05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
RECENT ENTRIES

ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

夜は負けたが昼の上富田では
 ファームの交流戦のVS讀賣戦。ここにトラッキーとラッキーちゃんがいた。北海道にいるのかと思ったら上富田にいたよ。そして能見投手好投!!もうファームでは格が違うっていうか、低めに集めれば打たれない投球でした。清水捕手のリードも良かったですよぉ!!

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 21:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
明日はダービー
 ってことでいつものように5頭ボックスで。
続きを読む >>
| 競馬予想・・・自信無し | 21:13 | comments(0) | trackbacks(1) |
ついに!遂に!!
 平野選手の怪我を心配しながらなのだが、復帰までを首を長くして待ちながらの日々である。

 その平野選手の代わりといえば誰になるのだろうか?やはり一番最初に名前が挙がるのは関本選手なのだろうか?藤本選手なのだろうか?

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
Welcome back
 ちょっとどうも安藤投手が疲れているのか、それとも交流戦という変則的なローテの間隔でリズムが悪いのか、苦しんで苦しんで、ついでにファンまで苦しめちゃう展開になっていた。

 初回に先制されたのも痛かったのだが、それを吹き飛ばした下位打線からチャンスを作って迎えた新井選手のタイムリー。これが大きかったよね?立ち上がりの清水があまりにも良いものだから、あそこで同点に追いつかなけりゃそのままスイスイ行かれていたかもしれない。だから新井選手の一打の価値がすごくあったと思う。

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 21:41 | comments(2) | trackbacks(2) |
そこで積極的に行こう!!
 試合としては序盤の攻撃で先手必勝が大成功。勝つという意識が若干でも勝てるという意識になるのが早すぎたのかもしれない。そういう点では追いつかれた時点で苦戦というかそれ以上のことを考えてしまう。だってゴール前で一度緩めた速度を再びトップスピードに持っていけるかということだ。それかもう1周残っていたのを忘れていたかどちらか。そんな感じの試合だった。

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
遠征を考える
 交流戦が導入されたことにより、今までタイガースが数年に1回くらいしか試合が開催されない地域でも試合が開催されるようになった。

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 21:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
勝てる場面をガッチリ行こう
 1試合観ただけでは簡単に打てない。それがJFK。そんなことを感じながら試合を観ていた。ちょっと久保田投手にはドキドキしたけど。

 さて何とか下さんに勝ち星を付けたかった試合であった。ん〜・・・・・でもまぁ上手く行かんわ。

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 22:44 | comments(0) | trackbacks(1) |
気持ちでつないだ野球
 上園投手は気持ちを出す選手である。ファームでは調子が上がらずにいて、それでも1軍に呼ばれた。それは岡田監督のコメントを借りれば「キャッチャー次第で。」ということになる。

 そして今日の試合はその言葉を証明するかのような試合になった。

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 21:25 | comments(0) | trackbacks(1) |
懲りずに予想 今日はオークス
いつものように5頭ボックス

4 レッドアゲート
7 ブラックエンブレム
12 ソーマジック
13 スペルバインド
14 カレイジャスミン

当たらんなぁ‥‥‥
| 競馬予想・・・自信無し | 13:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
鬼神復活
 小久保を三振に取ったスライダー。あの外から入ってくるスライダーの凄さが久しぶりに炸裂した。あのスライダーは打てない。

 ウィリアムス投手が少しの不調を経て帰ってきた。1軍での試合出場はとっくに済ませているが、投球内容で完全に復帰したといえるだろう。

 彼の登場で、ビハインドだったタイガースは息を吹き返した。確かに今回も杉内の前に三振が多く、1得点しか出来ていなかった。得点につながらなかったが8回は少し兆しを見せた。その兆しをこじ開けて持ってくるきっかけを掴ませたのはウィリアムス投手だった。

 昨日やられたことをやり返したかのような試合である。岩田投手が2失点ながらも試合を離さない投球を見せ、それを野口さんが一生懸命リードしてホークス打線から岩田投手を守った。やはりパのチームには野口さんのリードは向いているもかもしれない。

 浅井選手が積極性を見せた。最初の打席では初球に手を出す。この初球に手を出すということは、何回も書いているが狙い球だったらOKである。しかし初球に手を出すことは凡打になれば相手投手を助けることにもなる。だってたった1球で1アウトをくれるんだからね。この判断を磨けば彼は更に伸びるだろう。走塁でも勇気を見せた姿はチャンスを掴んだと言えるかもしれない。

 最終回、チャンスを掴んだものの嫌な流れになりかけていた。そのとき打席には藤本選手がいた。

 今年の藤本選手は出番が少ないのだが、打撃でも調子が出ずにいる。打率は1割を割っている。その中での打席である。

 打てる確率は確かに低かったかもしれない。でも打てない時なら打てないなりにできること。それは粘って粘って出塁だけでもすることである。幸い相手投手のホールトンはストレートとチェンジアップの投手。大きく振ることをしなければ当てることはできるタイプである。

 それに対して藤本選手も大振りせずに当てて粘る。四球であったが9回表のこの出塁がチームに息を吹きかえらせた大きな大きなプレーだった。

 赤星選手の考えはどうだったのだろう。俺には彼も粘っての四球を狙っていたかのように見えた。打席ではとりあえず大きな振りだけはしないことを徹底している。そして来たのは低めのもしかしたらボールだったかもしれない球。それをギリギリまで引きつけて当てた打球は低いライナーとなってレフト前へ抜けていった。

 気落ちしたかのようなホールトンが投じた次の新井選手への球はよくホームランにならなかったと思えるほどの甘い球。これを一発よりも確率の高い高度なセンター返しで追加点を奪った。

 最後の球児投手は役者の違いを見せつけた。年に1回対戦するかどうかの打者にはあの球は厳しすぎる。完全な投球でホークスを押さえつけた。

 昨日の借りを早速今日返した。強いのである。その強さを後ろからガッチリ支えたのはウィリアムス投手だった。そして藤本選手が後押ししたと思っている。この2人が諦めかけた試合を取り返したのだ。いや、きっと誰も諦めてなんていなかっただろう。勝つ気持ちを必須のものにしたんだろうな。ナイスゲームだった。

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 22:16 | comments(2) | trackbacks(3) |
パに付き合わない野球
 どうもここ数日の交流戦の戦いを観ていると、それが全ての試合に当てはまるわけではないが、セントラルの辛勝、パの快勝というような印象を受ける。いや、当然全ての試合を観ているわけではないし、単なる印象なのだが。

 野球の特色を見ると、セの野球とパの野球とでは、即効性というかなんというかそういったモノが強いような印象を受けるのだ。

 セの野球という視点での俺の主観は“時間を賭けて相手を崩す野球”とでもいうのだろうか。そんな印象がある。それに比べてパの野球は考えるより動けという感じ。非常に積極性の高いものという感じだ。

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 21:39 | comments(0) | trackbacks(1) |
線路は続くよどこまでも
 高校生、いや中学生の頃から大好きだったサザンオールスターズが活動休止する。

 世間でいうカラオケボックスが俺の地元にもできたのは俺が高校生の頃で、そのころはBOΦWYとサザンを歌っていた。

 さて、そのサザンの名曲の中に「旅姿六人衆」という名曲がある。これが哀愁を感じさせてくれるので好きなんですわ。
続きを読む >>
| ドキドキ☆ミソジーズ w(><)w | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
明暗分けて
 同じような2アウト満塁の場面でトレードの当事者同士が明暗を分けた。

 満塁になるまでの過程は違ったとしても、リーグが違うチーム同士の戦いでは、対戦回数が少ないだけにどうしてもこの試合ではそこを比べられてしまう。 

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 22:04 | comments(0) | trackbacks(1) |
少しずつの丁寧さを
 下さんの投じたボールへの判定が微妙で、これが下さんのリズムを少し崩したかもしれない。

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
メンタルタフネス
 いやぁ、台風が近付いている本日ですが、職場のみんなの協力があって厄介な仕事を終えることが出来ました。今年の職場は言葉遣いは乱暴だけどやることはキッチリなのでやりがいはあります。えぇこっちゃ!!

 さてタイガースですが心配な選手が1人います。それは・・・・・杉山直久さん!!あなたですよっ!!!
続きを読む >>
| タテジマに想いを | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
地味だが好プレーを続けよう
 直久投手が(以下、略)で、しかもビクトリアマイルは外し。だって母馬がニシノフラワーなんだもん。現役時代を知っているから買ってみたんだけど(以下、略)。

 あの序盤で2失点で終わったのが幸運だったのかどうか分からないけど2点差という少ない点差で終盤へ進もうとしていた。

 この2失点の取られ方は、数字上では「2」だったが実際にはもう少し大きな差に感じたものだ。

 その点差を追いかける場面でいずれも得点には結びつかなかったが代打で出てきて送りバントを決めた2人の選手を称えたい。

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
粘って粘って、もういっちょ粘って
 観ているほうが持っている、岩田投手は速球派とか剛球とかいうイメージは捨てたほうが良いのかもしれない。

 立ち上がりはやはりそれなりに不安定気味だった。しかし試合の中で修正している。これも速球でバタバタ相手を打ち取って行くのではなくて投球のコンビネーションで抑えて行く。そんな内容を今日は見せてくれた。

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
157
 交流戦が間もなく始まる。その交流戦前の最後の3連戦は甲子園。先週末に甲子園に行った俺だが、シーズン開始前はこの3連戦に行く予定だった。今週は仕事が忙しくて仕方ないだけに、先週行っておいて良かったと思うのだ。雨で中止になったのは嫌だったが。

 今日の試合、誰が一番活躍したかって言えば新井選手の4打点が先ず一番光る。その場面を作った赤星選手だってボールをしつこく見極めて球数を投げさせて投手に集中力を使わせて気力面でも攻略できる場面を作り出している。(って、虎バンでもやってたよね)

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
面白かった
 相手の先発の宮崎。あれ?確かタイガースが苦手にしている投手だったよね?それは青木だったか?いや、宮崎だったか??ということを何となく思いながら試合を観る。

 ボーグルソン投手がエラーって言うかそんな感じのがからんで失点していきなりビハインド。そして打線も序盤は野口さんのヒットが出たくらいで抑えられている。

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 23:27 | comments(4) | trackbacks(0) |
この一打の繰り返し
 5番に桧山選手が入った。スタメンで観るのは本当に久しぶりだと思う。

 今年も代打でスタートしたが、良い結果を出している。そしてここのところ葛城選手が少し下降気味であることを加味したのか、先発に桧山選手が帰ってきた。

 その桧山選手、代打での出番が多いことをしっかりと活かしていたのが今日の試合だったと思う。

 言うまでも無く代打、特に桧山選手はチャンスで代打に起用されることが多い。今日の5番という打順もチャンスで回ってくることが多いのだ。

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
偉大な男
 実に偉大な男の姿である。
続きを読む >>
| タテジマに想いを | 23:26 | comments(0) | trackbacks(1) |
開幕ダッシュの立役者は【T-Blog 虎っくばっくスタジアム参加記事】
 開幕ダッシュの立役者。色々な評価があるなかで、誰を選ぶかは楽しくもあり、難しくもあるもの。

 月間MVPの新井選手もいれば、先頭打者として引っ張る赤星選手もいる。赤星選手の、あの打席での粘りは素晴らしい。投手陣だって先発陣の安定振りは素晴らしいし、福原投手がゲーム中の故障でローテに穴を開けた後も誰かが埋めに来るというチームである。まるでタイガースじゃないみたい。。。そんなことも思ってしまう。紛れも無く戦っているのはタイガースなのだが。

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 23:05 | comments(0) | trackbacks(1) |
そして



ジェフ お帰り〜! 待ってたよ〜!
| タテジマに想いを | 17:03 | comments(4) | trackbacks(2) |
試合終了



勝ちました。

しかし日影は寒いですねぇ〜
| タテジマに想いを | 16:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
ラッキー7



晴天もあって大入満員でした。

久保田投手も3人で抑えるナイスピッチングでした。
| タテジマに想いを | 16:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
リードです



先発の岩田投手が何とか5回7安打1失点で投げて、次は渡辺投手に託しました。
| タテジマに想いを | 16:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
晴れた空の下で



今日は31段で観戦です。

立って応援できます♪
| タテジマに想いを | 13:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
NHKマイルカップ予想をしてみます
ボックスで
1、3、7、11、15で行こうかなぁ。

【午後11時近くに追記】 全てはずれました
| 競馬予想・・・自信無し | 11:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
雨で中止ということで



行きつけのお世話になっている居酒屋で明日の勝利に向けて乾杯です。
| タテジマに想いを | 18:42 | comments(0) | trackbacks(1) |
ラッキー7



横浜の三浦は何で降板したのか、ここからは分からんです。
| タテジマに想いを | 20:10 | comments(0) | trackbacks(1) |
さぁ、今年の初甲子園



今日から連勝を始めよう!!
| タテジマに想いを | 17:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
 試合には負けてしまったが、帰宅途中のワンセグからは讀賣と阪神の差のようなものを感じていた。

 実に些細なことかもしれないが、シーズンを通してみれば非常に大きな差になると思う場面だ。

 それはタイガースが5点目?を入れた野口さんの当たりの場面だ。

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 22:23 | comments(0) | trackbacks(2) |
また難しい試合に・・・
 ファンのマナー云々は他のブロガーさんでも語られると思うが、それによって試合の中での選手の活躍が消えてしまったら悲しいね。

 俺としては今夜の江草投手のピッチングに非常に感動している。見逃し、空振り、見逃し三振。3ボールになった打席無し。江草投手らしいテンポで攻め込んでいった。

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 22:29 | comments(0) | trackbacks(2) |
4,500
 今日の勝利は球団設立から4,500勝目という記念すべき勝利。ここまでの4,500という数多くの勝利のうち、自分が観てきたのは何勝だろう?俺が生まれてから何勝を積み上げてきたかはデータを拾えば分かるかもしれないけどそれだけでは量れない思い出がある。

 その試合でタイガースは今季を象徴するような試合を見せている。

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 21:20 | comments(0) | trackbacks(1) |
過去を消す
 この3連戦、実は初戦も大差で勝っているの。実際にドラゴンズはここまで2位につけていて良い戦いが出来ているようにも見えるのだが、ではタイガースに迫るほどのもかどうかといえば微妙な感覚を持った3連戦であった。それはドラゴンズが実力以上に強く見せる名人であるのかもしれないからである。

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 19:40 | comments(2) | trackbacks(2) |
そりゃぁねぇよなぁ
 なんか久保田投手にマイヤーズが憑りついているかのような投球がここの所続いていて、8回の登板も不安っていうか、見ていて思うのは初球でその日の出来が分かっちゃうんだよね。ストライクがしっかり取れていればOKだし、そうじゃなくてボール球から入るにしてもしっかりとコースに決めることが出来ればOKなんだけど、今日は本当に初球が悪かった。

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 18:53 | comments(2) | trackbacks(1) |
自信無し 天皇賞春 予想
5頭ボックス


3 アドマイヤモナーク

8 メイショウサムソン

10 ポップロック

11 トウカイトリック

13 アサクサキングス
| 競馬予想・・・自信無し | 13:03 | comments(2) | trackbacks(0) |
圧勝ということで
 ドラゴンズ先発小笠原には4年間負けていないそうだが毎試合苦労しているという印象がある。そう、薄氷の勝利ってイメージね。でもこの日は違った。
続きを読む >>
| タテジマに想いを | 18:55 | comments(3) | trackbacks(3) |
阪神ファンの息子を持った親の話
 俺は子供の頃から阪神ファンだった。しかし母親は野球に興味が無かった。母親なんてそんなものかもしれない。普通にテレビを見ているのだが、仕事の関係でJリーガーと知り合うことのほうが多かった母としてはサッカーのほうが好きなようだ。
続きを読む >>
| ドキドキ☆ミソジーズ w(><)w | 21:38 | comments(2) | trackbacks(0) |
1本の違い
 1安打じゃ勝てない。でも1安打で試合を持って行ったのは東京ヤクルトのほうだった。それは打順とかランナーがいるかいないかという場面の違いであるので、こう言ってはなんだが仕方ないんだなぁと思うことにする。

 帰ってきたボーグルソン投手は球が荒れながらも次も先発登板が出来る投球だった。ただ久しぶりの1軍登板ということで力が入ったか5回終了時で一杯だったかもしれない。いい球も行っていたんだけどね。 

 だからといって6回に代えるかといえばそんなことができるような内容ではなかった。だって四球は出すけど打たれてないんだもん。

 よく言われるじゃないっすか?ノーヒットできている投手が1安打されるとそこから糸が切れて崩れてしまうって。四球を出していたので糸が切れたとは思わないけど、力が入ったか逆に抜けたかで変わってしまったのかもしれない。

 この試合は実に記事にしにくい内容で、書こうとすると少々の心配事も出てくるのだが、やはり3番と4番が抑えられては勝てないんだなぁって思った。逆に打たれたのは6回だけだったので、別にタイガースの投手陣が悪いわけでもないだろうし、とにかく連敗しないで行くしかない。カード負け越しは初めてだけど、そりゃぁ長いシーズンでいつかは負け越すんだから最初の1ヶ月を連敗も負け越しもせずに戦ってきたことの凄さを改めて誉めた方が良い。

 1つ良かったこと。それは3回表に併殺を取ったときの平野選手のプレー。慌てずに下がってライナーをショートバウンドで処理をして併殺を完成させた。何気ないプレーだけど前のイニングで3四球を出したボーグルソン投手にとってはこのイニングも上位打線のランナーを背負っているのであり、これは大きなプレーだったことだということは書いておかねばならないと思う。
| タテジマに想いを | 22:03 | comments(0) | trackbacks(1) |