05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
RECENT ENTRIES

ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

杉山直久独り立ち
私を見て「今岡に似てる!」と思ってしまう皆さんこんばんは。

 悪くない。そう思えるピッチングを杉山投手は見せた。このところ勝ち星は無いけど、試合を壊さないくらいのピッチングは充分にできている。今日の相手は杉内。同じ学年のやはり高校時代から騒がれた選手だ。

 先日は世代の出世頭の松坂くんと投げあい見事に勝利。そして今日も相手のチームの今一番良い選手を相手の互角に投げる。

 今までの杉山投手と言えば、何となくひ弱、何となく危なっかしいという印象があり、今年もファームで開幕を迎えたときもそれを不思議には思わなかった。

 だがしかし!太陽投手と入れ替わりに上がってきてからは、周囲の予想を上回る好投で今はローテーションをガッチリ掴んだ。

 同期入団は今や中継ぎで存在感を示す江草投手。ここにきて2人とも自由枠なりの投球を披露するようになったのは嬉しいことで、この年の獲得選手で一歩リードした久保田投手と併せ活躍を見せてくれるようになった。

 もともと良い時はキレがあり、コントロールもそれなりに決まる。それが相手エースと投げ合うことで更に研ぎ澄まされて好投する。いっそのことエースキラーとして存在感を示せれば面白く貴重な存在になりえる投手だ。

 今日のズレータの1発は仕方ない。あの球を見逃さずに打ったズレータのパワーがあったというだけだ。むしろ城島、バティスタ、カブレラ、そして1打席を除いてズレータという重量打線を抑え、川崎ムネリンといった厄介な選手を抑えきったことは評価できるし、明日以降の抑え方を身をもって示してくれた点では本当に今日の投球内容は大きかった。

 敗れてなお評価を上げたであろう今日のピッチング。移動疲れなどあったかどうかわからないし、それは言い訳にならないけど、それでも杉山投手は今日も良くやった。

 マウンドでも涼しげに、時には微笑を浮かべながらリラックスに努め、鋭い球を投げ込む選手。タイガースには以前やはり、涼しい顔で相手ベンチに「微笑み返し」を喰らわせる、湯舟敏郎さんというノーヒッター左腕がいた。杉山投手もそういった稀有な存在になりえるかもしれない。

 マウンドでの微笑が、大胆不敵な笑みに変わる日も遠くないのではないか?今日の試合は今後への期待を持たせるには充分であったし、福岡の選手にも「今日は杉内じゃなかったらやばかったな。」と思わせていることができれば、実質上は1敗以下の価値の1敗であったかもしれない。

 杉山くん、今日はナイスピッチング!現役メジャーで実績もあったバティスタを完璧に抑えたからといって、「メジャーに行きたいっす!」とか言い出すなよ。

 今日のMVPはこちらへ。
| タテジマに想いを | 21:21 | comments(14) | trackbacks(28) |
8回の元・阪神と現・阪神
日本全国の観光地や名所で様々な形で売られているキティーちゃんと、日本全国どこからでも現われるタイガースファンとではタイガースファンの方が日本経済に貢献していると思っている皆さんこんばんは。


 今日の試合はfor the 下さん!! とでも言うべき試合展開。今日も下さんは安定していて、打線も下さんに2点をプレゼントする。やや少なめの援護点だけど下さんは大切に投げきり、いつものように6イニングでキッチリ試合を作った。そして球児くんも7回を抑え、8回に勝負は移る。

 このイニングからグランドには楽天にいる元・阪神の選手がキーになった。マウンドの吉田豊彦さんはタイガース低迷時代に移籍してきた投手。そして近鉄へと移っていった。近鉄に移籍してからベテランの味が出始めて、今は楽天で試合を手放さない地味だけど確実な左腕として活躍している。その吉田さんから赤星くんが高いバウンドのヒットで出塁。走るのか?!っとそこで藤本がバントを試みる。これがまた・・・見事に・・・目が虚ろだ・・・ファールフライで失敗。見慣れたミスだ(守りは頑張っていたのに)。ここで打席にシーツ先生。抑えられたら嫌な流れだが、この流れをタイガース側にくれたのが斉藤秀光選手。この人もオリックスからトレードでタイガースに来て、一時は先発ショート候補だった人。そしてオリックスに戻り、現在は楽天。この名手がショートゴロをエラー。なんとも野球はドラマを作るスポーツだ。

 お互いにミスを1つずつ。迎えた打者はアニキ。そのアニキが見事にタイムリー2ベースをライトオーバーに放つ。ミスが帳消しになった藤本、ミスが悔やみきれない結果となった斉藤選手。明暗が分かれる。桧山選手の代打でスペンサー選手を送り追加点を狙うが今日は得意のアメリカンジョークがベンチでウケがいまひとつだったのか、三振してしまう(ジョークも空振りか?)。しかしウィリアムス投手が好リリーフで9回につなぐ。

 もしも8回に追加点が無く2点差で最終回を迎えたら、最後が久保田くんだけに不安が残ったはず。しかしこのミスからの追加点で、ベンチも楽な気持ちで久保田くんを投入できたと思う。

 それにしても見事だったのは4点目のホームを踏んだシーツ先生のスライディング。クロスプレーになるところを絶妙な横に避けるスライディング。これほど器用なスライディングを見せる外国人選手を見るのは久しぶり。転がりながらホームインして起き上がったところに赤星選手の顔が。「スライディングノ、オテホンデース!」と言ったかどうか知らないが、今度はバントのお手本を背番号9に見せてやって欲しい。

 最終回の久保田くんは「0」に抑えた。いい当たりもあったけど好プレーでアウト。逆に打ち取った当たりがヒットになるといったところを見て、自分の意図することばかりでアウトが取れるものではない。ということを学んで欲しい。9人で3つのアウトを取る。それでいいじゃないか!そう思った。

 今日は味方の好プレーが投手陣を救った。鳥谷くんがあっちへこっちへ飛びついてアウトにする。藤本も頑張った。最終回には赤星くんが浅いライナーに突っ込む『シャッターチャンス・プレー』でアウトに。更には選手会長の驚きの横っ飛びもあった。投手の頑張りがあったからこその好プレーだが、今日の一体感は見ていて気持ちよかった。

 前述したが7回、8回の球児投手、ウィリアムス投手の投球も見事だった。この2人がしっかり抑えることが今のタイガースには本当に大きい。9回の久保田くんは不安定だけど、今日のような4点差を1イニングで返すこと。言い換えれば1イニングに4点以上を取ることは容易なことではない(まぁ、容易にしてしまう・・・浅草観光して帰ったGの外国人もいたが)。他にもハシケンや江草くんもいる。そう思えば本当に他球団も羨ましがるタイガースの中継ぎ陣だ。

 想定内の1敗はしたが楽天戦は5勝1敗。明日からはヤマ場のソフトバンクと千葉ロッテを迎える。しかし今度は甲子園球場が舞台。10人目の野手が勢ぞろいする中で、猛虎が甲子園を駆け巡る。攻めの姿勢を忘れずに、終始相手にプレッシャーをかけ続けて勝利を目指すタイガースをしっかりと心を定めて応援しよう。絶対に勝てる。

 今日のMVPはこちらへ。
| タテジマに想いを | 22:42 | comments(1) | trackbacks(19) |
LINKS追加のお知らせ
 いつもご来場ありがとうございます。

 LINKに【大好き☆阪神タイガース@pinkyさん】を追加させていただきました。そして【mono-Blog@ももっちさん】も追加させていただきました。

そして5月29日に【辛口ストレスカレー本店@fuzysさん】を加えさせていただきました。

 紹介記事はの記事をご覧下さい。

 なお、いつも(または時々)TBしてくださる方で「うちもLINKに入れてくれ!」っていう珍しい方はおっしゃってください。または私も時々「LINKさせてください。」とお願いに伺うこともあるので、その際にはご了解頂ければ嬉しく思いますので、よろしくお願いします。(実はお願いしようと思っているブログさんがいくつかあるのですが。。。)
| LINKS | 20:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
そうそう毎日楽しませて堪るかってんだ!!
 後ろから見たときに、岡田監督と平塚コーチの区別がつかない皆さんこんばんは。

 今日は先制点の大切さを改めて実感した試合だった。

 相手は楽天エース岩隈選手。このエースから初回に3点先制、4回に追撃の2点を取り早くもKO。実際にこれで試合の主導権を完全に握っていた。

 考えてみりゃ、岩隈投手は素晴らしい投手であることを前提にしながらも、セ・リーグにも同様の投球をする選手がいないわけではない。上原とか様々な投手と戦っている経験と、交流戦2回目の対戦であることを考えれば打ち崩しても良い頃だった。

 打撃では今岡選手が好調なようで、今日も打点を稼いでくれた。特に初回は、あわやホームランという当たりで相変わらずの勝負強さを見せてくれる。

 今年の今岡選手は第一打席からドカンと行かない印象があるが、実際には初回であろうとなんであろうと自分が行ける時には、そして行かなきゃならないときには、そして自分で行くと決めているときにはしっかり打ちに行って結果を残しているのは2003年の初回先頭打者ホームランの数を見ても分かる。その勝負強さが今日も発揮されたということだ。

 東北福祉大学出身の金本選手と矢野さんも、昨日の憂さ晴らしかのように打ちまくる。金本選手はホームランも打ち、これでホームランをかっ飛ばした球場にフルキャストが追加された。期待されて結果を出すのは本当にさすが。

 赤星くんも盗塁を決め、チームの攻撃のリズムとしてが非常に良い感じで進めていけたと思う。

 投手陣に目を移すと外国人版の下さんなのか、ブラウン投手が5イニングを2失点とそれなりに試合を作る。5イニングで6安打というのはお世辞にも良い出来ではないが中継ぎと先発での併用ではやむをえないとも思われ、次の先発機会では更に良い内容を期待したい。

 その次の江草くんも2イニングをゼロに抑えたが球数は40球であり、もう少し少なくできるような工夫が必要かもしれない。ただ考えれば初めて投げる球場のマウンドであり、そこへの慣れというのは繊細な投手には大きな問題であろう。

 さて、問題は能見くん。前回の登板から今日までの調整や、心理的な部分を含めて難しい部分はあったと思う。それは同じように前回の登板でボコられた安藤投手の昨日の立ち上がりを見ればわかることだ。しかしそれにしても!!という部分が多すぎた。大量リードで精神的に負担が少ない場面での登板。8,9回の2イニングを任せるつもりだったのであろうがそれも叶わず1アウトも取れなかった。精神的にタフという前評判であったが、ここは是非自信を取り戻してもらいたいし、これがプロの洗礼であるならば乗り越えなければいけないし、この機会を彼がどう取るか?自身でしっかり考えて欲しい。同じルーキーのハシケンが帰ってくる日も近い。その時にファームに行くのは牧野さんかもしれないが、能見くんだって可能性は無いわけではないのだから。

 それは久保田くんも同様で、今のままでは信頼感を得ることが難しくなっている。越えなければならない壁は彼らの前にはたくさんある。特に抑えというのはその試合を勝たせることはもちろんだが、相手の反撃意欲を無くすということも役割に含まれる。「明日は行けるかも?」なんて思わせてしまっては抑えとしての役割を完全に遂行したとは言えない。「打てるもんなら打ってみろや!!」くらいで行ってみないか?何か今は「打たないで下さい・・・」って感じに見えるぞ。

 8回、能見くんによって3点を貰い、思わぬチャンスに5連勝を夢見たかもしれない楽天のファンには悪いが、こちらもリーグ首位を譲る気はさらさら無く球児くんを登板させた。実際には登板せざるを得なかったのだが、あのフルキャストの凄い盛り上がりの中で楽天を藤本の好守にも助けられ抑えきったのは流石としか言いようが無い。

 結果的に終盤苦戦しながらも勝利を得たタイガース。楽天にがんばってもらいたい気持ちもあるが、今の時点で楽天に取りこぼす余裕はこちらにも無い。終盤の苦戦を糧にして、明日も全力で勝つための戦いをして楽天戦を締めくくろう。甲子園では強敵が待っているのだから、ここで勢いをつけて行こう!!

 観戦に行った、shuさん、スーパーサウスポーあさちゃん。さん、観戦勝利おめでとうございました。

 今日のMVPはこちらへ。
| タテジマに想いを | 19:33 | comments(16) | trackbacks(25) |
疲弊からの脱却
ライトスタンドで近くの席の女の人と仲良くなっても、それはその場限りなのに・・・ということに気付いていない皆さんこんばんは。


 今日は昨日休んだ後の試合だった。立ち上がりから悪い状態の安藤投手を見た時は、この試合はどうなってしまうのか?と思ったが、投げるたびに立ち直り最後まで投げきった。これはDH制によってタイガースが助かっている点と思う。

 しかし最初の2回で6安打2四球2失点というのは守っている味方にとっても辛いもので、打撃陣が立ち直る前に試合が終わってしまい、投手のリズムの大切さを認識する試合となった。そんななかでも自分を見失わず、さすがの「ここしかない!」バッティングを見せる、確率変動機能付き精密機械の今岡選手には脱帽!ヅラの人はヅラを取って脱ヅラして最敬礼だ。

 楽天相手というと勝ちが計算できると思いがちだが、中日相手に3連勝というタイガースでもやっていないことをやっているチームなので油断なんてできるはずが無い。頼む楽天!中日戦の勝ち方を教えてくれ!!

 反面、3回以降は1安打。ついでに最初の2回でも残塁6という得点力の無さは快勝されたとは言い難い面もあり、この辺が楽天相手の戦いの鍵を握るというのは事実だろう。

 今日のポイントは6番と7番だと思った。DH制という打者を行かせる試合形式であるにもかかわらず、矢野選手は調子が上がらなかった。確かにリードに苦労して打撃どころではないのかもしれないが、それはそれとして9人の打者のうちの1人なのだからしっかりとしてほしいものだ。

 そしてDHの濱中選手。チャンスで力みまくって、7回のチャンスではど真ん中を空振りすること2回、ボール球を空振りすること1回でチャンスの芽を摘んでしまった。交流戦の1周り目は「おかえりなさい!」でよかったかも知れないけど、それはいつまでも続かない。交流戦が終わったあとも1軍帯同を目指すのであれば「おかえりなさい」を越えるものを見せ付けることも必要だ。

 しかし返す返すも序盤の安藤投手の立ち上がりは残念。反面、ベンチは立ち直った安藤投手を最後まで行かせた我慢強さには注目してもいいだろう。ただでさえこの9連戦は中継ぎの酷使が心配されている。藤川投手、江草投手、ウィリアムス投手、久保田投手もか?そして合流予定のハシケン。何でも能見投手も中継ぎで待機させるらしい。

 どう見たって全員が勝ち試合用の投手。そして全勝を目指すとはいえ負けているときの投手も必要。そうなってくるとここは牧野投手の1軍残留も可能性としては捨てがたい。代わりに落とす人?町田さんでいいでしょ?

 今日見えたプラス材料は中継ぎを使わなかったことと、試合を通して安藤投手がピッチングを取り戻したこと。この2点だろう。あと心配なのは鳥谷が不調であること。この不調期間を短くすることが、彼の目指しているといわれる多くの試合出場へとつながることになる。この9連戦は中継ぎ投手陣ばかりに目を奪われがちだが、実は鳥谷にも正念場なのである。

 明日の相手はエース岩隈投手が予想される。前回の甲子園みたいに、たたみ掛けてKO!KO!といこう。

 東京から応援に行ったshuさん、明日は勝ちたいね!!でも月曜日はどうするの?

 今日のMVPはこちらへ。
| タテジマに想いを | 16:39 | comments(10) | trackbacks(15) |
旅姿 (ろくに校正しない走り書きです)
 交流戦のおかげで今までタイガースが「遠かった」地域にもチームがやって来るようになった。

 セ・リーグの中でも地方開催が少ないと思われるタイガースだが、僕は個人的にそれが好きだった。

 決してお安くない思いをして辿り着いた聖地甲子園だからこその厳かな気持ちで臨む観戦は何物にも代え難いからだし、そういった中でプレーする選手の幸せそうな姿を見ることが好きだ。それは甲子園でプレーするタイガースの選手を羨ましがる他球団の選手がいることにも証明される。

 交流戦は、そんなタイガースとタイガースが遠い人たちとの距離を縮める機会になった。

 北海道は毎年それなりに開催しているけど、福岡ドームや仙台などは毎年とは行かない地域。増してや仙台と言うか、東北にタイガースが姿を現すのは何年ぶりなのだろうか?ちょっと記憶に無い。

 タイガースファンは本当にどこにでも大勢いる。地上波で日本中どこでも見れるのは残念ながら読売の試合。でも裏を返せば球場に行かなくても読売戦は観れるし、友達に言わせると実際に球場で観ても試合よりも帰りの新幹線優先なんだそうだ。

 しかしタイガースの試合はそうは行かない。地上波で観れる地域は限られているし、そうじゃなけりゃスカパーにでも加入しなけりゃ観れやしない。ってことは早い話が『あなたの街にまだ見ぬ強豪タイガース見参!!』というキャッチフレーズに近いものがある。

 今まではテレビを通じてしかタイガースの試合を観たことが無い人も、きっとタイガースが来るなら球場に行こうと足を運ぶ。それが今の12球団イチの観客動員数につながっている。今までは甲子園が遠くて、他のフランチャイズも遠くて、実際に生のタイガースを観ることができない人たちも、この機会には足を運ぶ。なので今日(5月27日)の雨天中止は本当に残念だ。

 タイガースの試合、それはやはり球場で観るに限る。これは特に観戦に行くようになってそう思った。テレビから聞こえてくる音量とは違い、最低でも球場の半分を確実に埋め尽くす応援にも表れる。その中に包まれることを幸せだとか楽しいとか感じることができたなら、その人の感性は極めて正常であると言える。そして「また行きたい。」と思えるようなら、タイガースファンに片足を突っ込んだようなものだ。

 タイガースの試合は魅力的だ。同じプレーや同じ試合展開は他球団でもやっている。でもタイガースがやるとそれらは一味違うものになる。それは大応援団もそうだし、それによって醸し出される球場の雰囲気にもよる。

 確かにHMが変わったり、応援の方法が変わったりしたことについては色々な意見がある。ただ変わりないのはプレーする選手はタイガースの選手で、それを応援するために球場に行っていること。それだけは僕の中で変わることは無い。

 今まではタイガースが滅多に降りることが無かった仙台という土地。選手は何を思って過ごしているだろう。見知らぬ土地を感じる楽しさ。ホテルの部屋でいつもと変わらぬ時間を過ごすものもいれば、年齢的にも小さな子供さんの写真を眺めたり、家に電話して子供さんや奥さんの声を聞いて気持ちを安らげる選手もいるだろう。こうして時間は過ぎる。

 旅姿六人衆・・・サザンオールスターズの名曲だ。そのなかに ♪お前が目の前にいるならいい 素敵な今宵を分け合えりゃ また会えるまではこのときを 忘れないでいて♪ というフレーズがある。

 交流戦の『交流』とはパ・リーグのチームとの交流だけではなく、普段タイガースの試合を観ることができない人たちとの交流でもある。タイガースはこの交流戦で、いつか芽が出るであろうタイガースに対する想いのこもった種を蒔きながら各地を廻る。だから色々な球場でタイガースを観る人たちはその種をしっかりと受け取り、『また会えるまではこのときを 忘れないで』タイガースへの想いを育てていって欲しいと思っている。

 タイガースが完全にアウェイになってしまうような球場は日本中には無いのだから。
| T−コラム | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
福原投手のストレス解消
「真弓」とは女性の名前ではなく、人の名字だと思ってしまうトラキチの皆さんこんばんは。

 今日の試合は何と言っても福原投手。9回無四球完封で102球とは恐れ入った。先頭打者を出したのは2回と9回だけ。しかもそれ以外は三振あり、内野ゴロありと確実に抑えに行った投球は見事だった。

 先頭打者を出したり、四球を出したりなどということを重ねると打撃陣のリズムまで狂うものだが、この日は打撃陣を悩ませた福原投手の面影は無かったようだ。これで「こういうピッチングをすれば打線の援護も得られる。」と思ってくれればしめたものだ。

 これで交流戦の甲子園不敗伝説はまだまだ続く。交流戦を1まわりして負け越しも千葉ロッテに千葉マリンでやられただけであるため勝率も良い。交流戦は5割でOK!という気楽さもあってか、タイガースはかなりのびのびやっている。そしてチーム全体に攻める姿勢が浸透してきていることが心強い。この姿勢でフルキャストへ乗り込もう。

 次の相手は楽天。前回の甲子園では見事に3タテを決めたけど、今度はその楽天がドラゴンズに3タテを喰らわしている。その勢いのあるチームだけに、前回同様とは行かない気持ちで改めて気持ちを入れ替えて戦って欲しい。

 週末のタイガース、仙台のファンに「初めまして。」の挨拶は元気よく派手に行ってみよう!!

 今日のMVPはこちらへ。
| タテジマに想いを | 21:48 | comments(6) | trackbacks(15) |
今岡、ビックリ箱を開ける(世界の盗塁王語録)
5月15日の楽天戦で、自分の席の近くの40過ぎであろうおばちゃんがピンクユニにピンクの耳を着けているのを見て、「今日負けたらお前のせいだ!」と思った皆さんこんばんは。

 やはり今日の試合、心のどこかに隙間があったのだろうか?試合展開が非常に重いものとなってタイガースに襲い掛かった。

 初回から大量のビハインドを背負う展開。しかもその後の井川が安定しなかった。こうなると守備陣も守ることに集中して打撃まで気が回らない。

 それでも同点に追いつき、逆転もしたタイガースの打撃陣には頭が下がる。アニキが鼓舞し、今岡選手が打った本人もビックリ!!『今岡オリジナルストライクゾーン』を振りぬいた打球は風も味方して切れずにレフトスタンドに飛び込んだ。通算1000本安打をホームランで飾る見事な記念打席になった。

 解説の福本さんも「いま、今岡はビックリ箱を開けたねぇ。」とおっしゃっていたが、打った本人もファールと思った当たりで走っている最中に「入ったよぉ・・・」と口が動く。打たれたバファローズの川越投手も「あれを振るのかよ・・・で、打つのかよ?」と言葉にならなかったと思う。あそこで降板させたのは正解だった。

 思えば今岡選手は大型内野手として入団。この年は2位指名が関本選手、3位指名が濱中選手といった4人しか指名していないのにそのうち3人が現在1軍にいるという俗に言う当たり年!だった。投手も指名しとけばいいのに。。。

 入団後もルーキーシーズンから出場するが、ノムさんの時代は監督に理解が得られず出場機会が減る。しかし星野監督就任と同時に輝きを取り戻し首位打者も獲得した。そんな男のプロ9年目の勲章だ。

 今日のポイントは2回裏のような気がしている。まだ序盤、でも4点のビハインド、そして1アウト1・3塁のチャンスで打席に井川。ここで代えるかどうか?代えなくて井川が徐々に立ち直り以後を抑えたことで正解とするか、代打で早く追いついて中継ぎ陣で勝負するかという選択は難しいものだったと思う。僕個人としては、代打を出して勝負して欲しかった。

 そして9回。どうしても不安定な久保田くんに不満がある。バファローズの谷選手を三振に取ったことが良かったのかどうか分からないが、ここでも勝負したがったのかブランボー選手に運ばれてしまった。このブログで何回も書いているけどイニングの最初から行くなら内野ゴロ3つでも3アウト。そういう考えで抑えてくれればいいのに・・・と思う。
今はクローザーとして成長させる期間かもしれないけど、これ以上続くようだと信用問題にもなってきそうな気がする。臨機応変なピッチングで新境地を開いて欲しい。

勝ちきれなかったタイガース、負けなかったバファローズ。でも序盤の得点差を考えると勝てなかったバファローズ、負けなかったタイガースとなる。むしろよく粘った方だ。課題はクローザー。

明日こそ勝ち切る戦いで攻めて行こう。今日の展開でチームも温まるには充分な時間をすごしたのだから。


 最後に

今岡選手、1000本安打達成

おめでとうございます。



 今日のMVPはこちら
| タテジマに想いを | 23:11 | comments(4) | trackbacks(21) |
そして逆転の虎へ
四捨五入したら40歳になるのに歳で独身のくせに、未だに過去の栄光を自慢する隣の席の女性にむかついている皆さんこんばんは。なに?それはオレだけ?あぁ、そうですか・・・

 先週のライオンズとホークス、両チームの対戦ともに初戦は落としている。しかしその後に連勝して結果的に勝ち越している。なので心配なし!!以上!!!

 で終わったら面白くもなんともないので書く!!

 帰宅したらいきなり3点を先制されていたのだが現在のタイガースでは3点差は何とかなる範囲だ。しかしこの日はシーズンオフに争奪戦を繰り広げたJP(パウエル)の効果的なカーブの前に捕らえきれなかった。

 惜しむらくは初回の失点。それ以降が杉山くんの自己最多奪三振試合だっただけに悔やまれるものが残る。やはりいきなり追う展開になるのはホークス戦でかなり力を使ったタイガースにはしんどかった。今日勝つとすればワンチャンスを生かすことと思っていたのでなおさらだった。

 決してオリッ鉄をなめていたわけではないと思う。オリッ鉄と言えばシーズンオフには「いいとこ取り」とか散々言われてナチュラル・ヒールになってしまったかのようなチーム。かたや人気絶頂のタイガース。スタンドを見てもその差は歴然だった。しかし「いいとこ取り」と言われただけあって戦力的には岩隈投手も磯部選手も中村紀選手もいないけど一筋縄ではいかないという印象を持つ。その選手たちに今日はやられてしまった。

 8回のチャンスも、藤本が盗塁できる選手ならなぁ・・・というのが残念。足自体は遅くないのだから、ぜひとも盗塁という武器を持って欲しい。じゃないと何も特徴がない2番で、簡単に超えられてしまう。

 最終回の牧野投手の被弾は残念。しかしここで佐久本同様、「はい、お疲れさん。」と簡単にファーム行きにするのはもったいない。

 (おそらく)自分らしい投球をしたにもかかわらずボッコボコにされて半ベソかいた佐久本と違い、今日の牧野投手は「悪かった」内容であること。普段の自分のピッチングができれば、敗戦処理という起用になるかと思うがハシケンが帰ってくるまで、又は中継ぎに疲れが出たときには充分な働きが期待できる。最後に谷選手を打ち取ったストレートなど、サイドスローに近いフォームで150km/hのボールを投げ込むことができるのは大きな武器。こういった自分の武器を持った選手をしっかり起用して欲しい。惜しむらくは抜く球がないこと。これは以前からの課題であるため、ファームにいる間に磨いておいて欲しかった。

 今日の倉敷は観客が2万人弱。できればライオンズとホークスを破ったタイガースには甲子園で第1戦を戦わせたかった。倉敷は最終戦でも良かったのではないか?そんな気もする。まぁこれは営業サイドの努力事項なのだが。

 明日は阪神甲子園球場。今日はスタンドの右半分強がタイガースの応援だったが、明日は四方八方がタイガースファンで埋まる甲子園球場だ。僕も観戦に行くことがあるけど甲子園球場のファンのパワーは凄い。その中でオリッ鉄にも鉄槌を下す。

 昨年秋の合併騒動で無念の思いをし、現在では関西唯一(バファローズはオリックス系として)の鉄道系球団(タイガースの場合は『球団系鉄道』か?)が今まで苦楽を共にした関西私鉄(阪急、南海・・・近鉄?)の思いを乗せて、明日はバファローズを聖地で破る。

 えっと、冒頭の挨拶文は暫く続けます。今日のMVPはこちら
| タテジマに想いを | 21:52 | comments(2) | trackbacks(10) |
本日は2本立て  願いながら待ってます
 観戦仲間が元気だと嬉しいものだけど、最近少しご本人やご家族の体調が優れずにご心労を重ねてらっしゃる方がいる。

 普段TBして下さっていた方たちなので、今日は同じ虎ブロガーとして、観戦仲間としてこの記事を書かせていただきたい。

 大げさに話を大きくしてご迷惑をおかけしてもいけないのでご本人のブログにはTBせず、ここにはイニシャルで書かせていただく。もし機会があればご覧いただければと思ってます。
続きを読む >>
| LINKS | 19:20 | comments(6) | trackbacks(0) |
本日2本立て 酒と猛虎と男と・・・今日は歯切れが悪い
 昨日は新築祝いをやった。まぁ親しい親戚を集めて飯を食って酒飲んで・・・というやつだ。

 今までこういう集まりをやると必ず話題に出るのは結婚話。だったのだが、昨日は出なかった。これはイイ (・∀・)

 やはり親戚連中で僕よりも若いけど結婚したやつが増えてきて、彼ら、彼女らの生活などを親の立場で見ていると、親自身の世代の結婚と今の結婚適齢期世代の結婚とは違うものがあるということだろう。言い方を変えれば結婚に対する価値観の違いも大きい。それを親世代の親戚が見て、自分たちの想像以上に息子や娘が苦労していて人に薦めている場合じゃないと思ったようだ。
続きを読む >>
| 酒と猛虎と男と○○ | 19:16 | comments(6) | trackbacks(0) |
虎の勝利に乾杯〜♪


 めでてぇじゃねぇか!酒持って来い!!というわけで、実は今日は建て替えが終了した我が家の新築披露。親戚を招いて昼間から飲んでいた。

 酒は画像UPの静岡の地酒、磯自慢(写真左)と花の舞(写真右)。いやぁ、いい酒は悪酔いしない。昼間の酒は効くのだが、気持ちよく飲めた。いや、うまい酒ですから、飲みたい方は私に金を送らずに自分で買って飲んでください。

 1年前は飲むだけ飲んで、梅田の地下街で「う・・・うぇっぷ・・・」って感じのオレだったが今日はダイジョウブだった。

 で、試合はどうしたか?というと、「いやぁ、最近どうも膀胱が小さくなったようで・・・」とか言いながら時々席を外して部屋で少しずつ見た。あとはビデオ録画してポイントのみ観た。

 とにかく勝った!ソフトバンクホークス(長いので以下「SH」と略)は交流戦で初めての負け越しだ。考えてみりゃ、タイガースも交流戦で負け越したのは千葉ロッテだけだ。そういう点ではファンがタイガースの強さに気付いてないのか?

 今日の能見くんは、はっきり言ってよくなかったと思う。横浜相手に好投したイメージが強いけど、けっこう立ち上がりが不安。その状態を救ったのは打線でもあり、開幕前には能見くんと先発枠を争った江草くんだった。

 そもそもあのノーアウト満塁の場面(3回裏)、ベンチから「1点は仕方ないよ。」と言われていながら、本当に1点で抑えるところが素晴らしい。可能性とすれば、0点に抑える可能性だって無くはないだろうけど、それ以上に失点する可能性のほうがもっと高い。以降の2イニング、江草くんはランナーを背負いながらもSHを抑えてゆく。見事な勝利投手だと思う。

 その後を継いだ同級生の球児くんもランナーを背負っても抑えきる。

 打つほうではアニキが、桧山選手が、濱中選手がやられてもやり返す、取られても取り返す、そういった打撃でSHにリードを渡さない。

 いい加減、SHも追いつくのに疲れてきたのだろうか?8回と9回にタイガースに更なる追加点が入り、勝負は決まった。

 強い、強いといわれたホークスに勝ち越し。苦手といわれる福岡ヤフードームで勝ち越しだ。確かにホークスは強かった。打者の体格はゴツいし投手陣も良い。でも僕には彼等に欠けているものがハッキリ見えた。

 それは勝ちに対する執念。この3連戦、なぜか彼らは王者として受けて立つ戦い方をしてしまっていた。反面タイガースは2戦目から、どこでも噛み付く姿勢で試合をしていた。「こんなはずでは・・・」とホークスも思っただろう。それが結局戦い方に出てしまい、気持ちのスタミナ不足を招いてしまった。(えー、ワタシもよく「愛のスタミナ不足」と言われますが何か?)

 上等な酒を飲みながら、上等の試合を見せてもらった今日、結果的に単独首位だ。次はオリッ鉄との関西決戦。同じ関西でも倉敷マスカットも甲子園も球場中がタイガースファンで埋まるだろう。相手は昨年のパ・リーグ最下位球団だが、受けて立つ試合をしてはいけない。それはこのホークス戦が教えてくれた。どこまでも攻めの姿勢で!その気持ちがあれば必ず勝てることが分かった貴重な週末だったのだから。


 今日もおかやん、大阪から福岡まで、観戦勝利おめでとう!!

 今日のMVPはこちらへ。
| タテジマに想いを | 20:00 | comments(11) | trackbacks(17) |
勝ちたいんや!!
 2003年の日本シリーズ、下さんは「オレをトレードで出したホークスに勝って日本一になりたい!」と願ったという。シリーズは下さんは勝ったがチームは日本一を逃した。今日は交流戦という試合でありながらもオレを放出したチームとの対戦に下さんが登板した。

 5回でマウンドを譲ったものの、下さんの魔法は今日も健在。5回を2失点。しかも味方の先制付きと試合を見事にタイガースに持ってきてくれた。

 2003年もホークスは下さんを捕らえられないままに終わっているが、今日は更に進化した下さんに手こずる。

 昨日は松中に好きに打たれたけど、今日はアニキが好きに打って、鳥谷も猛打賞で早稲田の先輩に「ご挨拶」申し上げている。

 昨日の記事で「攻めろ〜!!」と書いた。今日はどうだっただろうか?下さんの時は不思議と打つ打線だけど、僕は攻めの姿勢ができていたと思う。赤星くんも出塁したら走った。アニキも打った。関本くんも粘りに粘って根負けせずに四球を選んでいる。打撃面でブレーキだったけど矢野さんは攻めの配球だったと思う。シーツ先生の爆走もあった。

 勝ちたいんや!!その気持ちを出し、形に変えることができたタイガースの勝利だ。そしてそれはいつものタイガース。それを出したらこういう試合だった。昨日は移動疲れ?そう思えるような試合だった。

 今日の球児くんは2イニングで2安打されたものの、あの内容はソフトバンクにも通用した。相手に流れを渡さない投球は次もホークスは手こずるだろう。

 反面、ホークスは「逆転のホークス」らしいが、まさか和田投手があんなに早く降板するとは思っていなかっただろう。確かに高めにボールが浮いて城島捕手のリードも相当苦労していた。球の出所が見辛いとか特徴があるけど、球速の出ない方の彼にとってはコントロールが生命線。それが乱れたのを見逃すタイガースではない。大量リードされても昨日のタイガースは最後まで牙をむいた。でも今日のホークスは早々に翼を休めてしまった。これが両チームの差、『魂』の差だ。

 今日の勝利でタイガースは今週の負け越しの可能性を消した。正直言ってライオンズとホークスで2勝4敗も覚悟したが、明日次第ではその数字の逆転の可能性すらもある。

 今日も書くけど、明日も攻めろ!今日の攻めの姿勢はホークスをビビらせ、リズムを狂わせた。藤本の失敗バントですらもエラーを誘い、出塁でき、得点につながったのだから。

 それと交流戦で必ず言われるのは「どっちがホームか分からない。」という話。タイガースファンはどこからでも湧いて出てくる。とは観戦友達の言った名台詞だが、まさしくそのとおり!!今日もヤフードームの半分を大歓声が包み込んだ。千葉マリンでもそう、ボビーが「ナンダアレハ??」と言ったくらいの歓声が球場を包んだ。タイガースをアウェイにしない声援は日本文化。選手の攻める気持ちを一層強くしたに違いない。

 もう一度書くけど、明日も攻めろ!攻めきって勝ちをもぎ取ろう。今日の試合で選手が「俺たちは相手がホークスでも攻めきることができるんだ。」と自信を持ってくれることを願う。ホークスは強い。でもタイガースだって弱いわけじゃない。むしろ強い。堂々と胸を張って福岡を、そして観戦に行っているファンを喜ばせて欲しい。

 なんてったって、大阪から観戦仲間のおかやんが福岡に行ってるし。おかやん、観戦勝利、おめでとう!!

 今日のMVPはこちら

追記:牧野さんが佐久本に代わり、1軍に帰ってきました。
| タテジマに想いを | 21:54 | comments(11) | trackbacks(13) |
今こそ燃えろ!猛虎魂!!
 ビビッてんじゃねぇよ!!

 かわしに行っちゃ勝てないぜ!!そういう試合だった。攻めろ攻めろ!!とにかく攻めて勝て!ということだ。自分たち以上に攻めるチームとの対戦経験が少ないであろうホークスには、そうやって勝つしかない。

 今日の試合で分かったいくつかのことがある。1つ目は佐久本投手。ハシケンの右背筋痛で昇格したが、「はい、おつかれさん。」という程度だ。左3人を1人も打ち取れないというのは自らの存在を否定することだ。彼はフォームが綺麗過ぎるという長所のはずが実は短所というものがある。オーバーハンドでもダメ。サイドスローでもダメとなったら・・・これで未練も無いか?

 そして今日も書きます、藤本!!センター前ヒットはあったものの、転がせないから脚も生かせない。内野フライ、拙い守備と三拍子揃ってしまった。残念ながら、今のタイガースが目指すべき野球からは藤本は乖離してしまっている。つなぐということがどういうものであるか、それを考え、自らを変えなければ先は無い。ただでさえ、セカンドは激戦区であり、将来ドラフトで内野手だって獲得するであろうから、岡田監督でなくなったときに彼の出番は激減する可能性もある。

 球場で観戦される方は、彼が打席に入っているときの相手の守備隊形を見て欲しい。極端なレフト寄りだ。つまり流し打ち対策を採られている。それを打ち破る力が彼にはまだ足りない。これを克服したのは赤星くん。今のタイガースの1,2番打者の差は実は大きな大きな差となってしまっている。

 そんな中、今日思ったこと。負け試合でこんなことを書いて寝言に聞こえるかもしれないけど、ホークスは強さのピークは過ぎたということだ。思ったよりも強くないと思う。マークする選手を押さえ込めば勝負できるという点で、昨日までのライオンズと変わらないという感想だ。今日は大村選手へのマークが甘くなり痛打されたが、その試合のキーとなる選手を見極めれば抑えることは難しいことではない。

 投手陣だって、いくら城島捕手のリードが良かろうとも投げるのは投手。そこに投げられるかどうかがポイントになる。

 松中(こいつだけは何があっても呼び捨て)に関しては、僕は疑問を持って彼を見ているので、彼がどんなに活躍しようとも関係ない。ただ攻めて攻めて攻めまくって行くことから始めよう。

 強打者が揃う→警戒する→かわす→腕が振れない→打たれる。以上、その繰り返し。勝つにはそうじゃない!!逃げて勝てるものは鬼ごっこくらいなものだ。やりたい野球が違うのだから、同じ相撲をとっても仕方ない。タイガースの野球はそうじゃない。

 守備固めで野手の顔ぶれが変わったが、江草くんと浅井捕手のイニングは三者凡退だ。気負うことなく、普通に『攻め』れば勝負は互角。今日の大量失点は流れを掴めなかった結果だ。それは攻める姿勢が不足していたからだ。

 ホークス打線は確かに強力。でもそれがどうした?だから勝てないのか?そんなことは無い。こっちだって盤石の中継ぎもいるし、たたみ掛ける攻撃だってできる。明日は“かわしているようで実はかなり攻めている”下さんだろうか?

 明日のタイガースにかける呪文は『攻めまくれ!』 いっそのこと浅井捕手あたりに呪文をかけて使ってみれば更に面白いかも。矢野さんだと必要以上に外が多そうだし。

 俺たちが見たいのは借りてきた猫じゃない。猛虎っていうのは相手が何であろうと、強かろうが何であろうと思いっきり戦うものだ。

 最後に、大正から昭和にかけて活躍した文学者であり、科学者であった寺田寅彦(てらだ・とらひこ)氏の残した有名な言葉をタイガースに送りたい。

 『科学を恐れないことはいけない。でも恐れすぎることもいけない。』 

 “科学”という言葉を【対戦相手】に置き換えて、勇気を持って明日を戦おう。勝てない相手なんているわけが無い。


 戦え阪神タイガース!


 攻めろ阪神タイガース!



 勝とうぜ!阪神タイガース!!



 今日の試合を観て弱気になってしまったファンの皆さん。折れない強い心で明日のタイガースを応援しよう。終盤の1点ずつ取り返す攻撃は明日につながるはずだ。

 追記:セカンド、関本でイケェ!!

 今日のMVPはこちら
| タテジマに想いを | 21:48 | comments(4) | trackbacks(10) |
追記

これ、僕が職場で使っている椅子です。
♪ 阪神タイガース〜 ♪


たけ
| タテジマに想いを | 23:01 | comments(4) | trackbacks(0) |
負けにくいチームへ
 甲子園で強いタイガース。そう言ってもいいような内容だった。細かい点は色々あると思う。そりゃあエースも初回に2失点とか言わずにもう少し楽な展開にしてもらいたいものだがそれを跳ね除けるチーム力があるということかもしれない。

 昨日は松坂くんが投げたけど、それに比べれば大沼投手は打ちやすかったか?というよりメンタル的に攻略しやすかったかもしれない。

 矢野選手も自分のバッティングが良いとリードにも反映され、投手を盛り立てて行った。

 早いイニングのうちに関本選手に代えて濱中選手を投入。それが結果的に成功し、今日の試合の流れを掴んだ。今日から藤本が1軍に帰ってきて、関本選手も再びセカンド争いをする日々が続く。これがチーム内の競争につながり、好結果になると信じたい・・・・・が!藤本の場合、内野フライにエラーと悪いところはしっかり変わっていないようだ。最終回の失点は彼のエラーが発端だったし。でもそれを抑えてこそのクローザー、久保田投手も試行錯誤中だ。

 この3連戦、帆足、松坂の両投手の素晴らしさを知ることができたが、反面それ以外の投手の場合に落差を感じたのも事実。勝てるときにしっかり勝って、負けにくさを身に付けることができてきているチームになってきた。週末のソフトバンク戦も面白い戦いが期待できるはず。何せ下さんも登場予定だ。

 勝って兜の緒を締めるのも大切なこと。勝ったときの勢いのままに突き進むのも大事なこと。両方のバランスを取って九州まで戦いに行こう。福岡ヤフードームは広い。でもその広さは敵ではなく味方にするつもりで戦って欲しい。

 ドラゴンズが負けてゲーム差無しの首位!このまま粘りに粘って地位を作りたい。きっとできる戦いがこれからも続く。そう思って応援しようと思う。

 今日のMVPはこちら
| タテジマに想いを | 21:31 | comments(7) | trackbacks(12) |
7年越しの想いを込めて
松坂世代。聞き慣れた言葉で語れるくらいの人材の宝庫が集う世代の頭領とでも言える松坂くんが甲子園で投げる日がやってきた。7年前の夏、甲子園で勝ちまくった右腕が日本を代表する投手の1人となって甲子園の土を再び踏んだ。

 対するは7年前の夏、甲子園に出場することすら叶わなかった松坂世代。奇しくも背負う番号は同じ18番。プロ野球界のエースナンバーだ。同じ年齢でも片や堂々のエース、片やエースになれるかどうか分からない選手。しかし試合はがっぷり四つに組んだ試合となる。

 投球内容だけで言ったら松坂くんのほうが上回っていたと思う。しかし7年も留守をすれば誰だって気持ちが揺らいだって不思議じゃないように、あれほど甲子園に愛された松坂大輔という男が今夜は甲子園に愛されなかった。そして甲子園に必死のアプローチを続ける男に今夜の甲子園は振り向いた。

 甲子園は時として男性的に、またある時は女性的にその表情を変える。タイガースが松坂くんを捕らえたとでもいえるのは本当に点を取ったイニングくらいでほとんどが塁に出ても散発だった。反対にライオンズはスコアリングポジションにランナーを貯めるが点に結びついたのは8回のみ。同じ安打数でもライオンズの方が点を取る雰囲気は出来ていた。でも甲子園は松坂くんに振り向かなかった。

 それでも甲子園を振り向かせ、勝ったのはタイガース。そして杉山投手。7年前の春と夏。甲子園で投げまくり、日本中を沸かせた男を杉山投手はどこで、どんな気持ちで見ていたのだろうか。しかし7年の時間が経ち2人の距離は少しずつ縮まった。両者とも勝利への執念はある。でも今夜に限っては杉山投手の方が、そしてタイガースのほうが強い気持ちで戦っていた。この気持ちの継続が、杉山投手を1段階上に連れて行ってくれるはずだ。

 打の殊勲は桧山選手。日曜日の岩隈投手、今夜の松坂投手と球団を代表するエースからホームランをかっ飛ばす姿には正直言って驚いた。桧山選手の場合は特に相手の投球を見てしまう傾向があるが、今夜のように積極的に振っていく姿の方がおそらく自身のタイプに合っているはず。そこにもっと早く気付いて欲しかったし、この姿勢で戦えば成績も帰ってくると思う。今夜は気持ちの強さが集中力を生み、少ないチャンスをモノにして勝てた。そして逃げきった。そういう試合だったと思う。

 松坂世代。今日登板した球児くんも久保田くんも松坂世代。松坂投手の話題に隠れたが同じ年のドラ1で入団した球児くんも、松坂世代と呼ばれるのが余り好きではないという久保田くんも、同級生のトップを走る男との対決では表に出すことなく燃えていただろう。杉山くん、球児くん、久保田くんの3本の矢は確実に松坂ライオンズを仕留めていた。

 これでライオンズに1勝1敗。明日もこの姿勢で戦えば何も恐れることは無い。恐らくライオンズは帆足&松坂で2勝と計算していただろうけどこれで計算は狂った。明日は予定では大沼とかになるのかもしれないが、西口投手を中5日で持ってくるのだろうか??でも自信を持って戦おう。

 甲子園で負けることを味わった松坂くん!負けると持って帰るグランドの土、少しなら持って帰らせてやってもいいぜ〜!!(たぶん・・・すいません、嬉しくて調子に乗りました)

 今日のMVPはこちら
| タテジマに想いを | 22:24 | comments(6) | trackbacks(14) |
とりあえず御礼
 えー・・・お礼を。

 いつも私のブログをご覧下さいまして有難うございます。

 
続きを読む >>
| タテジマに想いを | 22:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
パ・リーグ野球を越えて行こう
 帆足投手の好調さの前に押さえ続けられた打撃陣。パ・リーグは打者が初球から積極的に振ってくるが、セ・リーグの各チームは様子を見てくる。そんなことが言われている交流戦だけど、西武の投手陣や捕手にはそういった情報が入っていたのか、帆足投手はスイスイとストライクを稼いでいった。

 帆足投手のようにコントロールがいい投手との戦いはストライク先行をさせると辛い。追い込まれてはイイ感じで三振の山を築いてしまった。

 最終回に完封でも意識したのか、調子を落とした帆足投手を捕らえて降板させ、抑えの切り札の豊田投手からもヒットを奪い、あと少しまで追い詰めた。豊田選手は現在メジャーで活躍する大塚投手のようなイメージでいいのだろうか?ホームランとタイムリーでの得点は遅きに失したとはいえ悪いものではない。最初に点を取って後で抑えられるよりは良いと思う。この感触を明日につなごう。

 福原投手は気の毒としか言いようが無いが、積極的に捕球に行ったスペンサー選手のダイビング失敗のようなプレーの後でも動じないのがエース。まだまだ越えるべき壁は高いが、越えられない壁ではないはず。ただ気になったのは久保田投手同様、スピード系投手が陥りやすい『奪三振症候群』。相手をねじ伏せる投球を目指す余り、肝心なポイントがずれて行く。

 投手はイニングの最初から登板した場合は当然ランナーもいない。早い話が走者を出さずに3つのアウトを取ってくればナイスピッチングだ。その3つのアウトは三振でなければならないなんてことは無い。内野ゴロでも外野フライでもアウトはアウトなのだ。1アウト3塁で外野フライはまずいけど、そうでもなけりゃ何でもいいからアウトを取って来い!ということだ。

 復帰したばかりの福原投手にできたことだけれど、今は球速も戻り、また「やらなければ!」との気持ちが強すぎるのか、相手を見下ろしたがっているように見える。

 チームには下さんという素晴らしいお手本がいる。なにも福原投手の今の若さで真似をしろとはいえないが、そういう投球術もあるということは知っておかなければならない。だって、下さんの今年の成績を見てみ??

 打撃陣も初球の好球を見逃すな!積極的に振っていこう。初球なんだから空振りでもいいじゃないか!相手に初球からでも振ってくるというプレッシャーを与えよう。そして崩してゆこう。

 パ・リーグ野球を越えて行こう。好球必打!初球でも容赦するな。そしてバッテリーはそういった初球でも振ってくるパ・リーグの打撃陣を逆手に取ろう。

 狐と狸の化かし合いなんかじゃない。相手の先手先手を読んで攻略する。相手が自分たちの上を行くならば、自分たちは更にその上を行く。早い話がただそれだけのことだ。恐れずに進もう。

 今日のMVPはこちら
| タテジマに想いを | 22:47 | comments(2) | trackbacks(11) |
やはり甲子園は素晴らしいってことだ。(3日間の観戦記!文章長いです。休憩しながらお読みください。)
先ず始めに僕の仕事のことを少し書きます。

 具体的な職場名は書かないけど、職場自体は大きいほうです。んで!僕のポジションは役職で言ったら下から4番目。でも上から数えたらかなり下のほうです。

 今の職場には高卒後すぐに就職したので今年で早くも17年目。今の部署には3年目です。

 うちの職場って、昇進試験があるんですよ。これが試験時期的にシーズンを棒に振るくらいの時期で・・・なので一生懸命勉強して、さっさと合格しました。でも僕は仕事が出来るわけじゃないです。ただ試験勉強をやって、ヤマが当っただけですね。

 でもこのせいで、僕の作成した資料がいまだに売れっ子で、受験者が相談にきます。どうも人事部門にもバレているらしいし。でも褒められたことはあっても怒られたことはないのでいいかな?って思ってます。 

 で!そういうことで上の人の覚えも目出度いらしく・・・普通の職場なら上司に名前を覚えてもらえば出世とかありそうでしょ?でもうちの組織自体が昇進試験の職場で、ついでに年功序列的なものもあり、上司に覚えられても仕事が来るだけで損なことが多いんです。そしてうちの部の上にタイガース派がいたり、組織全体の中枢の人が職場内で「猛虎会」なんて作っていて、そっちでスカウトが来たり・・・。まぁ、いらん名前の売れ方をしています。

 さらに今の課は、事務の連中のメンツが悪く・・・6人中3人は良くないのがいて困ってます。

 今の課は、4月から規模拡張により嫌でもメイン事業になったような部署で、そこにいる僕は結構辛い日々を・・・タイガースのことだけ考えて仕事しています。
続きを読む >>
| タテジマに想いを | 22:48 | comments(11) | trackbacks(1) |
LINKS変更のお知らせ
 レッドライたかさんがブログを引越しなさったのでLINKS変更いたしました。下の記事をご参照ください。よろしくお願いします。
| LINKS | 23:22 | comments(2) | trackbacks(0) |
無事帰宅御礼
 無事に帰宅しました。今回も関西にいる観戦仲間のおかげで楽しい時間を過ごせました。

 生まれて始めての3連戦3連勝という出来事に遭遇できました。昨年は3連戦3連敗に出くわすということもありましたが今年は違いました。

 昨年から継続して6連勝。今季は5連勝中です。次回の甲子園は7月後半のヤクルト3連戦です。その前に、shuさんのお誘いがあり、ハマスタにお邪魔するかもしれません。

 敬称略でお世話になった皆様・・・初日 現場さん、dai_managerさん、おかやん、のぶさん、たかさん、あらちゅ〜他。2日目 たかさん、まろ吉さんご夫妻、XtaSEAさん、K子さん。3日目 しんさん、muraikunさん、現場さん、塾長さん、かおりん姉、ぼるくん、K子さん、のぶさん他。ありがとうございました。

 非常に可愛い店員さんがいる甲子園周辺にある某食堂で食事ができ(でも、しんさんは食べ物に夢中で気付かない)、虎仮面さんとも話ができ・・・虎仮面さん「静岡から来た?・・・アホや。」・・・しんさん訳「静岡から来た?よく来たね^^」・・・楽しかったです。

 お会いできなかったけど、コメントくださった方、TB下さった皆さんありがとうございました。

 観戦記は日を改めて書かせていただきます。取り急ぎお礼まで。ありがとうございました。
| タテジマに想いを | 22:07 | comments(18) | trackbacks(0) |
ついに達成

生まれて初めての3連戦3連勝。

ナイスゲームの連続でした。


たけ
| タテジマに想いを | 18:45 | comments(4) | trackbacks(5) |
そ〜れ イケイケ〜!!

勝とうぜ!阪神タイガース!!


たけ
| タテジマに想いを | 16:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
逆転

観戦仲間の現場さんが隣に来た途端に大逆転です。


たけ
| タテジマに想いを | 16:13 | comments(2) | trackbacks(0) |
来た〜!!

これが人生初の最上段の眺めです。


たけ
| タテジマに想いを | 14:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
そして下さんが

「たまたまです。」


「恥ずかしいです。」


「僕の誕生日なんか、どうでもいいです。」


「ご声援ありがとうございました。」


下さん、こちらこそありがとうございました。


たけ
| タテジマに想いを | 19:38 | comments(4) | trackbacks(3) |
勝ちました

試合終了〜♪♪

観戦成績、今季4連勝!昨年から5連勝!!

そして〜〜


たけ
| タテジマに想いを | 19:34 | comments(4) | trackbacks(2) |
さぁ ここまで

♪さぁ ここまで ぶち込め ライトスタンドへ〜♪
と、歌えるのは気持ちが良いです。

勝つぞ〜〜 o(^-^)o


たけ
| タテジマに想いを | 17:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
快晴

試合前の守備練習、久慈さんの、捕球してからスローイングまでの速さにビックリです。


たけ
| タテジマに想いを | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
明日のチケット
あと1枚、ライトスタンドが余ってます。

行ける方は私の携帯までご連絡ください。

たけ
| タテジマに想いを | 23:16 | comments(7) | trackbacks(0) |
決まり!!

完勝!!

今日、嬉しかったのは宿のご主人が、優勝した年に西宮市が配った、優勝記念のハッピを僕のために保管しておいてくれて、プレゼントしてくれたことでした。
心から感謝しています。


たけ
| タテジマに想いを | 22:56 | comments(4) | trackbacks(6) |
走れ!!

このまま突っ走れ!!
勝とうぜ!阪神タイガース!!


たけ
| タテジマに想いを | 20:56 | comments(2) | trackbacks(2) |
いいもんだ

復刻ユニもいいもんだ。
似合う選手はスゴク似合ってるよ。


たけ
| タテジマに想いを | 19:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
いただきました

悪くないですよ。
さっぱりしていて食べやすいです。
今日も通路側です。一番隅だけど。


たけ
| タテジマに想いを | 17:17 | comments(3) | trackbacks(0) |
本日2本立て!の2本目『やすきよ的コンビネーション』
 「やすきよ」が好きだ。DVDも持っている。素晴らしい漫才だと思う。

 最終回、最後の打者がセンターフライを打ち上げた瞬間、野口さんは大きくガッツポーズをした。赤星くんが捕球する。帽子を取った井川は野口さんに向かって「ありがとうございました。」と言った。

 阿吽(あうん)の呼吸。井川のチャンジアップが抜ければストレートに切り替え、ストレートにタイミングを合わせられたらスライダーでかわす。スルスルと投げる井川には2点で充分だった。最終回のダメ押し点は千葉ロッテへの餞別みたいなものだ。

 アニキのHRでリードする展開になり、ヒットは出るが点につながらないという試合を両チームが行った。早い話が、タイガースが引いていた風邪がマリーンズにうつったようなものだ。風邪をうつすと元気になるというが、タイガースも最終回にやっと戻ってきた。甲子園に帰る前にこの状態が戻ってきたのならそれはとても良いことだ。

 スペンサー選手も、シーツ先生もヒットが出た。鳥谷は猛打賞だ。打球が徐々に伸び始めた鳥谷。迷いを捨て、積極的にこのまま行って欲しい。

 とにかく今日は、野口さんを褒めたい。矢野さんは投手の得意の球種と自分のポリシーのようなリードで引っ張ることが多い。でもそれは狙われても続けてしまう悪い癖がある。たとえば外角ばかり攻めて踏み込まれたり。

 反面、野口さんはとにかく相手の苦手なところを攻める。そして相手の想定外のところを攻める。この辺はヤクルト時代にノムさんから勉強したところだろう。そしてそれが井川にはピッタリということ。それだけだと思う。まさにやすきよ的最高のコンビネーション。普段はピンで活躍していても、コンビを組めば久しぶりでも何でも時間が開いているのを忘れさせない名コンビだ。

 どうせ井川はシーズンオフにメジャーだ何だと騒ぐのだろうが、メジャーには野口さんはいないということを覚えておいた方がいい。

 今、千葉マリンスタジアムに最寄の海浜幕張駅ではポスターでボビーが爽やかな笑みを浮かべて『セ・リーグファンの皆様へ ため息をつく時は、フラボノガムを忘れずにね』とメッセージをくれているものがある。ってことで僕もそんなことで控えめに・・・負け越しているので大きなことは言えませんが。。。『負け試合で大きな声を出したから、ロッテののど飴でお大事にね(は〜と)』   

 さぁ、明日からは僕も甲子園!!3連戦観戦です。一生懸命、チームを信じて応援します。

 勝つぞ!勝つぞ!!勝つぞぉ!!!


 勝とうぜ!勝て!!勝て!!阪神タイガース!!! 

 球場中がタイガースの味方だぞ!!恐れずに突き進もう!!

 今日のMVPはこちら

 5月14日、楽天戦のチケット2枚ありです。行ける方はメールなら明日の朝までに。それ以降は携帯にメールください。

 金曜日、土曜日、日曜日は甲子園で観戦のため、写真つきでこのブログとセカンドブログで更新します。


追記:アニキ30球場目のホームランおめでとう!!
追記2:井川・・・雨で髪がハネてました。長すぎです。代わりに私が散髪しました。
| タテジマに想いを | 21:58 | comments(10) | trackbacks(16) |
本日2本立て 『誤解を解く』
 明日からは甲子園。行ってみて分かるのは関西の観戦仲間の皆さんの静岡に対する認識のズレ。ほとんどは良い方向で解釈してくれているのだが、それは明らかに違うぞ!!というのを書かせていただきたい。と同時に、何回も関西に行かせてもらって感じた、静岡の人間が関西に、タイガースファンに対して持っている誤解も書かせていただきたい。

関西⇒静岡

1 静岡の人間はみんなサッカーが上手い・・・全員上手い訳ではない。
2 静岡のおばちゃんはリフティングを20回は余裕でできる。・・・できない。うちの親も出来ない。俺もできない。
3 静岡の人間は、ヘディングのしすぎで頭がイタい・・・そういう奴ばかりでもない。
4 静岡は都会だ。・・・それは絶対にあり得ない。新幹線の「のぞみ」は全部通過するし、「ひかり」もかなり通過する。
5 静岡の人間は、美味しいお茶の入れ方を全員知っている・・・知らない。
6 静岡では小学校の授業で茶道がある・・・あるわけがない。
7 静岡では体育の授業はサッカーだけだ・・・夏は水泳も普通にやる。ただ、男子の冬の体育はサッカーが多いと思う。
8 サッカーが盛んではない県の、そのへんの高校のサッカー部より、静岡の清水っていうところの高校のサッカー部ではない部活の連中の方がサッカーが強い・・・その可能性は充分ある。小・中学校でずっとやっていて、かなり上手くても高校でやらない奴は多い。
9 静岡では水道の蛇口をひねるとお茶が出る・・・いくら何でもそんなことあるわけがない。
10 静岡のお茶は美味しい・・・間違いじゃないだろうけど、関西なら京都の宇治茶もかなりおいしいと思う。入れ方次第でお茶の味は変わる。
11 静岡には少年野球のチームは無い・・・少ないながら中学校2校に1つの割合である。
12 静岡は読売ファンが多い・・・否定できない。何せ名産品がお茶とみかん。お茶=緑=東京ベルディー(読売系・日テレ)、みかん=オレンジオレンジ=読売。
13 静岡の人間はサッカーのルールを完璧に知っている・・・そんなことはない。うちの親は「ゴールキーパーはボールを手で持ったまま走りこんで、相手のゴールに投げ込んでも良い。」と言ったら信じ込んでいた。
14 静岡では野球よりもサッカーの方が人気がある。・・・今はそうでもないんじゃないか?スタジアムは結構空いてるし、テレビ放送も夕方か深夜だし。
 ※ ただし、選手は大変。俺も外食していたら同じ店の中にJリーガーがいて、客に「なんで負けるんだコラ!!」と言われて、「すいません。」と謝っていた。


静岡⇒関西
1 関西の人はいつも「なんでやねん!」とつっこんでくれる。・・・俺が知っている限りあまり聞かない。
2 甲子園では値段の高い席から売り切れる。・・・グリーンを除けばそんなことはない。
3 タイガースファンは道頓堀に飛び込むと思っている。・・・とりあえず「お前が道頓堀に行ってやれるもんならやってみろ。」と言いたい。
4 関西ではとにかく値切る!・・・コンビニとタイガースショップで値切っている人を見たことがない。
5 甲子園のライトスタンドはマナーが悪いと思われている。・・・どこの球場でもマナーが悪い奴はいる。俺の経験上、一番悪いのは神宮。次がハマスタ。少なくともライトスタンドでは通路に座らない。
6 甲子園は凄く遠いと思っている。・・・少し遠いけど、「凄く」遠いとは思わない。愛があれば距離は関係ない。
7 阪神ファンを珍しがる・・・そういう人も最近は減ってきた。所詮は静岡みかんの食い過ぎで、頭の先からつま先までオレンジになっているから・・・
8 関西のおばちゃんは全員、CMの大阪のおばちゃんみたいだと思っている・・・そういう人ばかりではない。
9 阪神ファンは怖いと思っている・・・俺は親切にしてもらったことのほうが多い。それに誰だって怒れば怖い。むしろ静岡の繁華街で朝、タクシーに乗車拒否されて「何で止まらないのよぉ〜!もぉぉぉ!!」と叫んでいるオカマの方が怖い。
10 甲子園よりも水道橋の読売専用送風機付ウサギ小屋の方が広いと思っている・・・バカなこと言うな。
11 甲子園を人工芝だと思っている・・・食らわすぞ!!
12 「甲子園に行く。」と言うと、「高校野球?」と言われる・・・お前が頭を丸めて人生を予選からやり直せ。
13 関西で嫁を探して来いと言われる・・・甲子園に日帰りで行ける所に住んでいる人が、わざわざ静岡くんだりまで嫁に来るとは思えない。
14 いまだに甲子園が大阪府にあると思っている奴がいる・・・兵庫県です。
15 もしくは神戸にあると思っている奴もいる・・・西宮です。

  個人的には・・・関西のほうが綺麗っていうか、カワイイっていうか、そういう人が多い(俺の好み限定)。味覚も関西のほうが好きだ。というわけで・・・いま、会いにゆきます。甲子園とタイガースに!! あ〜・・・この仕事やっているうちは関西に引っ越せないな。時事用語で〆てみました。

| 酒と猛虎と男と○○ | 21:23 | comments(2) | trackbacks(0) |
右手と左手
片方だけじゃ勝てない。そういう試合だった。

 投手はがんばった。でも守備から崩れてしまった試合を今日も繰り返してしまった。

 実力差があるかといえば微妙なもので、ただ常に先手を取らせてしまったことが悔やまれる。

 ロッテは強い、確かに強い。そして勢いがある。それは誰もが認めるところ。でも適わないことは無い。

 基本に戻る。疲れもあるだろう。甲子園の試合を終えて、休み無しで北海道、そして千葉。でもパ・リーグの球団は福岡で戦った後に北海道へ移動して戦うことだってある。彼らに出来て、こちらに出来ないはずは無い。

 濱中選手も猛打賞。徐々に戻ってきている。鳥谷選手もやわらかさの中に巧さが混じってきた。これからだ。

 明日はエース復権をかける男がマウンドに上がる。

 策士策に溺れる。今は考えすぎなんだと思う。無心で基本のプレーを忠実に。それだけでも勝てるかもしれない。

 タイガースの野球をしよう。投手と野手は左右の手のようなもの。両手で力を出して勝ちに行こう。

 千葉まで行っているファンに喜びを与えよう。強調するが、勝てない相手ではない。今の千葉ロッテは物凄い勢いで前進している。そこに正面からぶつかっても弾かれるかもしれない。でも側面から蹴りを入れれば簡単に倒れるものかも。単純な発想が勝機につながることもある。

 まずはタイガースの野球を思い出すこと。もう1回、貯金ゼロからのスタートをやり直す。ここからまた始めよう。

 5月14日、楽天戦のチケット2枚ありです。ブログか現地でお付き合いのある方、是非。
 
 今日のMVPはこちらへ。
| タテジマに想いを | 21:31 | comments(10) | trackbacks(7) |
福原を・・・勝たせようぜ!!のキモチ
 今日の記事は感動を込めて選手名を呼び捨てにします。

 今日は仕事の関係で試合を観れたのは8回表から。その試合を観て驚いたのは最終回までの155球を福原が投げきったことだ。

 今年の彼は1勝した後に勝ち星から遠ざかっている。今日の試合も9イニング3失点。数字上は悪くは無い。エラーもあったようで序盤に点を取られて試合は追いかける展開になっていたが福原は最後まで投げていた。8回のストレートは148km/hというスピード。もう故障したことなんて関係ない投げっぷりだ。

 福原を勝たせよう!

 福原がんばれ!


 福原がんばれ!!



 福原がんばれ!!!



 福原がんばってくれ!!!




 そんなキモチが画面から伝わってきた。

 相手は久々の登板の小野。でも関係ない。相手が誰であろうと、今日は「福原を勝たせよう!!」。その気持ちだけだった気がする。8回の久慈のスーパープレー、赤星のナイスキャッチなど、気持ちは充分伝わってきた。

 惜しむらくは赤星が出塁しないときの得点手段が不足していること。赤星の徹底マークは当然。だからこそそれ以上を必要とする。パ・リーグの球団は赤星に過剰なまでのマークをしている。その後をどうするか?ブログ「自称阪神タイガース評論家」のtoraoさんは関本の役割に注目していらっしゃる。

 今日はロッテがやりたい野球が出来たから勝ったという試合。タイガースはやりたいことが出来なかったので勝てなかった試合。やりたいことをやらせてもらえなかったわけではない。そう思って明日を戦おう。こういう日もある。

 勝とうぜ!阪神タイガース!! 今夜の福原の力投を明日の戦いに乗せて。


 5月14日、僕とXtaSEAさんと一緒に感動しよう、楽天戦のチケット2枚ありです。ブログか現地でお付き合いのある方、是非。

 今日のMVPはこちら
| タテジマに想いを | 22:11 | comments(4) | trackbacks(11) |
思ったことをだらだら書きます。
 今週の金曜日は甲子園。今年の観戦は少なくなる・・・なんて言っていたくせに4月の2連戦に続いて今度は3連戦。

 本当は4月は観戦するつもりはなかったけど、大阪歴史博物館のタイガース展を見たくて急遽予定に入れた。

 今年から住宅ローンの支払いが始まっている僕は、貧乏といえば貧乏だ。職業、サラリーマン。役職、主任と係長の間。という、うちの職場では平均的なポジションだ。

 20代前半の頃は甲子園に行きたくてもお金が無い。20代中盤になって少しゆとりが出来てきたけど、そのころはオシャレに目覚めてしまって服を買っていた。20代後半に入り、甲子園にも行けるようになる。隠したわけじゃないけど親は僕が友達と旅行をしている程度に思っている。
 
 30歳になると堂々と踏ん反り返って甲子園に行く。そして今に至る。

 高校生の頃は彼女がいて、甲子園に行くお金も時間も無く、バイトしても部活の登山用品や、部屋にテレビやコタツを買っていた。残りはデートで飛んだ。就職しても状況は変わらない。車のローンだってあった。20代中盤をすぎると急に彼女のいない時期が来た。そして甲子園に行く余裕が出来た。30代になって彼女が出来ても甲子園に行っていた。

 そして今。もともとモテる方じゃないので今は彼女がいない(2年くらいいないかな?)。そのぶん、甲子園に行っている。仕事もそれなりに何とかできるようになり、今回も上司のスケジュールを僕の都合に合わせてもらって会議日程をずらして金曜日は休む。昼から新幹線に乗り甲子園へ行く。

 こういうことを書くと、余計にモテなくなるし、彼女を作ることを目標にしている人は絶対に真似をしちゃいけないし、考えてもいけないんだけど、もしも1年間彼女がいたら自分は甲子園に行けるのだろうか?などと考えてしまった。

 デートを週1でするとしましょう。連休は遠くへ遊びに行きましょう。誕生日とクリスマスにはプレゼントをしましょう。などとやっていたらいくらかかるんだ?数えないし、数える気もないけど、年間の観戦(シーズン5回の甲子園で14試合)に僕が使う金額・・・おそらく25万円近く・・・を軽く越える。そりゃあ行けなくもなるわ。

 食欲は普通。金銭欲も普通。名誉欲は無し。出世欲も無し。物欲は比較的少なめ。性欲は適当。観戦意欲は旺盛。恋愛欲はスタミナ不足。それぞれが時に応じて旺盛だった10代、20代、30代前半を過ぎて今の状態に来た。

 いずれ甲子園に行きたくても回数が減るときは必ず来る。それは家庭を持つとか、仕事とか、色々考えられるし、今は想像もつかない出来事があるかもしれない(なるべく良い方向であればと思う)。ならば行けるうちにたくさん甲子園に行っておけ!ということだ。

 空の下で野球を見るのが好きで、タイガースが好きで甲子園が好きだから今年も行く。好きなことに力を入れることが出来ることは凄く幸せなことだと思う。そういう点では僕は幸せ者だし、誰にというわけでもなく感謝している。

 今年はそれでも例年よりは彼女を作ることに努力する。年齢的にも次は考えるだろうし、慎重に探す。と言ってみたところで希望の相手が「休日が合わない人。またはセ・リーグの球場があるところにお住まいの遠距離」・・・早い話が僕が観戦しやすいように・・・では見つかるかどうか分かったものじゃない。

 酒と猛虎と男と見合い。とか記事を書きたいけど、ネタのために見合いをするのも相手に申し訳ない。でも書いてみたい。でも断るの面倒・・・って最初から断るのかよ?!

 能天気に甲子園で声を上げている僕にも、一応こんなことを考えるときもある。普段は仕事でアホくさい思いをすることの方が多い。でも甲子園なら、タイガースなら軽くふっ飛ばしてくれる。ライトスタンドの階段を上り、後ろを振り返りグランドを見る。そのとき目に映る光景だけで充分癒される。

 さて、今週末。金曜日は「げんばさん」と「dai_managerさん」、土曜日は「XtaSEAさん」、日曜日は「しんさん」と観戦する。皆で燃えましょう!! まだ14日のチケットは2枚あります。
| タテジマに想いを | 20:49 | comments(8) | trackbacks(0) |
LINKS変更のお知らせ
 このブログの右下にある『LINKS』に掲載させていただいているericoさんのブログが移転されました。

 移転早々、タイガースが好調になり縁起が良いです。

 そのLINKS紹介文はこちらです。

 実はリンクさせていただきたい方が何人かいらっしゃるので、近々お願いコメントに伺わせてください。よろしくお願いします。

追記:ユタパパさんを追加させていただきました。
追記2:赤米さんを追加させていただきました。

 紹介文を書かせていただいておりますが、修正点などございましたらご遠慮なくおっしゃってくださいね。
| タテジマに想いを | 21:12 | comments(4) | trackbacks(0) |
タイガースの普段着野球
 立ち上がりの能見くんを見たときは「やばいなぁ。」と思ったものだが、初回を抑えたことで逆に期待を持ってしまった。

 SHINJO選手のチームを乗っけてゆくヒットを活かせなかった北海道日ハム勢は自分で自分の首を絞め続ける。

 前半から中盤にかけては守備戦とでも言うべき好プレーが続出して点を取らせない。しかしここで注目したいのは徐々に戦況は日ハムが防戦一方になっていったことだ。

 そんななか、アニキのドでかい当たりがフェンスを直撃、2ベースになる。迎える打者は今岡さん。相手にとっては一番お迎えしたくない打者だ。

 マウンド上の江尻投手はフォークの投げすぎで握力が無くなっていたらしい。その彼の投じたフォークを今岡選手は物の見事にレフトスタンドに運んでいった。ベースを周るときの得意気な顔は眩しいくらいだ。そして攻守交替の時にはSHINJO選手と笑顔でタッチを交わす・・・イイ奴だなぁ・・・SHINJO選手。

 ただでさえ抑えられているハムにはこの2点は意気消沈してしまうには充分だった。最終回のオバンドー選手のホームランは『棚からぼた餅』程度のもので、唐突に出た偶然の産物程度のものだ。気にすることはない。

 終盤に向けて勢いを増してゆくタイガース。それに反してどんどん意気消沈してゆくファイターズ。この対比は能見くんを落ちつかせるには充分だった。

 能見くんは徐々に状態を良くして行く。スライダーもストレートもキレを増し、たまに出塁を許しても涼しい顔で片付けてゆく。今日はランナーがいなくてもセットポジションで投げていたが、かえってそれが安定をさせていたように見える。

 言っては悪いが、今日は吉崎選手が登板した時点で勝利を確信した。この投手、ランナーに対し全くの隙だらけで、鳥谷が3塁へ盗塁し、関本選手は2塁へ盗塁。しかも両方ともキャッチャーは投げることすら出来ない。まったくのスカスカ状態だった。

 そしてその次に建山投手当たりが出てくれば少しは違ったものを、ヒルマン監督が指名したのは井場投手。ファンの方には申し訳ないが、はっきり言って『あの後ろ髪を伸ばすのは似合ってない!!』、そして『抑えられる気が全くしない』投手だった。結果は案の定、スペンサー選手に普通にレフトに打たれていた。とにかく後ろ髪を伸ばすのは似合ってない!!カットした方がいい。そんなに北海道は寒いのか??

 今日の能見くんの投球は書くまでもなくチームに大きな影響を及ぼした。

 チームにとっては今シーズン初の完投勝利。ベンチもよく最後まで中継ぎを出さずに我慢したものだと思う。それほど勢いが違っていた。自由獲得枠で入団した野間口投手は2勝目を上げた(まぁ、1つは雨で中断勝利だけど)。一場も勝てはしないがローテに入っている。そんなのに負けるわけには行かないのだよ。という内容で今日は勝った。彼らでさえ、完投勝利はあげていない。次は好調の千葉ロッテと対戦する。その前に中継ぎ陣を休ませることが出来たのは大きい。

 パ・リーグの印象はどうか?北海道日ハムと対戦しながら他球団を見ていたが、パの球団は比較的表ローテの投手をぶつけていてはいないか?それに対して普段着のセの球団。最初の勢いはパにあると思うが、ジワジワとセも追い上げて行く気がする。タイガースにとっても、裏ローテで小笠原選手、セギノール選手にほとんど仕事をさせずに勝ったことは非常に大きい。

 今はどっちが表ローテで、どっちが裏ローテか分からないタイガース。だって裏には下さんがいるし。普段着野球で交流戦最初のカードで2勝1敗。相手が昨年3位で、今年も3位につけている北海道日ハムというのが調子を図る意味でも絶好の対戦相手だった。

 今日の試合は、今後に向けて、チームにも能見くんにも、そして鳥谷にも明るい兆しが見えまくった好ゲームだったと思う。

 5月14日、僕とXtaSEAさんと一緒に感動しよう、楽天戦のチケット2枚ありです。ブログか現地でお付き合いのある方、是非。
 今日のMVPはこちらへ。
| タテジマに想いを | 18:48 | comments(12) | trackbacks(13) |
今日のキーはL⇔R(解散した名バンドではありません)
 とてつもなく難しい試合をやってくれたものだ。どう書いていいかすごく迷っている。ただ試合のポイントは2つあった。いずれも投手交代だった。

 8回裏の球児投手→ジェフ投手、そして最終回のハシケン→吉野投手だった。

 たしかにそれまで抑えられていた。でも1−1の同点で、ホームの声援を受けるファイターズと今日の試合展開で引き分けることは負けではないということは分かっていると思う。

 下さんを7回まで引っ張って、球児投手、久保田投手で行けた。そんな気もしている。だって相手は極端なまでに下さん対策で右を並べている打線だ。一転して右を並べれば逃げ切りは可能だった。

 球児投手のキレ、ハシケンのスライダーは相手が右でも左でも変わりなく効果的に決まる。それを考えればあえて代える必要はなかったと思う。

 鳥谷(今年は呼び捨て)の不調と並べて、今日の投手交代は問題があったといえる。えー・・・鳥谷くんはイイ当たりはありましたが、打たされていると強く感じました。

 ただし、明るい話題が無い訳ではないっていうか、無いはずがない。昨日と今日、2試合で4失点。9回までに限定すれば2試合で3失点。投手陣は万全である。思い出して欲しいのは中日とやったナゴヤドームでの戦い。中日に苦戦しまくったタイガースとドラゴンズの関係が、今は逆になってファイターズに襲い掛かっている。(註:ドラゴンズの立場にタイガースが、タイガースの立場にドラゴンズが)

 抑えるけど点が取れない。取られるときは一気に取られる。今日勝ったからといって決してファイターズがタイガースより強いということにはならないし、タイガースが弱いなどと思ってはいけない。

 下さんもイイ感じで投げてくれている。ジェフ投手が打たれた当たりは本人の責任というよりも、半分以上は矢野さんにも原因はある。気にすることはない。やはり交流戦では野口捕手の出番が必要なようだ。

 ファイターズは勝つには勝った。でも1つ勝つのがこんなに苦しいとは思わなかっただろう。どう?これってホントにドラゴンズをナゴヤで相手にしたときの観想と同じでしょ??

 最後のサヨナラも反省するのはシーツ先生のボールを諦めからか、カバーが遅くなり取り損ねた吉野投手が一晩すればいい。明日から再び連勝を始めよう。タイガースには簡単に勝てない。そう思わせただけで今日は次につながるはずだ。今日のMVPはこちら

 5月14日、僕とXtaSEAさんと一緒に感動しよう、楽天戦のチケット2枚ありです。ブログか現地でお付き合いのある方、是非。
| タテジマに想いを | 18:54 | comments(6) | trackbacks(6) |
北の猛虎派、濱中で大爆発
さすがにハムのエースは打ち崩すのは容易ではない。そう思わせるピッチングの金村投手を降板させた途端にそれは起こった。赤星選手出塁、そして関本選手のもはや名人芸の域に達しつつある、絶対の自信を持った右打ちで1アウト2,3塁。シーツ先生が打った打球は内野深く転がり、金子選手の送球が逸れて内野安打。この間に赤星選手ホームイン。続いてアニキが打席に入る。

 頭部をかすめるような投球でアニキが睨みをきかす。建山投手はビビらないが、ビビッたのは二遊間だった。セカンドゴロを木元選手がトスを失敗。セカンドに入っていた金子選手に対し、スライディングしたシーツ先生は、こっそり手で金子選手を押していた。そのときに「ドカンカイ!ワレ!!」と言ったかどうかは知らないが。

 そして涼しい顔して誠さん。それまでの打席とは明らかに顔つきが違う様子で打席に入り、初球を!戦慄の初球撃ちを!!旋律の初球撃ちを!奏でてくれました。あぁ、もうこうなりゃ押せ押せだ。

 スペンサー選手の三振のあと、舞台は整った。それまで3打数2三振の濱中選手。「おれは案山子(かかし)になるために帰ってきたんじゃねぇ!打つために帰ってきたんじゃ!!」そんな気持ちの乗った彼は建山投手の逆球を見逃す甘さは鳴尾浜球場の便所に捨ててきた(もっときれいな表現はないのか・・・)。打球は低い弾道を描きレフト前へ。2点タイムリーヒット。2塁ベース上で見せた顔には涙が浮かんでいる気がした。チームの皆を幸せにする“幸せタイムリー”・・・おかえり、濱ちゃん。でも3三振は減らそうね。

 続く矢野さんも、ハシケンのスライダーを後逸(記録はワイルドピッチ)するタイムリーエラーの借りを返すヒットで更に2点追加。タイガースお家芸の“2アウトからでも遠慮なく点を取っちゃいますよ打線”が爆発した。

 8回裏に攻撃に入る北海道日ハムの選手の表情からはすでに戦意が喪失していた。早い話がタイガースの牙が相手の心を折ってしまったのである。最後にマイケル投手が登板したのは『今日のゲームは・・・おしマイケル♪』・・・みんな書くだろうなぁ・・・とやっているようなものだった。その割にボコボコだったが。レフトスタンドに(北海道日ハムはホームがレフト側・・・だよね)陣取った皆様にご挨拶代わりのスペンサーでございます!のホームランも置いてきたし。

 この試合、拙い場面が無かったわけではない。安藤投手は良く投げたけど、5回途中から逆球が出だした。2点目の失点は矢野さんのリードと後逸(記録はワイルドピッチ)。キャッチングが横着なのか、体で止めに行っていない。それまでの野口さんが効果的だっただけに、まだ代えずに行っても良かったのかもしれない。

 反面、プラス面は野口さんの素晴らしいリード。審判の広めのストライクゾーンを利用して内角に厳しく決まる配球は特に見事だった。そしてスペンサー選手。第1打席の積極的な走塁は相変わらず見事で、とても勇気付けられた。

 終わってみれば13安打で10点という、効率の良さ。欲を言えば、中継ぎ以降を休ませて欲しかった。だって今シーズン、完投ゼロなんだよね。

 最後に、江草投手、プロ入り初勝利おめでとうございます。これからも勝ち星を増やしていってくださいね。

 とりあえず、今日はハムを平らげた。しかも明日に尾を引かせる勝ち方で。肉食の虎にとっては非常においしいご馳走だった。あとは食べ過ぎて食あたりしないように、センロック飲んで明日に備えよう。

 きっと本格的な暖かさには少し遠い北海道の猛虎派も、今夜は濱中という名の温かいスープで温まったことでしょう。今日のMVPはこちら

 5月14日、僕とXtaSEAさんと一緒に感動しよう、楽天戦のチケット2枚ありです。ブログか現地でお付き合いのある方、是非。

 それとdai_managerさんが僕のことを少し書いてくれてあります。それはこちら

追記:札幌ドームでは追い風も向い風も吹いていないことは良く分かりました。
| タテジマに想いを | 22:27 | comments(14) | trackbacks(18) |
そして9点
スタメンに桧山選手、先発井川、1回裏に先制するも、井川が打たれ、桧山選手の送球ミスですぐ追いつかれた。この時点で嫌な流れを予感したのは僕だけじゃないはず。でも今日は違った。全く違った!!

 2番関本くんはバントのサインにも動揺することなくしっかり決めるし、自らタイムリーも打つし、アニキも4番らしさを取り戻す。今岡選手も決定的なHRを打つ。シーツ先生も打つほうがダメなら守備でチームを支える。赤星選手も痛くないはずが無い脚で走る!!鳥谷も今日くらいは褒めておきたいプレーだった。もちろん、球児くんもナイスピッチング!!

 気になるのは矢野さん。打ったあとに走り出すのもしんどそうな感じは見ていても伝わる。何とか休息を。そして井川。どうしても6回までしか持たない。結果的に「0」に抑えたけど7回は高めに球が浮くし、コースは甘くなるし不安がいっぱいだった。

 あとは・・・桧山さん。ついに打率が、その辺の小学生の身長よりも低い数字になってしまった。今までなら前に飛んでいた球が来ても後ろにしか飛ばない。今までなら外野の頭を越えていた球が来ても内野を越えない。スペンサー選手が先発すればヒットを打っている現在、焦りもあると思うけどポジションは残されているのだろうか?

 それと久保田くん。昨日と今日、9回の最初から出てきて四球を与えている。9回表ノーアウトからなんだから、とにかく3人で片付ければいいのであって、全員から三振を奪うことはない。どうも全員三振で終わらせたいようなピッチングに見える。三振を狙うときはそういうピッチングだろうけど、昨日と今日などは内野ゴロでも外野フライでも何でもいいから3つのアウトを取るようにしよう。

 今日、特筆したいのは前述したけど関本選手。彼が入ってから上位打線に面白さが帰ってきた。非常に積極的であり、相手も右寄りに守備位置を取るくらい右打ちに徹することが出来る。そしてシフトに反するように引っ張ることも出来る。今日も強引であったけど低めのボール球をピッチャーの足元を抜きタイムリーを打っていった。バントだって決められる。攻撃型2番として今後に更に期待できると思った。あ、カミタロー選手もナイスバントでした。

 終わってみれば久々の9点打線復活。つなげてつなげてホームランの見事な攻撃だった。井川の投球を見て、僕は今日で彼をエースと呼ぶのをやめよう。やはり100球を切る球数であの内容では中継ぎも休められないし、試合のリズムを壊しかねない。

 しかしそれを補って余りある内容の試合だった。昨日の追加点の取れない試合は今日へのプロローグだったのだろうか?そんなにいっぺんに出来ないよ!とばかりの復活劇だった。ブラウン選手がファームに行くという謎の編成もあるけど、また上に来るのは間違いない。いつだって来れるように準備しておいて欲しい。

 明日からは北海道日ハム戦。SHINJOくん率いる?チームと北の大地で戦う。観客実数発表になり、12球団イチのドル箱カードはタイガース戦であることが認識されつつある今、どこの球団もタイガース戦に主力をぶつけて来るだろうけどそれでも怯むことはない。むしろ今までタイガースの試合を観たことがないファンにもタイガースの素晴らしさを見せ付けよう。他球団ファンも羨ましがるくらいの球団である証明をするために、交流戦を戦う。チーム一丸となって、未知の敵にぶつかって行こう。必ず勝てる。

 今日のMVPはこちら

 観戦勝利のおかやんtomorrow is another day)、とら坊さんとら坊の独り言)、かきぴーさん(本家rokkoU Oroshi)おめでとうございました。

 ちなみに裏番組では、慣れない昼間の試合で読売さんが軽く元・大洋に3タテされています。独走中です。

 5月14日、僕とXtaSEAさんと一緒に観よう、楽天戦のチケット2枚ありです。ブログか現地でお付き合いのある方、是非。
| タテジマに想いを | 17:59 | comments(4) | trackbacks(14) |
先生らしさ大爆発
勝った。ヒーローインタビューの通訳が、翻訳を横着しても少しは許してやろうと思う。しっかりと訳してスタンドの皆様にお伝えして欲しい。

 試合は今までの拙攻がうそのように前半は飛ばしまくった。赤星くんは昨日の死球の後遺症だろうか?盗塁は見られなかったが、それでも猛打賞。今岡選手もここしかない!というところに2ベースを打つ。そしてスペンサー選手も。

 今の打順で一番面白いのは今岡選手とスペンサー選手の5,6番。早い話が小技は無いけどどれをどのように打ってくるか分からない打者が続くのは見ているこっちも楽しみだし、おそらくマウンドの投手も嫌なはず。

 反面、金本選手は“自称”スロースターターらしいが、チーム事情からすればそれは非常に困る。存在自体が大きいため、相手も勝負を避け四球が多いというのは貢献していることになるが、勝負どころでポコポコとフライを打ち上げるところは頂けない。個人的には4番今岡、5番スペンサー、6番金本で当面は乗り切ってもいいと思う。6番にアニキがいることで相手に対する睨みも効く。

 一方、広島の高橋選手は「甲子園って・・・あの雰囲気が苦手なんです。」と公言しているらしい選手。どうりでマウンド上で“参ったなぁ・・・困ったなぁ・・・”という表情で投げているはずだ。あ、ついでに町田さんはいつも笑顔だなぁ、走っているときも。と思っていたら、それはつねに歯並びの良さを見せているからだった。

 課題といえば、13残塁。これはいくらなんでも・・・追加点を取る大切さは書くまでも無く、今後の交流戦でも大事になってくる。そういう意味でも流れをきらない打順の再構築は必要だろう。特に矢野さんは疲れだろうか、外角のボールに着いていけてないので早急に数試合の休養が必要かと思う。

 今日の試合で思ったのは、シーツ先生のらしさ爆発!!守備の面で獲得した広島時代に、狭い市民球場でHRを量産し、今年は「甲子園でも打つよ〜♪」と言っていたものを、うちの監督が「いやいや、ヒット打ってくださいよ。」とお願いしてスプレーヒッターをやることにしたお方。

 今日だって思わず♪シーツ かっ飛ばせ シーツ ライトへレフトへ タイムリー♪とでも歌いたくなるような見事なレフトへセンターへライトへと打ち分ける猛打賞だった。

 投手陣ではブラウン投手が予想以上に打ち取ることに徹したピッチングを見せ、そのあとを継いだハシケンが素晴らしい2イニングを見せて試合を引っ張りこんでくれた。球児投手を休ませることも出来たし、大きな内容のある投球だった。

 反面、心配なのは久保田投手。0に抑えているけど、三振を狙いすぎてはいないだろうか?9回の頭からの登板である。当然ランナーはいない。早い話がアウトを3つとればいいだけの話。そのあたりの切り替えが出来れば更に上のレベルの投手になれると思う。

 とにかく再び勝率5割。好調広島からの勝利でここは弾みをつけたい。明日はデーが苦手なエース(?)か??試合を作るってのは、相手に先制を許さず、リズムを作ることってのがどれだけわかっているか知らないが、明日の登板では前回のようなことは許されない。

 今日は、暑い日差しの中での勝利。再出発には相応しい試合だった。今日のMVPはこちらへ。

 観戦勝利のしんさん阪神と僕)、XtaSEAさんエクスタシー World by XtaSEA)、おめでとうございます。

 えー・・・5月14日、僕とXtaSEAさんと観よう、楽天戦のチケット2枚ありです。ブログか現地でお付き合いのある方、是非。
| タテジマに想いを | 18:01 | comments(12) | trackbacks(15) |
LIN
 やはりやってきた!そんな感じのする林くんの打席だった。スイングスピードの速さは鳴尾浜でも群を抜いていた。桧山選手の調子が上がらない今はスペンサー選手の先発を望んでいるけど、左を起用したいなら林くんでもいいじゃないか?と思う。

 プロ1年目は怪我の治療のため、1年間ずっと3軍にいた。故郷(台湾)の親を楽にするため日本で必死にプレーしている。素材も悪いはずが無く、昨年のオリンピックでは台湾代表メンバーとして参加していた。

 守備は確かに良くは無い。でもそれを忘れさせるワクワクが彼にはある。

 今日は!というか、今日もというか、下位打線は本当に下位打線だった。特に桧山選手が先発すると6番打者から下位打線に突入してしまう状態だ。

 こういうときは基本に戻る意識付けと動機付け。チームにとって何をここがするべきかを良く思い出そう。そういう点では鳥谷くんの4回の捕球。これがグラブでとれずに併殺崩れから失点したことがとても残念。9回も自分のところで代打を出されてしまう悔しさを彼は晴らさなければならない。ましてや交代させられることをファンがすんなり受け入れている現実は予想以上に彼にとって厳しい。ということで、鳥谷くんのことを今年は呼び捨てにします。

 9回の微妙な判定。それ以前に代走に秀太選手を出したベンチに変化を感じる。同点で延長なら矢野さんはいなくなる。それでもここ1番にかける気持ちは変わっている兆しと思う。

 最後の盗塁死、やっちまったか秀太!!という感じはあるが、あれはセーフじゃないかなぁ???

 最終回の粘り。これをどうやって明日へつなげるか。町田選手の大きな当たりは風向きを変えるには充分だった。なので最後の盗塁が残念でならない。監督の怒りが導火線となって明日は爆発するか?!昨日の和田コーチの日記を変な方向に曲解するのはやめようよ。

 明日も広島戦がある。好調チームを破って、好調さを吸い取ろう。で、町田選手の当たりは本当にファールだったんですか?

追記:5月14日の楽天戦、残り2枚あります。僕とXtaSEAさんと一緒にライトスタンドで燃えよう!!一応、観戦仲間か、ブログでお付き合いのある方にさせていただきます。今日のMVPはこちらへ。

追記2:今日の夕方、静岡で県警のヘリコプターが墜落しました。我が家からはかなり離れているので、私は無事です。ご心配くださった方、ありがとうございます。一昨日は本当に近所で火事があり、マジで焦りましたが無事です。
| タテジマに想いを | 17:41 | comments(15) | trackbacks(8) |
酒と猛虎と男とインタビュー
 ワタシは34歳。今日は大人の話をするでぇ!!


 「放送席、放送席、今日のヒーローは!」で始まるヒーローインタビュー。ファンなら1回は甲子園のお立ち台に登ってみたいと思うはず。。。という話ではなく、今日は僕が職場の近くで地元ラジオ放送局に受けたインタビューの話。

 いつもは昼ご飯を職場に売りに来るパン屋さんや弁当屋さんのを買って食べるのだけれど、その日はたまたま気分転換にマクド(お住まいの地域に応じて『マック』と読み替えてください。)で適当に食べて職場に戻る途中だった。

 昼間から若い女の子にナンパされちゃった(あはっ!)のではなく、2人組の女性が歩いてゆく人たちにインタビューしてるんです。カメラがないのでラジオですね。

 さっさと職場で昼の読書で歴史書を熟読・・・マガジンとか・・・しようと思った僕は、関わらないように通りを渡り反対側へ。するとやつら、追ってきやがる。。。話し掛けられる俺。

 「すいませ〜ん。今ちょっとインタビューしてるんですけど、本当に簡単な質問なんでいいですかぁ?」と聞かれる。

 「ほんとに簡単なの?」

 「えぇ!すぐ終わります!」

 ということで、答えることに。いえ、決してインタビュアーが可愛かったからというわけではありません!!

 「テーマは、『男と女は友達になれるか。男女に友情は成立するか?』というテーマなんですけど。」

 めっちゃ難しいテーマじゃないっすか?!!!

 「あぅ・・・」 言葉に詰まる俺。いえ、放送できない内容を答えそうで・・・

俺 「ふむぅぅぅ・・・そうだなぁ・・・条件付でなれるんじゃないかなぁ・・・」

インタビュアー「条件って何ですか?」

俺「いや、好きなタイプの子だと友達って割り切れないんじゃないかなぁ?どうしても『付き合いたい』とか友達以上を望むでしょ?」

インタビュアー「友達以上って言うと・・・」

俺「(そこまで言わすか!!)まぁ彼氏彼女って感じでしょうねぇ。」

 早い話がだ!好きなタイプの女の人が近くにいて、口説く前に最初から友達で・・・なんて男として諦めがつくかってんだ!!付き合いてぇって思うだろ?!もっと仲良くなりてぇって思うだろ??☆@△□って思うだろ???(←書いていいかわかんないので省略・・・どうしても知りたければメールください。)とりあえず口説いてみなきゃ始まらねぇぜ!!
 
インタビューは続きます。

インタビュアー「では、好きなタイプの人じゃなければ友達になれるんですね。」

俺「そこまで言い切れるかどうかわからないけど。でも、あなたも男をふるときは『友達で』とか言うでしょ?そういうので友達になったことないけど。」・・・・・あぁ、過去の経験から来る身に染みる言葉だ。いいこと言った!俺が今すげぇいいこと言った!!

インタビュアー「まぁそれは・・・」

俺「キミは何て言って男をふるの?」 逆取材

インタビュアー「いえ、それは・・・・・」

俺「今度、ちょっと俺と付き合ってふってみない?」 逆ナン!!決してインタビューの女の子がカワイイ・・・からです

インタビュアー「え〜(笑)」 もちろん、テープは回ってます。

インタビュアー「話をまとめますと、相手によって友達になれるかどうか別れるってことですよね。」

俺「そうだね。惚れない程度に好きな人とならなれるよね。嫌いなタイプとはなれないでしょ?」

インタビュアー「ありがとうございました。」

俺「でも、これ使えるの?」

って感じですよ。まったく、真っ昼間っからこんな難しい話するなってんだ。酒もってこい!!

 えっと、大人の皆様・・・じゃなくてもいいけど、どうっすか?!男と女は友達になれますか?友情成立しますか?皆さんのご意見をお待ちしております。今までこのブログにコメントされたことがない方もこの機会に是非!!

 ちなみに、真面目にインタビューに答えてやったのに、粗品もくれませんでした。ちぇっ! 

 放送?聴いてません。平日の午後4時にラジオ聴いてる暇なんてないですよ。

 今日は連敗中の気分転換に書いてみました。明日からの記事は『阪神タイガース』です。

そして私生活のぼやきはこちら!!
| 酒と猛虎と男と○○ | 23:04 | comments(4) | trackbacks(0) |
本日2本目 4月のMVPとBoo
 えっと、4月のMVPとBooを発表します。

 これは2ndブログでやっているのを数えてみました。

 ってことで、発表はセカンドブログです。
| タテジマに想いを | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
闘志を学べ
 今日の昼、楽天の試合を観ていたら一場が投げていた。中5日ということで、この分だと来週は土曜日に投げ、再来週は金曜日に投げる。再来週の金曜日は楽天は甲子園でタイガースと対戦する。一場が甲子園で投げるのか??なんかスゲェ燃えてきたっていうよりKOしてぇ・・・そう思った。

 試合は・・・しんどかった。でも光が無かったわけじゃない。特に強く感じたのはスペンサー選手。1つでも前に進む姿勢は大事なことだと思う。今日だって第1打席でセンター前の当たりを2ベースにしたように、守備は目をつぶってでも使いたいという気持ちにさせてくれている。残念ながら彼が6番であるため、7番以降で攻撃が終わってしまうのだが、この分だったらいつか浮上してくれそうな気がしている。

 打撃陣はヒットが出るけどつながらない悪循環に陥っている。7回までに6回、先頭打者を出しておきながら得点はわずかに1点というのは辛い展開だった。

 それは投手の不安定さにも原因があり、今日の先発の能見くんなどは雨で投げ難そうにしているという・・・プロなんだから雨を理由にしちゃいけない。ここ何試合か、リズムよく投げて・・・という試合よりは、重苦しい試合が多かった。それは打撃陣だけじゃなくて投手陣もその一因は背負っている。

 月曜日は試合が無く、2週連続で火曜日から木曜日は広島とロッテという好調なチームと対戦する。ここで下がらずに戦い抜くことが一番大事だ。前半のヤマ場は中日戦もそうだったけど、こういった好調なチームをどれだけ叩いて行けるかにもかかっている。

 スペンサー選手の気持ち、USソウルに学べ!!少しでも前進して、1つでも前の塁を奪うつもりで戦おう。ちょっと今のタイガースはその気持ちを忘れてるんじゃないかな?

 スワローズには古田選手がいない。でも古田選手と一緒に野球をした財産が今でも選手の中にあって野球の進め方を分かっている気がする。タイガースにはそういう選手はいないかもしれないけど、闘志を表に出しているスペンサー選手のような人がいる。スペンサー選手がいることを少しでも頭において、燃える気持ちで闘って欲しい。

 そういう点じゃ、矢野さんと鳥谷くんはご休憩願う時期かな?それと沖原選手はファームでもう1回・・・。

追記:関東も「蛍の光」にしたのね。。。

 今日のMVPはこちらへ。
| タテジマに想いを | 22:12 | comments(6) | trackbacks(9) |