08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 少しずつの丁寧さを | main | 線路は続くよどこまでも >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

明暗分けて
 同じような2アウト満塁の場面でトレードの当事者同士が明暗を分けた。

 満塁になるまでの過程は違ったとしても、リーグが違うチーム同士の戦いでは、対戦回数が少ないだけにどうしてもこの試合ではそこを比べられてしまう。 

 結果としては今日のところは平野選手に軍配が上がった。これはチームとして戦っているし、背負っているランナーの特徴も違うので比べることはできても結論付けが難しいのだが、平野選手の素晴しさだけは実によく分かったし、このトレードは成功だったと確信できるものでもあった。

 ノーアウト満塁が2アウト満塁。理由は知らないが野球ではノーアウト満塁は得点になりにくいという言葉があるらしい。実際に2アウトまで持ってこられるのだが、これだって結果論。逆に作戦とか立てにくいというか、誰が打者であっても打席の打者に任せるしかなかったと思う。だから平野選手のバッティングには賛辞を贈りたい。

 その影に隠れるわけでもないだろうが、久保田投手が好投した。

 登板して最初のボール。つまり1球目のはずれ方を見ると心配だったのだが、それ以降を丁寧に打ちとって行った。

 無理に三振を狙うことも無いだろう。久保田投手ほどの投手なら、球速が3〜4キロ落ちたってコントロールが良いほうがイイに決まってる。三振への魅力なんかもあると思うけど、抑えてナンボのポジションだから先ずは相手を「0」に抑えるほうがいい。

 1つのトレードが明暗を分けた。片やヒーローインタビュー。そしてセカンドゴロの後に守備に就く濱中選手をテレビ画面は大きく写した。その表情に何かスッキリしたものを見たのは俺だけかもしれないけど。

 お互いがトレードで新天地に来て別の内容であっても注目されて期待されている部分がある。平野選手はそれを現時点まで出すことができている。濱中選手の活躍は時々しか分からないけど。

 2人にしか分からないものがあって、そして別々の考えがあるんだろうけど、最初の2試合を終えた今、移籍した実感を最初に感じたのはオリックスのホームグランドで戦った平野選手だった気がする。そしてそれを次は甲子園で濱中選手が味わうんだろうな、きっとね。
| タテジマに想いを | 22:04 | comments(0) | trackbacks(1) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/184830
古巣にゴン!
 5月21日、阪神vs.オリックス戦。  昨日はあまりにも嫌な負け方をしたタイガース。今日は負けられない。  初回、内野安打で赤星が出塁。平野一ゴロでランナーが入れ替わり、 新井のヒットで一死一、三塁。金本犠牲フライで阪神が1点を先制した。  阪神先発のボ
| 虎のおしゃべり堂 | 2008/05/21 11:03 PM |