05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
RECENT ENTRIES

ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

小柄な男の大きな仕事
 前進守備、しかも赤星シフト。その隙間を狙ったかのような当たりがセンターで跳ねた。詰まっていた当たりだが、昨日と今日の悔しさを晴らすべく、打球は飛んでいった。

 そしてもう1人。試合前の打撃練習では濱中選手と同じくらいの飛距離を見せる浅井選手。イケイケのリードにイケイケの投手である江草投手とのコンビだった。矢野さんの後継者にならなきゃいけない存在だけど、矢野さんの存在が大きいばかりになかなか座ることが出来ないでいた。その彼がリードと打撃で今日はチームを守った。

 もしもあのまま試合が終わっていたら、得点はホームランだけということになっていた。今日の試合だってランナーを出しても返せない。そんな攻撃だった。でもタイムリーで得点できたことは大きいことだと思う。

 守備でも鳥谷選手のナイスキャッチもあった。4番のアニキが指の怪我、5番の今岡選手は長すぎる不調、6番濱中選手も下降線と困った打撃陣だから、守備だけでも何とかしようっていうチームプレーの気持ちが鳥谷選手からは感じる。

 昨日抑えられたクルーンから2安打で決勝点を捥ぎ取った。ダーウィン投手も、能見投手も、球児投手も、久保田投手も、みんなで守って凌いでつかんだ1勝だ。相手がクアトロKでもこっちにだってそれ以上の継投がある。ここにきて調子が戻ってきた中継ぎ以降の勝利のパターンに、ついにウィリアムス投手も帰ってきた。

 赤星選手が公称170cm、浅井捕手は公称176cm。現在のプロ野球界では決して大きくない身長でも大きなプレーを見せることは出来る。

 「ゲームは身長のデカイ奴が勝つんじゃない。ハートの大きい奴が勝つんだ!」とはNBAのフィラデルフィア76ersのポイントガード、アレン・アイバーソンの名言。今日の試合だって、球速の出る選手じゃなくて、『勝ちたい!』気持ちの大きい選手が勝利をつかんだ。

 雨の中で、やりにくさもあっただろう。試合の流れも最後までどっちに付くか分からなかった様に見えたけど、最後に手繰り寄せたのは猛打賞と爆発した浅井選手と、小柄だけどハートのデカイ、赤星選手の一撃だった。
| タテジマに想いを | 17:30 | comments(4) | trackbacks(13) |