05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
RECENT ENTRIES

ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

帰ってきたブーメラン
 おかえり、ジェフ!!三振、三振、力の無いショートゴロ。見事な復活でした。

 ブルペンの精神的な柱が帰ってきた。それまでチームは首位になったものの投手と打撃が噛み合って勝った試合は少ないと思う。それでも首位なのは地力があるから。
続きを読む >>
| タテジマに想いを | 22:30 | comments(0) | trackbacks(5) |
2つの嬉しさ
 楽天先発が山村投手と聞いて、何か嬉しい気がした。そりゃそうだ、一時期のタイガースにあって将来のエースとか言われていた投手なんだから。あの頃は井上投手とともに将来を嘱望されていたけど、色々あって実力を発揮できずに近鉄へ移籍、そして楽天へ移籍した。
続きを読む >>
| タテジマに想いを | 22:40 | comments(2) | trackbacks(6) |
今オフはFAで騒ぐのか?
 広島の黒田投手がFA権を取得するんだそうだ。そりゃすごい。さすがに広島も引き止めにかかるだろう。個人的には広島に残って欲しい選手。黒田選手がどう思うかにも寄るんだけど、「残ってみよう。」と思える条件を提示して欲しい。「出ると決めたのなら」という前提で話せば着て欲しいけどね。でも残留前提で行ってほしいなぁ。マネーゲームになったら苦しいのはタイガースだってそう。だからチームの魅力で選んで欲しいけど・・・・・奇麗事かなぁ?

 そういうタイガースだって今シーズンオフにはFAになる選手がいる。複数いる。今岡選手、金本選手、下柳投手、片岡選手。他にもいるんだよね?

 片岡さんが瀬戸際で、よほど頑張らないと!!なんだけど、他の3人には宣言すれば手を上げる球団も多いだろうなぁ。

 今岡選手・・・・・今年は不調だけど、いてもらわなきゃ困る。守備に難があるので獲得しようとする球団は少ないかもしれないけど、DHだったら・・・・・困ったもんだ。残って欲しい。

 金本選手・・・・・残ってもらわなきゃ困る。有形無形の影響をタイガースに与えてくれた。

 下柳投手・・・・・金本選手同様だ。

 そんなわけで、実はタイガースもFA再契約資金のために仮に黒田投手がFA宣言しても簡単には「着てください。」と言えないんじゃないか?と思っている。右腕は奮起しなきゃ!!先発型右腕の福原、太陽、杉山直久、金澤、各投手、分かってるよね?!

 という話もしながら、実は我が家はHDD付きDVD,ビデオレコーダーを物色中。もう1ヶ月もすればボーナス。手元にあるビデオテープをDVDにダビングして、今後はHDDとDVDにしたい。

 HDD容量は200GB程度で充分。なんとか安くて使いやすいものは無いだろうか?いいのがあったら教えてください。
| タテジマに想いを | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
矢野さんに元気を出してもらわにゃ
 この9連戦、終わってみれば6勝3敗ということで思ったよりも上出来じゃないの?今日の試合ももったいなかったなぁって感じがした。

 書きにくいのだが、矢野さんの絶対的な存在というものが薄れてきている気がする。これはチームにとっても長期的には良いこと。実際に野口さんや浅井捕手の方が投げやすそうにしている投手もいた。休ませながら活躍させる、全捕手に試合勘を持たせる。これができるんだから。
続きを読む >>
| タテジマに想いを | 20:02 | comments(2) | trackbacks(12) |
キレずによくがんばった!!
 4回までは毎回ランナーを背負う展開。そして相手の西口は好投。ランナーを出してもノーアウトからじゃないので苦しい展開。

 それでもキレないで投げ続ける江草投手の姿は頼もしかった。5,6,7回は安定した内容で切り抜ける。浅井捕手もカブレラへ思い切った内角攻め。内角攻めに甘さがあるセ・リーグの投手の配球を読んでいるかのように好調だったカブレラ選手に本領を発揮させなかった。
続きを読む >>
| タテジマに想いを | 19:22 | comments(0) | trackbacks(9) |
先発全員三振!!・・・・・させられた。
と、まぁそんなわけで、やはり良いピッチャーが好投したら勝てんわ。そんな試合だった。5回のノーアウトのチャンスで3者連続三振なんて、もうね、たまらんよ。

 でもな!タイガースだっていいもんがあったぞ!!太陽投手、やっと内容のあるピッチングだったじゃないか!!3回で打者11人に対し6奪三振!!9回換算で18奪三振だぞ!!

 体格に恵まれている投手がなかなか頭角を現しきれないなかで、素材的には金澤投手と太陽投手は双璧。安藤投手がローテをガッチリ!直久投手もローテをガッチリ!!というなかで、太陽投手にも出てきてもらわないと!!という思いを感じてくれたかのようなピッチングだった。

 先発の福原投手は・・・・・昨年と何が違うの?って言ったら悪いけどそんな感じ。福原くん、別に内容は悪くないんだから「振り向くな」!!打たれても踏ん反り返って投げ通せ!!「うっせーなぁ!文句あんのかよ!!」って位のふてぶてしさでいいぞ!!頑張れ福原!応援してるぞ!!頑張れ太陽!!期待しているぞ!!

 風邪を引いて鼻水が止まらん。皆さんも風邪にはお気をつけ下さい。
| タテジマに想いを | 21:15 | comments(0) | trackbacks(2) |
振り払え!その重さ!!
下さんの内容、それほど悪くない。むしろ投げるごとにコントロールが良くなっている。球数だってそれほど多くない。結局8回だけど完投負け。でも悪い負け方じゃないでしょ?
続きを読む >>
| タテジマに想いを | 21:28 | comments(0) | trackbacks(8) |
圧巻とはこのこと
 雨と雷で試合開始が遅れる。そういう試合ではどうやって勝つか?それを実践したのがこの試合だ。

 そういやぁ、2003年にも確か1番今岡、2番赤星の両選手が2球か3球で1点を先制し、そのままリードしたまま勝った試合があった。試合前には円陣の中央で赤星選手が「先制点、取っていきましょう!」と言ったんだよな。
続きを読む >>
| タテジマに想いを | 21:56 | comments(2) | trackbacks(9) |
それはまるで万華鏡のように
 井川投手が投げる。序盤は非常に不安定でどうしよう?なんて思っていたが、尻上がりとはこういうことをいうのか?とにかくそんな感じで投げ込んでいった。 

 風で苦労したのはお互い様で、意外にも千葉の選手たちも苦労していたように見えた。浜風とは違う千葉の風だった。

 井川投手好投の影に野口さんのリード。懸命に井川投手の気持ちを切らさないように丁寧に投げさせ、返球にも気持ちを込める。
続きを読む >>
| タテジマに想いを | 22:18 | comments(4) | trackbacks(10) |
笑顔は無くても
苦しんだ男のお立ち台だった。

 先発前川。移籍して10kg痩せたとか報道されると「鳴尾浜の飯はそんなに美味かったんか!!」と言いたくもなるわ。

 しかしそれにしても苦しんでいたのは今岡選手。今日だって良い状態ではなかったはず。そして迎えた敬遠気味の金本選手四球の後。

 おそらくみんなは思い出していたと思う。それはあの千葉ロッテ戦。アニキ敬遠で迎えた打席で今岡選手がホームランを打ち、雄叫びをあげたあの試合のことを。

 今日の打球はあのときほどの宝物線は描かなかった。でも3アルのお客さんのいる場所へ吸い込まれていった。

 試合の勝ちをより印象付ける当たりだったと思う。

 そしてオクスプリング投手。打撃陣が「オックスか!点取ってやらにゃ!!」と感じたと思うけど、そんな感じで一生懸命に点を取った。

 しっかり戦い、しっかり勝った。オリックスに3連勝。ここで落とすわけにも行かず、とにかく頑張ってくれたと思う。9連戦はハードだけど、勝ち越していけるように戦おう!!

 今日は疲れ目なので短くてスイマセン。
| タテジマに想いを | 22:37 | comments(2) | trackbacks(7) |
連勝!!



 濱中選手の貴重なホームラン!!
この連戦は藤本選手が送りバントをしっかり決めて、シーツ先生のタイムリーのお膳立てをしたことも大きな勝因です。

今季観戦成績 4勝1敗1中止

| タテジマに想いを | 18:25 | comments(2) | trackbacks(8) |
清原1500打点

おめでとうございます。
さぁ、今度はこっちが追加点だ!!

| タテジマに想いを | 15:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
シーツさま



 関本選手が危険球を受け、それでも塁上に!!
「歩いて帰らせて欲しい!!」
その願いを叶えたシーツ先生のサヨナラホームラン!!
そしてインタビューでは、いつものように「ガンバリマス!!」
ありがとうございました。

| タテジマに想いを | 18:46 | comments(4) | trackbacks(11) |
ダーウィン奮闘

勝ちを付けたれや!!

| タテジマに想いを | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
ビビるな

ヒット打たれたくらいでビビるな!!
反撃せぃ!!

| タテジマに想いを | 15:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
晴れた

今岡さんにヒット!!
背中が燃えてるぞ!!

| タテジマに想いを | 14:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
飲み!!!

今夜は飲ませてもらってます。
また明日〜!!

| タテジマに想いを | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
また変わったことを。。。
試合が中止なりまくり、今後の日程を心配したわけでもないだろうけど、そしていくら相手がダルビッシュとはいえ左打者を7人も並べるとは思わなかった。
続きを読む >>
| タテジマに想いを | 21:53 | comments(4) | trackbacks(3) |
今日は雨天中止。そりゃ選手には休んで欲しい。結果的に予備日があるんだけどね。でもやはりせっかくチケットを買って、しかも遠方から観戦に来る人のことを考えると気の毒だと思う。俺もそうだから。

 俺も雨には泣かされた。一斉発売になってからは静岡から行く俺としてはせっかくチケットを買っても中止なんてことになると本当に寂しい。

 そういうときにはどうするか?まぁねぇ、宿は予約してあるわけだし、仕事も片付けてあるわけだし、そりゃ行きますよ、甲子園付近には。

 でもなぁ、出発後に新幹線の車内で中止を知ることになるのがほとんどなのでそれが悲しい。

 今日はさすがに書くことが無い。酒飲んで早く寝ます。
| ドキドキ☆ミソジーズ w(><)w | 19:05 | comments(4) | trackbacks(0) |
【2本立て】 右へ左へ小笠原
 とにかく凄い選手。昨年もそう思ったけど今年もそう思った。この人で何本のヒットをサードゴロにされているんだろう。それくらい右へ左へダイビング。打席ではフルスイング!凄い選手がいるもんだと思う。

 試合は投手戦というか膠着戦というか、とにかく両先発はそれほど良くもないらしく、かといって特筆するほど悪くもないのか?とにかく両ベンチが継投策を練る采配で勝って行く感じになっていた。オックスは甘いところに入ってホームラン打たれるし、リーは四球でランナー溜めてるし。
続きを読む >>
| タテジマに想いを | 22:39 | comments(0) | trackbacks(10) |
【2本立て】 とら坊さんから漢字バトン
 が回ってきたのでやってみましょう。普段こういうのやらないけど、とら坊さんからなら断れない。
続きを読む >>
| プロフィール | 22:13 | comments(4) | trackbacks(1) |
アクセスカウンタ、つけました。
 このブログサーバーのT−Blogにもアクセス解析機能がついていて、そこでもアクセス数を見ることは出来る。
続きを読む >>
| タテジマに想いを | 22:29 | comments(4) | trackbacks(0) |
俺たち普段は控えだけど
 シェーンが走る!そしてヒットも打てば犠牲フライも打つ!俺はライトの4番手じゃないぞ!ジェフが上がってきたら鳴尾浜に行くのは俺じゃない!!この選手、ヤクルトの藤井といい、好左腕に強いね。
続きを読む >>
| タテジマに想いを | 20:13 | comments(2) | trackbacks(2) |
KKKKKKっと球児くん
 千葉ロッテ戦から連続6奪三振の球児くんが今日も試合の落ち着きを取り戻してくれた。

 先発安藤投手、実に不安定な立ち上がり。でも解説の藤本さんも言っていたけど3回のカブレラの1塁から2塁へのタッチアップで本当に流れが一時的にこっちに来た。それ以降は何とか落ち着きを取り戻し粘投した安藤投手が1失点で抑え込む。そしてホークスもタイガースを本当によく研究しているようで内角をうまく使いながら打線を抑え込んで行く。
続きを読む >>
| タテジマに想いを | 22:06 | comments(0) | trackbacks(8) |
2番ひ〜やんの思い出
 しかし楽天は中日に強いなぁ。今日も勝っちゃった。勝ち方を教えてくれ!!

 今日は2番にひ〜やんが入った。少し古いファンならこの打順、思い出す人も多いと思う。そう、あの低迷期に(確か)よっさんがニコニコしながら「今年は1番新庄(現:SHINJO)、2番桧山の攻撃的打順で行きます。」と言ったはいいが、シーズンに入ったら2人揃って三振量産。まるで1回表が最初から2アウトから始まったかのような錯覚に陥った時期があった。あれ?1番は和田さんだったか?(でもそんときゃゲッツーだったり・・・)しかもそれを数試合でやめちまうものだから!!はっきり書くけど、別にひ〜やんは悪くなかったと思う。むしろ犠牲者。よっさん、お茶目だから。
続きを読む >>
| タテジマに想いを | 22:53 | comments(8) | trackbacks(5) |
交流(で)確変 今岡誠




 画面中央のやや上に友達のおかやんが幕を持って映っていたので画像にしてみました(本人承諾済)。私も静岡で持たせていただいた幕です。

 そして今日、横浜の石井選手が2000本安打を達成しました。おめでとうございます。

 さて、試合です。

 しかし四球が多かったこの試合。そしてそれを逃し続けた千葉ロッテ。何の差かといえばクリーンアップの差としか言いようが無い試合だった。だってヒット数は千葉ロッテのほうが多いんだし。3,4,5番では同じ3安打。でも打った場面の違いかなぁ?

 そりゃ、下さんの背負ったノーアウト満塁は不運だった。金澤投手の背負ったノーアウト満塁の時には岡田監督がベンチで「何や!!」と怒鳴ったような口の動きが分かった。その後の能見投手は良く抑えた。欲を言えば押し出しがなければもっと良かった。だって打たれたわけじゃないしね。

 きっと良くも悪くもどっちが勝ってもおかしくない試合だったんだと思う。でもなんかロッテの選手が土と天然芝の甲子園では守りにくそうにしていたのが気がついた点かな?風だけなら普段、風の強い千葉マリンでプレーしているはずなのに。

 しかしなんか『負けてたまるか!』という気持ちがあるのはもちろんだけど、それよりは、『さぁ、これからだぞ!』の気持ちのほうが強いのはなぜだろう?それはきっと、やっとタイガース打線が濱中選手も含めて戻ってきて(アニキは怪我しているけど)、鳥谷選手も内角にも負けなくなった。中継ぎ投手陣の踏ん張りも戻ってきた(今日は金澤投手が悪かったけど)、これでジェフが戻ってきたら驀進するぞ!!それくらいの気持ちがあるから喜びの本番もあと少し先かな?とにかく今がピークじゃないことは確かなこと。このロッテ戦で見せたような戦いで中日に借りを返す!!今年4連敗?俺たちは昨年4連敗したロッテにこうやって連勝したんだ。だったら中日にもやってやる!!

 最後に見せた劇場は。。。。。なんか今日はアメリカのテキサスからも修学旅行で中学生が来ていたらしい。きっと日本のプロ野球の面白さを感じてくれたって言うか・・・・・ヒーローインタビューの鳥谷選手の「勝ててよかったです。」が妙に本音に聞こえた試合だった。
| タテジマに想いを | 21:53 | comments(2) | trackbacks(10) |
で、いつまで捕手を獲るのか?
ここ数年、ドラフト候補に捕手が上がり、実際に獲得している。理由は全て「ポスト矢野」。そりゃぁ仕方ない。ただね、俺としてその「捕手獲得」にこだわるあまりに他の好選手を逃していないか心配だって思う。
続きを読む >>
| タテジマに想いを | 20:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
いざ行かんや
薄暮の空に舞い上がる打球。それは首位打者と不調にあえぐ選手の共演だった。そしてそれは阪神甲子園球場に失われた『あの時』を取り返す狼煙になった。

 昨年10月の屈辱はタイガースに『リーグ覇者』であることを忘れさせ、なにか浮き足立った落ち着きのない時間を差し向けた。

 振り払うには他のチームに勝ってもダメ。やはり原因を取り除かなくては。その試合だった。

 こちらは5月のGWを4勝2敗で過ごし、相手はオリックスに3タテされてきたチーム。しかし油断は出来ない。あえて昨年と違う点を探せば先発がバーンだったくらいだ。

 初回の得点はベニー選手が心配。しかしそれ以降は『こういう試合をやりたかったんですよ』という内容だったと思う。

 先発のオックスは辛うじて合格?しっかり合格?それとも追試?ちょっと外国人枠の4人目は選定が難しい。

 能見投手は表情を変えずに奪三振。金澤投手は三振を奪った直後に何度も雄たけびをあげた。ダーウィンもまこっチャンのエラーがらみで失点したが、その後を抑えバンザイ!!今までビハインドや大量リードのの場面で投げてきた選手たちが僅差のリードの場面を経験している。その後の藤川投手と久保田投手の安定感は本当に頼もしかった。

 本当は『あの時』に今日のような試合を観たかった。『あの時』の阪神甲子園球場でこういう試合を観たかった。その願いは叶えられなかったけど、必死に追い求める意気は伝わってきた。じゃなけりゃあんなワンポイントの使い方はしないはずだ。

 たくさん打って、たくさん走って、叫んで、吠えて、最後に喜んだ最高の試合だった。こんな試合を見せられたらもっとタイガースを好きになってしまうじゃないか!!それでいいじゃないか!!

 復刻版ユニフォームも懐かしさで一杯。子供の頃に憧れたユニフォームをまた見ることが出来る幸せがあった。昔はなんか、今回の復刻版よりも「パジャマ」のような感じだったと記憶していたが、俺のとんでもない勘違いだったね。今岡選手の笑顔、サイコー!!目覚めた?オハヨー!!2度寝するなよ!!

 いざ行かんや

 OBの八木さんのHMの出だし。長い長いペナントレースはまだ序盤戦。だから胸を張っていこう。今日のような試合が出来るんだから、燃え立つ大地に、いざ行かんや。
| タテジマに想いを | 22:25 | comments(4) | trackbacks(10) |
そんなことを言われましても
今朝は連休明けの仕事。朝礼では上司が挨拶をした。それはいい。この人は巨人ファン。それも別に構わない。しかしだよ、挨拶で「皆さんも、首位を走る我がジャイアンツのように快調に仕事を・・・」とのたまわった。

 確かに現時点では読売が首位だ。それに関してはうちのルーキーの巨人ファンの苦悩の言葉を聞くが良い。

 「はぁ〜・・・・・参ったっすねぇ・・・・・上原は肉離れ、ヒサノリは顔面、桑田は2軍落ち。野間口は中継ぎになるし、野手は怪我人続出・・・・・交流戦って6連戦が3週間も続くんですよねぇ。ピッチャーいないっすよ・・・・・はぁ〜・・・・・」

 どっちかっていうとルーキーの感覚のほうが正しくないか?
 ジャイアンツのように仕事を・・・・・故障して離脱したりしないように気をつけます。突発的な事故(顔面)に気をつけます。「愛」は・・・・・給料分くらいでお願いします。

 でもまぁ、ヒサノリの顔面に打撃直撃。まじめな話、あの程度であったのは不幸中の幸いだったね。眼をやられたりして選手生命がそれで終わっていたらシャレにならないし。

 まったく、来月の朝礼での挨拶が楽しみです。
| ドキドキ☆ミソジーズ w(><)w | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
小柄な男の大きな仕事
 前進守備、しかも赤星シフト。その隙間を狙ったかのような当たりがセンターで跳ねた。詰まっていた当たりだが、昨日と今日の悔しさを晴らすべく、打球は飛んでいった。

 そしてもう1人。試合前の打撃練習では濱中選手と同じくらいの飛距離を見せる浅井選手。イケイケのリードにイケイケの投手である江草投手とのコンビだった。矢野さんの後継者にならなきゃいけない存在だけど、矢野さんの存在が大きいばかりになかなか座ることが出来ないでいた。その彼がリードと打撃で今日はチームを守った。

 もしもあのまま試合が終わっていたら、得点はホームランだけということになっていた。今日の試合だってランナーを出しても返せない。そんな攻撃だった。でもタイムリーで得点できたことは大きいことだと思う。

 守備でも鳥谷選手のナイスキャッチもあった。4番のアニキが指の怪我、5番の今岡選手は長すぎる不調、6番濱中選手も下降線と困った打撃陣だから、守備だけでも何とかしようっていうチームプレーの気持ちが鳥谷選手からは感じる。

 昨日抑えられたクルーンから2安打で決勝点を捥ぎ取った。ダーウィン投手も、能見投手も、球児投手も、久保田投手も、みんなで守って凌いでつかんだ1勝だ。相手がクアトロKでもこっちにだってそれ以上の継投がある。ここにきて調子が戻ってきた中継ぎ以降の勝利のパターンに、ついにウィリアムス投手も帰ってきた。

 赤星選手が公称170cm、浅井捕手は公称176cm。現在のプロ野球界では決して大きくない身長でも大きなプレーを見せることは出来る。

 「ゲームは身長のデカイ奴が勝つんじゃない。ハートの大きい奴が勝つんだ!」とはNBAのフィラデルフィア76ersのポイントガード、アレン・アイバーソンの名言。今日の試合だって、球速の出る選手じゃなくて、『勝ちたい!』気持ちの大きい選手が勝利をつかんだ。

 雨の中で、やりにくさもあっただろう。試合の流れも最後までどっちに付くか分からなかった様に見えたけど、最後に手繰り寄せたのは猛打賞と爆発した浅井選手と、小柄だけどハートのデカイ、赤星選手の一撃だった。
| タテジマに想いを | 17:30 | comments(4) | trackbacks(13) |
ダーウィン本格化?!
 ここ数日のダーウィンが良い。防御率も0点台だし、三振もかなり奪っている。

 今日の試合でもリードされながらも試合の流れを渡さない投球で2イニングを押さえ込んだ。

 ジェフが帰ってくると外国人登録枠の関係で1人は鳴尾浜に行かなければならない。その候補者としては同じ投手ってことでダーウィンも候補にあがるんだろうけど、スペンサーも好調気配の今、どっちも落としたくはないだろう。

 それでもダーウィンが素晴らしくなっているのは事実。昨年はファームで大活躍したけど1軍ではそれほど結果を残せなかった。ナックルチェンジアップとかいう変化球があると言われても、それも忘れ去られたかのような感じだった。だから今年残留したと聞かされても「保険」というか、狙っていた投手を獲得できなかったから?くらいに思っていたけど、見方を変えざるを得ない。それくらい良い。勝ちパターンの3人に入れてもいいくらいだ。

 昨日のように、大量点の試合を確実に終わらせる、今日のようにリードされても離されない。そういった展開だけで使うにはもったいない。実際に良い状態なんだろうけど、金澤投手あたりが今日も不安な内容を見せてしまうとなおさらな気がする。

 今日は残塁が凄く多くて(泣)、どうにもこうにもチャンスをモノに出来ていない。今岡選手も1試合に1本はヒットが出るようになったから少しは上昇中なんだろうけど、やはり不安。テレビ中継でも触れられていたが昨年に比べるとバッティングフォームがかがんでいないそうだ。それがいいかどうか分からんけど、力を溜めきれていないってことかな?それ以前にどうにも脚が動いていない感じがするんだけどね。赤星選手も今日はブレーキ、濱中選手もやや下降気味。ここは辛抱のしどころでしょう。

 登板間隔が空いているクルーンに負けじとこっちのダーウィンも良くやっているよ。1軍枠死守!!ダーウィンに油断とか余裕って言葉は無いんだよね。

 今日は初回に先制していい流れでいけると思ったんだけど、本当に直後の失点が大きかったと思う。取った後に取り返されるのは良くないよね。今シーズンの安藤投手はあまり内容が良くないなぁって印象があるので心配だったけど、ここでつまずく訳にも行かない。明日はしっかり勝って交流戦に入っていこう!!
| タテジマに想いを | 17:27 | comments(2) | trackbacks(5) |
気が大きくなるのは得点だけにしてね
昨日までの劇的な3連戦で勢いに乗ったと言っていいのかどうか分からないけど、序盤はタイガースの猛打?が爆発した。っていうか、ベバリンが爆発した。

 テレビのアナウンサーは「ベバリンはヤクルトに所属していた2003年と2004年はベバリンはハマスタで負けたことがありません!」と何度も言っていたけど、当時の対戦相手でもあった2003年と2004年のハマの順位を何位だと思っているんだ?!と言いたくなる実況だった。

 更には解説の盛田氏まで「変化球じゃない!ストレートで行け!!」と何度も言った挙句に、そのストレートを藤本が2点タイムリー!!「配球は間違っていない!」と最後まで強がった。凄い実況だ。他にも「ホームランの無い藤本にはストレートで充分です!」とか。たまには打つんだけどね、ホームランも。

 大量点を取るってことは当然攻撃時間が長い。守備についている横浜の皆さんにも長い時間。それに疲れたわけでもないだろうけど、ついつい大味な野球をやってしまった。井川投手も嬉しいけど投げづらかっただろう。

 井川投手、早々に降板。そのあとのダーウィンがビシッと締めてくれてこれで行けるか?と思ったら、続く2人がドカンドカン。桟原投手は上がってきたばかりなんだから、早速のチャンスをモノにしないとまた鳴尾浜行きになっちゃう。こうなったら牧野さんでも試してよ。っていうか、先発の6人目は誰にするの?

 そういう点じゃ最後に投げた久保田くんも、内心では「え?!今日、投げるの?!」状態だったと思う。そりゃ準備はしているんだろうけど、準備時間が短かったんだろうなぁ。よく「0」で終わってくれたよ。

 両チームあわせて40安打の大盤振る舞い。ホームランは計5本。うち矢野さん3本。今岡選手もマルチヒットだから戻ってきたと思えるといいな。交流戦前になんとかね。今岡選手の守備の方も何とか。。。。。徐々に悪くなってるなぁ。

 結果的に2点差で終わったこの試合。ってことは、最後にタイガースに2失点した佐久本さんのおかげ??

 強かった昨年は、こういった大量リードのときにだらけた試合にせずにしっかりと試合を終わらせた「江草、桟原、ハシケン」の3人がいたから。今年もこういう体勢にしないと相手も負けた気がしないでしょう。俺が大好きなサイトの『大洋ホエールズ だ!』さん風に書けば、充分にハマの負け試合で「追いつかない程度の攻撃」を見せたってだけなんだろうけど。

 でも実況で言ってたけど、もしも4打席連続でホームランを打っていたら、プロ野球界でも本当に少ない大記録だったらしいし、タイガースでも掛布さんとバース様しか記録してないんでしょ?矢野さん、惜しかったなぁ。でも明日は大振りに気をつけてね。 

 今日は子供の日。ってことで、お子様ファンにも喜んでいただける赤星選手の盗塁あり、ホームラン連発の大花火大会ありで喜んでもらえたかな?

 明日はしっかり締めて勝とうぜ!!観戦された皆様、遅くまでお疲れ様でした。(カレンダーどおりに休む方は)明日も休日でよかったね。
| タテジマに想いを | 23:37 | comments(0) | trackbacks(7) |
痛み分けで終わらなかった痛み
 杉山投手のストレートが走る。矢野さんが時々変化球のサインを出していたけど、やはり直久投手のストレートは素晴らしかった。そのストレートが読売打線を抑え込んで行く。立ち上がりが悪いなんて姿が嘘のように、テンポよく投球を進めていった。

 途中で親指のマメが潰れて降板したが、2失点もエラーがらみであり、まぁそれが今岡選手というサードである時点で受け入れるべきものであるが、今日の直久投手は何ら責められるようなものではないと思っている。途中で潰れたマメの影響もあったのかな?

 昨年もローテーションが不安なときに直久投手は上がってきて結果を出した。今年だってそうだ。決して盤石じゃない。先発を争うはずの福原投手、筒井投手は早々に脱落した。ここにきてオクスプリング投手もやばくなっている。こうなったときこそ直久投手の出番だ。

 先に上原が脚の違和感で交代。後を追うように直久投手も降板した。試合はここから硬直気味にどちらもペースを握れないまま進んで行く。

 球児くんの安定感は素晴らしく、今日の内容は昨年の状態が戻ってきているかのようにも見えた。久保田投手も復調と言ってもいいだろう。WBCで球が違うなど感じた感触の違いを払拭したかのように見える。あ、そうそう。能見くんも急な登板であったにもかかわらずがんばってくれました。

 延長に入ったが、内野手の控えを使い果たしているため久保田投手がそのまま打席に入る。今年は外野手のベンチ入り選手を1人増やしているためにこうなるのは仕方ない。場合によってはファーストを野口さんにする手もあるだろうけど。

 福田が久保田投手相手にフルカウントにする。ベンチのサインもあっただろうけど、高校生まで捕手経験のある久保田投手の見逃し方はナカナカと見える。ランナーに出てもそれは投手のリードではなく、野手っぽく。

 新人・福田に甲子園の歓声はどうだっただろうか?今の甲子園は随分とおとなしくなったものだけど、それでも大音量に聴こえただろう。そういやぁ、読売の久保は新人時代に初めて甲子園で投げたとき、大歓声にビビって何も出来なかったと言っていた。

 最後は矢野さんのベース直撃タイムリー。でもその前の2失点目もベースに当たったような感じの奴だったからお互い様だろう。

 考えてもいなかったことだが読売は今までカード負け越しがなかったそうだ。昨年のタイガースにもこういう時期があった。しかし今の読売は気がついたら怪我人続出で層の薄さが徐々に出てきた。主力野手でも小久保、高橋由、亀井がいない。彼らもここが踏ん張りどころだろう。だから余計に甲子園で勝ち越したかったと思う。

 それを許さないタイガース。地力以外の何かもあって、ついでに怒りもあって勝ち越した。打点を上げながらも本調子には遠い今岡選手には悔いが残る3連戦だろうし、今シーズン全打席三振の片岡さんには更に厳しい日々が続く。でも前を向いて、それしかないよ。

 なんとなく波に乗れないチームが乗り始めている。次は中日戦でそれを払拭する番だ。当分ないんだけどね。ってことは、終盤の勝負どころで対戦するんだから。負けずに行こう!!

 明日からは今シーズン負け無しの横浜戦。でも油断せずに、しっかり出来ることをキッチリやってほしい。

 勝とうぜ!阪神タイガース!!こういうときこそ水も漏らさぬ戦いで勝ち抜こう。
| タテジマに想いを | 23:01 | comments(2) | trackbacks(12) |
昨年が出来すぎと分かっていても
今岡選手と下さん。この2人は昨年のタイガースで特に光った2人。その2人が光を鈍らせている。

 7イニング2失点とはいえ、下さんの内容はよろしくなかった。得点につながった場面では球が高かったなという印象。そして今岡選手は相手にとっては金本選手と濱中選手の間の休憩所のようになってしまっている。

 それでもいつどこで爆発するか分からないから警戒はする。その警戒された内容の投球に不調の今岡選手が付いていけない。そんな感じで見ていた。

 他のサポートティングキャストは出来ることをやっている。ダーウィンなんか出てきてどうなるかと思ったが、今の読売打線には充分通用することが分かった。あのチームだって首位ではあるが決して余裕で首位というわけではない。むしろ今の状態がいつまで続くか不安で一杯だろう。

 こっちがチャンスを逃すたびに工藤がガッツポーズを大げさにしやがって・・・・・ちっくしょ〜〜〜!!!(小梅太夫っぽくお読みください)もう、そうとでも言っとくしかない。

 ヒーローインタビューで工藤投手が言っていたのは「とにかく赤星くんを出さないこと。出てしまうと色々な攻撃のバリエーションがあるから。」

 そう、赤星選手は工藤投手には完璧に押さえ込まれた。今日のような良い投球内容の相手に対し、どうやって崩していくか?これ、凄く重要。

 明日は中5日で上原が出てくるらしい。そしてこっちは杉山直久投手。こうなったら直久の笑顔で押さえ込んでやれ!なぜか直久が投げる時は点を取られても取り返してしまうタイガース。とにかく行っとけ!

 勝とうぜ!阪神タイガース!!勝つことこそが今一番必要なんだから。
| タテジマに想いを | 22:18 | comments(0) | trackbacks(5) |
五月雨が洗い流した夜(長文)
 村上ファンドが電鉄に取締役の選任について要求した。そんな変てこなニュースがあった試合前だ。

 試合はとにかく3者凡退で終わるイニングが前半は無く、ある意味で両チームとも「よくこの点数で収まっていたな。」って感じ。それほどまでに試合が長い。

 先に崩れた(という言い方が正しいかどうか分からないが)のはオックスの方。元々コントロールで勝負するはずが、主審の狭いストライクゾーンのせいもあり、そしておそらくコーナーを狙いすぎ、ランナーが出ればゲッツーを欲しがりすぎてランナーを溜めてゆく。

 先制のホームランでパウエルから点を奪うが単発で、その後を心配する中で押し出しから失点を重ねる。

 続いて出てきた能見投手も左打者を抑えるという役割を果たせぬまま失点。もしもこの試合を落とすならこの場面。そう思えてしまった場面だった。

 でも甲子園球場は甲子園球場。人工芝ドームではない。

 藤本選手のヒットの後、アニキのレフト線への当たりは清水の『十八番』の拙い守備でスリーベースに。これを今岡選手がヤクルト戦同様の誰でも簡単に出来るわけでもないのだが『最低限の仕事』で還す。これで1点差。なおさら能見投手のあの1失点が・・・・・と思うまもなく濱中選手が続いた。

 場面は2アウト2塁。鳥谷選手の当たりはセンター前へ。あらかじめバックホーム態勢のセンター鈴木がダッシュして返球。2アウトだったので打った瞬間にGo!の濱中選手がいつものように陸上の短距離選手のようなフォームで3塁を回る。タイミング的にはアウトのようにも見える。「遂に吉竹信号機も壊れたか?!」そう思ったが、鈴木の返球がそれて浮く。濱中選手の好スライディング!!同点だ!!後続は絶たれたがそれで充分な展開だった。

 徐々に厳しい場面での当番機会になっている金澤投手の我慢の後、8回裏は今岡選手がまるでバットの先に手でも付いていて掴んで投げたかのような「何でそこに飛ばせる?」ヒットで出塁するなど、不思議打法の七分咲き。そろそろか?

 そして迎えた最終回。8回の球児くんのランナーを出してからの走る速球。9回の久保田投手の迫力の投球でお膳立ては出来た。

 ここ数ヶ月、振り回された親会社の株問題。抑え投手の調子が上がらない。やっと前試合で勝ったとはいえ接戦で勝てない。そんなことを色々背負って戦ってきたのが4月のタイガースだった。それでも変わらないものは勝利への希求と「こう」と決めたら動かない将だった。

 左投手の場面で打席には関本選手。同期入団の濱中選手はスペンサーに代わっている。ちっと早いんじゃねぇの?とか思ったけどね。でも長いシーズン考えたら仕方ないかも。

 2アウトでランナーはいない。とにかくつなげよう。しかしつなげようの気持ちは自信が最後の打者になることで帰結を迎えた。しかもそれはそうなることが当然であるかのように。

 「あの年」のドラフトは4人しか指名しなかったけど豊作だったと後に言われることになる。1位(逆指名)は今岡選手、3位は濱中選手だった。本当は2位で濱中選手だったんだけど、当時の監督が大型内野手を欲しがったことと、他球団が先に指名しそうな情報があったため2位で指名したといわれている。その選手が決めた。

 「64」という背番号からスタート。そして「44」へ。「44」は神様と呼ばれた史上最強外国人選手ともいわれた偉大な選手の番号。ファームでじっくり育ち、2003年から1軍に定着した。

 昨年は信じられないホームラン「0」。1軍しがみつき打法とか監督にも言われたけど、しがみつこうが何であろうが1軍にい続けたことの証を見せた。

 確かに少し甘く入った球だった。しかしそれを見逃さず、ボールの下を擦り付けるかのようなスイングから放たれた打球はバックスクリーンの少しライト側の最前列に運ばれた。

 誰もが「そうなればいいな。」と心の中で思っていた場面、心の中で願っていた展開。それが現実となって目の前に現われた。

 前回の読売戦、東京ドームではサヨナラホームランを打たれた。ところがどうだ?!今度はサヨナラホームランで勝った。

 前試合のヤクルト戦といい、今日の試合といい、相手が違ったとしても(犠牲フライ2本で負けた相手は広島だが)日をそれほどおかずにやり返せる地力、意識の高さは特筆モノだ。

 色々あった4月を経て、今日は5月の最初の試合。甲子園は晴天だっただろうが静岡は夕方から優しい小雨が降った。その五月雨(注)とでも言うべき中、帰宅を急いだ。

 乾いた地面に潤いを。疲れたチーム(と俺)にも安らぎを。そんな優しい五月雨だった。その雨が優しくタイガースを洗い、力を与えた。甲子園中から降り注ぐ五月雨のような優しい歓声が関本選手を包み込んだ。

 明日も戦いは続く。その戦いに潤いと勇気を与え、そして「何も心配することは無いんだよ。」 そんな優しさに満ちた関本選手のプロ入りサヨナラホームランが、最後の最後に全ての汚れや疲れを洗い流して明日への気持ちをくれた。そんな素晴らしい一打であったと思うし、テレビ中継ではあったがそれだけでも見ることが出来て幸せだったと思う。

 イライラして、ドキドキして、声を上げ、最後に喜べた素晴らしい試合だった。ありがとう、関本選手。ありがとう、阪神タイガース!!

 最後に、濱中選手、月間MVPおめでとう!!



(注)五月雨とは正確には「陰暦の五月の雨」。つまり梅雨時の長雨のことですが、今回の文章では「五月の雨」ということで表記いたしました。
| タテジマに想いを | 23:16 | comments(2) | trackbacks(9) |
勝手に4月を振り返る。
 といってもタイガースのことじゃなくて自分ごとで。
続きを読む >>
| ドキドキ☆ミソジーズ w(><)w | 20:49 | comments(2) | trackbacks(0) |