04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
RECENT ENTRIES

ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

神宮巧者をぶっ飛ばせ!!
 ヤクルトの強さ・・・というより巧さが発揮されちゃった試合だった。まったくヤクルトは神宮の戦い方をよく知っている。狭い球場なので長距離打者は少なめに、中距離のスプレーヒッターを揃えている。

 と、ヤクルトを褒める記事ではなく、書きたいのはタイガースのこと。

 今日の好材料はシーツ先生だった。2本のヒットはとにかくバットにボールを当てたもの。相手が嫌がる当たりを2本打てたことは今後につながる復調気配と見た。

 しかし今日はお互いに好調ではない投手同士を捕まえられない戦いだった。川島投手も良くないし、杉山投手も良くない。ところがお互いにゲッツーを交換して捕まえられない。困ったもんだ。

 せっかくリードしても勝ちを意識したのか、それとも矢野さんの変化球に偏ったリードのせいか、逆転されてしまった。球児投手の登板も「これ以上、点はやれねぇぜ!」の気持ちは分かるが果たして・・・・・。そろそろ野口さんも使ってね。

 今日あえて厳しいことを書くのは鳥谷選手と金本選手。記録上は鳥谷くんの1エラーだけだけど、実際には2人で4つのエラーをしている。鳥谷くんは矢野さんの盗塁への送球を取り損ねている。金本選手はクッションボールを2回も処理を誤っている。フル出場を続けるには内容も大切なのは本人が一番分かっているはず。昨年7月下旬の甲子園で、不調の金本選手にライトスタンドから「金本〜!お前は自分の記録ことしか頭に無いんか〜!!」と痛烈な野次が飛んでいたものだが、今のままでは今年も厳しい野次が飛んでしまう。鳥谷くんも同様。いつもまでも今のポジションを「与えられたもの」としていてはいけない。で、鳥谷くんはスタメンから外し時かもよ。

 決め手不足。タイガースには他球団がうらやましがるくらいの層の厚さがある。怪我人が出てもそれなりに埋まってしまう。これを生かせるかどうか。層が厚い割に競争意識が希薄だ。本当に敵は内にいるものと思って闘って欲しい。

 なんか、藤川投手をあそこで出したり、このところのベンチワーク。まるで岡田監督が2軍にいる髪の毛が似ている○塚コーチと入れ替わったように・・・効果の無い円陣だったし。(昨年、円陣の真ん中で「ボール球を振らず、狙い球を絞って行け!」としか言わなかったというのは本当か?選手はその狙い球を知りたかったのに。)

 とにかく、明日は勝たなければいけない。ローテーションに裏も表もクソも無い。投げるからには全員が勝つんだ!その気持ちで闘おう。

 勝とうぜ!阪神タイガース!! 

 バックには数え切れないファンが一緒に闘っているぞ!!

 今日のMVPとBooはこちらへ。

 5月14日のチケ、まだあります。
| タテジマに想いを | 23:00 | comments(0) | trackbacks(6) |
安藤くんは敗戦投手じゃない
 今日はスカパーで試合がないのかなぁ?と思っていたら、スカイサービスの方のch739で放送があった。

 ヤクルト戦のときは試合前に様々に放送してくれるのでのんびり眺めていたら、「磯山さやか」という子が館山投手(ヤクルト)にインタビューしていた。いやぁ、若いって素晴らしい。34にもなると21歳なんてとりあえず可愛く見えちゃうよ。ということで、ひがみも込めて試合前から訳の分からない出来上がり方をしていた。

 試合は初回から膠着しまくった感じの内容だった。藤井投手の立ち上がりが良くないようにも見えたが、今日も肝心なところでつながらない。シーツ先生とアニキはもがいている最中にも見える。それでも四球を選べるアニキは何とかなっているのだが。

 スペンサー選手のHRで先制、しかしそれを帳消しにするエラー。エースは味方がエラーしたくらいで表情に出していたら務まらないぜ!とは漫画のタッチで上杉達也が言った言葉だが、それ以前にひどいエラーだった。でもスペンサー選手が入った打撃陣は確実に相手バッテリーに疲労を与えている。

 6イニング2失点。安藤くんは良く投げていたと思う。でも打線が・・・覇気があったのは関本選手とスペンサー選手くらいに見えた。関本選手が好調なだけに、赤星選手の出塁が無いのが非常にもったいない。四球でもいいから出塁を!!と思わずにはいられない。

 赤星選手も相手が警戒してきたくらいで抑え込まれるようじゃ、今年の目標のシーズン最多安打なんてできないぞ!!やられたらやり返せ!金本選手も、レフトが安泰だと思ったら、いつまでも続かないぞ!タイガースには若い外野手が下から狙っている。シーツ先生だってそう!ファーストを守れる選手は他にもいる。鳥谷くんも、岡田監督じゃなくなったら使ってもらえないかもしれない。危機感を持って、闘っていこう。

 昨日の敗戦は確かにダメージが大きいかもしれない。でも終わった以上は長いシーズンのうちの1試合と思うしか無いじゃないか?!下を向いている暇は無い。岡田監督が言ったという「下柳や藤本、中村豊が帰ってくるまでチームを良い状態にしていよう。」をもう忘れたのか?

 今日の試合は観ていて辛かった。だから明日に期待して厳しい言葉を最後に書く。

 勝つ気があるのか?!顔を洗って出直して来い!!

 今日のMVP&Booはこちら
| タテジマに想いを | 21:50 | comments(8) | trackbacks(9) |
慢心が起こした敗戦
 帰宅してテレビをつけたらタイガースが4点リード。更に順調に加点して行った。でもなんか雰囲気が変わったぞ?!と思ったらそこから井川が連打を浴び降板していった。そこにはテレビを通しても分かるほどの気の緩み、「今日は勝った。」という油断があった。

 守備では関本選手が懸命にセンターに抜けそうな当たりを止めたりして踏ん張っていたが、信じられない赤星選手のエラー、正面の強い当たりを横に2回もそらす沖原選手のエラー、これだけエラーが出れば投手もコケるし、他の守備もコケるし、ファンもコケる。応援するために甲子園に行った、おかやんXtaSEAさんたちに失礼だよ、あのプレーは!!

 ドラゴンズにしてみれば、一旦は逃げた勝ちが向こうからやってきたようなものだ。この1勝が最後に大きなものとならないように今は願うしかない。

 こういった大差の試合を追いつかれると思い出す人も多いと思うけど、2003年の4月、水道橋ドームでウサギ相手に追いつかれて引き分けた試合を。タイガースはこの試合で野球の怖さを学び、その後ぶっちぎって勝ちまくった。今年それを再現できるか?!やるしかない。

 ネガティブな人は、昨年の夏、札幌で何を血迷ったか・・・確か3点差のリードでマイヤーズを出してしまい、見事にこの日もウッズにサヨナラ満塁ホームランを打たれてしまったことを思い出すだろうけど、書いた僕が言うことじゃないけどそれは思い出さなくて良い。思い出したほうがいいのは、ブログ仲間のshuさんが、思わずご自分のブログのタイトルを『ばか!マイヤーズ!!』にひと晩だけ変えてしまったことくらいだ。

 井川は試合を作ったか?といえば、はっきり言ってNo!今日も通用したのは6回まで。これでは中継ぎは休まらない。そして抑えに指名して、テーマ曲までそれ用に作った久保田くんをこのまま抑えで使っていいのかどうかも考え直す時期だろう。こだわりも結構だが、心中するのは頂けない。チームの勝利のための起用が必要だろう。現時点では球児投手の方が、球威、コントロール、全てにおいて上だと思う。

 最近の岡田監督はミスをした選手に対するファーム行きの決断が非常に早い。沖原選手も明日はファームに行ったって不思議じゃないくらいのミスをしでかしている(実際、筒井くんはファーム行き)。厳しい中での選手もサバイバル。

 そのなかで関本選手のように、バントを決め、自らも猛打賞を獲得する選手もいる。1,2番がリズムを合わせてチャンスを作ればきっと勝ちは帰ってくる。シーツ先生とアニキが勢いに乗れていない気もするけど、長いシーズンを闘うためにはそれ以外の選手の活躍も必要。個人的には藤本負傷後の2番に関本選手を起用したことは評価している。

 大切なのは明日の試合。明日こそ勝って、今日の負けを払拭しよう。1番赤星、2番関本の両選手、タイガースを牽引してくれ!!今日のMVPはこちらへ。

 5月14日チケ、3枚アリです。LINKさせて頂いている方、観戦仲間のかたで行ける方は是非! まろさんの5月5日も有ります。
| タテジマに想いを | 23:29 | comments(6) | trackbacks(6) |
ある意味で必殺の・・・
 今年のタイガースは中継ぎの調子がいい。ってことで、今日は『先発迷ったときは中継ぎ総動員作戦』で勝った。

 筒井くんが先発だけど、おそらく行けるところまで行かせてやれ!!っていう感じだったと思う。そしてそのあとの継投が早いこと。。。江草くんには昨日やられた(自滅した)借りを返しに行かせるわ、ハシケンは出るわ、球児くんもウィリアムス投手も、久保田くんも。中継ぎで出ていないのは吉野投手くらいか?という勢いで出していった。

 言われてみれば、中継ぎ陣の防御率で継投していけばそうそうボコボコ行かれるものではない。俗に言う暗黒時代に僕が冗談で言っていた「葛西さんで2回、敦規さんも2回、弓長さん、遠山さん・・・残った連中が1回ずつ。もちろん、葛西→遠山→葛西もあり!」というのが実現した気分だ。

 たった1つのエラーから試合は動いたのだが、動かして見せたのは赤星くんの気迫のスライディングだった。ただでさえ守備に難があり、わざわざ人工芝だからという理由(ホントか?)でドラゴンズを選んだウッズにショートバウンドの送球は難しすぎた。

 打線は下位打線から始まり、上位で終わるというなんとも複雑な展開だった。クリーンアップが怖いからこその下位打線の活躍があってしかるべき。

 矢野さんのHRも見事にバックスクリーンに飛び込んだ。打撃が好調だと守備も乗るのか、矢野さんは体を張ってボールを止めていた。これが昨年は無かったところだ。

 藤本も肉離れで離脱、下さんもいない。でも代わりに沖原選手が上がってきた。プロ入り当時の年齢的に家族からも反対されたが夢を追いかけてプロにやってきた男が帰ってきた。そしてそれは幸せをタイガースに運んできたかのように、今日の試合は進んでいった。それは関本くんのプレーにも出ていて、猛打賞の活躍。1番赤星くんを現時点で最大限生かせる2番が帰ってきた。沖原選手、秀太選手といった名脇役が帰ってきて、うまく使えるようになればタイガースのレベルはまた上がる。

 そして藤本にはとにかく確実に故障を治して欲しい。焦る気持ちもあるだろうけど、再発などしないようにしっかり確実に治療して欲しい。それは下さんも一緒。そして代わりに出場する選手は、藤本の代わりではなく、藤本が代わりになるようにプレーして行って欲しい。チーム内の競争もここから始まる。

 明日は恐らくエース井川。片目が開いた男が両目を開かせることが出来るか?いや、開けなければならない。

 今日の勝利は中継ぎ全員の勝利。タイガースの中継ぎ陣は胸を張ってこの勝利を喜んでいい。

 一戦必勝。今日の気迫と雰囲気を持っていけば必ず勝てる!いや、勝とう!!(ここの記事で「勝とうぜ!阪神タイガース!!と太字で書いた日の翌日の勝率は・・・10割(6勝0敗)です・・・すげぇ)

 最後に、橋本投手プロ入り初勝利、おめでとう!これからも活躍してくれよ!!

 今日のMVPは、こちらへ。

 昨日の記事に掲載したチケット13日はお申し出がありました。ありがとうございます。
 14日は3枚あります。5日のまろさんの募集分もあります。
| タテジマに想いを | 22:23 | comments(6) | trackbacks(9) |
若い衆が頑張らないと
 鳥谷くんがすっかりドラゴンズに参ってしまっている。特に今日のマサさんには手玉に取られているとしか言いようがない内容だ。素人目に見ていても、とにかくもっとがむしゃらにやって欲しい。なんか大人ぶってやっているような気がする。それが悪いとは言えないんだろうけど、今の彼には合っていないと思う。

 若い連中がチームを引っ張っていかないと、今の序盤から抜け出せない。確かにまだ始まったばかり。でもそういっているうちに交流戦に突入する。

 試合を観ていて必要性を感じたのは、僅差で負けている試合で使える投手。決して敗戦処理ではなくて、味方の逆転を信じて相手に流れを与えない存在が必要だ。今日は江草くんがその役割を与えられたけど火に油を注いでしまう結果になった。逆転とかそういうのは打撃陣だけでできるものではなく、投手陣の継投も重要な要素であることは間違いない。

 ふくらはぎを痛めて?下さんが登録抹消された今日、左の先発枠が1つ空いた。この隙に出てくるのは誰か?もちろん江草くんも候補のはず。チャンスは早々来ない。ましてや下さんなら完治したら即先発復帰だ。なのでなおさらチャンスをモノにしなければならないはずだ。

 今日でドラゴンズに1勝3敗、あと2つ勝ってタイに持ち込もう。出来ないはずはない。打撃陣も勇気を持って、個人的には監督にも勇気を持って采配(スタメン選び)をして欲しい。

 勝とうぜ!阪神タイガース!!

 ドラゴンズは勝てない相手なんかじゃない。勝てるはずの相手だ。今日のMVPはこちらへ。

 さて、観戦仲間のまろ吉さんが、5月5日のライトスタンドのチケットが余っているようです。行ける方は僕までご連絡ください。まろ吉さんに取り次がせていただきます。

 そして、僕もチケットがあります。5月13日の楽天戦のライトが1枚、5月14日の楽天戦のライトが3枚です。行ける方はご連絡ください。こちらは実際にお会いしたことがある方か、ブログにブックマークさせていただいている方にさせていただきます。よろしくお願いします。
| タテジマに想いを | 22:24 | comments(4) | trackbacks(3) |
酒と猛虎と男と爆弾発言??
 今日は書くことも無いし、今まで私が職場等で吐いた暴言(と本人は思ってない)を書き、ここに懺悔(する気も無い)致します。
なお登場する人たちは、私がタイガースファンであることは百も承知している人たちです。皆さんなら何て言いますか?

1 元・彼女の場合

彼女(当時)「ねぇ、、、私と阪神、どっちが好き?」
 俺「(普通に素で)阪神
彼女「・・・」

 俺「(聞こえなかったのかな?と思いもう一度)阪神!

 その2ヵ月後には別れていました。だってねぇ、彼女を好きになったのは数ヶ月前でしょ?阪神を好きになったのは子供の頃からだもん。比べる方がおかしいよ(俺もおかしいよ)。


2 上司の場合

上司「いや、お前も将来出世したらな、こういうことが色々あって・・・・・」
 俺「いやぁ、出世しなくていいっすよ。」
上司「いや、それがそういう訳にもいかないこともあるんだよ。」
 俺「やですよ。出世したら代わりが段々いなくなるし、会議が増えて休めないじゃないっすか。」
上司「そうなんだよなぁ。」

 俺「休めないと甲子園に行けないんですよ!


3 上司の場合その2

上司「おい、今日どうだ?(飲みに行かないか?)」
 俺「いやぁ、仕事が終わったら帰らせてくださいよ。」
上司「たまにはいいだろう?7回(イニングです)くらいまででいいから。」

 俺「困りますよ。あ!(上司に向かって)巨人ファンでしょ?

上司「失礼なことを言うな!

ただいま、職場定時脱出キャンペーン実施中


4 職場で

同僚(女)「彼女が出来たらさぁ、試合はどうするの?」
俺 「困るなぁ。休日は昼まで寝たいし、試合は観たいし。昼から会って、午後6時に一旦家に帰って、試合終了後からまた会うってのがいいっすね。」
同僚(女)「・・・・・」
俺 「近場の人だといつも会うことになるから、休みが合わないとか、遠距離がいいっす。」


5 今日の暴言

 僕の職場が入っている建物の1階に遠くから見ると美しい人がいる。その人も自意識があるようで、そんな立ち居振る舞いなどをしていたりする。でも強調したいのは「遠くから見ると美しい」という点。俺は心の中で言っていた。「いや、自分で思ってるほどじゃないですから。」・・・とりあえず今日まで言ってない。(これからも言わない)


6 今日の暴言2

 それは5年前だった。僕の隣の課にいた女性で、そりゃあもう可愛い子がいた。でも可愛さに比例して性格もそりゃあもうキツイなんてもんじゃなかった。で、その子と久しぶりに会って立ち話をしたのだが・・・性格というか話し方は変わっていない。俺は心の中で言ってみた。「いや、あんた全盛期は過ぎてますから。」・・・とりあえず言ってない。(もう会わないでしょ・・・会わないなら言っても良かったのか?)



 さて、ふざけたことを書いているのですが、ここで真面目なことを書きます。(2ndブログにも書きました)

 JR福知山線の尼崎駅付近で電車の大事故があったのは皆さんもご存知のとおりです。

 JR尼崎駅は僕も甲子園で観戦する時に快速から甲子園口に停まる各停に乗り換える駅です。尼崎には観戦仲間もいます。なので他人事とは思えません。

 誰が被害にあっても辛いものですが、関西にお住まいの観戦仲間の皆さん、日頃お付き合いのある皆さんが被害に会われていないことを心から祈ってます。

 どうか観戦仲間の皆さんがご無事でありますように。

 そして事故でお亡くなりになられた方のご冥福を心からお祈り申し上げるとともに、被害者の方々に心よりお見舞い申し上げます。
| 酒と猛虎と男と○○ | 21:24 | comments(4) | trackbacks(0) |
ショックだ・・・
 知る人は知っている『スーパーたけとらくん』。。。2台付いているアレのうち1つが寿命でリタイアです。

 でも本体は元気なので、暫く保管しておきます。

 ありがとう、初代。。。2代目もオールスターゲームのスポンサー様で在らせられるSANYOのにします。
| プロフィール | 19:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
横綱相撲
 先ずはお知らせを二発

1発目 今までgooで展開していた、2つめのブログを移転します。しんさんと同じseesaaです。今後ともよろしくお願いします。移転先は・・・こちら・・・です。

2発目 5月13日チケットが1枚、5月14日チケットが3枚余ってます。一緒に観戦できる方を募集してます。条件は、実際に私がお会いしたことがある方か、このブログにリンクさせていただいている方でお願いします。席は両日ともライトスタンド、価格は定価でお願いします。メールでご連絡ください。

 さて、能見くん初勝利おめでとう!!調子は決して良くなかったかもしれない。球が初回は高めに行っていたし、6回につかまったりしたけどそれでも試合のリズムは作ったと思う。

 それになにより、チームが何とかして勝たせたい!という気持ちの表れか、先制、中押し、ダメ押しと効果的に得点を重ねてくれた。アニキの痛烈すぎるヒット、今岡選手の巧いライト前、シーツ先生のここ一番のタイムリーなど、追いつかれそうになっても引き離す展開に持って行ってくれた。

 能見くんの後を受けて登板した球児投手も6回は良くがんばった。やはり登板が続いたせいか、球速も落ち気味でついに「ホームラン厳禁」と刺繍されたグラブの誓いを守ることは出来なかったが、今日は試合展開としては1発を許したい。大事な場面でのホームラン厳禁といったところだろう。

 嬉しいのは昨日と今日、ウィリアムス投手が復調の様子を見せてくれたことだ。スピードガンが正確なら150km/h近くまで戻ってきているし、スライダーも曲がりが戻ってきた。

 今日の得点はホームラン無しでの得点。それでいて8得点なのでなんかずっと打ち崩している気がする。こういうのは相手も嫌だろうなぁ。

 それと負傷者?が続出したのは気がかり。横浜にも出たけど、赤星選手が少し脚をかばうような素振りを見せていたのは心配だけど、その後も守備についていたから大丈夫かな?

 大きいなって思ったのは、横浜が抑えにしようとしているクルーンから点を取れたこと。これでハマが抑えに迷ったら儲けもの。こっちだって苦手意識を持たないで済む。

 いずれにしても今日は勝てる雰囲気が充満していたと思う。去年にはなかった自信が今のタイガースにはある。このまま火曜日からの甲子園、中日戦を闘おう。KO!KO!ドラゴンズ!!

 最後に古田選手、2000本安打達成、おめでとうございます。長年のご活躍に心からお祝い申し上げます。

 今日のMVPはこちらへ。
| タテジマに想いを | 18:30 | comments(4) | trackbacks(4) |
空中戦
 今日の試合は最後までドキドキだった。正直言ってハマスタの広さも色々あるけど最終回は久保田くんが捕らえられていた。

 久保田くんの前に投げる球児くんが現時点で素晴らしい出来なので、あとに投げる久保田くんが損をしている感もある。ましてや多村選手、村田選手ともに7回に球児くんと対戦したばかりだ。右腕としてタイプは違うと思う。キレの球児くんと重さの久保田くん。でもハマの選手たちにはキレで勝負するほうが良かったということだろう。抑えとしての登板数が少ないため、久保田くんがまだ本当の意味での抑えになっていない現状がある気がした。

 打線は好調なのか不調なのか分からないけど、ホームランで得点するという、たしかに1本で1点は入る得点方法で勝った。打ったのは3番と4番ということで打つべき人が打って勝った試合だと思う。

 投手では杉山直久投手が前回のとうきょうどーむとは別人のような投球をした。プチ岩隈投手とでもいうのか、そういう投げ方で横浜打線を抑えてゆく。今回ダメなら本人としてもどうすりゃいいんだ?ってことになるだろうし、チームとしても誰を投げさせりゃいいんだ?ということになる。左腕王国とか言われてるけど、右腕は意外と空きがある。伊良部さん、藪さんの分が空いているだけに。ここで試合を作る活躍をすれば、今年はローテに食い込める。そういった意味で今日の杉山投手の投球は大きいものだった。

 実際、昨年静岡での横浜戦で6回2桁奪三振で無失点と好投しており、ハマは三浦投手が虎キラーとかいうならこっちだって直久くんというハマキラー(フマキラーみたい)がいるんだぞ!って存在になってくれれば面白い。他にはイマイチだけど、ハマには滅法強いとなれば、色々な意味で彼に関してはハマ中心にローテも組める。

 これで土曜日は負け無しで4連勝。明日も勝って良い形で甲子園での中日戦を迎えたい。そして裏ローテでもハマに勝ち越せるとすれば大きな収穫。抑え役の大魔神はファームにおり、現時点では木塚投手かクルーン投手が抑え役を任される公算が大きい。抑えという独特の経験不足はお互いに不安だろうから、ここで叩いて勢いをつけよう。昨年の対横浜開幕7連敗の借りは返し終わっちゃいない。

 今日のMVPはこちらへ。

 shuさん、観戦勝利おめでとうございました祝祝


藪さん、メジャー初勝利、おめでとうございます拍手拍手拍手祝祝祝楽しい
| タテジマに想いを | 17:26 | comments(6) | trackbacks(5) |
成長過程のエース候補
 今日の試合を書く前に、昨日の番長の遠吠えについて僕の意見を。

 色々な方のご意見もあるようで、それに対して反論とかそういうのじゃなく、これは僕自身の意見です。

 はっきり言って、あそこで井川を交代させたことに僕は抵抗はなかった。そりゃ続投させたほうが井川のためにも良かったのだろうし、それで抑えでもしてくれたら尚のこと良かった。

 でも監督の井川を特別扱いしないという姿勢、そしてカード勝ち越しを是が非でも掴むのであれば藤川投手投入は不思議だとは思わない。もしも満塁で1発出れば試合の流れを左右する。むしろバンチョーは彼を打ってこその500号だと思うけど。

 そして次に議論になったのが、あそこでフォークボールを投げることがいいのかどうか。いいに決まってる。あれはフォームボールで逃げたんじゃない。引っ掛けさせるとかそういうのじゃなくて、あれは三振を取るため勝負に行ったフォークボール。逃げてなんかない。だから何ら恥じることはない。全盛期の佐々木のフォーク、高津のシンカーみたいなものだ。ストレートがどうのこうの言うならそ打席でいいストレートを放っているんだからそれを空振りしてるくせに。そんなにストレートが打ちたきゃ試合前の始球式で打たせてもらえ!矢野さんや球児投手のことを「キン○マが小さい。」とか言っているけど、その言葉はお返しする。むしろそれと同時に清原の「ケツの穴が狭い」ことが良く分かった。目には目を、下半身には下半身を?!ってことだ。

 さて今日の試合。淡々と・・・という感想だった。読売戦後の反動?というわけでもないのだろうが。。。良い意味では今岡選手は淡々と涼しい顔で猛打賞だった。欲を言えば最終回の打席でヒットをお願いしたかったが。そういやぁ、昨年のハマで三浦選手をKOしたときも今岡選手のレフトへのHRだった。対三浦選手の特効薬ぶりは今年も健在。

 個人的には・・・というか多くの皆さんも思ったことだろうけどスタメンを昨日と変えてしまったのは良かったのかどうか。僕は昨日と同じスタメンで望んで、守備固めに藤本などを使って欲しかった。

 安藤投手も良くはなかったかもしれないけど、多村選手のHRに関しては、一発の怖さを再確認したというところだろうか。っこまで先発として、言っては悪いが想像以上の良さを見せてくれていただけに、今日の敗戦は明日への糧。きっと次回は今日以上の安藤投手が立ちふさがるに違いない。 

 気が付けば今年も上位4チームがひしめき合う混戦となっている。指揮官が「5割でいい。」などと笑えない落語をご披露したのは昨年だったが今年は真打とまでは行かないが昇進したのかそんなことは言わなくなった。これは結構なことだ。優勝を目指すチームを応援するのと、5割でいいチームを応援するのではこっちだって気合の入り方が違う。

 思えば前回の横浜相手のときは初戦はドロー。土日のデーゲームでは逆転勝ちにサヨナラ勝ちだった。でも今週末は元大魔神の佐々木がいない。ハマは抑えをクルーンに任せるつもりだろう。この投手の球は球速以上に速い。
今日の試合は(おそらく)後ろに抑えがいないために背水の陣に早くもなってしまった三浦投手の必死な気持ちが少しだけ上回っただけ。だから明日はそれ以上の気持ちで投げ込んで打ち込もう。今年のデーゲームは5勝1敗。なんだ、調子いいじゃん。

 今日のMVPはこちらへ。


 今年も6月にハマが読売を連れて静岡に試合をしにやってくる。来なくていいよ。

追記:そういやぁ、多村選手がHR打ったときに、レフトスタンドで投げ返せ!というアピールをしていたやつが映っていたなぁ。グランド内ではタイガースの選手が守っているし、球場スタッフもいる。当たったらどうするんだ?俺はそういうファンは大嫌いです。あとフライを捕った相手チームの選手に「落とせ!」って言うのも止めた方がいいなぁ。どうせなら「いないところに打て!」のほうがいいよ。あとは某選手に「落ちつけ〜!」とか「深呼吸しろ〜!」とか??
| タテジマに想いを | 21:54 | comments(4) | trackbacks(2) |
エースの称号は継続使用?
 今日は仕事の交渉で残業。とりあえず移動中の車の中でラジオを聴く。初回、スペンサー選手のタイムリー。昨日、2ndブログに「スペンサーは進化する。」なんて書いてしまった僕としては嬉しい限り。でも今年の井川に2点では少ない!もっと取ってくれ!!と思っていたら目的地に着いてしまった。

 そして交渉に入る・・・30分程度で終わるはずが1時間かかってしまった!なんてこった!!再びラジオをつける。試合は6回裏・・・アナウンサー様!早くスコアを言ってください!!すると・・・「6回裏終了、タイガース7対1、6点のリードです!」と言ってくれるではないか。早く帰って試合を観てぇ!!仕事の片付けもしないで帰宅したら7回裏の球児くんと自称番長の対決だった。またエライ場面で・・・番長は三振した。

 試合展開ではスペンサー選手が4打点と当たっているようで喜ばしい。HRというより中距離打者??シーツ先生も打ったようだし、やはり外国人選手の活躍は勢いが付くものだ。

 赤星くんも記念の盗塁を決め、更に上昇してくれるだろう。

 嬉しかったのは中村豊選手のタイムリー。こういった昨年は使われなかった選手が活躍してくれると嬉しい気がする。力がなくて下にいたんじゃないんだぞ!!ってのを見れた気がして嬉しい。最終回も江草くん、ナイスピッチング!!大量得点差の登板であっても、こういうチャンスをモノにしていけば浮上するときは必ず来る。

 まぁ守備の良い豊さんに代えて桧山選手を出すのは如何なものかと思うが、それでも完勝。井川にエースを継続して名乗らせるかどうかは失点が少ないながら早めの降板ということもあり継続審議。でも1つ勝ったあとの勢いに期待したい。

 明日からは横浜戦。大魔神が逆転サヨナラを喰らうというファンサービスを今夜は神宮の皆様の前でご披露しただけに勢いはこっちのものだ。防御率も9点台になった。きっと前回の甲子園でのサヨナラ勝ちの残像が蘇ったに違いない!!連勝のチャンス!!思いっきり行ってみよう!!


ってことで勝ち越しは気持ちいい!MVPはこちらへ。
| タテジマに想いを | 21:38 | comments(7) | trackbacks(11) |
LINKS 追加です。
 タテジマに魅せられて LINKS に『とら坊の独り言(とら坊さん)』を追加させていただきました。

 とても楽しいブログです。紹介文は こちら に書かせていただきました。よろしくお願いします。
| タテジマに想いを | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
江草くんにチャンスが??
 鳥谷くんが徐々に上昇気味な姿を見せた試合、とりあえず敗戦の中にもこういったシーンを見ることが出来たのは救いである。

 スペンサー選手も前回の甲子園では上原投手のフォークに「あんないい球、打てないなぁ。。。。。」などと言っていたわりには、そのフォークを今夜は打っていた。進化する外国人選手?守備も進化してくれよ。そしてたまに飛び出す「USソウル・ジョーク」・・・当分は目が離せない。外国人版の川藤さんになれる素質を持っている(いや、あくまでも雰囲気とコメントのみです。)と見た。

 今年のタイガースの投手陣のキーは言うまでもなく立ち上がり。ここを何とかすれば試合になり後半に得点が望めるだけに先発陣は最初の一回りに細心の注意を払いたい。

 福原投手が巨人キラーと言うのは昨年の話で、当然相手は研究してくるので同じままでは通用しない。いっそのこと変身した安藤投手あたりのほうが効果的かもしれない。

 そこで江草投手だ。投手としては手足が短い感じがするが、それを感じさせないキレで勝負するタイプ。意外にもと言ったら失礼かもしれないがフォークなどの球種も正確に決めることが多い。中継ぎで使うにはもったいない気がする。

 今日は同じ年に、同じ自由枠で入団した杉山直久投手が昨日の中村泰&桟原コンビ同様に崩れてしまった(正直言って申し訳ないが、「何をしに来た?」と思ってしまった。)。ランナーがいないときは岩隈ばりだがセットになると以前と変わらないということで、やはり彼の場合は劇的に何かを変えるくらいの改造が必要なのか?1年後にはサイドスローになってたりして・・・・・。今日の結果で先発のチャンスはあるのだろうか?ダーウィンにしとけば良かったのにと思ったり思わなかったり。

 という展開もあり、僕個人としては江草くんに追い風が吹いていると思う。1軍での登板数は少ないが比較的抑えているイメージもある。もしかして首脳陣はそのつもりか??手薄な右の大差が付いたときの投手役は、もったいないけど牧野投手を上げれば解決しそうだし、とりあえずダーウィン選手もいる。しばらく我慢していれば三東投手も回復途中だ。専修大学で投げ、東都の1部と2部の入れ替え戦という、生きるか死ぬかの戦いを経験した(んだよね?)江草くんの雑草魂を、自称雑草男が完封しやがった次の試合で見たいものだ。俺とXtaSEAさんが期待している、江草くんにチャンスを!!

 今日も相手の上原投手は好調なようで抑えられてしまう。正直言って、こういう試合にこちらも開幕投手の井川を投げさせられないことがもどかしいが、今日の結果を引きずらないで明日に向かっていこう。

 明日はエースの座を剥奪されかけている井川と思われる。そろそろ野口さんと組んでもらってもいいと思うがどうなんだろう??俺は明日は仕事で残業。かろうじて車での移動中にラジオで聴けるかどうかという程度だ。明日は夜に交渉ごとが入っているので、交渉先で試合のテレビをつけていることを願っている。まったく、読売戦のときに交渉なんてさせるんじゃねぇよ!!

 ってことで、明日は虎ブロガーさんの記事を沢山拝見させていただきますね。

 では、気分が落ち込んでいる方もいらっしゃるとは思いますが、私が勝手に決めた(まぁ、俺のブログだし)このブログの合言葉をご唱和下さい。せ〜の!


 
 勝とうぜ!阪神タイガース!!


 今日のMVPはこちらへ。
| タテジマに想いを | 21:42 | comments(6) | trackbacks(6) |
サニーブライアン的逃げ切り勝利?
 水道橋どーむには読売の相手を元気にする魔物が棲んでいる??とでも思えるような試合だった。

 前半に先制するとしばらくは静かな試合展開、競馬で言ったら先ずは先頭へ?って感じだ。でも中盤から引き離す。そしておぃおぃ、追いつけそうで追いつけねぇよ・・・という間に試合終了した。間違ってもサイレンススズカやアイネスフウジン、ミホノブルボンではない。メジロパーマーやツインターボとは少し違う。人気薄から皐月賞とダービーを地味に逃げ切ったサニーブライアンって感じだ。

 下さんは「さすがタイガースのエース!」って感じのピッチング。見事に少ない球数で試合を作りきる。こうなると「下さんのときは爆発する打線」が火を吹き始める。すると諦めの早い読売さんは戦意喪失してしまう。しかも今日はローズが高橋尚の足を引っ張る暴走塁を見せてくれる。まるで新聞に勧誘されるときの洗剤みたいなプレゼントだった。

 どうもこの高橋尚、納会で尻を出した罰が当たっているのか外国人選手の援護がない。あの伝説の「レイサム外野スタンドにボールをプレゼント事件」のときも投手は高橋尚だった。(2年前に神宮で『男レイサムを支える会』って人たちがいました。)

 この試合の大きな収穫は鳥谷くんの2回のタイムリー。これできっかけを掴んで再浮上して欲しい。つられるように赤星くんもヒットを打ち、藤本もタイムリーを打つ。初球から攻める好球必打。この姿勢が金縛りを解いた。

 得点差を広げた7回裏は、「取った直後に取り返される」という展開にしないためにはこの男!の球児投手が登板。これで読売の戦意は鎮火した。あとはミセリでも出して欲しいものだが。。。解雇ですと?!ちくしょぉ〜・・・阪神戦でも使ってからにしろよ!!

 8回に出てきた中村泰投手と桟原くんは四球を出してランナーを出す。いま、この状況で登板することはどういう意味なのか?当然のように「0」に抑える。とにかく抑えて実績を作る。これがなければ再びファームに・・・というのは分かりきっていること。精神的な面も含めて試されていることを知っているとは思うけど更に知らなければならない。こりゃもう一回ファームかな??おかげで使わないでいい投手まで使っちゃったし。あ、藤本のフライ取り損ねはライトのボールですから。おそらく藤本も意識しすぎて緊張したんでしょう。

 8回の嫌な流れを断ち切ったのは守護神(になる途中)の久保田投手。この投球を待っていたという感じのものだった。最終回も雰囲気は読売の押せ押せ。。。って感じ?でも2アウト目を取ったアニキのファインプレーで息の根は止まっていた。気になるのは矢野さんの外一辺倒のリード。これだと踏み込まれそうで怖い。それでも抑える久保田くんもスゴイ。

 今日の勝因は打撃爆発を呼ぶ下さん。それと調子を戻してきた鳥谷選手。流れは充分変わった。明日は今日の終盤のイメージも残るだろうから重い試合になるかもしれない。でもタイガースの打撃だって帰ってきている。明日は誰だ?井川??エース剥奪のピンチをどうするのか??

 そしてテレビで観ていた視聴者の立場としては勝因は解説の川藤さん。この試合で読売万歳な解説者だったら相当溜まっていたよ。川藤さん、雰囲気特命コーチってことでベンチにいるだけでいいのに。。。

 ちなみにサニーブライアンはダービーで勝った直後に怪我を発症し、3冠はならなかった。騎手がゴール直後に鞍上で派手に喜びすぎて馬に負担がかかったとか色々言われたが、タイガースは勝っても指揮官が喜びすぎてコケないように願うばかりだ。

 しっかし・・・疲れたわ!今日の試合も!!白髪が増えた気がするのはこれか?このせいか??

 ちなみに私は2年前、職場で皆がお金を出し合って新聞を購読する際に、読売になりかけたところをボイコットを賭けて朝日にしました。


P.S. MDの音をアナログでパソコンに取り込みたくて、IOデータのD2VOXを買ったけど、付属ソフトのDigiOn Sound Light の使い方が分からん。

 今日のMVPはこちらへ。
| タテジマに想いを | 21:30 | comments(13) | trackbacks(6) |
本日2本目  タテジマに魅せられて 2005.4
 今日は1本目の記事に、LINKさせて頂いている皆様のご紹介をさせて頂いてます。どの方も楽しく熱い方たちです。

 さて、季節外れのご挨拶を。。。


 いつも『タテジマに魅せられて』にお越しくださいましてありがとうございます。

 今さらですが、そういやぁ俺はどんなブログを作りたいか書いてなかったなぁ。と思いまして今日は試合も無いので書いてみようかと思いました。

 始めたきっかけは、『阪神と僕』を運営されている『しん』さんに勧められたからです。それまで、しんさんの個人サイトに少しずつ文章を書かせて頂いていたのですが、その関係で勧められて2004年6月1日に始めました。最初はGooで始めたんです。

 困ったのはブログタイトルです。『阪神』とか『タイガース』、『甲子園』などが付くタイトルは他の皆さんも既に使ってらっしゃる。でもタイガースを連想させたい。そこで辿り着いたのが『タテジマ』でした。これには2003年9月15日に星野監督(当時)がリーグ優勝インタビューでおっしゃった「この『タテジマ』で、この甲子園で、みんなの前で胴上げされたかった。」のお言葉も少し意識させて頂きました。

 そして僕自身、タイガースを好きになったきっかけは物心ついた頃に「ユニフォームがカッコいいなぁ。」と思ったことがきっかけです。当時もユニフォームはタテジマ。そしてそのタテジマをきっかけにタイガースファンになった。ということで今のタイトルになったわけです。

 ブログ自体はGooからNifty、そして今のT−Blogに落ち着きました。Gooのときはアクセス数が増えたのは有難いのですが、商用TBや、アクセス数増加目的のみのTBが増え始め、無料なのでIP管理などは出来ないものばかりで腐心して有料だけどNiftyに変えました。(現在はGooもアドバンスパッケージを始めているので少しは管理できるのかな?)

 するとしばらくしてTigers−netがブログを始め、こちらの方がスムーズに更新できたりするので助かってます。

 現在は1日のアクセス数が100〜300くらいで(そのうち僕が10くらい)、これが多いのか少ないのか分かりません。でもブログを通じて色々な方とお会いできて、タイガースファンの交友範囲が広がるのは嬉しいことです。実際にお会いするまではドキドキするもので、お会いしてその方が普通の方っていうか、普通に会話が出来る方だと本当に安心します。先日は、本家rokkoUOroshiのかきぴーさんとお会いして、楽しい方で安心しました。

 ブログの記事を書く上で一番こだわっていることは、これはこのブログの方針なのですが『タイガースを前向きに応援しよう』というものです。よくいるでしょ?「勝つには勝ったけど、あそこが悪い。」とか、「○○だから負けた。」とかいう人。それも事実かもしれないけどそうじゃなくて、「勝ったら嬉しい、負けたら悔しい。」で良いと思うし、敗戦の中にも次につながるものがあると思うし、そういうところを探して行きたいな、今まで沢山の感動とか楽しみを与えてくれたタイガースを励まして行きたいなって思ってます。もちろん!良くないプレーには厳しい事を書くこともあるけど。

 それといつもTBしてくださったり、コメントくださる皆さん、ありがとうございます。自分の記事を書くことで燃え尽きるものですから、コメントお返ししたり、TBさせていただくことが遅れたり、しなかったり・・・ということが多々ありますが、本当に感謝しています。これからは少しずつTBのお返しを増やしていければと思います。

 これからもタイガースを中心に、時々「酒と猛虎と男と○○シリーズ」で脱線しながらブログを続けていきたいと思います。暇なときは見てやってください。

 今後ともよろしくお願いします。
| プロフィール | 22:07 | comments(4) | trackbacks(0) |
攻め続けろ!!
 今日の試合はわずか1点を守りきろうとする采配の姿勢が結果として出てしまった気がしてならない。5回の浅井くんのHRは見事だった。でもそれは守りきる合図じゃなくて攻め始める合図でなければならなかった。

 確かに赤星くんをはじめとする打撃陣の全体的な不調が顕著だ。根性論や精神論でかたがつくとは思えないけど、それでも攻め続ける姿勢があれば相手だってプレッシャーを感じるようになる。それがあのような早いイニングから逃げ切り体制を取ってしまっては相手は後攻で1点を追いかけるだけなので綻び(ほころび)は見逃さない。矢野さんの配球ミスを福留選手が捕らえたのは至極当然のことだったかもしれない。(ストレートで押せば打ち取れたんじゃないか?)

 タイガースとしても、そろそろ継投順を考えなければいけない時期かも。やはりここ一番でのジェフ投手は少し安定性に欠けるというのが昨年から今年の傾向。左であるなら吉野投手の仕上がりが良いのでその辺も考えて継投順を固定せずに考えたほうが良いと思う。

 昨日の勝利の残像が残る中、またドラゴンズの投手陣の仕上がりのよさ、谷繁捕手の好リードもあってドラゴンズに苦戦したけどこの3試合での得失点差はわずかに1点。ということはどちらに転ぶか分からない3試合だったという風に受け取りたい。

 次は読売3連戦。ここで持ち直す戦いをして4月は悪くても勝ち越して終わりたい。

 鳥谷選手も正直言って正念場。またこれでもか!というくらいにこの人の所にチャンスが回ってくる。そしてモノに出来ていない。これは辛い。どのように鍛えるのか?シーズンが始まっている今は中西太臨時コーチもいない。氏に教わった直後は調子を取り戻すがいつまでもそばにはいてくれない。自立できるか出来ないか?今の彼は正念場だ。

 苦しい時期だけど、こういう時こそわずかな出来事がきっかけで好転することもある。好転への鍵。それは今日見ることが出来なかった攻め続ける姿勢。それはベンチも含めて。もう一度攻め続ける姿勢を持ち直して戦ってほしいと思う。


 今日の評はこちらへ。


 山本昌さんに勝ち星が付かなかったんだから、以前より前進しているぞ!!昨年、横浜に勝てなかったときも最初は1勝から始まった。次のナゴヤドームでは2勝して、その次は3タテしよう!!
| タテジマに想いを | 18:44 | comments(14) | trackbacks(10) |
笑・顔・奪・還・大・作・戦  ちゃららら〜♪ ちゃらっちゃらっちゃらっちゃらっちゃっちゃっちゃ♪
え〜・・・ルパン三世風にタイトルをお読みいただければ幸いです。(ルパン三世を知らない若い人はそれなりの年齢の人に聞いてください)

 今日は昨日上げた狼煙を降ろすことなく戦いきったタイガースの勝利です。

 こだわりの2番セカンド藤本をついに個人的に待望の関本選手に代えて望んだ1戦でした。その関本選手、守備的にはセカンドの実践不足を感じさせる場面もあったのですが、体を張ってボールを止る場面や、結果的に上手くいかなかったけど鳥谷選手に指示を出す場面など出来ることを一生懸命やっていた気がします。それがあのタイムリーに表れたのではないかと。見事な右方向へのタイムリーでした。

 決して対右投手という点では高い打率ではありませんが、この一撃は素晴らしいものがありました。

 でも投手陣の頑張りも特筆モノでしょう。安藤投手は味方の守備で不利な状況になっても今までのリリーフの経験からか実に落ちついた内容で投げてくれました。荒木&井端という出したら厄介な連中に連続出塁を許さず粘り強く投げたことは、タイガースにまた新たなローテーション投手が誕生したことを意味します。

 球児投手も逆球が多かったけどそれを上回るキレで抑え込むし、ジェフ投手も見事に抑えるし、久保田投手はスライダーのキレが抜群でした。本当に頼りになる選手たちです。

 心配なのは鳥谷選手。藤本同様、自分の型を忘れてしまっている感じがします。さて、これからどうするのか??

 赤星選手が塁に出られなかったので、今日は関本選手とのコンビネーションが見られなかったのですが、ノーヒットの翌日の赤星選手はきっと怖いので、明日は確認できるでしょう。そのためにも、明日も先発はゼヒ関本選手で!!

 その関本選手の活躍に、尻に火がやっとついたのか藤本がヒットを打ちました。勝負時は関本選手、気楽なときは藤本?で良いのか分かりませんが、とにかく競い合って奪い取る戦いをチーム内でもしてほしいです。

 バント失敗の中村豊さんもヒットでやり返すし、投手陣の頑張りに打撃陣も少しだけ頑張りなおしたというところでしょう。

 シーツ先生も、大振りから右打ちへと良いときの状態を最後は見せてくれました。明日は苦手ということになっている山本昌さんらしいですが、甲子園ではそこそこ打っているだけに、ナゴヤの呪縛から完全に解放していただきましょう。

 今日の戦いは笑顔奪還大作戦!!

 ずっとベンチだった関本選手の笑顔奪還成功!そして1年ほど辛かったナゴヤドームで観戦していたファンの皆さんの笑顔奪還成功です!!

 Forza!‐Rosso☆filante- の よっちゃん、観戦勝利おめでとう!本当に良かったね!!

 なお、私XtaSEAさんのブログみたいにリンクさせていただいているブログのご紹介というか、そういうのを近日中に記事にしたく思っております(この画面の右下のLINKSに掲載させていただいている皆さんです)。ご紹介させていただくことがご迷惑な方はおっしゃってくださいね。
| タテジマに想いを | 22:08 | comments(10) | trackbacks(4) |
明日への狼煙
 昨日まで散々、寝ていた読売を目覚めさせたとか書かれていたけど、今日は竜が虎を目覚めさせた。最終回はそういう展開だった。

 シーツ先生が思い出したかのように右打ちを見せ、アニキもHMそのままにライトスタンドへぶち込んだ。その場面で出てきたルーキー鈴木投手の乱調から塁上にランナーが貯まり、矢野さんがきれいにする。タイガースのミソジーズが目覚めてきた。

 こうなってくるのが遅すぎたけど、確かに中日の中田投手の出来は良かった。しかしこういったダメージを与えることで次回の登板時にはきっちりビビらせることも出来る。そういう点ではナゴヤドーム12連敗を喫したけど今までの敗戦とは違うものも見えてきていると思う。

 反面、今日は20代の選手に勢いが全く無かった。太陽投手は自滅。星野監督(当時)にオフの滝に打たれたトレーニングを持ち出され「もういっぺん滝に打たれて来い!」の言葉とともに2軍に落ちたときと同様のピッチングだった。初勝利の試合も危うい場面が結構あったのだが、今日は決め球も無く危うい登板だった。メンタルタフネス。この言葉を目指していってほしい。素質の素晴らしさは問題なく、あとは開花させる自分自身の取り組みだ。

 赤星選手は今日は珍しくヒットが無かった。しかし出塁は出来ており、あとは2番とのコンビネーションの完成度だと思う。鳥谷選手も打率3割を切ったけど、この人はどうやら成長スピードが存外に遅い選手かもしれない。でも一旦前に進んだら後退するということが無いタイプの成長だけに、使っていけば育つものはきっとあるのではないだろうか。

 中村投手は登板させるのも気の毒だったが、少し四球を出すなどまだまだ良いときと悪いときの差が大きい。この溝を無くさないと上では大事なときに使えない。同じ左サイドスローの吉野投手が今日も右打者を相手にしても安定した投球内容を見せていただけに、チーム内の良い見本を見習う姿勢で向上してほしい。

 今日の試合のキーは2番とセカンドの差だったと思う。特にそれは序盤に顕著だった。1人で井端選手と荒木選手の良いところを出すことは出来ない。しかしどちらかの良いところも同等に出来ていない。この差が非常に大きかった。

 野球解説者でもない素人のアナウンサーにも「藤本今日は、バント失敗後にレフトフライ、2打席目はゲッツー、最悪です。」と言われても「素人が!黙ってろ!!」と言い返せない内容だった。

 2番の役割というのは確かにある。監督は藤本に「好きに打て。」と言ったらしいが、だからといって自分勝手にやれというわけでもないだろう。考え方を変えれば「藤本には指示を出せない。」ということにもなる。好きに打つにしてもそれは藤本の精神的負担を減らすための言葉かもしれない。たまに印象に残る打撃をするのでそれほど悪く思わない人もいるだろうけど、今の藤本は恐らく本人も何をしていいのか分からない状態だと思う。悪循環にはまってしまっているとしか思えない。

 当然、赤星選手とのコンビネーションについても赤星選手に負担が大きくなっているのではないか?本来の2番打者、チームとしての2番打者の出現が今は待たれる。キーワードは「赤星を活かせ!」だ。

 幸いにもチームには2番打者の実績がある者や、候補者はいる。たとえば関本選手。確かに守備範囲は藤本よりは狭い。でも彼には意地でも右に打ってやる!という執念というか、嫌らしさがある。たとえば沖原選手。あれほどのプレーヤーがファームにいる。ファームでは相手にならないくらいの打撃を見せている。現状は物足りないだろう。守備でいったら関本以上、藤本未満??でもこの2人ならチームに勢いをつけさせてくれることが期待できる。見たいのは1塁へのヘッドスライディングではなく、勝とうとする姿もそうだけど、今は勝つ姿。

 チームにとってセンターラインは非常に重要。

 でも優勝を目指しているんだろ?勝つんだろ??

 だったら勝つため最善のオーダーで闘おう。それは岡田監督にも気づいてほしい。井川の調子が上がらずミニキャンプなどという言葉も聞くが、むしろ今一番それが必要なのは藤本のように思う。徹底的に、余計なことを考える隙もないくらいに鍛えなければならないのは藤本だ。彼が生き残る道は誰にも負けない『これ』を見つけてくること。それしかない。

 いずれにしても狼煙は上がった。先にも書いたけど、少し眠そうだった虎の目は覚めたものと信じている。明日は山本昌さんか?こっちは誰だ?安藤投手か?能見くんか??とにかく反撃を、そして忌まわしい連敗記録にストップをかけよう。そんな記録、1回止めれば後は連勝記録に簡単に変わるものだ。

 勝とうぜ!阪神タイガース!!俺竜から余裕の微笑を奪い取れ!!


 今日の評はこちらへ。
| タテジマに想いを | 22:07 | comments(6) | trackbacks(4) |
本日2本立て 『深緑球場』
 「毎年見ている光景だけど、その年に最初に甲子園のグランドを見ると、本当に緑がきれいだなぁって思うんですよ。」とは観戦仲間兼酒飲み友達であるKさんがおっしゃった言葉だ。

 実際に僕も同感であった。阪神電車甲子園駅で下車して改札を出る。駅のホームからでも見ることが出来る球場を目指して歩く。高速ガード下をくぐり右手へ歩を進め、球場に沿って歩く。左手に史料館が見えてくるとライトスタンドの入口はすぐそこだ。21号門から入場して通路を真っ直ぐ歩く。右側には焼き鳥などが売っていて、そこで買うときは買って突き当りを左に行けば左手に圧倒的スケールを誇る日本一のライトスタンドが威容を現す。そんななか歩を進め、階段を上がって振り向けば後ろには広々とした甲子園球場のフィールドを観ることが出来る。

 4月9日、今年の初観戦。その緑を体感しに甲子園のライトスタンドを登った。少しずつ少しずつ、1歩1歩あゆみを進める。そして振り向く。目に飛び込んでくる緑の外野フィールドと濃い茶色の内野フィールド。

 この国には人工芝の球場もある。ドーム球場もある。内野も芝生の球場もあり、メジャー仕様の球場もある。でもやはり、日本には日本の球場がある。多少のマイナーチェンジはされながらも、出来たときのコンセプトそのままに存在する姿を誇る球場がここにある。日本一のグランドキーパー軍団もここにいる。言っちゃ悪いが高校野球の舞台としては他の球場では様にならない。甲子園はこれ以上無いくらいの舞台だ。

 今回も試合前に、今年も観戦に来れたお礼を言うために、甲子園横の神社でお参りさせてもらった。神聖な場所へは少しでも神聖な気持ちで。
試合中、上の席からビールがこぼれてきたけどそれが故意ではないかぎり怒ることも出来ない。狭いライトスタンドでは、足を踏まれようが、少しくらいぶつかろうが、汚れようが、度を越さない程度や故意ではないかぎり怒ることなど出来ない。汚れて困るような服装で来るなってことだ。それが困るならイエローあたりでどうぞ! そんな感じだ。だから逆にデリケートな客層かもしれない。

 一番ホームから遠くて安い席が一番人気がある。他のスポーツにはナカナカ無い特異な現象なのかな?グリーンシートがフランス料理のフルコースを食べさせるレストランなら、ライトスタンドは赤ちょうちん。そして全員が監督兼評論家。赤ちょうちんには赤ちょうちんにしかない味わいがある。

 フルコースを食べている連中が経営者なら、赤ちょうちんで飲んでいる連中は下で働く労働者かもしれない。でもここでは労働者の方が上位観念。フルコースよりも赤ちょうちんの焼き鳥の方がご馳走になる。球場の雰囲気を作り、応援を突き動かすのはライトスタンド。黄色いジャージを着たなかの1人のサインで、たった1本しかない黄色の房が付いた長い棒で甲子園全体が動き出す。そんなライトスタンドの椅子の色も緑色。

 緑に囲まれた緑のある球場。球場を包む大歓声は草原を吹き荒れる風の音だろうか?虎が牙を剥き野生に戻るにはこのくらいの環境でちょうどいい。緑の上で伸び伸びと獲物を捕獲する猛虎の姿を今年もしっかり見届けたいと思う。

| T−コラム | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
本日2本立て 岡田監督が変わった?
 試合は辛いものがあったが監督が変わってきている姿を見た気がした。それは関本選手や野口さんの出場などだ。昨年は頑ななまでにどんな試合展開でも矢野選手にこだわってきた姿が、今年は野口さんを出すことで少しずつ変わってきている。

 それは早い話が岡田監督のおかげというよりはベンチに陣取る優秀なコーチ陣(島野さん、和田さん、久保さん、正田さん)のおかげかもしれない。

 選手も一体、ベンチも一体ということを考えれば、こういった場面であっても試合を通じてアピールの場を持たせることはプラスだし、特に今日も塁上の赤星選手を活かせなかった藤本にも危機感を持たせるものだっただろう。だって右投手の上原投手に対して右の関本選手だし。

 負けた試合は、それまで続いていた打線爆発や抜群な投手力を良くも悪くも脳裏に焼き付けすぎた後遺症だろう。過信してはいけない。シーズンを通じてこのような状態は続くわけが無いし(続けるように努力することは大切だが)、苦しい状況でも相手に疲労を累積させる試合をしていかなければならない。もう一度、開幕当時の気持ちに戻って貪欲に闘う姿勢を見せてほしい。

 読売に連打を許すな。これは鉄則なんだけど、出来ていなかったから負けた。連打を許さないためにはどうすればいいのか?原点に立ち返って攻め直すことが必要だろう。

 3番4番にも当たりは出なかった。福原投手も総じて球が高めに行ってしまっていた。この3連戦を通じてやるべきことが出来ていた選手はどれだけいただろうか?下さん、今岡選手、赤星選手、吉野投手だけではないだろうか?大味な野球ではタイガースは勝てない。大胆且つ綿密に。監督が先手先手と起用していると一部記事にあるように、選手も先手先手を。やられる前にやってしまう気持ちで中日戦を迎えよう。勝てないはずはないし、今だってタイガースは素晴らしいスタートダッシュをしていることに変わりは無いのだから。

 で、今日の評はこちらへ。
| タテジマに想いを | 20:56 | comments(6) | trackbacks(4) |
女神は再び微笑むのか?
 長嶋一茂の耳障りな話のせいで真弓さんとよっさんの話が途切れてしまう中継を見ていた。

 勝利の女神というのがいるとするなら完全に振られた男がタイガースにいる。井川だ。オフシーズンの騒動がどのように影響したのか分からないが勝利の女神はそっぽを向き、甲子園の神様まで敵に回してしまったようだ。

 一度は自分を振った相手を振り向かせることが出来るのか?同じ女を2度口説かない僕には分からないけれど、この場合は振られっぱなしじゃ話にならないから何が何でも振り向かせなければならない。そのためには変わらなきゃ!!

 相手投手の調子がいい場合、自分から先に崩れてはいけない。しかし井川の魔法は5回で切れてしまった。

 確かに今日の井川は変わったかのように見えた。しかし6回、傍目に見ても分かるくらい球威が落ちる。ストレートも140km/hを切る。よりによってキャプラーに逆転タイムリーを打たれてしまう。エースが6回持たない。これでは試合として苦しいだろう。打線の援護も止まってしまう。まだまだ女神は振り向かない。

 そんななか、圧巻のピッチングを見せたのがハシケンだった。長身から投げ下ろすストレート。打者にとってはおそらく消える魔球のチェンジアップを駆使して読売打線を抑えてゆく。このままチームが逆転すれば初勝利。お立ち台でタメ口を聞かせてくれ!との思いも出てくる。

 マウンド上では表情を変えないが、7回表を抑えてベンチに帰るときに見せた表情。下を向きながらも上目遣いでにらみを利かせる表情からは闘志がむき出ていたし、8回に四球を出したときは唇をかみ締めて悔しさを顕にしていた。

 四球を連発して交代したけど、課題もはっきりしていただけ救いはあった。セットポジションと左打者。この2つをクリアすれば先発も見えてくる。その後の吉野投手も左打者を打ち取るあたり、中盤以降はしっかり状態を維持できている。しかしこの日は攻撃のリズムも今ひとつ。6回表の逆転されたイニングを引きずっているのだろうか?

 試合はそのまま終わってしまった。最終回の失点など悔やむべきものもある。チームは3敗目。そしてその全ては井川が先発投手の試合だ。このまま勝利の女神に振られっぱなしで終わるのか?いつまでも皆は待ってくれない。

 連勝は一旦ストップした。でもいつかは止まるものならそれはそれで受け入れて、明日から連勝を始めよう。明日は誰だ?福原投手?太陽投手?相手は上原投手か?相手のエースを打ち崩そう。今岡選手は左中間にHR。桧山選手にもHRが出た。今日抑えられた選手は明日仕返しをするだろう。

 タイガースは下を向かない。ここからさらに上昇するだけだ。

 今日のMVPはこちらへ。
| タテジマに想いを | 21:56 | comments(0) | trackbacks(6) |
勇気の印
 黄色と黒は勇気の・・・いやいや、黄色と黒のタイガースカラーは勇気の印だなぁと心から思った。阪神電鉄、開業100周年おめでとうございます。

 競争する場を与えられているタイガースと、次々と4番ばかり獲得して競争する場すら与えられない、または競争しなくても場を与えられている選手ばかりの読売との違いが出ていたと言っても過言ではない。

 帰宅したら5回表、下さんの粘りまくるピッチングから今日のテレビ観戦は始まった。そしてその裏、「下さんに勝ち星を!コメントでいつも野手に感謝の言葉を述べてくれる下さんに勝ち星を!」という感じで野手陣が大爆発した。打って走って読売に心を落ちつかせる暇も与えない。

 そして白眉は球児投手。点を取った後のイニングで1点でも取り返されると嫌な流れが出てくるものだが、その欠片も何も無いくらい見事なピッチングでガッチリ流れをタイガースに抱き込ませた。今の球児くんはなかなか打てないし、打たれても連打にはならない。そんな気がする安定感だ。その後の江草くんも流れを切ることなくしっかり抑えてくれている。またこれが自信満々で。

 欲を言えば8回裏のチャンスに無得点で終わったことが明日へつながらなければ良いと思うのだが、その分シーツ先生にこの日の1本目のヒットが出たことはプラスであり、好調赤星選手は4安打。しかも4打席目の3ベースはそのまま回してもランニングホームランになるんじゃないか?と思うくらいの好調さだった。HMの♪走れレッドスター Let‘s go 赤星 チャンス切りひらけ♪は伊達や酔狂じゃない。マジも大マジなことになっている。そして自信に満ちた表情はどうだ?!本当にすごい。ダブルスチールも本当に見事。これを見ると2番藤本の有効性も見えてくる。

 あえて言うなら鳥谷選手。タイガースの7番の場合、彼が凡退してしまうと後ろの矢野さんが敬遠される確率が非常に高い。そのため彼に決めてもらわなければ困る状況が多いことになる。この試合も同様で5回裏の攻撃がそうだった。5回裏、下さんの投球数を考慮して代打スタンバイということが無ければ、矢野さん勝負ということにはならないわけで、彼にはそういった対処も身につける必要があるということだ。

 しかし鳥谷選手は確実に前進している。これは書いておかなければならないことだ。

 そういえば読売の選手として伊達選手が帰ってきた。敵として帰ってきた伊達選手に、甲子園は牙をむいて襲い掛かる。味方にすれば心強いが敵にしたらこれほど怖いものは無い甲子園の大歓声。とりあえず今日は挨拶代わりに2点を頂いておいた。次はこのくらいじゃ済まないぞ。

 今日は当たり前のように戦い、当たり前のように勝った試合。でも当たり前のことを当たり前のように実行することは決して簡単なことじゃない。この強さを続けて行こう。誠さんもしぶとく猛打賞です。シーズン前に「チャンスではどんな当たりでも得点につなげたい。」という言葉、有言実行です。

 雨の中、そして寒い中、観戦されたおかやん、のぶさんもかな?お疲れ様でした。風邪など引かないでくださいね。明日は井川の登板が予想されている。果たしてエースの名をかけた意地を見せることが出来るか?!

 今夜の試合は、走る勇気、投げる勇気を持ち続けた阪神タイガースの完勝です。


 追記 デーブ、お前は何かというと話をゴルフに例えるがな、お前は解説しなくていいからゴルフクラブでも磨いてなさい。


 で、今日のMVPはこちらへ。
| タテジマに想いを | 22:07 | comments(8) | trackbacks(2) |
始まりは満開の桜の下で
 いよいよ甲子園に行く季節が始まった。昨年から泊まっている宿のオヤジさんにも「いよいよですね。」と挨拶をされる。

 JR甲子園口は僕にとってはもはや遠く離れた場所ではなく、『いつも寄っているところ』って感じのものになっている。南口にあるモニュメント、バス停、そういった場所は少し風景が変わっても自然に受け入れられるものだ。今年は満開の桜の花に迎えられ、僕のシーズンが始まった(と言いつつ、好きな花は向日葵と紫陽花と梅です)。

 4月9日、新大阪から地下鉄を乗り継いで谷町4丁目で下車、大阪歴史博物館で『阪神タイガース展』を観る。観戦前に歴史の勉強をして、タイガースへの想いを高めてゆくことにする。

 そして甲子園口へ。金本選手ファンの虎仲間と昼ご飯を食べ、今年のタイガースや仕事のことなどを話しながら観戦への心の準備をする。

 やがて甲子園に移動。21号門前で現場さんとまろ吉さんとお会いして中に入る。

 席はポール際だけど、前と横が通路という絶好の位置。飲みながら待っているとshuさんたちが会いに来てくれた。

 試合は安藤投手と斉藤隆投手。やや不安な気がしたが、初回の球数の多さを除けば実に安定したピッチングで切り抜ける安藤投手がいた。

 HM問題。この影響で1回はHM抜きの応援。でも応援団の方は房を持ち込んで待機している。きっと歌える。。。そう思って応援していたらそのときは来た。4番アニキのとき、途中で応援団の方が嬉しそうにしている。そして響く「ピーッピッピッピ!」の笛の音。ヒッティングマーチだ!!♪鍛えたその体〜 あふれる気迫〜 さぁここまでぶち込め ライトスタンドへ〜♪ 音程なんて関係ない。とにかく歌う。鳥肌が立つ。

 4回。ついにアニキが300号HRを放つ。アニキらしい弾丸ライナーがポール際に飛び込む。僕の席の真正面のずっと下だった。

 5回にはシーツ先生のナイスバッティングで追加点。そして抑えに久保田くん登場。何もかもが素晴らしい逆転勝ちだった。

 お立ち台で照れるアニキ、ひと安心の安藤投手。僕たちファンもひと安心だった。

 試合の後はアニキのHMがずっと流れる。六甲颪のあと、スタメン選手のHMを歌うのだが、そのときも六甲颪は3番までフルコーラスするようになったのね。昨年までは1番だけだったでしょ?

 とにかくこの試合、僕が尊敬するサイトの1つを運営するニギリコブシさんが大ファンの金本選手が、そのニギリコブシさんの観戦しているときに打ってくれたのは僕も嬉しかった。

 宿のオヤジさんも自分ごとのように喜んでくれた。



 翌日は阪神百貨店でお買い物。なんと!復刻ユニの種類が増えている。新発売品を買ってしまった。8種類も。。。貧乏なのに。。。着る体は1つしかないのに。。。でも嬉しい。

 ダイエーで、しんさんと新年の挨拶をする。2人の新年の挨拶は「シーズン、あけましておめでとうございます。」だ。もう2年前から言っている。同時にかきぴーさんと初めまして。そして甲子園でぼるくんと合流。おかやんとも試合前は会話を、試合中はメールで連絡を取る。

 試合中、正直言って右隣の連中が邪魔だった。「もっと近くで観た〜い。」とか言うおねーちゃん。だったらアルプスでもイエローでもオレンジでもどこでも行きなさい。

 この日の僕の応援スタイルは復刻ユニに自分の名前と虎の文字を掛け合わせたもの。でもこのユニでは勝ったことが無い(0勝3敗かな?)。今日こそは初勝利!!と思っていたら投手戦になる。まさか。。。えぇい!脱いでやる!!と脱いだら9回に先制されるじゃな〜い?!何だよ?!持っているだけでダメなのかよ?!と思ったもんさ。そしたらあれほど・・・だった藤本が起死回生のサヨナラヒット!!おぃおぃ!すげぇよ、すげぇよ!!という試合だった。

 まさかとは思うけど何回も回ってくるチャンスを拙い打撃で潰し、失望にも似た感情を抱かせておいて最後に大逆転を持ってくる。それが藤本の描くシナリオだったら・・・そしてそのシナリオどおりに僕たちが踊らされていたとしたら、こいつぁーすげぇ役者だぜ!!と思ったりもした(おそらくそれは無い)。

 とにかく嬉しい。イエロージャージの方と握手、しんさんとハグ、ぼるくんともハグ、かきぴーさんともハグ!隣のおねーちゃんと・・・ハグしたいとは思わなかった。でも隣のおねーちゃんと若い連中も嬉しそうだった。ライトスタンドの魅力がわかったかな??

 この試合のMVPは能見くん、そして誕生日に4安打の赤星選手。個人的にはセーフティーバントを決めたシーツ先生にも。。。素晴らしいチームプレーだよ。

 そして凄いことに、僕個人は4年連続で甲子園でサヨナラ勝ちを観ることができた。

 2002年夏 対中日戦 9回裏、蔵本選手(現・英智選手)のサヨナラトンネルエラーで勝利。彼女と別れたばかりで、ライトスタンドで「試合もサヨナラ!彼女もサヨナラじゃぁ〜!!」と叫ぶ。この件に関しては、下の記事をお読みください。

 2003年4月18日 対横浜戦 9回裏、桧山選手。選手生活初のサヨナラHR。

 2004年5月15日 対広島戦 12回裏、2アウトから久慈さん、八木さん、赤星選手の3連打でサヨナラ。僕とshuさん選定の2004年ベストゲーム。

 そしてこの試合。僕の観戦試合数で4年連続サヨナラを見れるんなんて凄いことだと思う。そして連戦の観戦で負けなかったのは甲子園に観戦に行き始めてから初めてのことだった。

 帰りは新幹線を乗り継いで静岡に帰る。そして今日はその余韻の中で仕事をした。自分への土産は「関西版の赤いきつね」薄味で美味しいです。

 去年は雨にたたられたけど、今年は日曜日の雨予想も吹っ飛ばすことができた。雨男疑惑は解消できたかな??

 次回は楽天3連戦。お楽しみはこれからだ!もっと勝とうぜ!阪神タイガース!!素晴らしくご機嫌に「ときめいて☆シーズン!」にしよう!!

 えっと・・・最近やっと、このブログのタイトルを好きになりました(今さらかよ?!)。
| タテジマに想いを | 22:51 | comments(4) | trackbacks(0) |
酒と猛虎と男とサヨナラ(サヨナラ勝ち記念、一旦消したものだけど再公開)
これ書くと、女性に評判悪いだろうなぁ・・・と思いつつも書きます。なので、女性の方はお読みになるかはお任せします。いえ、決して下ネタとか、そういうのじゃないです。

 では・・・




 そう、あれは2002年の5月5日でした。僕は付き合っていた彼女とGWの旅行ということで、関西に行きました。彼女と計画を立てるときに「ねぇ、どこに行こうか?」と聞かれた僕は迷わずこう言ったものです。「甲子園!!」と。

 当日は普通に新幹線で出発。昼飯は・・・ランチは神戸のおしゃれなリストランテで美味いんだか何だか訳が分からないものを食べ、夕方から甲子園に行きます。5月5日の甲子園です。ライトスタンドは当然売り切れで1塁アルプスに入ります。「あぁ、1人だったら高速ガード下に並んでいられるのに・・・」と思わなかったといえば嘘になります。相手はヤクルトです。

 試合は、安藤投手がペタジーニ(当時はヤクルト)を警戒しすぎて四球を連発。そこを攻め立てられて負けてしまいました。

 こっちは立って応援しているのに、彼女は座ったままです。「立て立て!」と僕は彼女の頭をメガホンでボッコボコに・・・うそです、軽く背中の辺りを突付いて促します。「圧倒されちゃって・・・」という彼女。僕はそんなことは知ったこっちゃありません。ラッキーちゃんに・・・・・いえいえ試合に夢中です。

 試合後、楽しそうな彼女でしたが僕は「もしかしたら、この子と来たら負けるんじゃないか?」と縁起でもないことを考えていました。

 で、7月にもなれば夏休みの計画を立てます。「どこに行きたい?」と聞く彼女に僕はこう言いました。「甲子園!!」っと。どんなもんだい!!

 今回も前回と似たようなのコースです。しかし、その日は訪れませんでした。そう!別れちゃったんです。いえ、いい歳して現実的な話が出来ない子だったんで、将来考えると厳しいなぁって思ったんです。ふ、ふられたんじゃねぇやぃ!!♪ 振られたんじゃない〜わ〜 あたしが降りただけよ〜 ♪(メモリーグラス@堀江淳さん)という曲がありましたが、もうどうでもいいです。

 駅で買ってあった新幹線の切符をキャンセルし、別れて帰宅しました。しかしその翌日、切符売り場には新大阪までの切符を求める僕の姿がありました。

 当日は、朝から新幹線に乗り昼には新大阪に着きました。梅田阪神百貨店でグッズを買い、コンビニで雑誌を買い、さっそく阪神高速ガード下に14:00から並びました。当然ライトスタンドのチケットは余裕で買えます(当時は一斉発売じゃなかったので当日券もありました)。今は無きパーラーアルプスでラーメンを食べました。

 球場に入り、試合が始まるまで練習を見て、お好み焼きを食べたりしました。

 試合は中日が相手です。接戦の中、同点で最終回を迎えます。谷中投手(現・東北楽天)の好投もあり、終盤は非常に締まったゲームでした。そして関本選手の3塁強襲ヒットのあと、矢野さんがレフト前へ、これを名手蔵本(現・英智)選手がトンネル!!関本選手がホームに帰りサヨナラ勝ちです。


 「やったぁ!試合もサヨナラ!彼女もサヨナラ!!」

 
 と言ったのですが言葉になりません。席が近い知らない人と喜んでました。甲子園の神様は、彼女とサヨナラした僕にサヨナラを見せてくれたのです。きっと間違った決断ではなかったと思います。

 そしてこの試合は甲子園に行き始めてから初めてのサヨナラ勝ちを生で見た試合となりました。その後4年連続でサヨナラ勝ちを観ることができるようになるとはそのときは夢にも思いませんでした(現在も継続中)。
| 酒と猛虎と男と○○ | 22:40 | comments(2) | trackbacks(0) |
無事に帰宅しました
 おかげさまで無事に帰宅できました。

 一緒に観戦してくださった皆さん、球場でお会いした皆さん、ありがとうございました。

 メールを下さった皆さん、ありがとうございました。

 今回はお会いできなかった皆さん、いつか甲子園でお会いしましょう。

 次回は楽天3連戦です。

 感想などは、また明日。
| タテジマに想いを | 21:27 | comments(20) | trackbacks(1) |
春爛漫

出発は、ここから………


たけ
| タテジマに想いを | 11:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
来た〜♪♪

ヒッティングマーチ解禁〜♪♪
思いっきり行こう!!


たけ
| タテジマに想いを | 16:32 | comments(10) | trackbacks(0) |
俺だって松坂世代
 タイガースの松坂世代がやってくれている。

 1人目は球児投手。今日は10回に登板しなんと3者連続三振を見せてくれた。同点にされた直後のイニングで試合を作り直す大事なイニングを見事に抑えきる。あの日のドラフトで、タイガースは松坂ではなく藤川球児投手を1位指名した。明徳義塾高校が支配する高知県で、名門高知商業を現時点で最後に(かな?)甲子園に連れて行ったエースだった。松坂選手と同じ高卒でプロ入り。先発しても勝てない日が続いたが、昨年から本格的に中継ぎに定着し結果を出し続ける。

 2人目は大卒松坂世代の久保田投手。昨日の敗戦は尾を引かないのか?と不安な中、今日は12回に登板。失点を許さず裏の最後の攻撃へつないでいる。おそらく本人は松坂世代なんて意識は欠片も無いと思う。たまたま同じ年(学年)に生まれただけでしょ?という程度だろう。

 試合はこの2人とジェフさんが後半踏ん張り、ハマを押さえ込む。もちろん9回まで2失点で抑えていた福原投手も褒められるべき。投手交代はこういう試合はタイミングが難しい。

 どうしても書いてしまうが、今日の試合の後半のキーは藤本のバント失敗。あれが無けりゃ試合は変わっていた。左腕のホルツのカーブにビビッて腰が引けてバント空振り三振。あそこで送っていれば・・・やはりシーツ先生敬遠、アニキ勝負だっただろうが展開は変わっていたはず。いや、代打に関本選手を出し、抑えられてもサードに入れ、秀太選手をセカンドに入れる。それでも対応できたと思った人も多いだろう。

 ベンチワークも含め、勉強しなければいけないことはたくさんある。

 三浦投手に対する苦手意識もあったかもしれないけど、今日の試合に関しては苦手意識というよりは投手戦といったほうが正しいだろう。

 打撃好調で、今日も2桁安打の横浜を2点に抑えたのだから、こういう試合がきっとボディーブローのように効いてくるに違いない。

 勝とうぜ!阪神タイガース!! 

 明日、明後日は今シーズン初の甲子園観戦日。日曜日の天気が心配だけど、とにかく勝ちを信じて全力で応援しよう。お会いする関西の皆さん、よろしく!!

 明日はセカンドブログでも中継更新を狙います。 今日のMVPはこちらへ。
| タテジマに想いを | 21:49 | comments(6) | trackbacks(2) |
ネオヒーロー
 今日の帰宅は19時過ぎ。試合は6回を迎えていた。スペンサー選手がかっ飛ばして、矢野さんもかっ飛ばしてリードしたら予想以上に井川のリズムが悪い。エラーも出たけどあれは井川のリズムの悪さが招いたエラー。今岡選手の不慣れなエラーもあったけど井川のリズムの悪さが試合を混乱させていた。 

 しかしそれでも打線は絶好調。予定どおり“9点”を取る。それでも1度乱れた試合は乱戦のまま久保田投手の緩急の無さを攻められ、9回の赤ゴジラの同点HRを呼んでいる。そしてサヨナラ・・・

 8回には広島の広池投手の闘志あふれる盗塁@ヘッドスライディングを見てさらに広島が闘志を燃やす。シーツ先生にHRを打たれた後はベンチでタオルを頭から被り、涙を流す。しかしその姿がチームに火をつけ、サヨナラへと進む。

 今日のヒーローはなんといってもシーツ先生。ホームラン2本。この3連戦で10打点とは恐れ入った。新しいHMの“ネオ・ヒーロー・・・”はあらゆるところで波紋を呼んだが、もしかしたら本人は結構お気に入り?と思いたくなるようなシーツ先生の爆発ぶりだ。そして“USソウル”もやはりお気に入り?というくらいの好調さを維持している。ぜひヒーローインタビューで2人には「あなたのHMは気に入ってますか?」と聞いてほしい。きっと2人とも「Oh!Yeah!!」と答えてくれるだろう。なんか縁起がいいし。

 今日の井川・・・見ていて思ったんだけど、やっぱりキャッチャーは野口さんのほうがいいんじゃねぇか?という点だった。いや、相性とかさ、そういう点で。野口さんの有効起用というのは今シーズンのテーマでもあるんだし、こういったときにどう使うかなんてのは大事だと思う。

 「試合を作る。」これは昨年何回も聞かされた言葉。試合を作るというのは自分が投げているときだけじゃなくて、マウンドを降りた後も流れを残せるようなピッチングのことだ。果たして、エースと呼ばれる男は何を思うのだろうか?

 「タイガースのエースは誰ですか?」との問いに、おそらく今の状態では「福原!」という答えが返ってくるだろう。このままじゃ“左のエース”も下さんのものだ。

 好調さを続けるチームの中で、井川の投げる試合だけは負けている。失われたエースの権威は取り戻せるのだろうか?他の投手なら2軍に行くところを、彼の場合は1軍に居続けることが出来る。捲土重来は果たしてなるのか?

 シーズンオフのメジャー移籍騒動。その記憶は新しいが、その分彼は結果を例年以上に求められる。惜しまれて出るのか?惜しまれず出るのか?メジャーで獲得するチームは出てくるのか?彼のピッチングにはそれだけのテーマがある。

 前述したが打線は好調。しかし投手陣の踏ん張りを期待したい。登板順に疑問も少しあるけど試合の流れをここまで作ってきているのは打撃陣の場合が多い(福原投手、下さんを除く)。ならば次は投手の番。さすがに毎試合9点は取れない。今度は1人の投手の1球で試合を持ってきてほしい。

 明日からは聖地阪神甲子園球場。よりによって読売が嫌がらせのようにハマに調子付かせてしまったが、本拠地で投手陣は取り返そう。

 今日は負けたが2勝1敗ペース。決して悲観するものではない。甲子園の大歓声はそういった嫌な負けも洗い流してくれるはず。すっきりさっぱり洗い流して、新たな気持ちで僕たちファンも試合に臨もう。

 ってことで、週末観戦する試合に井川は登板しないってことで、ひと安心したような。。。

 今日のMVP・・・ただし6回以降はこちらへ。
| タテジマに想いを | 22:05 | comments(4) | trackbacks(2) |
熱情VS情熱
 1つのスライディングから試合が動いた。シーツ先生がホームに突っ込んで行く。捕手がブロック!!軽い脳震盪で動けない。その後、試合が動き始める。1つ間違うとラフな試合になってしまう展開。しかしこれを救った選手が2人いた。1人は藤本だった。強いゴロ、難しく見えるゴロを懸命にさばき試合を落ち着かせる。そして5回には何とも暖かさに満ちた打球をレフトスタンドに運び込んだ今岡選手だった。

 シーツ先生のスライディングには、オープン戦で内角を散々攻められた怒りが満ちていた。そのプレーを肯定するわけじゃないけどクールに見えるシーツ先生が気迫のこもったプレーで試合に火をつけた。ちなみにベンチに戻った後は何事も無かったかのようにスポーツドリンクを飲んでいた。普段怒らない人が怒ると本当に怖いというけれどそれはこのことだった。

 しかし動き始めた試合は止まらない。広島の反撃が始まる。吉野投手は投げ方を今年からやや上に戻したが個人的にはサイドスローのほうが良いと思う。その吉野投手も右の広瀬選手にヒットを許し、赤ゴジラは三振させるが前田選手を抑えられない。代わった球児投手もフォークボールが今日は落ちない。連鎖する落ち着きの無さか?悪いなりの投球で何とかかわす。

 7回裏もピンチを迎えるが、そこを抑えたのは2003年の状態に調子が戻ってきたウィリアムス投手。とにかくストレートの球速が戻ってきたことが大きい。スライダーも活き活きとしていて左打者の背中から曲がってくる状態に戻りつつある。

 闘う闘志と闘魂。ぶつかる熱情と情熱。古館伊知郎さん風に言えば『闘いの万華鏡』。中村豊選手にもヒットが出て、ベンチ入り選手も開幕本番を迎えている。残っているのは浅井選手か?

 後半、広島に傾きかけた試合を取り返したのはウィリアムス投手と、そして藤本。6回の赤星くん三振の後のタイムリー。8回もタイムリーと打撃でも答えを出し、流れを取り戻している。1回も内角に球を集められながらも右方向へ進塁打を放つなど、オープン戦の不調をすっかり脱出した感じだ。2番打者としてやらなければならないことが出来ている現在は非常にチーム状態が良い。彼もおそらくそれを分かりかけているのではないだろうか。

 結果が出つつある鳥谷選手の太腿の太さも特筆モノで、トレーニングを積んでいることが良く分かる。タイガースは昨年とは違う。そう実感することがとても多い。

 今日も勝って4連勝。太陽投手は復帰後初白星。でもまだまだ太陽は昇っちゃいない。彼の本領からすればやっと水平線の上に顔を出した程度だ。一度昇ったら沈まない太陽になるように。彼の上昇はまだまだ続くと信じたい。

 今日の放送の解説は達川さん。勉強させていただきました。

 最後に。広島の選手だけど、怪我を恐れず闘志あふれるプレーを見せた前田選手に拍手を!!

 そして赤星選手、2004年度HAPPY NEWS PERSON受賞、おめでとうございます。今の赤星選手は相手にとっては塁に出してはいけない危険な選手になりましたね。

 さて、今日も土壇場で追いつかれた読売は???


 今日のMVPはこちら。
| タテジマに想いを | 22:23 | comments(4) | trackbacks(4) |
先生「ガンバリマス」
 今日は放送は深夜から。スカパーもJリーグ(浦和VS大分)に負けました。

 で、公式HPで試合経過を追いつつ、仕方ないからGの勝てない試合を見ていました。

 何ですか?シーツ先生が4打数3安打4打点?広島さんは強気の内角攻めとか何とかいっていましたが、攻めたかもしれませんが、品の良い言葉で言えば「恩返し」をしてしまったわけですね。不安は途中出場の桧山選手。今シーズン、まだヒットが無いのかな?でも桧山選手のことだから、甲子園ではヒットを打ってくれると思います。

 藤本?満塁のチャンスで内野フライを打ったようです。スペンサー選手は2塁打1本、浅井選手も江草投手もシーズン初登場を果たしたようです。2人は昨年開幕1軍にいなかったんじゃないかな?今年は1年を通じて上にいられるよう頑張ってね。

 下さんが上に来た関係で、葛城選手がファームに行きました。今年のオープン戦、あの成績だと苦しいでしょうね。体の上半身と下半身の動きがバラバラというのが特徴?なので、上手いこと直して帰ってきてほしいものです。

 とにかくこれで3連勝!!お楽しみはこれからじゃ!って感じでさらにワクワクです。下さんも6イニング2失点という、試合を作ってくれたんでしょう。下さんらしいスコアですね。

 大阪ドームで日曜日にシーツ先生がお立ち台で「ガンバリマス!」と約束してくれたことを見事に守ってくれました。さすが先生!「約束は守らなきゃいけないぞ!」って教えてもらった気がします。

 あぁ、試合見たかったなぁ。

 えー・・・これを書いている途中で、横浜の「インフルエンザ治りたて」の多村選手のサヨナラ2ベースで横浜が勝ちました。勝負どころで大魔神を使わなかったことが勝因その1。最終回にミセリを出してもらったことが勝因その2です。読売さんには是非、今年1年ミセリをフルに使ってほしいですね。あ、なんかミセリのユニフォームの下から西武に行ったあの人の背番号が・・・・・気のせいか??とにかくタネダンスの大活躍でハマが勝ちました。読売さんは出口の見えない開幕4連敗です。でも楽天みたいにトレードで選手はあげません。

 そういやぁ、楽天へトレードすることにタイガースが理解を示したようですね。誰なら応じるのかな?沖原はダメだよ。セカンドとショートができる貴重な選手だからね。んー・・・誰ならOKかなぁ。M川は怪我しちゃってるし。監督とミネオと中西でどう?ファームには平塚もいるけど。

一応、今日のMVPはこちらです。
| タテジマに想いを | 22:20 | comments(4) | trackbacks(3) |
頂き物


なんとなく今日は人事異動で新しくなったうちの職場のことでも書こうかと思っていたけど、書くとドロドロしてしまうので止めておこうと思った。

 ただ、俺はある上司に向かって「あなたは信用できない。」と言い放ち、仕事で組むことを回避できた。

 職場で人に向かって「信用できない。」と言わせる職場で1年働くのは相当なストレスだ。

 でも、異動によりうちの課に来た美人のIさん(俺より1歳年上)は、異動して来るまでは俺も警戒っていうか、そういう姿勢があったのだが、気さくな人で良かったと同時に、読売が嫌いという人でホッとしたものだ。

 で、Iさんが下さったのが画像にあるジェット風船。もちろん同じものは甲子園で使ったことはある。でも、今日下さるとはナイスなタイミングだ。だって今度の土日は甲子園ですよ!ライトスタンドですよ!!

 というわけで、これをスピードワゴン風に書いてみますと。。。

「このジェット風船のように、僕たちも空高く、どこまでも飛んでいくんだよ。」

「あま〜い!!甘いよ、たけとらく〜ん。」って感じでしょうか?

 でも5〜6秒もすれば落ちてくるんですけどね。


 さて、ここで宣伝です。10日は観戦仲間のしんさんと観戦するのですが、ライトスタンドのチケットが1枚残っているようです。条件としては僕、もしくはしんさんをブログを通じて、または実際にご存じの方でお願い致します。もちろん定価です。

 よろしかったら、しんさんか僕にメールください。

 
| タテジマに想いを | 18:45 | comments(6) | trackbacks(0) |
歯止めが効いた男
 ズルズルいかずにここで歯止めを効かす。これができるようになっている時期のチームは強い。

 今日は初回の藤本にナイスプレーと言いたい赤星選手の盗塁を挟み、見事にファーストに進塁打を打った。結果的にアウトになったけど、その次以降がシーツ先生、アニキ今岡選手と1アウトの状態で続く事を考えれば藤本の進塁打の意味は大きい。これを1年間できるかどうか?自分に期待されている役割を自覚してプレーを続けてほしいと思った。課題の守備は・・・今日も矢野さんの送球をポロッとやっていたけどね。

 能見くんは「投手にいかれる。」というやっちゃいけないことのうちの1つをやっちまってリズムを崩した。ここで踏ん張れないのはルーキーだからか?これを糧にできるかどうか、それによってローテーションに留まれるかどうかが決まってくる。なんといっても、今のタイガースはローテーション狙いの選手がたくさんいる状態。しかも左腕は特に。コントロールが生命線の投手だけに、心とコントロールを乱してはいけない。

 さて、新外国人の“USソウル”スペンサー選手。今日はズルズル行きそうな試合展開を1発で雰囲気を変えてくれた。久しぶりの頼りになる外国人選手か?と思い始めている。上手く当てているなぁ・・・と思っていたら「こんなことだってできますよ。」という1発だった。そして試合は動き出す。終いにはシーツ先生まで逆転3ランを。。。見ていたけど、犠牲フライ狙いがモノの見事に当たっちまったという打球だった。そしてアニキが自らの『自称27歳の誕生祝』の一発。。。

 昨年はこういった試合の場合、ズルズル行ってしまって暗黒時代の雰囲気を少し思い出させてくれたが、今年は違うじゃない?!なんというか、選手が自主的にチームを引っ張っている気がする。それは島野さん効果かもしれないし、和田さん効果かもしれない。綿密な分析を実行する選手とコーチの信頼感かもしれない。そしてこの3試合を観た感想は、監督とミネオの出番が無いと勝てる!ということだ。監督にしゃしゃり出てもらうまでも無く、選手がチームを変えて引っ張ってゆく大人の集団。それは強いチームのできることだと思う。監督はベンチで手を叩いていればそれでいい気がする。

 観たかった中継ぎ、救援陣も攻撃をゼロに抑える好調さを見せる。盤石の状態を保ち、そしてさらに代わりもいる状態。気がついたら選手層はメチャメチャ厚いことになっていた。

 名手久慈さんの送りバント失敗は今日に限ってはご愛嬌。むしろこの出番の早さが積極的なチーム事情を物語る。十重二十重の攻撃は確実に相手にダメージとして残る。大人の野球すら破壊するタイガース野球。まさに猛虎と呼ぶにふさわしい展開だった。

 自分のチームより少ない失点に抑えて勝つ野球もある。でも今夜のように、相手より多く点を取って勝つ野球もある。さぁ、ここからが始まりだ。広島3連戦も相手は好調だけど、ひるまずに行ってみよう!黒田投手は出てこないだろうし。

 新しい我が家には、試合展開に応じていつでもひっくり返せる卓袱台(ちゃぶだい)がある。もちろん、今シーズンは1回もひっくり返してません。

 最後に、金本選手、誕生日おめでとうございます。祝37歳、全然恥ずかしく無いっす。むしろ37歳とは思えないくらい若いっすよ。

 今日のベンチサイドレポートは武田和歌子さんラブでした。嬉しかったです。で、今日のMVPはこちらへ。
| タテジマに想いを | 20:58 | comments(10) | trackbacks(4) |
べり〜ぐ〜&明日は27歳の・・・
 学歴詐称なんてものじゃなく、アニキが年齢を10歳サバを読むというヒーローインタビュー。そして感想を聞かれた福原選手の「べり〜ぐ〜」発言。それだけで今日の試合が快勝だったことがうかがえる。

 初回の福原投手の立ち上がりは力んでいる姿がありありだったけど、それでも気合を込めて素晴らしい投球を見せる。最速151km/hかな?そしてフォークを効果的に使いながらヤクルト打線を抑える。

 打撃陣も藤本を除けばケースに応じたバッティングで結果を出す。相手の先発の坂元選手は、2002年までは今岡選手を巧く抑えていたという感想を持っていたけど、進化する天才打者にはそんなことは関係なく、今岡選手だけでなく金本選手たちにも気持ち良く打たれていた。

 今日の活躍を特筆したいのはスペンサー選手。昨日は『お笑い系外国人選手』と思っていたけど、そんなことはとんでもなく、ファールで粘ってヒットを打つという粘りを見せ、しかもそれが左右に打ち分けるという器用さを見せる。一発狙いは現在はしていないけど、慣れてくればそのうちに出るだろうし、むしろ現在のようなスプレーヒッターのような感じのほうが本来の姿かもしれない。

 今まで桧山選手とポジション争いをする選手は、争う前から怪我や不振で自分から脱落して行った。でもこの選手は本当にポジション争いをしてくれそうだ。あとは日本野球を舐めずに、慢心せずに気持ちを維持できるかどうかだろう。相手チームはもちろん研究してくるので、それにどこまで対応できるか?どこまで根気強くできるか?今後に注目する楽しみが増えた。

 シーツ先生も1本のヒットで雰囲気が変わった。そういう意味では、雰囲気を変えるきっかけを作ってしまったラミレス選手は昨日のHRを帳消しにするばかりではなく、マイナスにしてしまった感がある。

 走るほうでも赤星選手が3盗まで見せ、1つでも前の塁を狙う姿勢を見せている。この姿勢は本当に大事だと思う。鳥谷選手も守備に課題はあるけど打つ方ではオープン戦終盤の不調は抜けたと見ていい。ショートというポジションであるので、守備力の向上にも力を注いでほしい。でも打撃が上向きなだけに、守備面にも好影響を与えると思いたい。

 投げるほうでは福原選手の安定感は、昨年の4月の素晴らしさを思い出させるものだった。8回から安藤投手が投げるという謎の岡田采配に不安を感じたが、安藤投手は1発を浴びたけど先発向きの投球内容に変わりつつある姿を確認できた。

 今日は完勝!!そして冒頭に書いたように、明日は金本選手の自称27回目の誕生日。誕生祝に・・・自分で2本ほどHRを打ってもらって誕生日に記録で花を添えてもらいましょう。もちろん、チームは勝利を添えて。今日のMVPはこちらへ。
| タテジマに想いを | 20:36 | comments(8) | trackbacks(3) |
今年の始まりはアニキの一発
 新季(シーズン)あけましておめでとうございます。

 今年の試合が始まります。今日は12年ぶりの関西開幕戦でしたが、結果は残念なものがありました。なかなか目覚めの悪いタイガースですが、今日の目覚ましはアニキの一発でした。もうスゴイの何のって。。。ありゃぁすげぇ。大阪ドームの3階中段だもんなぁ。

 その後、なかなかつながらず、9回にやっと先頭打者が出塁するものの得点できなかった。

 確かにミスが多かった。特に初回の失点は慣れないサードへの打球処理と、その後のミスが原因。それにスペンサーは暴走して久しぶりにお笑いタイプの外国人選手が来たかと思ったけど、あそこは得点したくて仕方なかった場面であったことは事実だし。

 そのスペンサー選手、三振が少ないタイプかもしれませんね。今日の試合では中距離タイプなのかなぁ?とも思ったけど、もっと思いっきり振って行くようになれば面白い存在になるかもしれないと思う。バッティングに限定すれば初日にしては上々と思うけど。

 ミスは確かにあった。と言うよりも、ヤクルトのような大人の野球のチームにミスをしてしまえば得点につながってしまうと言うのは忘れてはいけないことだ。そのへんは井川も重々承知しなければいけないし、ベンチだってそうだ。石川投手が来るとわかっていながら、左に強い関本くんの起用はあれで良いのか?固定観念に囚われず、柔軟な対応をしないと。試合は生き物だ。

 とにかくシーズンが始まった。今日の試合は今日のものとして、明日は必ず勝とう。幸いにもヤクルトは先発投手不足。ここで叩いておかないと開幕ダッシュも何もなくなってしまう。

 今日印象に残ったのは9回の最後の攻撃。昨年の五十嵐亮太選手なら、ビシビシ三振を奪ったのに今年は奪えない。外野にも持っていかれている。事実マウンド上で首をかしげてボソボソと何かを言っていた。オフの間にツーシームを練習しすぎてストレートの切れが無くなったという話を聞いたが本当だろうか?もしそうなら非常にチャンス。こういった時期には何が何でも叩いておきたい。

 今年も『勝とうぜ!阪神タイガース!!』は消えることは無い。むしろ勝つことに僕は渇望している。1週間後に甲子園で会うまでに、タイガースが猛虎になっていることを切に願っている。

 ってことで、今日のMVPと×はこちらへ。。。
| タテジマに想いを | 21:37 | comments(2) | trackbacks(2) |