつけられる。

 しかし今日のタイガースは見えないけど確実に相手を追い込んで見せた。

 好調な立ち上がりを見せる日ハム正田投手に対し、アニキが相手のミスで出塁した機会を逃さずランナーがいることで目つきが変わった今岡選手のタイムリーで1点を挙げるなど、無駄のない点の取り方もしている。それが日ハムの勘を鈍らせたのか、6回に大きな展開を迎えることになる。

 6回、左腕の正田投手を捕らえノーアウト2,3塁からアニキのタイムリーで1点を返す。3連打の後に打者は今岡選手。しかし続投。これが裏目に出てタイムリーを打たれる。そして“後ろ髪が長い”右腕の井場が登場して片岡さんのピッチャーゴロに素手で立ち向かうという・・・やる。

 結果論だろうけど、投手交代が1人分だけ遅くなかったのか?という疑問を持った人もいると思う。しかしそこにはこの日、日ハムが見せた“針の穴ほどの小さな隙”に対してピンポイントで勝利への糸を通して手繰り寄せたタイガースの姿があった。

 5点のリードを追いついたら。。。今の甲子園は勝利を確信した雰囲気になる。実際にその雰囲気は隅々に広がり相手を追い詰め、投げるところがなくなった矢野投手が投げたど真ん中の球は、矢野さん自身初の満塁ホームランまで見せてくれた。

 連敗中にチームが見せた少しの隙とズレ、連勝中のチームが見せた『見逃さない鋭さ』が勝負を決めた。

 昨日の勝利で交流戦の勝ち越しを決めたタイガース。当初の目標は交流戦は勝率5割だったけど、それ以上であるなら遠慮しないで取りに行ってほしい。

 試合を決めた後にセンターが交代したのは赤星くんが急性胃炎を押してまで出場していたから。この時期の体調管理は難しいだろうけど、気をつけてプレーして欲しい。

 濱中選手を出すタイミングが早すぎた気もしたけどベンチの代打攻勢など選手と一体となった雰囲気のある現在のタイガース。交流戦も残り4試合。残りを3勝1敗で乗り越えれば更に勢いに乗っていける。そう感じた大逆転の試合だった。

 おまけに解説が工藤さんで、工藤さんの「そうなんですよねぇ・・・」というお返事が妙に好きだったりして。。。内容も分かりやすくて好きですよ。

 観戦勝利のshuさん、muraikunさんおめでとうございました。雨の影響もなくてよかったですね。

 さぁ、明日はアニキの予言どおり、下さんのお立ち台はあるのか??そして、しんさんが観戦するときには下さん率が高いがどうなるのか?様々に注目だ。

 今日のMVPはこちらへ。
| タテジマに想いを | 21:02 | comments(14) | trackbacks(26) |
しかしエライものを見たもんだ
沖原選手が楽天へ移籍するというニュースのある中、僕は携帯の電波の届かないところにいた。やっと携帯の電波が届くところに出たのが午後9時くらい。それ以降、おかやんとげんばさんからメールで試合の状況を教えてもらった。

 帰宅して録画したはずのビデオを・・・あれ?録画してないじゃん。

 失敗した!スカパーの番組予約はしたけど、ビデオの録画予約を忘れた!!

 というわけで、テレビのスポーツニュースで見ました。

 連敗中のチームとやるのは嫌なもので、もしかしたら自分たちとの対戦で勝つかもしれない。。。と思いながら戦うのは嫌なもののはず。今日だって徐々に粘られてきたときにそんなことが頭をよぎり、10回のピンチでは更に心配だった。

 そんな不安を消してくれたのは主砲アニキ。げんばさんからのメールは「アニキやりました。」の短い文章だったけど、想像するには充分だった。今岡選手の活躍で燃えたオリックス戦、今度はこの人の出番だってことだ。

 素晴らしい試合で勝った今日の試合。シーツ先生も好調で、チームも好調。明日も楽しみな今日の試合だった。

 今日のMVPは名前だけですが書かせていただきました。
| タテジマに想いを | 00:51 | comments(6) | trackbacks(25) |
がんばれアサイくん
よっちゃんを小躍りさせるためにこの文を捧げます。

 考えてみればあの日の活躍も不思議なことではない。名門法政大学から自由枠で入団した男だ。捕手を始めたのが遅いというので獲得時に不安がる声があったことは事実。それをかき消す素質からなる実力が少しずつ出てきた時期かもしれない。

 捕手の成長には時間がかかる。でもその時間をどう過ごしてきたかに違いが現れる。

 2003年は1軍に帯同、星野監督や達川コーチのそばで一流を感じた。2004年は主にファームで戦い、実戦の感を磨いた。2005年、自由枠で将来を約束されたような感じで岡崎捕手が入団した。触発された様子はキャンプから見え、結果を見せつける守備と打撃で見事に1軍3人目の捕手の座を射止めた。

 元来の強肩と反応で外野手も務める。ベンチに置いておくには惜しいほどの思い切りの良い打撃は時としてチームの起爆剤となる。

 捕手一本で成長する方法が王道なんだろうけど、外野手として出場して違う角度から野球を感じることもマイナスではないはずだ。

 野手としての才能が高く、ベンチに置いておくのは勿体無い。なので外野手で出場しながら捕手として成功した例は、同じチームに矢野さんという先駆者がいる。彼もドラゴンズ時代はそういう扱いだった。その矢野さん、今はタイガースの押しも押されぬ正捕手だ。

 長い間ファンを続けていると1つのプレーがその選手の野球人生を変える場面に出くわすことがある。八木さんが江川投手から打ったホームラン、92年の亀山選手のヘッドスライディング、新庄選手の一撃などだ。もしかしたら2005年6月9日の完封リードも何年かしたら「あの場面」と呼ばれるものになるかもしれない。

 タイガースの捕手にはライバルが多い。自由枠の岡崎くん、ファームで実績充分の狩野くんと中谷くん、強肩ではひけを取らない伸び盛りの小宮山くんもいる。そのなかで頭1つ抜けるのは楽じゃないけど次世代の正捕手争いは、やり甲斐がありすぎるくらいの充実感を彼に与えているはずだ。

 今年勢いのある千葉ロッテ、あのチームには里崎&橋本というレギュラークラスの捕手が2人いて競っている。ローテーション投手が6人だと6通りの相手チーム攻略法ができるが、捕手が2人になれば12種類の攻略法ができる。その中心のキーになれるか?浅井くんの肩に乗るもの、今この時期に1軍にいる浅井くんの強肩に乗っているものはこんなにも大きなものだ。

 できないやつにこんな期待はしない。おとなしそうな表情で、小柄ながらパンチの効いた打撃を見せる浅井くん。彼には「がんばれ!」と声をかけたくなってしまう魅力がある。

 タイガースにはかつて、スケールも体も大きなミスタータイガースとしてファンに愛され「タブチくん」というマンガにもなった捕手がいた。意外にも2人には共通点が多い。捕手というのがまたイイ!!同じ法政大学卒というのがイイ!!アサイという名字が3文字というのがまたイイ!!背番号に「2」が入っているのがまたイイ!!

 彼のこれからの活躍を願って、今日はこの言葉で締めよう、そうしよう!!


 「がんばれ!アサイくん!!」 




 真面目な文章はここで終わりです。気分良く、爽やかな気持ちで終わりたい方はここで終わってください。
続きを読む >>
| T−コラム | 23:59 | comments(2) | trackbacks(1) |
本日怒涛の3本立て   タテジマに魅せられて 1周年記念御礼 皆さん個々にメッセージ!!
6月10日までこの記事をトップに上げさせて頂きます。更新記事は2つ下です。あなたにもメッセージがあるかも?!
続きを読む >>
| プロフィール | 00:00 | comments(50) | trackbacks(2) |
本日怒涛の3本立て タテジマに魅せられて1周年記念 皆さんありがとうのご挨拶
 6月10日まで、この記事を上げさせて頂きます。更新記事は1つ下からです。
続きを読む >>
| プロフィール | 00:00 | comments(4) | trackbacks(3) |
本日2本立て!! それは別に悪いことでもない
 36歳のくせに、「あれは食べられない、これも食べられない。」と自分に好き嫌いが多いことを得意気に話すけど、それは全然偉くも何ともないぞ!と、隣の席の女性に対して思っている皆さんこんばんは。低血圧?レバーを食え!レバーを!!

 8番セカンド藤本が好調だ。彼自身も首脳陣も今季は2番を打たせたいのだろうが、2番の彼は進塁打への意識が強すぎるのか本来の魅力を発揮できていなかった。

 幸か不幸か、彼の怪我と不調は彼自身を本来の居場所へと誘う機会となった。この場合の本来の居場所とは悪い意味で書いているのではない。むしろ彼自身の生き残りのためには良い事だという意味で書いている。

 8番打者もかなり大事だ。攻撃を途切れさせること無く打ち、上位へ、そして投手への代打へつなぐ。8番がしっかりしていると相手の投手に結構なプレッシャーを与えることもできる。

 要は藤本に2番を打たせようとするのではなく、他に2番を打てる打者を探せばいいだけの話だ。実際に8番の彼は守備にもキレが戻りチームに貢献している。今日の守備だってバッティングだって見事なものだ(今日はDH制なので9番)。

 その影響なのか2番に入った鳥谷も守備の安定性も目立つようになるし、不細工な三振は相変わらずあるもののタイムリーも出るようになった。

 適材適所。結局はこの言葉に落ちつく。「打順が7番までなら我慢できるが、8番は戦力外のような気がするので嫌だ。」とほざいたGの背番号8もいるが、不動の8番がいるのもいいものだ。チームにとっては『このポジションはこの選手』という選手がいることの方が本当に助かるものだと思う。8番打者に対する価値観を変えることができれば本当にかっこいいものだ。

 今日は福原投手と浅井捕手のコンビで完封。前回苦しめられたJPから少ないチャンスを確実にモノにして大きな勝利を上げた。

 先週はソフトバンクと千葉ロッテ相手に3つ負け越したけど、この3連戦3連勝でしっかり取り返した。こうやって穴が開いたとしてもそれをすぐ埋めて、そして積み重ねてゆく。これが長い長いペナントレースでは本当に重要なことだ。

 8番藤本が機能し始めたことで、チームに良い連鎖反応が起こればタイガースは更に面白くなる。オリックスには4勝2敗できれば御の字と思っていたが、4勝1敗1分けで終了。3つの貯金はとても大きい。明日からは絶不調のファイターズ。できればここも2勝1敗以上で乗り切り、貯金を増やして行きたい。

 先週のパ・リーグTOP2との対戦で何を学んだのか非常に安定した試合運びで戦ったタイガース。安定且つ積極的な試合運びで明日からも前進する戦いを続けてゆく。

 今日のMVPはこちら
| タテジマに想いを | 21:40 | comments(10) | trackbacks(22) |
本日2本立て!!  酒と猛虎と男と新人(怒りが入ってます)
この文は非常に内容がキツイです。特に就職を控える学生さんは自己責任で読んでください。下品な表現も一部あるので女性の方も同様です。
続きを読む >>
| 酒と猛虎と男と○○ | 21:09 | comments(2) | trackbacks(0) |
漢!誠の救世主で今日も泣け!!
 「おぃおぃ、オイシイやないかぁ?なんかオレのところでチャンスがよぉ回ってくるなぁ。。。これは明日のデイリーの一面はいただきやでぇ。。。おりゃあ!!っと・・・あかんなぁ、空振りや。少し力が入ったなぁ・・・コンパクト、コンパクト・・・そ〜れ!どっかーーーーーん!!入ったでぇ!!どんなもんだい!!がんばれタブチくんで言ぅたら『もんだどんだい!』ってやっちゃ!!そういやぁ、漫画では田淵さんの足の遅さから『たぶラン(田淵のランニングホームラン=決してありえないこと)』とか言われてたけど、オレのことも『いまむラン』とは言わさへんでぇ・・・関係無いか・・・」

 と今岡選手が言うはずが無いのですが、実は鳥谷選手よりも今岡選手のほうが、アマチュア野球時代からエリートだと思っている皆さんこんばんは。私もそう思っています。

 しかし今夜も大チャンス(昨年のハマのことではありません)で回ってくる・・・もう宿命としか言いようが無い今岡選手の打席だった。ベンチに戻った今岡選手の素晴らしい笑顔は自分の役割を100%遂行できたことへの納得と満足以外の何物でもなかった。

 「いやぁ、チェンジか。グランドに出るときにファンが喜んでくれてるなぁ。お!今岡コール!!うれしいなぁ。思わず笑顔をかみ殺すのに一所懸命になってしまうわ。。。ファンのみなさん、ありがとぉ!帽子とってレフトに手を上げて、内野にも挨拶しよっと。ヒーローインタビュー、楽しみにしといて!!」というくらい、嬉しさ爆発の表情で守備に出る今岡選手の誇らしげな顔が印象的だった。

 今年の岡田阪神のヒット作の1つが『5番今岡』なわけだが、ここまで大当たりだと凄いったらありゃしない。今日はアニキも打点を上げているが、それに触発されたのか今岡選手もドカンと打点を上げて打点王レースを快走している。

 体格的にはスラッガータイプではない。しかしチャンスのときに体全体でボールを『相手選手のいないところに打つ』ことにかけては少なくとも右打者ではこの人以上の選手が思い浮かばないくらいだ。今日は相手選手がいないどころか『相手選手が守っていない』ところに華麗に放り込んだ。今岡選手の『今岡ゾーン』に投げ込んだら問答無用で運ばれてしまう。

 アメリカプロバスケットボールNBAにカール・マローンという名選手がいた。彼のニックネームは『mail man(郵便配達人)』。雨の日もどんな日も、確実にボールをゴールに届けるプレー振りに敬意を表してこう呼ばれた。同じように今岡選手もチャンスの時には素晴らしい確率でボールをここしかないところに運び込む。本当に素晴らしい選手だ。

 今日の試合は不思議爆発藤本アツシの魅力も爆発した。バント失敗でランナーとして残る。しかしこれが災い転じて福となる。ランナーとして残った藤本はそれはそれは見事なスライディングでホームインしている。こういった幸運もあってタイガースは試合を有利に運んでいた。

 球児くんの失点は確かに彼も責任を感じる部分はあるかと思う。しかし今まで彼でどれだけ勝ってきたことか。彼を責めることはできない。気分を切り替えて、そしてできれば少しの休息を取って次に備えて欲しい。

 投手が打たれれば打者が打つ。強いチームができることが今はできている。交流戦でチームは、チームとしての勝ち方、戦い方を学習しているようにも見える。

 苦戦はしたが、最後に笑えるゲームをモノにしたタイガース。明日につながる勝ち方だったという印象を持った。これからもどんどん上を目指して行こう!!(太字部分、今岡選手の今夜のヒーローインタビュー語録)

 今日のMVPはこちら。
| タテジマに想いを | 22:20 | comments(16) | trackbacks(28) |
Magic!!
ヤクルトの五十嵐亮太を見ると、「井川と同じようなヘアスタイルだと同じ時期にファームに行くなぁ。」と思った皆さんこんばんは。

今日の登板予定だったオリックスの川越投手が試合前に捻挫!!とかいって明日になったら先発するんじゃないだろうな?これも仰木マジック?などと思っていたが、今夜の仰木マジックは中継ぎで継投するという『目先を変えちゃいますよ』マジックだった。

 先発投手といえども1試合で3回以上は打者と対戦すると打者の方も合わせてくる。これをさせないように仰木監督は小まめな継投でタイガース打線が投手に慣れる前に継投策で試合を作ろうとした。

 9イニング4失点で抑えたこと自体は少なくとも失敗ではない。特にケビン投手が好投したことは敗戦の中にも収穫があっただろう。

 しかーーーーーし!!仰木マジックも真っ青なマジックを使う選手がタイガースにいたから溜まったもんじゃない。それは『ハシケンMagic』!!予測不能に落ちるMagicチェンジアップ。コントロールも良い。先発前川投手が2回、3回と連続で満塁にしてしまったのに得点は押し出しの1点だけ。前川投手を岡田監督が早めに引っ込めた好判断も計算外だったんだろうけど、コントロールの定まらない前川投手の後にハシケンMagicじゃあオリックスも、その差に驚いたことは容易に想像できる。仰木マジックをしても、打線の抑え込まれようは想像を越えていたらしい。

 ハシケンは5回、マウンドからベンチに戻るときには己のマジックの掛かり具合に相当満足だったのか「シメシメ・・・ウヒヒ」とでも言いたげなそれは満足そうな表情だった。こんな彼の表情ははじめて見た。

 7回以降は自慢の継投でノーヒットに抑え、どちらのホームゲームか分からないくらいタイガースファンが埋まっているスカイマークで勝利の六甲颪を轟かせた。

 タイガースの2番打者とライトの守備につく選手は今年は不調になることが多い。今日もそうだった。しかしこんな日にはシーツ先生や藤本、矢野さんに赤星選手たちの活躍で勝つことができた。ソフトバンク、千葉ロッテという先週対戦したチームに比べれば失礼かもしれないがオリックスは戦いやすかったことと思う。

 今日のテレビ観戦で1つ不満だったのは、応援団。試合後に六甲颪を歌うのはいいんだけど、今日はオリックス主催試合でありながら試合後にはヒーローインタビューを球場に聴こえるようにやっていなかったか?

 ヒーローインタビューはシーツ先生だったんだけど、できれば球場中のファンに聞いて欲しかった。非常に好感の持てる紳士的な話し振り。今度は甲子園で聞きたいなぁ。

 明日は大阪ドーム。明日もタイガースのホームゲームのような大歓声で、オリックスに向かっていこう。今日の試合だけで受けて立つような試合をしないで、しっかりと攻めていこう。

 今日のMVPはこちら

P.S. ハシケンに新人王を!!
| タテジマに想いを | 22:24 | comments(10) | trackbacks(25) |
何となくワタクシ思っています
甲子園で観戦をするようになって随分経つ。最初は遠いと持っていた甲子園も今は近いとすら感じる昨今。ちょっと思ったことを書いてみよう。

1 後ろの席に子供が座ったとき
 ごめん、俺の背が高い方なので見えにくいかな?得点シーンとかで俺が立ってしまったら椅子の上に立ってね。普段は座るようにするから。

2 後ろが年配の方だった場合。
 1と同じ。言葉を敬語にすること。

3 物を投げる人に対して
 投げるな。誰も嬉しくない。甲子園は聖地だ。聖地に向かってモノを投げるやつは馬鹿だ。

4 ホームランボールを投げ返す人に対して
 言語道断だ。投げ返せ!とか言うやつもいるけど、余計なお世話だ。硬球を投げ返してなんかあったら責任取れるのか?取らないんだろ??相手チームの選手のホームランボールを取ってしまったら、いらなければスタンド内の警備員に「相手のファンにくれてやれ。」くらい言って渡してしまえ。

5 ライトスタンドで傘をさす人に対して
 ただでさえ狭いライトスタンド、傘をさされると後ろから見えん。さらに傘から落ちる雨で周りの客が濡れる。止めてほしい。頼むからカッパにしてくれ。

6 声を出そうよ
 HMを覚えてないとか色々あるんだろうけど、分かるところだけでいいから、体調の許す限りで良いから声を出そう。やはり観客の声の大きさで相手チームをビビらせたいものだよね。

7 野球を観ようよ
 そりゃ普段の仕事場なんかの憂さ晴らしをしたい気持ちも分かるけど・・・酒を飲んでいるのに飲まれてしまうやつがいるように、本末転倒のやつもいる。他の人はどうか知らないが、俺は阪神甲子園球場には阪神タイガースの野球を見て応援するために行っている。せっかく甲子園に来たんだから野球観ようぜ!!

8 少し負けたくらいで荒れるな
 強くなってきたのはここ数年。いまでこそ「勝とうぜ!阪神タイガース!!」なんて言っているけど、「お願いですから勝って下さい!阪神タイガース様!!」と言っても数年前は負けつづけた。とにかく負けた。そりゃあ負けた。もうこれで許してくれ!ってくらい負けた。それでもタイガースファンは辞められない。今を当たり前と思うな。長いシーズン、連勝もあれば連敗もある。間違っても2003年の勝ち方は当たり前ではない。

9 ピンクユニを見ると
 最近はピンクも多い。球団も売っているし、売上も好調なようなので何とも言えない。でもタイガースのカラーにはピンクは無い・・・あぁ、複雑。まぁいいや。そして耳!!耳をつけるなら恥ずかしそうに着けるのではなく、楽しそうに着けよう!!どうせ着けているのは貴女だけじゃないし。

10 ゴミ
 とりあえず自分の出したゴミは、球場内のゴミ集積所までは持っていこう。

11 チケット(一部の地元の方へ)
 「チケットあるの?譲ってよ。」と気安く言うな。俺はライトスタンドで見ることがかなり多い。当然、獲得には苦労している。発売の随分前から作戦も立てる。自分でも取ろうとして苦労してチャレンジして取れない人や、今まで球場でお世話になっている方ならこちらとしても一緒に観戦することもあるしお誘いもするが、別に親しくもなく、最初から取る気も無い人に言われても「ないで〜す。」としか言わないよ。

12 んまぁ、応援は・・・ワタクシ思いますに
 今は座って応援するのが球場のルールということになっている。でもヒットや得点シーンなどは思わず立ってしまうもの。そういう気持ちもすごく分かる。個人的には立って応援したい。でも座って応援するのが今のルールというかマナーなら守らなければならないかなと思う。固定観念にとらわれて状況に応じられないのは、それはそれで良くない場合が多いから。何年か前、後ろの席が妊婦さんだったことがある。さすがにそのときは立てなかった。しかし試合に勝って後ろを見たら妊婦さんは椅子の上に立ち上がっていた。やはり状況に応じて応援するってことなんだろうと思うわ。あの妊婦さん、無事にタイガースファンの子供を産んだだろうか??でもまぁ・・・ずっと立って応援できる最上段万歳。
 
 以上、今日は毒吐きで終わります。明日からは試合のことを書きます〜。
| 酒と猛虎と男と○○ | 19:10 | comments(10) | trackbacks(2) |
試合を渡した鳥谷の迷い。試合を戻した下さんと久保田
観客動員実数発表でタイガースが一番多いことを「当然」と思っても、そのあとに「ここ2〜3年前からだけどな。」と余計なひと言を加えてしまう皆さんこんばんは。

 試合前から投手戦と分かっていたかのような試合だった。下さんは尻上がりに好調に、渡辺投手はアンダースローに戸惑うタイガース相手に順調に少ない球数で好投を続ける。

 試合を動かしてしまったのは3回だった。ランナーを2塁に置いて打席にはフランコ。この選手にはフランコシフトとでも言える守備体勢を取るこれは仕方ない。そしてフランコは下さんのややセカンド寄りを抜けるバウンドの高いゴロを打つ。ショートゴロか?と思ったときに、鳥谷の初動に一瞬の迷いが生じたかのように見えた。追いつかない、打ち取った当たりだがセンター前に抜けていった。今日の試合の一番の残念なポイントだった。

 確かに通常なら守備位置はセカンドのボール。しかし結果がどうあれ、あのシフトなら迷わず飛び込んで欲しいと思った。打席でも鳥谷2番起用というのは両刃の剣とでも言えばいいのか?渡辺投手というアンダースローで下から浮き上がってくるボールに対し、鳥谷のスイング軌道は下から出るのが特徴。これだと打てる確率は格段に落ちる。はたして彼が望んでいるであろう上位打線を打つことは叶うのか?確実性が出てきた肩の強さのある守備は彼の長所。しかし守備固めのために獲得した選手ではないはず。2番という難しさ、ショートという重要性。彼がこれを自分のものとできるか?そんなテーマがこれからの彼に与えられてゆくのだろう。

 今日1日を見ていて思ったのは向かっていく気持ちが出ないこと。まだまだ受けて立つ選手ではないのだが、彼は構えてしまっている。そうではない、今彼がすべきこと、2番という役割はつなぐだけが仕事ではない。1番が倒れたら2番が自分でチャンスを作る。こういったことを姿勢に出して向かっていて欲しい。それができる逸材であると信じる。

 渡ってしまった試合を戻したのは下さん、桧山選手、矢野選手たち。今季最長となる下さんの熱投。8回表のピンチを気迫のこもった内容で締め、攻撃を待つ。テレビではCMが明けたらいきなり桧山選手の2ベースヒット。そして矢野さんが2番にはできないような確実な送りバントを見せる。基本をしっかりこなせばチャンスは来る。代打濱中選手は打った瞬間にはスタンドインか?と思わせる打球の角度で犠牲フライを打つ。ふと思ったのだが、あの角度であればスタンドインする選手も多いはず。やはり濱中選手は中距離打者だと改めて思った。

 数少ない、今日の渡辺投手の内容からすれば本当に数少ないチャンスをモノにしてタイガースは試合を戻した。

 9回、10回、11回は一昨日で何かを取り戻した久保田くんが156km/h計時のストレートで攻め込む。既に守備固めに入っているロッテ打線は苦戦。最終回も僕はハシケンが投げると思っていたら球児くん。少しの乱調もあったがロッテはつけこむことができない。

 1,2番が出塁できずに苦戦したがそれでも負けない試合ができたのは下さんの気迫。この気迫を感じたであろう働き盛りが試合を捨てなかった。次は若い連中がこの気迫を受け継ぐ番だ。

 仙台から始まった9連戦は3勝5敗1分という結果に終わった。欲を言えば4勝5敗はしたかったが、この結果なら残り9試合ある交流戦で取り返せると言うこともできる。相手は好調なオリックス、そして力のある西武、あとは少し調子を落とし気味のファイターズ。攻める気持ちで戦えば勝ち越しだって充分狙える。

 チームとしても個々の選手としても、超えるべきもの、そして伸ばすべき長所などが垣間見えた今回の9連戦。幸いなことに、次はスカイマークで1試合の後は大阪ドーム。相手がオリックスということもあるがホームに近い感覚で試合ができる。ホームチームはオリックスだけど、タイガースカラーで染まるスタジアムで躍動するタイガースを見るために、明日は少し休憩して整えて戦いを始めよう。

 負けを許さなかったタイガース。渡辺投手の表情を見てのとおり、勝ちを逃がしたマリーンズ。これを上昇へのきっかけにしよう。

 チームの皆さん、9連戦お疲れ様でした。

 今日のMVPはこちら
| タテジマに想いを | 19:16 | comments(12) | trackbacks(28) |
百戦錬磨VS2年目
チャンスマーチの「ドンドンドン○○(選手名)!ドンドンドン○○(選手名)!KO!KO!・・・」のところで、やたら長い名前の外国人選手を獲得したときはどうしよう?もしくは韓国人選手など1文字の場合はどうなるんだろう?と「イ・スンヨプ」を見て考えると夜も眠れない皆さんこんばんは。(そんなら「ドンドンドン、イー!ドンドンドン、イー!」の方がいいなぁ)

 さて、試合のスタメンを観て1つ思ったことがある。どちらの監督も前日活躍した好調な選手でも翌日は変えるなぁ。。。と。

 それが良い方向に作用しているマリーンズ、決して良いとはいえない方向に作用しているタイガース。その違いを見た気がした。僕個人としては、活躍した翌日は使ってほしいと思っている。

 このところ調子を上げ気味の桧山選手を下げ、スペンサー選手を起用。これが残念ながら今日は裏目だった。なんせロッテのセラフィニが、絶好調に荒れて5回を3失点と試合を作って?しまった。捕らえきれないタイガース。またこれが悪いことに、ときどきセラフィニがいい球を投げるもんだから、なおさらだ。どうせなら徹頭徹尾崩れりゃいいのに。

 最近の試合で思うのは、外国人選手の差もあるなぁってこと。それは選手のタイプもそう。パのチームは長打力優先でとってくる場合が多いのかな?その辺も含めて、これからは交流戦対策用の外国人選手などの獲得も進められて行くんだと思う。

 今日の試合はお互いにリズムに乗れない中での試合。さすがに登板する投手も打席に入る打者もやり辛かっただろう。そのなかでセラフィニが5回まで持ったというのは、ロッテにとっては幸運だった。

 昨日はベンチの判断ミスで破れたロッテ、今日はベンチの起用法が外れたとしか思えないタイガース。これで1つずつやり取りした勘定だ。 

 明日はきっと下さん(6勝無敗)とアンダースロー渡辺(8章1敗)という両者共に防御率が1点台というどエライ投げ合いが待っている。どちらも速球派でない投手だが、非常に特徴がある好投手。明日は勝って、六甲颪を歌おう!!

 勝とうぜ!阪神タイガース!!今日負けて言うのもなんだけど、千葉ロッテは勝てる相手だ。今日のMVPはこちら

 いやぁ、今日の試合は記事にし辛いわ。
| タテジマに想いを | 18:36 | comments(12) | trackbacks(20) |
漢!今岡の男泣きで泣け
 「おぃおぃ、アニキ敬遠しとるで・・・ってことは何か?このオレと勝負するんか?打点王やぞ!!・・・・・よっしゃぁ、次で後悔させたるわ!!・・・・・そーれ!ドッカーン!!・・・・・見てみぃ!これでもワシとの勝負がエェんかぃ!!・・・・・くっそぉ!修まらんなぁ・・・皆がベンチ前で迎えてくれてるわ。もらったトラッキーはファンにむかってポーンっと!!」

 ホームランを打った直後に笑顔の無い今岡選手を久しぶりに見た。それほど気持ちが高ぶっていたと思う。5月の月間MVPとの勝負を避け、目下打点王レースのトップを快走する今岡選手と勝負するとは、お口の恋人も随分味付けを間違ったものだ。いや、どっちとも勝負したくないというのが本音だったと思う。

 「予定より少し早いなぁ。。。まぁいいや、抑えればいいんだし。あ、今日はスライダーがイイなぁ。矢野さんも分かってくれたのかな?・・・三振だ!思わず微笑んじゃったよ。よしよし、9回も頑張ろう。・・・・・9回もそれっ!!3者凡退にしたよぉ!!今日は本当にスライダーがよかったなぁ。」

 ピンチで真価が問われる場面で久保田くんは抑えた。それはスタンドやベンチの不安に対する1つの答えだった。最後に出てウイニングボールを奪ってくるのは自分の仕事。そう言いたげだった。

 試合は大量リードを追いつかれ、なんか嫌な予感がしないでもない展開になっていた。そこに出た1発は値千金だった。

 昨日のアニキへの死球。それでも今日はスタメンで登場する。その心意気は確実に選手会長を動かした。選手会長就任前の姿は今はもう無い。チームを代表して引っ張っていく姿が僕たちの目の前にある。立場が人を作るという言葉があるが、彼はまさにそんな感じで今を動かす。

 あのアニキが自分のためにお膳立てをしてくれている。そのアニキを敬遠して勝負の場面に立ったこと。そしてホームランを打つ。何とも劇的なシーンが繰り広げられた。

 お立ち台の今岡選手は声が詰まっていた。それは敬遠された悔しさを晴らしたことだけではない。アニキの心意気に応えられたこと、チームが必死になって勝てたこと、3連敗しても球場を埋めてくれたファンがいることの幸せ。全てが重なった上での男の心の涙だった。歳を取ると涙もろくなるのだが、僕も今年初めてタイガースの試合で泣けた。「ファンの皆さんのおかげです、ありがとうございます!」は社交辞令ではない。本音も本音、マジも大マジなメッセージだ。

 久保田くんも明日の勝利を誓う。お立ち台で「明日も勝ちます!」と言った翌日の勝率は非常に悪いイメージがあるが、払拭する活躍をチーム全員に期待したい。

 球児くんもグラブに縫いこんだ刺繍をもう一度確認するだろう。関本選手は一時期潜めていた強く引っ張るバッティングが帰ってきた。右打ちの意識が強すぎて、あれだけの打者でありながら右よりのシフトを敷かれた事もある。引張りができればヒッティングゾーンも広がる。申し分ない素材が帰ってくる日も近そうだ。

 ソフトバンク戦で切れかかったチームの気持ちを再びつなぎとめたのはアニキの体を張った姿勢。そしてそれを感じ取った今岡選手を始めとする選手たち。

 相手は強敵千葉ロッテ。でもこの『チーム一丸』が崩れない限り、恐れることはない。そう思える涙と感動の試合だった。

 今日のMVPはこちら
| タテジマに想いを | 21:59 | comments(14) | trackbacks(25) |
試合に込めた福原の責任感
本来ならエースと呼ばれなければいけない男がファームに行った。そうなるとエースと呼ばれるべき男はこの男になる。今日はその男が登板した。

 これまで相手のエースと戦い、敗れてきた男であるが内容は悪くなかった。しかし今日は昨日まで仮であろうがエースであった男の残した後遺症を消すために果敢にホークス相手に向かっていった。

 城島と矢野さんの大きな違いは「ストライクゾーンの広さ」と僕は言い切りたい。ルールで決められた広さを広く感じさせるリードを城島は行い、矢野さんはゾーンの中でコースを変えるリードをした。長打力のあるチームには矢野さんのリードはおそらく的を絞りやすかったかもしれない。そこに責任感という名目で硬くなった福原投手の球が少しずつズレて入ってしまった。

 後半は一転してタイガースの追い上げムード。確かに守備固めなどで選手の入れ替わりはあるが、それでもハシケン、ウィリアムス投手はホークスを手玉に取っている。球児くんの喰らった1発は、ありゃぁあそこに投げさせる方が悪い。いくらなんでも相手は城島、そこに初球から真ん中低めのストレート。やはり昨日も書いたけど、ランナーがいるときのホームランはまずい。

 中継ぎには相変わらず希望も持てる。打撃陣だって今日の後半からは悪い内容ではない。ホークスの5勝2敗、防御率も2点台だった星野投手を崩しているのだから悪いはずは無い。13安打で7得点、それも悪くない。ホークスとは今年はレギュラーシーズンでは対戦しないが、負けた試合は全てホームランでやられている。やられ方がわかっているんだから防ぎ方を研究すればよい。(外の球はホームランが少ないぞぉ)

 福原投手の責任感は誰も責められない。昨日の井川が残したものを振り払うために戦っていた。惜しいのは矢野さんと桧山選手に迷いが見えること。打席だけじゃなく、守備でも迷いが見られているのは返す返すも残念。次の世代の選手の足音がすぐそこまで迫っていることを両選手がどう思うか?そこに注目したい。

 昨日の1試合で失ったものは大きいことは事実。それは投手陣と野手陣の微妙な気持ちの乖離だったりするかもしれない。でも今日の終盤で少し払拭できたと思う。次は千葉ロッテ戦。今週はパ・リーグの上位2チームとの厳しい戦いが続く。

 きっと荒れている人もいると思う。昨日の試合なんかは特に。

 でも考えてみて欲しい。こういう書き方は好きじゃないという前提の下で書かせてもらうんだけど、3連敗はどのチームでもする。交流戦に入ってからのチームの成績を見れば現在は上出来だ。最初からホークスと千葉ロッテには苦戦することは分かっている。ホークスに2勝4敗。だったらよその3勝3敗でいいと思っていたところで4勝2敗で行ければいいし、そうやって星を稼いで行ければいいじゃないのか?

 目先の1勝にこだわるのも勝負。しかし146試合終了時点でトップに立っていればいいんじゃないのか?その点では現在のチームは、井川と福原投手の勝ち星がアレだけでありながら本当に良くやっていると思う。

 考えてみりゃ贅沢な話で、3連敗でここまでの反応があるくらい、タイガースの力が上がったものと考えたい。これも良い書き方じゃないけど、4〜7年前を思い出してみ??今と逆だから。

 確かに今日の負けは悔しい。王監督は「甲子園で3連勝」と言ってから乗り込んできた。そのとおりになったのは悔しい。でも王監督だって「タイガースは弱いから3連勝計算できる。」と言ったわけじゃない。むしろ逆だ。日本シリーズでは甲子園で勝てなくて、今年は福岡でも負け越した。そのうえ「2勝1敗でいいよ。」なんて言ったら周りがコケる。それだけ悔しさを味あわせたタイガースなのだ。福岡でできたことを甲子園でできなかったことは今後の反省。

 今日の福原投手の責任感に報いるためにも、千葉ロッテには性根を据えて、逃げたりかわしたりするのではなく、投手も野手も攻めきる姿勢で戦って欲しい。

 最後に書きたいのは金本選手。すごく心配です。明日、スタメンで出られるといいけど。三瀬投手も故意じゃないにしても、内角の攻めに今日は自信が持てないならサインに首を振ることも必要だぞ。腕、振れてなかったように見えたな。当てた後にマウンドで笑みを浮かべちゃイカンだろ?

 今日のMVPはこちら
| タテジマに想いを | 22:56 | comments(10) | trackbacks(19) |
本日怒涛の3本立て  1周年だ!かっ飛ばせ!!  今日の試合はこちら。
 チャンスマーチで♪気迫の一撃で ソフトバンク倒せ〜♪は言いにくいので、♪福岡倒せ〜♪で勘弁してくれ!と思っている皆さんこんばんは。

 さて、おかげさまで1周年を迎えることができたこのブログ。今日はその祝砲とばかりに打ちまくるソフトバンク・・・いらねぇよ!そんなもん。打たれまくる井川・・・テメェ・・・(−−メ) マウンドで首傾げてる場合か?打たれて当然の内容ぢゃないか!!試合後には監督もついに「チームの士気が落ちる!下に落とす!!」と口走ったようです。もっと早く落として欲しかったのですが。代わりは筒井くんでいきましょう。そりゃあできれば三東くんがいいけど。

 という試合でした。以上!!

 ・・・で終わるわけにはいきません。今日の試合、打たれたのは高め、逆球・・・そういうことでした。これじゃ野口さんも大変だ。

 思い出したのは2003年の日本シリーズ、打たれまくる1、2戦を終えた矢野さんはノムさんに電話したそうです。するとノムさんは「基本どおりにシンプルに行け。」とおっしゃった。そしてそれが功を奏し、甲子園での3連戦につながったそうです。でも福岡では元に戻してしまったために打たれたと。。。

 今日の試合を観ていても、結局は変ってないんじゃないか?と思いました。だって低めに決まった球で打たれたのはズレータの1発くらいだし。昨日の杉山くんの好投もそうでした。明日は福原投手かな?ソフトバンクを抑える鍵は「低めに、そして基本どおり」ではないかと。

 考えてみりゃ、タイガースはここ数年、読売には強いのですがその原因は「一発は仕方ない。でも連打を食らうな」という意識を徹底したからです。それはホークスに対しても同じ。あれだけ長打力があるんだから一発は仕方ない。でもそれを単発に終わらせるように。そして絶対に逃げない強い気持ちで。

 ホークスのような戦いで勝とうと思わずに、今のタイガースの戦いで勝ちに行けば絶対に勝てます。

 とにかく今日は井川の悪さで試合にならず、観戦に行かれた方も大変だったと思います。でもそれでもシーツ先生と桧山選手は猛打賞を見せてくれました。シーツ先生が打席で尻を振りすぎると打てないのですが、今日は尻を振りまくって打ちまくってくれました。今岡選手も3打点です。赤星選手も徹底マークされながらも2安打、守備も頑張ってくれました。濱中選手もタイムリーです。ハシケンも帰ってきました。牧野さんも一発行かれたけど通用しそうです。鳥谷も打てないけど守備は上手くなっています。さぁ次はアニキがハートを見せる番です。終盤の攻撃、確かに相手投手は代わっていました。でも攻める姿勢は見せてくれました。

 昨日は投げ負け、今日は打ち負けと2日間は辛いものです。でもタイガースは戦います。落ち込んでいる暇なんかありません。明日が大事です。今はまだ、福岡で2勝した分を取り戻されただけです。明日こそ勝って、自分たちの庭(甲子園)で好き勝手なことはさせないところを見せましょう。明日は僕の観戦仲間も甲子園に行きますからその前で、そしてテレビ、ラジオ、PCの前で応援するファン、仕事で試合をライブで感じることができないファンのためにも、

勝とうぜ!阪神タイガース!!

 と大きな声で声援を送りたいと思います。

 ブログ1周年の日を勝利で飾れないのは残念ですが、タイガースで一番好きな選手である今岡選手のホームランを祝砲と思いたいです。今岡選手、ありがとう(タイムリーエラーはしないでね)。1日遅れでいいから、明日は魂のこもった戦いで勝利を強引にでも何でもいいから奪っちゃいましょう!! 

 今日のMVPはこちら


 最後にひと言いいっすか?


 酒もってこい!! 熱燗 熱燗 熱燗 熱燗 熱燗 熱燗 熱燗 熱燗 熱燗 熱燗
| タテジマに想いを | 22:01 | comments(12) | trackbacks(21) |
LINKさらに追加です
 ご本人様にご快諾を頂き、超有名ブログ!の【阪神優勝、巨人最下位(スーパーサウスポーあさちゃん。さん)】をLINKさせていただけることになりました。

 2つ↓の記事をご覧下さい。
| LINKS | 07:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
LINK追加のお知らせです。
 ご本人様たちにご快諾いただき、LINKを追加させていただけることになりました。嬉しいです。

 【とらぶろぐ(にらさん)】と、【虎魂〜今日の虎〜(Nさん)】です。

 ご紹介させていただく文章は、の記事からどうぞ〜♪ どちらも夢中になって読んでしまうブログさんですよ〜!!
| LINKS | 00:10 | comments(2) | trackbacks(0) |