04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
RECENT ENTRIES

ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

女神は再び微笑むのか?
 長嶋一茂の耳障りな話のせいで真弓さんとよっさんの話が途切れてしまう中継を見ていた。

 勝利の女神というのがいるとするなら完全に振られた男がタイガースにいる。井川だ。オフシーズンの騒動がどのように影響したのか分からないが勝利の女神はそっぽを向き、甲子園の神様まで敵に回してしまったようだ。

 一度は自分を振った相手を振り向かせることが出来るのか?同じ女を2度口説かない僕には分からないけれど、この場合は振られっぱなしじゃ話にならないから何が何でも振り向かせなければならない。そのためには変わらなきゃ!!

 相手投手の調子がいい場合、自分から先に崩れてはいけない。しかし井川の魔法は5回で切れてしまった。

 確かに今日の井川は変わったかのように見えた。しかし6回、傍目に見ても分かるくらい球威が落ちる。ストレートも140km/hを切る。よりによってキャプラーに逆転タイムリーを打たれてしまう。エースが6回持たない。これでは試合として苦しいだろう。打線の援護も止まってしまう。まだまだ女神は振り向かない。

 そんななか、圧巻のピッチングを見せたのがハシケンだった。長身から投げ下ろすストレート。打者にとってはおそらく消える魔球のチェンジアップを駆使して読売打線を抑えてゆく。このままチームが逆転すれば初勝利。お立ち台でタメ口を聞かせてくれ!との思いも出てくる。

 マウンド上では表情を変えないが、7回表を抑えてベンチに帰るときに見せた表情。下を向きながらも上目遣いでにらみを利かせる表情からは闘志がむき出ていたし、8回に四球を出したときは唇をかみ締めて悔しさを顕にしていた。

 四球を連発して交代したけど、課題もはっきりしていただけ救いはあった。セットポジションと左打者。この2つをクリアすれば先発も見えてくる。その後の吉野投手も左打者を打ち取るあたり、中盤以降はしっかり状態を維持できている。しかしこの日は攻撃のリズムも今ひとつ。6回表の逆転されたイニングを引きずっているのだろうか?

 試合はそのまま終わってしまった。最終回の失点など悔やむべきものもある。チームは3敗目。そしてその全ては井川が先発投手の試合だ。このまま勝利の女神に振られっぱなしで終わるのか?いつまでも皆は待ってくれない。

 連勝は一旦ストップした。でもいつかは止まるものならそれはそれで受け入れて、明日から連勝を始めよう。明日は誰だ?福原投手?太陽投手?相手は上原投手か?相手のエースを打ち崩そう。今岡選手は左中間にHR。桧山選手にもHRが出た。今日抑えられた選手は明日仕返しをするだろう。

 タイガースは下を向かない。ここからさらに上昇するだけだ。

 今日のMVPはこちらへ。
| タテジマに想いを | 21:56 | comments(0) | trackbacks(6) |