11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
RECENT ENTRIES

ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

勝負強さの証明
 今朝は今岡選手が来季5番に座るという記事が目につく日だった。来季5番今岡の目標は…「打率3割以上」「30本突破」@サンスポ

 個人的には、今岡選手の先頭打者ホームランが好きな俺としては寂しい気もするが、5番今岡というのはひょっとしたらかなりのヒットになるかもしれない。

 5番という打順を考えてみればそれは明白で、塁上をきれいにするのが5番。つまり打点優先と言うことになる。そういった意味では勝負強さを持つ今岡選手にとって、好き勝手に打てる打順の5番は大ヒットになる可能性が大きい。

 来季の陣容で決まっているのは1番赤星、2番関本?4番アニキ?かな?

 今年は兄貴の後ろの桧山さんの得点圏打率が前半低かったせいもあり、アニキで勝負してもらえないときが多かった。でも後ろが今岡選手だとそうはいかない。アニキを避けても後ろは今岡誠さん@打率は軽く3割!しかも得点圏打率約3割3分。3打席に1本はタイムリーに近いヒットを打つ。こいつぁ、すげぇ。

 ってことは外国人選手(シーツかな?)次第では結構面白い打順が組める。そういう点ではウッズも良いけどシーツのほうが面白い打線も組める可能性がある。(あくまでも可能性ね。断定じゃないよ。しかしシーツのファーストかぁ、もったいねぇなぁ。)

 1番赤星(センター)、2番関本(セカンド)、3番シーツ(ファースト)、4番アニキ(レフト)、5番今岡(サード)、6番桧山or外国人(ライト)、7番・8番で矢野・野口(キャッチャー)、鳥谷(ショート)、スーパーサブ沖原!って感じか??

 とにかく来季は面白いことになりそうだ。5番今岡!期待しよっと。でもやはり「とっつげき!とっつげき!!いっまおか!!」って言いたいなぁ。薄暮の先頭打者ホームランは本当に美しいんだよなぁ。

 それにしても記事の中の「昨年の優勝は星野監督がグイグイ引っ張ってくれてぼく達が乗せてもらった。来年は選手が引っ張って岡田監督を胴上げしたい。」ってことは、今年は監督が引っ張っていなかったっと。。。こらぁ!オッサン、やっぱり何もしてなかったんかぁ!!
続きを読む >>
| タテジマに想いを | 18:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
叩き込め!!
 世の中には似た人が3人くらいいるという。そしてそのうちの1人がいたら。ドッペルゲンガーとかいう恐ろしいものも世の中にはあるのだが、俺の職場の建物の1階に非常に良く似た人がいる。

 背は高く、ガッチリしていて、歩き方も堂々としている。化粧も濃い目だけどバッチリ決まっている・・・ん?化粧??そう、そのそっくりさんは女性だ。

 何も好き好んでそっくりな女性がいるとは思えない。男としてなら立派な男顔であっても、それが女性であった場合はどう思うのだろう?

 その人は非常にキリッとした顔で、女子校に通っていたなら女子生徒からプレゼントとかもらってしまいそうなくらいな感じだ。背筋も伸びている。

 そして俺はその人を見るたびに、最近背番号が変わったある選手のHMを口ずさみたくなる。それは・・・・・

 ♪ せ〜まりくる そ〜っきゅうを〜 た〜たきこめ けんたろう〜 か〜んせいを背にう〜け〜る 男〜の〜ゆう〜し〜 ♪

 そう、その人は関本選手にそっくりなのだ!! え?!俺に似ているんじゃないのかって?! 似てないっすよ。俺はキリッとしていない、タレ目のエロ顔です。

 関本選手には、彼の要求額どおり出しても罰は当たらんと思うよ〜。
続きを読む >>
| 酒と猛虎と男と○○ | 18:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
ナイスプレー赤星くん
 今年も赤星くんがサンタクロースになった。盗塁数に+1台の車椅子のプレゼントだ。赤星「ゴールデンスピリット賞」を授賞@なにわWEB

 彼の社会貢献に関しては、僕も「こうしえんにいこうよ♪@観戦仲間しんさんの個人サイト」に書かせていただいた。(コラム6 Seasonal Greeting

 一部文章を抜粋するけど、『サンタクロースと言えば赤い服に身を包んでいるが、この選手は赤いリストバンドをし、おまけに名前にまで『赤』が入っている。トナカイのそりの運転はできないだろうけど、『電車の車掌の免許』は持っている。』

 打席に入ったときに何かをやってくれそうな雰囲気が満々なのは今岡選手だけど、塁に出たときに何かをやりそうな雰囲気は赤星選手が一番だ。

 スタンドからの『はっしれ〜! はっしれ〜!!』は伊達や酔狂じゃなくてマジも大マジのファンの夢と期待を乗せるプレー。だから簡単にフライを打ち上げてしまったときは・・・っていうか、今年多かったそのシーンには僕も非常に残念だった。

 研究もされるだろうけどそれ以上の練習と研究で来季もきっと赤星くんは走る。それはチームの成績、個人成績はモチロンだけど、ファンの期待や車椅子を必要としている方たちの思いがきっと、彼を今年以上に走らせる。

 「彼は言う。盗塁数が年に2つか3つくらいになっても続けたい。」

 大丈夫、赤星くんは引退までずっと走り続ける。2つや3つなんて数字にはならないと思うよ。

 だから今夜は声を大にして。。。「ナイスプレー!赤星くん!!」
続きを読む >>
| タテジマに想いを | 18:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
年俸交渉(やや弱めの毒吐きです)
 今年も始まったなぁ。って思う時期がきている。

 選手は「年俸制」ってことは、総額を12ヶ月で割るのか、それともボーナスという制度を採り、15ヶ月で割るのか?とか色々と分からないこともある。

 俺が今の仕事をしているうちは、今後劇的に貨幣価値が変わらない限りは「年俸1,000万円」には恐らく届かない。めっちゃ出世すれば定年間際に届くかもしれないけどね。

 で、久保田くんが保留した。彼の言い分は新聞報道では、”帰後を評価して欲しい、嫁さんがいるし、M莎┐隆待料も・・・ってことだ。金額は全て推定で、提示額が800〜1,000万UPの3,200万円。本人希望額が3,500万円から4,000万円。

 正直言って俺なら3,000万円を提示してしまいそうだ。確かに後半は良くやった。それは本当だ。だって安定しなかった(っていうか、監督がさせられなかった)救援陣の柱には成り得たし。

 でもやはりこういうのはシーズンを通して活躍してナンボだと俺は思っている。来年の期待料のことを言うなら今年前半の不在による期待裏切られ料はどうなるんだ?とでも言いたい。(昨年の起用法が原因かも知れんけど)
こういうことを書いてはいるが、久保田くんは期待するだけの価値のある選手だ。球が速い、何気にコントロールも良い、神経が太い。

 だが今年は野球を出来る歓びを、野球がある歓びを感じた年じゃなかったのか?なのに「この金額じゃ来年はやる気が出ない。」とか言っちゃいけないよな。それが引っかかった久保田くんの発言でした。

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
戦いのプロへ
 去り行く老オーナーがメッセージを贈る。「勝ってくれ!」と。阪神久万オーナー激辛エール残し正式辞任@なにわWEB

 更に言う。「育てながら勝つ。でも昨年はアマチュアだったかもしれない。」、「チームの後には勝ちを望んでいるファンがいるんだ!」と。

 選手が育たなければ未来がない。それは僕たちも分かっている。でも僕が監督に言いたいのは「育てることと勝つことは、貴方が思っているほど別モノではない。」ということだ。

 例えば、僕が学生時代に強かった西武ライオンズ。果たしてここは勝っていたけど選手が育っていないだろうか?決してそんなことはない。勝つことで選手も育つ!勝つ姿を見せることで、選手が勝ち方を覚え、その勝つチームで試合に出るためにはどうすれば良いかを考える。そういうチームが「育てながら勝つ」チームのことだと僕は思う。

 観戦仲間の方も言っていたが、「チームが強ければ儲かる。」ということを経営陣も分かったことだろう。それを証明するように『優勝』という言葉を、手塚オーナーは就任会見と納会で計12回も繰り返した。阪神手塚新オーナー「常勝軍団作る!」@なにわWEB
チームにそういった運気があるうちに、タイガースは変わらねばならない。今年のように、選手よりも先に(抗議にすら行かないとか)ベンチがシラけていては始まらないんだ。

 俺たちファンが『優勝』と叫び、願った数はオーナーのスピーチの比ではない。

 その昔、違うリーグに強すぎても客が入らない球団が西宮市にあった。でもタイガースは違う。強ければ強いほど客が入る。その球団のファンには失礼だけど、「関西のプロ野球団は?」と言えば、ほとんどの人は「阪神タイガース」と答えるだろう。阪神タイガースとはそういう球団なんだ。そして自分の中の優先順位で言ったら、他球団ファンに比べて圧倒的に球団を大事に思っているファンが後ろにいる。読売ファンが読売のことを思っている強さに比べたら、タイガースファンがタイガースに寄せている思いは軽く数十倍になるだろう。

 阪神タイガースは過去20年間で10回の最下位を味あわされた。だったら書かせてもらうわ!今後20年間で10回リーグ優勝をして、5回は日本一になれ!!(なんなら岡田監督が辞めた後でもいいわ!!)
今までの、そして今年の屈辱を思えばそれくらいあっても罰は当たらないと思うよ。っていうか、俺たちファンが見たいのは勇気と信念を持って闘う、正々堂々、強い阪神タイガースなんだから。

追記1 今週の週刊ベースボールに掲載されている野球団社長のインタビュー。今回の合併騒動の舞台裏にも触れられていて興味深いっすよ。感想としては、「タイガースの球団社長が野さんでよかったな。」って思いました。

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 18:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
ホームラン行脚
 アニキのホームラン行脚が佳境を迎えている。

 今までかっ飛ばした球場の数、29箇所。もちろん僕の地元の静岡草薙球場でもかっ飛ばしている。

 静岡ではタイガース戦は少ないけど、広島戦は多い。っていうか、横浜が主催する試合が多いけど、対戦相手は圧倒的に中日とヤクルト、そしてたまに広島があった。中日対広島に限っていえば浜松球場でも時々あったと記憶している。

 そんななかでアニキはあの弾丸ライナーをHMのとおり、ライトスタンドを「ひとまたぎ」させてきた。

 今年の6月4日は静岡草薙球場で、横浜相手に弾丸ライナーをスタンドの上にぶつけている。決して静岡での1本目では無かったけど、地方球場でも遠慮なくかっ飛ばしてくれる打撃がこうやって記録に近づいてきた。

 手元に記録がないから、あとどの球場でかっ飛ばせばいいのか分からないけど、新聞などでは西武ドーム、千葉マリン、そして今年までYahoo!BBだった球場(来年のネーミングライツはどうなるのかな?)。あとは・・・毎年開催されている球場だったら・・・どこなんだろう?

 思い浮かぶ地方球場では、すでに打っているかもしれないけど、松山坊ちゃん、倉敷マスカット、もう開催しないかもしれないけど旭川スタルヒン、岐阜長良川、西京極、どうだろう?あとは北陸シリーズとかそういうときしか無い気がする。

 それにしても門田さんや山本浩二さん、衣笠さんの32球場と言う記録も凄い。まぁその時は今よりもきっと地方開催も多いと思うし、フランチャイズ移転で球場も色々変わっているかもしれない。ほら、川崎球場とか平和台球場とか、大阪球場とか・・・。でもこれも凄い記録だ。

 アニキは今年初めて3冠のうちの打撃タイトルを獲得したように、そういった記録には無縁と思われるほどだった。でも連続フルイニング出場とか、こういったホームラン球場数記録など、『毎年選ばれるとは限らない勲章』とでもいうか『本当に長期間結果を出し続けた人しか到達できない記録』を更新する。そういうギネスブックに載るような選手なんだと思う。

 正々堂々と、年俸以上の活躍で獲得した勲章は本当に凄くて眩しい。高額年俸もらっているのに・・・(以下タンパリングかもしれないので省略・・・・・でいいのか??)

 とにかくここまできたら、ギネス系の勲章はアニキにさらって行って欲しい。記録の半分以上は広島時代のものかもしれないけど、アニキは押しも押されぬタテジマの戦士なんだから。

追記1 読売ファンが、ドームでのファン感で堀内に「空気を読め!」っと。何を言ってやがる、お前らも「ドーム内の風向きを・・・(以下、読売ファンをバカにしたり、笑い者にしたり、ひたすら長くなるので自粛)」。読売ファンに「人の振り見て我が振りなおせ」という日本語を教えたい。

追記2 来年の年賀状は100枚に収めた。このところ増えすぎて130枚を超えていた。今年は飛びまくるジェット風船。来年は今年の9月5日、ライトスタンドバックスクリーン付近から写した甲子園のグランドです。ちなみにこの日は、しんさんとKさんと観戦していました。来るはずのNさんは天気を見て甲子園付近で待機中。2回表に予想外の大雨が降り試合はノーゲーム。今岡選手のホームランは無効に、しかも和歌山県地方を中心に震度5の地震が。。。そんな日でした。
続きを読む >>
| タテジマに想いを | 18:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
背中の数字
 様々に背番号の変更が発表された。個人的に賛成できる番号があるかといえばそうでもないような気がしている。

 「44」番はタイガースでは大砲が背負う番号というのは、なんとなくバースが着けて以来の感覚だろうか?それ以前もそうだったかな?とにかく44番は大砲の番号。そんな気がする。だから僕は関本選手にはピッタリな気がしていた。その関本選手が「3」番になる。

 「3」は言わずと知れた、先日まで八木さんが背負っていた番号。引退してすぐというよりは、暫く「寝かせて」おいても良かった気がする。関本選手だって「44」番を自分のイメージに染めた方が良かったのかもしれないと思うけど。

 そして野口さんが「27」から「2」へ変更になる。「2」は捕手のポジションを示す数字。いかにも捕手!!って感じでいいのかもしれないけど、それ以前の捕手としての「27」番がピッタリな数字のイメージだっただけに、どうかな?って思った。でも野口さんが乗り気ならいいかな?って。

 藤原くんも「2」から変更される。これからは「44」へ。ファームから大きくブレイクした関本選手のようにっていう球団の期待があると思う。次に飛躍するのは彼自身。「44」番をもらったって言うことは、球団も期待するものがあるってことなんだろうね。

 「92」番の球児くんは「22」へ。虎の高津!!らしいけど、タイガースの「22」は、やはり捕手がつけて欲しい。岡崎くんだっていいじゃない?!数年後の小宮山くんだっていい。野口さんはイメージじゃないけどそれでも「22」は田淵さん以来の捕手の番号で、若菜さんもつけたのかな?で、木戸さんへと「22」番はずっと捕手の番号だった。

 「きゅうじ」だから「92」は、個人的には誰でも覚えやすくてイイ感じだったけど、「22」になるのかぁ・・・それなら「くじ」さんが「92」じゃダメか??ダメだよね・・・。

 とにかくこの背番号をモノにするのは自分自身。辻本くんは「61」で、イチローやゴジラみたいに大きな数字を自分のイメージにする!ってことらしい。僕もこっちの方が考え方としては好きだ。せっかく作ったユニの背中とか変更しないでずっと着れるしね。途中で背番号が変わってもずっと着るユニなんだろうけど、だから大切に出来るように、今度こそはファンもその番号をずっと使えるように、選手の活躍に期待したいです。

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 18:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドラフト雑感 5 赤と要の後継者
 立命館大学から来た赤松くんは俊足だ。50mは赤星くんと同じタイムで走り抜けるということだ。このタイムというのが半端で、ベースランニングは別物だろう。スタートとか色々あるんだろうし。でも速いに越したことは無いよね。

 気がついたら赤星くんは28歳になっている。そういう点では6歳下の赤松くんの存在は赤星くんにも影響を与えるだろうし、赤星くんに何かがあったときのために彼の育成は重要になってくる。

 タイガースの若手外野陣はお世辞にも足が速い、守備が上手いといえる選手が多いとはいえない。すぐに浮かぶ20代の守備の名手は赤星くん、、、捕球は桧山さんかな?他には・・・・・いるかな?反面、打つだけならOK!!って若い外野手は結構いる。桜井くん、林くん。。。そういう点では、外野守備に安定感を見せる赤松くんや、済美高校の高橋くんの指名は今回は良かったのかもしれない。

 赤星くんは走る。赤松くんもきっと走る。2人で走りまくる日が来るかどうかはこれからの楽しみ。個人的には走る選手以外にもパンチがある選手が欲しいけど、それは別のポジションで補うんだろう。甲子園の外野はそれくらい広い!!

 そしてその『猛虎の要』の後継者候補として獲得したのは岡崎捕手だ。まだ若い選手で21歳。でも早急に育てる必要があるということだ。矢野さんも選手としては晩年だ。俺は野口さんの活躍の場を欲しいと思うけど、矢野さんの後を立派に務められる選手を確保するのは急務であることには変わりない。

 彼の本塁から2塁までの送球は速く、捕球から到達まで1.8秒というときもあり、平均で1.9秒ということらしい。それもあり、ロッテに自由枠で入団する久保投手と組んでいたときは相手チームの盗塁企図がほとんど無かったということだ。是非、小宮山くんとの強肩の競演を見てみたい。

 早い時期に捕手を育てるのは難しい。しかし古田選手しかり、城島(呼び
捨て)しかり、谷繁選手しかり、早い時期に育成段階から1軍へと呼ばれた選手はその後の活躍も長く、チームも強くなる。

 ファームでは同年代の狩野捕手もいる。元自由枠の浅井くんもいるし、苦労人の中谷くん、そしておそらく小宮山くんだって出てくるはずだ。今回指名した大橋くん(北陽高)も捕手として登録されればその競争に割って入る。タイガースの捕手陣は揃っているだけに、そのなかで頭角を現すことは容易ではない。でも現せないなら自由枠の価値も無い。

 誰にでも言えることだけど入団がゴールじゃない。その先にあるものをしっかり見据えて努力していって欲しいと心から願っている。

 しかし捕手を2人獲ったか。レベルが上がるかな?でもな、小宮山くんの強肩を舐めるなよ!!

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 18:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドラフト雑感 4   2人の社会人投手
 今回のドラフト、社会人から即戦力ということで2人の投手を獲得している。能見選手(大阪ガス)と橋本選手(日本新薬)だ。

 能見選手は自由枠での獲得で、怪我を越えて入団した苦労人ということだ。井川くんと同じ歳で同じ左腕。高校のときは井川くんと川口くん?(オリッ鉄)と左腕三羽烏と言われていたらしいけど、僕は記憶に無かった。

 そんな能見投手、先発でも中継でも行けそうな感じってことは、今のタイガースで言ったら三東くんって感じか?そんなイメージを持っている。現時点でMAX147km、でも平均では140kmそこそこだと思う。それでいて「小久保さんを打ち取りたい!」んだから余程のキレがないと。。。期待しましょう。

 そして橋本健太郎投手。191cm!!なんでも自分よりデカイ相手と投げ合ったことがないらしい。でも今回のドラフトで大洋ホエールズ(現・横浜ベイスターズ)に那須野投手が指名されたので、もしかしたら自分よりデカイ相手と投げ合うことにもなるかもしれない。

 球界には何故か分からないけど『長身投手は大成しない』という訳の分からんジンクスがあった。今はどうか分からないけどね。でも彼にはそうなってもらっては困る。むしろ長身を利用して思いっきり投げ込んで欲しい。

 橋本投手は何でも今までは8分の力で投げていたらしい。理由は「完投するために。」だそうだ。それでいてこの評価なので伸びしろはあると思える。しかしプロは8分の力で投げてどうにかなるものではない。先ずは全力で9回だって投げられる力をつけて、それでいて試合の場面によっては8分でも行けるようにしていかないといけない。

 きっと2人にとっての道は険しい。能見投手は自由枠という評価に、そして橋本投手は何故か当たりが多い『ドラフト4巡目』という指名順位の評価とも戦う日々が来ると思う。しかし越えなければその先も無い。

 まぁなんつぅかね、もしもこれで大体大浪商の橋本太郎選手もタイガースに指名されていれば、すでにチームにいる、関本健太郎、橋本健太郎、橋本太郎の『三太郎』で、微笑くん(@ドカベン)だぁ!!とネタにしようかと思っていた。

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 18:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドラフト雑感3 おかんに微笑を
 今年指名した、水落くん(信太高)、大橋くん(北陽高)、玉置くん(市和商)。この3人に共通するものは?という点を聞かれて『高卒』と答える人は多いと思う。でもそれだけじゃない。この3人は、様々なご事情で母子家庭で、母親に育てられた選手たちだということだ。

 こういった内容を文章にするのが正しいか分からないけど、実は僕自身も母親しかいない家庭で育ってので他人事とは思えない。

 特待生で入ったけど2度にわたる熱中症により京都の名門、平安高校を辞め野球を一度は断念した水落くん。彼の決断は母親に悲しい涙を流させた。しかし、転校した公立高校で彼はそれまで1回戦を勝てるかどうかの高校をチームメイトと共に、激戦区大阪でベスト16進出というところまで引き上げる原動力となった。

 そして今回のドラフト指名。彼のお母さんは「久しぶりに嬉し涙を流しました。」と喜びを隠せなかった。

 苦労したであろう、大橋くんと玉置くん。どちらの選手か忘れたが、普通なら購入するような用具類(たしかユニの下)も補修を重ね、親に金銭の負担をかけないようにし続けた選手もいるようだ。玉置くんは「契約金で何か親にプレゼントしたい。」と言っていた気がする。

 母子家庭という環境では母親が父親の役目も務める。そして息子も自立心を早くから持って行くものかもしれない。そうした中で、彼らは実家を離れて虎風荘へと入る。大阪が2人で和歌山が1人だから比較的近いといえばそうなんだろうけど、やはり親元を離れての生活は本人たちもそうだろうけど、母親だって心配だろう。

 『おかんに微笑を』・・・今回の指名で得た喜び以上の歓びを、今度は彼らが甲子園の晴れ舞台で、母親をネット裏か何かに呼んで見せる日が早く来ることは、おかんだけじゃなくて僕たちファンの願いでもある。

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 18:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
15歳のTigers Love
 辻本賢人(KENT?)くんを指名した。15歳を指名なんて、マンガの「あぶさん」で、あぶさんの息子を中卒で指名したなんて場面が会ったが本当に起こることなんだと思った。しかも最下位の指名じゃないし。

 ここで僕以外にも思う人がいるだろうけど、彼は映画?にも出演経験があるんだよね?どこまで本気で野球に取り組んでくれるかな?ということだ。プロ野球経験のある俳優とか何とかへの通過点ということにならないように、真剣に野球に取り組むように、スタッフも周りも支え、導いて欲しい。幸いにも選手もみんなで支えてくれるようだ。

 彼は年齢的にも身長も体も心もまだまだ成長する。成長期のスポーツに関してしっかりとケアしていかないと、思わぬ弱年齢でリタイアなんてことにもなってしまう。

 現時点での指名は実力はモチロンだけど、話題性もかなりあることは認めざるを無い。

 ここで僕が言いたいのは、プロ野球選手であるとともに、人間としての教育も受けるべきだということだ。

 義務教育は中学生までだけど、現在は高校だって相当の人が当たり前に進学し、卒業する。現在西武ライオンズの監督をしている伊東監督は、熊本から所沢に呼ばれ、球団職員をしながら所沢高校の定時制を卒業したのは有名な話だ。

 辻本くんにも同様に、高校で教育を受ける機会を与えて欲しい。昼間は練習、夕方から定時制高校。それでもいいと思う。

 野球をする時間よりも、野球をしない時間のほうが人生では圧倒的に長い。入団する前からこんなことを書いてはいけないのかもしれないけど、それは紛れも無い事実だ。ならば野球を離れた後にでも希望すれば大学を受験できるように、高校卒業のチャンスは与えるべきだと思う。

 それが親御さんから15歳の少年を預かる責務だと思うけど。

 とにかく、親御さんの心配を無視しないで、責任を持って野球選手として、社会人として成長して欲しい。

 そして何より、辻本くんには真剣に野球に取り組んで欲しい。指名するんだから素質はある。高校で素質を潰されてしまう選手だっているんだろうけど、そうならないようにプロの世界でじっくりと育って欲しい。

 テレビのインタビューでは浮ついたところも無く、好感が持てた。でも父親に言わせると指名されたときはテレビの前で大喜びだったという。しかもタイガースファンだったとか。「メジャーに興味はありません。タイガース一筋で将来は監督にだってなりたい。」これだよ!こういう選手に来て欲しいんだ!!

 辻本くん、これからも胸に秘めたTigers Loveを燃やし続けて、甲子園のお立ち台の常連目指して頑張ってください。ライトスタンドで待ってますので!!

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 18:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドラフト雑感 1 鵜久森君ではなく高橋君
 誰もが意外に思っただろう、鵜久森君が下位の8位指名まで残っていたことを。僕も正直言って意外に思いながらチェックしていた。

 タイガースは済美高校のチームメイトの高橋君を鵜久森君より先に指名した。これはどういう考えなのか?

 でも僕としてはそれでも良かったと思っている。鵜久森君が好打者というより強打者なのは言うまでも無い。ただ甲子園での守備を考えると鵜久森君は確かに不安だった。彼は送球時のフォームがよろしくないらしく、プロ入り後に早急に修正する可能性があった。甲子園でプレーするということは、打力のほかにも守備力という大切なものが他球団に比べてより一層必要となる。

 そういう点では高橋君は攻守ともに甲子園でプレーするに耐えられると判断されたのだろう。この件に関しては僕は支持したいと思う。特に甲子園の守備では不可欠であるはずの強肩がセールスポイントらしいから。

 鵜久森君はDH向きと考えれば、彼にとっては悪くない選択だったかもしれない。そもそもタイガースにも桜井広大くんという右の長距離砲がいる(まぁ彼の守備も微妙なものですが)。桜井くんがいるじゃないか?!と鵜久森君の名前を見るたびに思っていた。

 一方、日ハムは現時点では大成功のドラフトだろう。ダルビッシュ君、鵜久森君という、今年の甲子園を湧かせた2人を指名できたのだから。

 さて、タイガースが交渉権を獲得した高橋くん。済美高校では鵜久森君の陰に隠れがちだけど、勝負強さはひけを取らない。長距離も打てるけど目指すタイプは桧山選手のような中距離ベースの選手って感じかもしれない。寮則を破ったとかで夏の大会はベンチにも入れなかったけど、練習を続けていたらしいし、その分も気持ちをぶつけて欲しい。体は小柄(180cm無い)だけど、トレーニングを重ねれば、目指す方向にいる選手にも近づけるだろう。

 彼の目標はイチロー選手。将来はメジャーも視野になんて言っているけど、それは現時点で口にする話ではない。っていうか、今の時期にその話はタイミング的によろしくない。この辺のトークも磨かないと。。。

 今回のドラフトは赤松くんを獲得できたので、外野手は高校生を1人という選択にしたそうだ。そして西日本短大付属高の竹上選手と高橋くんを比較して高橋くんを指名したそうだ。市和商の玉置くん(投手)を外野手として育成するくらいなら、俺としては竹上くんも指名して欲しかったけど、彼には捲土重来を期待したい。

 鵜久森君の件や指名バランスでタイガース編成陣、特に岡田監督などは普段以上にボロクソに叩かれるかもしれない。守備や走塁、肩を考えたとしても鵜久森君を指名するチャンスがありながら指名しなかったのは間違いかもしれない。でも高橋くんを指名したのは間違いじゃない。僕はそう思っている。

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 18:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
メジャーってか?
 井川くんがメジャーに行きたいと。。。夢として、目標として持つのはとてもいいけれど、今の時点では時期尚早ではないかと思う。

 日米野球では確かに巧く打たれたホームランもあったけど、今季の悪いときの勝負球が甘く入るというやつを見逃さないメジャーの打者にスタンドに運ばれている。140km/h台中盤から後半程度の球速、球種の少なさ、精密とはいえないコントロール、これではメジャーで通用するには足りないものに映る。

 野球は投手1人で勝てるものではない。でも井川くんは1人で試合を作ったこともあれば、独り相撲をとってしまった事も多い。

 昨年は20勝、今年も2桁勝ったけど、いみじくも星野SDがおっしゃった「あいつの勝ち星のうち、打線のおかげで勝った試合が何試合ある?」という言葉が僕が書きたい今日の記事を代弁してくれている。

 「試合を作れました。」というセリフが多かった今年だけど、少なくとも僕は試合を作れてはいないと思ったことが多い。同じ6回3失点でも、いきなり立ち上がりに3失点をして試合の流れを相手に持っていかれては僕は試合を作れたとはいえないと思う。チームの状況によって試合を作れたかどうかの内容は違ってくるはずだから。

 今年は甲子園開幕戦の中日戦や、終盤の広島戦で好投を見せた。でもシーズン中盤の時期には勝ち数と負け数が同じだったこともある。某新聞社系列のクレメンスファンの投手は守備に足を引っ張られながらも力投して試合を作りつづけた。嫌いな球団だけど、あれは認めざるを得ない。井川くんにもそうなってほしい。

 繰り返し書くけど僕は井川くんのメジャー行きは時期尚早だと思う。たしかに実力はあるし、実績もある。でもまだやるべきことをやっていない気がするから。野茂投手は国内では無敵だった。石井投手もヤクルトを日本一に導いた(よね?)。井川投手も沢村賞を受賞し、防御率タイトルも最多勝も奪三振王のタイトルを獲った。でもそれだけじゃないはず。それだけで成し遂げるものが無くなったわけではないはずだ。まだまだタイガースにいてやるべきことがある。それが何かは上手く言えないけれど、決してエースがいなくなるとか、勝ち星が逃げるとか言う次元の話ではなく、まだ覚えるものもあるし、付けなきゃならない実力もあるはず。

 今の時点でのメジャー挑戦がどの程度支持されるんだろう?どうせいくなら、タイガースを代表して快く皆に送り出されるくらいの選手になって欲しい。そしてチームも、井川くんを安心して送り出せるように投手を育てて欲しい。井川くんへの要求は高いけどそれを超えることが出来るはずだと思っている。
続きを読む >>
| タテジマに想いを | 18:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
甲子園を彩る闘い
 1979年夏の甲子園、僕は小学校3年生だったけど忘れられない試合がある。それは石川県代表星稜高校と和歌山県代表箕島高校の延長18回の死闘だった。奇跡の箕島などと言われた試合だった。箕島はこの数年後も高知県の明徳高校相手に、2点差を追いつき、さらにそのあとのイニングで1点差を逆転している。

 闘将尾藤監督の下で死闘は演じられ、それは聖地甲子園を聖地足らしめる闘いだった。

 その当時のメンバーがOB戦を行ったと聞いて、今日は懐かしさと野球の良さを再認識した。

 さて、その甲子園で大活躍した選手のタイガース入りが囁かれている。清原和博(読売)。依然人気はあるが、実力はどうなのだろうか?膝が悪いのを承知で人工芝の球場でプレーし、全力疾走もできない選手の獲得に関しては個人的には反対だ。

 もし清原選手が全力で走れるなら、そしてシーズン120試合は先発出場できるなら、獲得に反対はしない。でも背番号3と5はダメ。他のにしてもらう。

 とりあえず獲得を検討中ということなので、チームの方向をしっかり見定めた上で判断してほしい。

 契約更改では濱ちゃんも来季の復帰を目指す。でも個人的には再来季でもいい。とにかく完璧に治す、そして守備を何とかする!この2点をしっかりやってきてほしい。

 そして来季の開幕投手は井川くんとのことだ。今季の開幕は『誰が何と言っても井川』だったんだけど、来季は『井川くらいなものか?』って感じじゃないか?同じ『井川しかいない』でもそのニュアンスが違うことを気づいてほしい。

 本当のエースの復権。それが来季のタイガースに本当に必要なものだと思う。

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
ネバサレは止まず
 少しはマシなことも言うやないか。そう思ったのは今日の記事。岡田監督、勝つまで「ネバサレ」継続明言@なにわWEB だった。

 この精神を忘れてしまったベンチの中で、選手はどうしようもなく昨年との違いを意識させられた。これでキャッチフレーズも変わってしまったら・・・そう思った矢先の出来事だった。

 決して諦めない、決して屈しない。それは表面上の言葉だけではなく、苦しみの中から立ち上がるとかそういうものになっても来る。ベンチから忘れてしまったネバサレをもう1回やり直す。その気持ちは買ってあげたい。あとはこれを実践できるかどうか。もう1回スタートが始まる。

 数日前に安藤統男(元監督)さんが監督を激励し、さらに「あまりプレッシャーをかけるな。」と周囲に余計なことを言って帰った。そうじゃない!優勝したメンバーをほとんど残してもらってこの体たらく、それはプレッシャーでもなんでもないんだ!!そんなことを言っているから甘えが出てしまって、タイガースが強くならない。このOB会長は何を言ってるんだか?むしろ元OB会長の田宮さんの方がかなりマシなことをノムさんのときに言っていた。(ファンと共にチームを作れ!ファンの声を無視するな!といった内容)

 とにかく優勝した記憶を飛ばさないためにも、これ以上の(といっても1年だけど)低迷は許したくない。それでもタイガースが大好きだ。大好きなタイガースを汚さないように。タテジマはいつでも強さを求めて挑戦する象徴であります!!わかったか?!コラ!!
続きを読む >>
| タテジマに想いを | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
運命まであと6日
 今日、気になった記事は三菱自工岡崎の竹原選手を獲得するかも!って記事。個人的には結構期待している選手だ。

 三菱自動車岡崎の異色スラッガー・竹原をリストアップ @サンスポ

 大学生全日本の4番を打った東海大学:大松選手も候補に上がっていた時期があったけど、僕としては竹原選手のほうが甲子園向きのような気がしている。

 竹原選手は今まで苦労して野球をしてきたそうだ。大学卒業時にドラフト指名を待っていたけど、スカウトが来ていたにも関わらず指名されず、社会人へ進み全日本の4番を打つまでになった選手。大松選手に比べれば、足と守備に秀でるものがあり、打撃も互角。しかも右打ち左投げという選手。

 甲子園で野球をやるうえでは、打つだけじゃなくて、守る際にも足がなければ話にならない。あの外野の膨らみは、甲子園だけのものと思っておいたほうがいい。はっきり言って他の球場ではあり得ない。だいたい右中間のライトスタンドからバックスクリーンの表示がよく見えるというのは甲子園だけだ。そして右中間からバックスクリーンを見るために後ろを向くのは甲子園くらいなものだ。他の球場では左中間からでは横を向く感覚でバックスクリーンを見るし。(だからよく見えない)

 話は戻るけど、今年は各世代に強打者がいる。鵜久森くん、大松くん、そして竹原選手。個人的には守備のレベルが一番高く、足も速い竹原選手には期待したい。

 でも今年も自由枠を2つ行使するから4順目からの指名となる。個人的には
 自由枠  能見投手、岡崎捕手
 4順目  橋本投手(大体大浪商)
 5順目  竹原選手(三菱自工岡崎)
 6順目  橋本投手(日本新薬)
 7順目  赤松外野手(立命館大学)
 8順目  高橋外野手(済美高校)
 9順目  仲澤外野手(東海大甲府)
10順目  市川外野手(菰野高校)
11順目  玉置投手(市和歌山商)

 これくらいで大満足な気がしている。運命のドラフトまであと6日。

 追記:しかし久保田くん、増量ですか?!体重100kgで球速160kgですか?!大丈夫か?ホントに??
続きを読む >>
| タテジマに想いを | 18:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
虎の岩瀬
 大阪ガスというと、一説にはタイガースを逆指名したいがために中日のドラ1確約を蹴って入社した小嶋くん(遊学館高校卒)に期待が集まるけど、能見くんも高校時代の評判が凄かったとは知らなかった。

 山陰出身の左腕と言えば「山陰のドクターK」の三東くんがいるけど、彼くらいはやってくれるのかな?とにかく自由獲得枠なんだから、名前を出しちゃいけないけど杉山直久選手や江草選手、筒井投手の1年目を年齢的な面から言っても超えてくれないと。

 球速はMAX147km/h・・・・・知らない間に1キロ上がってないか?MAXか・・・ってことは普通にいったら140km前後かな?スピードよりも打たせて取っても何でもいいから抑えてくれりゃいいよ。中日の山本昌さんやダイエーの和田くんのように。

 ってことで、岩瀬さんのように・・・と言ったことから『虎の岩瀬に・・・』ってことになるんだろうけど、いいじゃん!良いときのジェフで!!そもそも『虎の岩瀬』とか『岩瀬2世』とかじゃなくて、『能見』を確立するくらいの気持ちじゃないと大成しねぇぞ、きっと。

 粒の大きさを別とすれば、他球団と比べてもタイガースには先発左腕候補が多い。井川くん、下さんは当確。江草くん、三東くん、筒井くんが追いかける。ファームには中林くん、田村くんという若虎もいるし、いちおう前川もいる。むしろ右腕の方が・・・福原くん、多分だけど太陽くん、金沢くんは?球児くんは??獲るんだったらバーンも右だ。個人的には右が欲しいけど・・・(今年の高卒の目玉獲得は無理だなぁ・・・) 何度も書くけど、来年のドラフト候補には大阪、兵庫に高校生の目玉が多いので是非積極的に獲得を!!

 話は戻って、『虎の岩瀬』は確か中村泰投手が入団時にスライダーを主張したときに使っていた気がするので別の名前にして欲しいです。はい。

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 18:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
分配したが
 しっかしなんだ?この分配は??と思ってしまう結果のような気がした。今日は職場の野球ファンともそんな話をした。

 何でプロテクトできるの?何でドラフトに参加できるの?合併したんだったらドラフト指名枠も楽天に譲ったら?経営が苦しくて合併したくせに、なんであんなに年俸が高い選手をプロテクトするの?とか色々だった。

 それにしても凄いのは、「オリッ鉄」が合併しても強くなるとは思えない点だ。5位と6位の合併以上に、どうすんだ?こりゃ??という雰囲気が充満している。楽天に行った選手の中にはまだ20歳そこそこの選手もいる。ってことは高卒をドラフト指名しても数年でっていうか、1年や2年で放出または解雇・・・それじゃこれから先、オリッ鉄には誰も行きたがらないだろう?どうせ分配するならドラフト上位指名選手(歌藤や香月)も分配しろよ!と思ったのは俺だけ?自分たちのせいで大迷惑をかけた意味がわかってんのかな?

 楽天の三木谷社長はエクスパンションドラフトを主張する。これは各球団が相当数の選手をプロテクトして、残りの選手の中から1球団につき何名までという上限を設けて選手を獲得するドラフトで、アメリカではよくやってるんだよね。そういう場合、タイガースは誰を出すんだろう??とか思った。先ずはO監督だろ?球道N、白ベンツHコーチ、3塁に立つ壊れた信号機・・・・・まぁそんなもんだ。あぁ、選手しかダメなのか。しっかりせぇよ!首脳陣!!島野さんに無理さすなよ!和田コーチをしっかり使えよ!!なぁ。

 とにかくそういった中で来季が始まる。もし今、楽天が選手を集めた場合、FA選手や移籍希望選手などを集めるとオーダーはこんな感じかな?

 投手 川尻、一場ほか  捕手 カツノリ? 1塁 鈴木建(ヤクルトと難航) 2塁 仁志(読売と難航、メジャー?)  3塁 新外国人 ショート シーツ(広島が解約) 外野 レフト 稲葉(ヤクルトFA メジャー?) センター 飯田(ヤクルト戦力外) ライト 磯部 DH 清水(読売FA)  これならけっこうやらしいチームじゃん。は?清原??あいつに読売を出る勇気があるかな??でも阪神には来なくていいや。町田で充分・・・きっと。

 そうか、甲子園でも楽天の試合を観るのか・・・俺の観戦予定と交流戦の日程が重なるのは仕方ないけど、交流戦は客が入るのかな?いちおう、公式戦だから入るのか・・・でも今年の楽天へは、西武の経費節減なんかで選手がまだ流出しそうだし、ダイエー(そのうちソフトバンク?)が得意の『無償』で誰か出すかも知れんぞ。。。。。

 以上、本日は毒を強めにお伝えしました。
続きを読む >>
| タテジマに想いを | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
さて?どうなる??
 まったく滑稽な話になったものだ。ウッズが中日有力って・・・で、シーツ?!しかもファーストを守らすとか?!おぃおぃ、それはもったいない。シーツの守備力がファーストとは・・・というかですね!広島の外国人を奪うような真似をしないように。広島が契約を諦めたのなら良いけど。阪神がウッズ獲り断念、保険シーツへ本腰@なにわWEB

 しかし今年は人気がねぇなぁ・・・クラークは故障持ちだそうだから仕方ないけど、それでもなぁ、どう考えてもとても書けないような言葉をある人に思い浮かべてしまうよ。まぁいいや、書くか。監督が代わってからカブで言ったらインケツばかり引いてる気がするよ。

 この分だと、狙っていると言うバーンも怪しいなぁ。今までの俗に言う暗黒時代は選手が揃わなくて弱かったけど、今年の秋の補強は「選手が来ない」もんなぁ。さすがにこれには参ったよ。

 でもね、マネーゲームをしないですむ分は確実にプラスだよね。それだけは断言できる。考えようによってはこれもプラス材料。でもウッズを獲得できないから優勝できませんでした。という言い訳は許せねぇけどな。

 今からでもアリアスに土下座でもして帰ってきてもらうか・・・でも今のタイガースに必要なのはファーストと外野を守れる外国人選手だと俺は思う。どうかなぁ?

 とにかくチンケなことは言わずに、星野SDとかオマリーさんとかコネクションを駆使して選手を取ってこよう。だって監督にはそういうコネクションは無いんだから、こういうときにこそフロントの手腕の見せ所。監督の言うとおりにしていたら選手が集まりません。だから俺たちが用意します!と啖呵を切ってチーム作りを。

 ここまで来たらそうするしかねぇだろ。まさか次はズレータにファーストを!とか言うんじゃねぇだろうな??

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 18:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
日米野球でタイガース
 今日も日米野球を見ていた。赤星くんが大活躍!!走る走る・・・そして今岡選手もヒットを打つ。彼らの持ち味が存分に出ていたと思う。

 だってレフトのラミレスがホームに突入する赤星くんを刺そうともしないのだから。

 反面、井川投手はシーズン中の悪い状態が出てしまった気がしたのは俺だけ?

 最初のHRは上手く打たれたけど、次のチェンジアップのすっぽ抜けはいただけない。あれでシーズン中も無駄な失点を重ね、決まり文句の「でも試合は作れた。」を聞かされたんだから。オフシーズンにゆっくり休養とオーバーホールをして、来季につなげてほしい。

 しかし耳障りなのは読売ファン。せっかく鳴り物の応援を無くしてボールパークの雰囲気でみんなが見ているのに、「とっしひさー!!」とか「おーおおおおおー しんのすけっ!」とか合唱している。そういうのは止めなさい!!空気が読めないんだから、まったく!!

 まぁそれはさておき、やはり普通のボールを使って、ドーム内の追い風を止めればホームランは簡単には出ない。というのが良く分かった3連戦でした。はい。

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 18:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
捕手確保
 野口さんが残留してくれる。もう、嬉しいったらありゃしない!!

 今年後半の野口さんの好リードは良かった。井川選手と組んだときはノーヒットノーランやっちゃうし、リードだって結構強気に内角も攻める。その辺は矢野さんと反対の攻め方だ。

 名コンビという言葉を使うことがあるけど、井川くんが投げるときは野口さんでいいんじゃないかと思う。だいぶ前の近鉄だって、正捕手は梨田さんだったけど、鈴木啓示さんが投げるときだけは有田さんだった。そういうコンビがあってもいいかもしれない。

 今年は謎めく采配の犠牲で野口さんは出番が少なかった。でも、来季は違うと信じたい。なんか采配を振るう人はコメントで残っても使うかどうか分からない。でも実力でレギュラーを・・・とか(インタビューの2つ目の質問への回答)。

 ひとこと言いたい。本当に力があると認めたら使えよ!!と。そして公平な目で見ろよ!!と。

 あとはドラフトの自由枠を能見選手に使うということだ。こればかりは何ともいえないけど、来シーズンは特に関西の高校生が大豊作だから、逃げずに向かっていきなさい!!と声を大にして言いたい。編成も弱気になるなよ。

 とにかく野口さんありがとう。俺は打席に入った野口さんが小刻みに足を動かしタイミングを図っている姿が好きです。

追記:西武が身売り?200億円程度で、本拠地は所沢のまま??俺も西武ドームには行ったことあるけど、あそこは立地的にも厳しいだろぉ・・・

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 18:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
捕手バトル
 日米野球を見ている。しかしクレメンスにラミレスにオルティス・・・よく来てくれたなぁ。というのが正直なところ。彼らがシーズン中の調子で来たらどうなっていたんだろう?すげぇなぁ。

 さて、ドラフトの自由獲得枠ということで、松下電器の岡崎くんが決定した。非常に肩が強く、勝負強い選手ということだ。松下電器・岡崎が虎入り表明…赤星の盗塁阻止に意欲@サンスポ

 ドラフトは正直言って現時点の評価なので、これから先、どこまでの選手になるかは彼の努力にかかっている。

 雑誌で読んだ範囲では、彼はストップウォッチを強く意識しているようだ。捕球から2塁までの送球タイムが1秒8という時間。この時間がどれほどかというと、2秒を切るのがプロのレベルとした場合、強肩だった古田選手で平均1秒9、やはり強肩の谷繁選手が1秒7を数回記録した程度で、岡崎くんのように1秒8をコンスタントに出せる選手は貴重だということだ。

 タイガースには個人的に楽しみにしているロケット肩の小宮山くんがいる。彼は打撃はこれからもっと鍛えなければならないが、その肩は鳴尾浜でビックリものだった。あの送球、凄いぜ!! 非常に楽しみな選手だ。小宮山くんは和田コーチに言わせると『おもしろいリードをする』捕手ということだ。

 岡崎くんも強肩、小宮山くんも強肩、高校と社会人の違いはあるがアマチュア時代には両者とも対戦相手が盗塁企図数がめっぽう少ない選手だった。2人の争いに年齢が近い狩野くんも加わるし、中谷選手、浅井選手も黙ってはいないだろう。現在のタイガースは矢野さんがいて、FA移籍しなければ野口さんがいて、来年は3番手の捕手の座を争う。

 現時点では岡崎くんを1軍に帯同するようだけど、ファームで実戦経験を積めば狩野くんだってチャンスはある。勝負強さだってあるんだし。

 小宮山くんだって来年は無理でも鍛えて行けば数年後には甲子園の扇の要になっているかもしれない。

 まだまだ小粒かもしれないけど、群雄割拠。捕手は経験も要るから即戦力よりも大器晩成的なポジションかもしれない。

 レベルの高いポジション争いが繰り広げられることを楽しみにしている。年齢的には5年後には矢野さんが今のままの実力の現役でいる保証はどこにも無いのだから。
続きを読む >>
| タテジマに想いを | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
韋駄天 萱島 突撃〜♪
 秋季キャンプで「怪童」中西太臨時打撃コーチの打撃教室が大好評のようだ。鳥谷くんだけじゃなくて関本選手も鍛えられているようだ。個人的には鳥谷くんの成長も楽しみだけど、関本選手の能力開花は凄い大事なことだと思う。だってあの体格だ、今よりも長打力が更に伸びて行って欲しい。

 関本選手本人は、大きいのを狙っちゃうと確実性が落ちると言っていたけど、彼なら確実性を維持しながら大きいのも狙える素質があると思う。今までは体力不足からスイングが狂い、確実性も落ちていたけどこれからはきっと違う姿を見ることができると思う。

 さて中西臨時コーチ、東西対抗で教え子の鳥谷選手と関本選手がいない日に、萱島選手に目を止めたらしい。萱島に「モ〜やん」中西太コーチが指名@なにわWEB俊足の萱島選手、僕は鳴尾浜で1回見た。ただそのときの印象ははっきり言って良くない。確かに足は速いのだろうが守備が悪すぎるという印象を持った。

 足が速い、瞬発力もある、でも捕球があまり良くなく、送球も今ひとつ。代走要員かなぁ?というのが正直な感想だ。

 でもファームでは先発内野手だし、打順は1番だし、和田コーチもいるし、きっと期待できる面が多いからこその起用だと思う。僕が見た日はたまたま悪かっただけかもしれない。

 「近鉄にいた小川選手のようになれ!」という注文を受けたようだ。小川選手は今でもマスターズリーグで活躍する名選手。その選手と比較されるってのは光栄なことだと僕は思う。

 シーズン終盤では外野守備も経験したようだし、とにかく今は様々な経験をして自分の生きる場所を探して生き残ってゆくこと。彼のクラスの選手はそういったアピールポイントを見つけて首脳陣にアピールする。その戦いの毎日だと思う。

 俊足!といえば赤星選手が第一人者だけど、足の速さなら萱島選手だって相当なものと聞く。以前タイガースには韋駄天の高波選手(現・西武ライオンズ)がいた。彼のヒッティングマーチの「韋駄天 高波 突撃〜♪」の後継者になれるよう、今日の記事を見て期待が膨らんだ。ちょうど文字数も言葉もピッタリな気がするし。

 ♪ セカンド サードに ホームスチール 萱島 止まらない〜 ♪  

 ちなみに高波選手は本当に止まらなかった記憶が・・・(汗)

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
憧れと緊張と感謝
 遅ればせながら、静岡でも10月10日の『虎バン』を観ることができた。そう、スカパーのSky−aで。

 10月10日の虎バンは八木さんの引退特集だった。その番組の最後で八木さんがおっしゃったのは表題にした「憧れ、緊張、感謝」の言葉だった。

 自分を見出し、チャンスをくれた吉田監督、同級生でライバルで、そして仲間だった横谷さん、家族やご親族、そういった皆さんへの感謝を、そして僕たちファンへの感謝を番組中、何度も何度も述べてくれた。

 代打というのは試合展開を読む力が無いと務まらないんだろう。だから八木さんの試合の流れを読む力はきっとずば抜けて凄いと思う。きっと良いコーチになるなぁ・・・そう思った。 

 今までは捕手出身者が名監督になることが多かったけど、八木さんはレギュラーも代打も経験した新しいタイプの名コーチ、名監督になってくれる気がする。

 八木さんの引退からまだ20日しか経っていない。季節は急激に秋色を強めやがて冬に向かって行く。今年の秋が何となく違う気がするのはきっと八木さんがいないからかもしれない。

 追記:ウッズに2年10億円以上??それはちょっと・・・出しすぎでは??

 追記2:楽天ですか、そうですか。ゴールデンイーグルスですか・・・球団名に「東北」とか「仙台」とか入れないんですか?そうですか・・・しかし堀江社長の記者会見も・・・悔しさが出てましたねぇ。

 追記3:楽天は一場ですか・・・マジで「らくてんいちば」なんですねぇ。

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 18:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
ホントに来るのか?そんな大物
 今日ぶったまげたのは、阪神、ヤンキースの大砲クラーク獲りへ@なにわWEB・・・来るのか?ホントに??

 今年出番がなかったからといっても、そりゃあレギュラーがジアンビーだったからで、よそだったらとっくにレギュラーだった選手を・・・大丈夫か?

 そういや今までも現役バリバリの大リーガーが来たけど、何をしに来たんだか??オープン戦のみ絶好調って・・・オープン戦は内角を厳しく攻めないから打てるに決まってんじゃン!!オープン戦でスカだったらマジでスカだよ・・・っていうのを思い出してしまうアナタ!!具体的な選手名まで思い出してしまうアナタ!!とりあえず今は忘れておきましょう。

 本人は日本でプレーすることを想定しているようだし、外野もファーストもできてしかもスイッチヒッター。ひーやんは外野のポジション争いを毎年やるなぁ・・・大変だなぁ・・・と少し思った。

 でも甲子園のライトの守備は慣れないと大変だと思うが・・・どうなんだろう??肩は別とすれば、ひ〜やんのキャッチングというか、ポジション取りはうまいぞぉ!!

 そして、まぁあまり触れたくないが、報知にこんなことが書いてあった。それはクビアンの登録名。クビは縁起が悪いからファーストネームのダーウィンを使うとか??すげぇな、おぃ!!進化論を唱えた人とカタカナで同じ表記だぜ!!進化するかなぁ??

 でもそれに関するダーウィンのコメントがスゲェ。

 「クビっていうのは終わりって意味だろ?だったらだったら終盤に投げるんだし、試合を勝ったまま終わらせるんだからそのままでも良いんじゃないか?」と言ったらしい。

 そこで俺は言いたい!!「クビ」っていうのはそうじゃねぇ!!ジェフのような勝ったまま終わらせるのは「クビ」とは言わねぇ!『クビって言うのはなぁ!マイヤーズのような終わり方をするやつのことを言うんだ!!』・・・あぁ、また陽気な奴が入ってきたもんだ。すまねぇが正しい日本語の意味を教えてやってくれ。

続きを読む >>
| タテジマに想いを | 17:56 | comments(0) | trackbacks(0) |