10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 気持ちでつないだ野球 | main | 遠征を考える >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

勝てる場面をガッチリ行こう
 1試合観ただけでは簡単に打てない。それがJFK。そんなことを感じながら試合を観ていた。ちょっと久保田投手にはドキドキしたけど。

 さて何とか下さんに勝ち星を付けたかった試合であった。ん〜・・・・・でもまぁ上手く行かんわ。

 交流戦というのは普段のデータが少ないだけに、蓋を明けてみなけりゃ分からない面がある。その連続の中にあって勝てるタイガースは本当に強いもんだと感心している。

 その中でも最近の活躍に目を見張るのは平野選手で、しっかりとしたプレーと思い切りの良さで貢献している姿が本当に目を引く。タイガースは良い選手を獲得したものだと思う。

 今日の試合は実は平野選手の一打で決まったはずだった・・・・・なんて書くと本当に結果論でお恥ずかしいのだが、9回裏は勿体無かったね。

 1アウト1,3塁で赤星選手の放った打球は3塁正面への強いゴロだった。3塁走者の矢野さんは少し遅れた感じでスタート。この場面、ゴロでGo!は間違いではない。しかし三本間で挟殺プレーになったら1塁の代走の秀太選手が3塁に到達するまで粘ってほしかったのだ。ここで粘っていれば・・・・・というのが正直なところだ。

 今日の矢野さんは打っては3安打、守っては下さんを始めとする投手陣を引っ張って西武の強力打線を1失点に抑えている貢献があっただけに、終盤のこのプレーさえなければ・・・・・という感じがした。

 勝っているときにこそ、こういったプレーを大切にする。それが強い状態を保つ秘訣ではなかろうか。勝利の中の反省として次に同じことを繰り返さないでほしい。だたし裏を返せば埼玉西武の内野守備が良かったともいえる難しさがあるのも事実である。あとは関本選手の様子も気になっているのだが。

 さて、代打で出場の光信選手もよく打った。やはり代打は積極的にバットを振る準備が出来ているかが大切なのだが、光信選手も積極的に打ちにいけていた。これは状態が良い証拠だろう。ベンチに戻る光信選手を迎える選手たちとタッチする光信選手の様子は、また1人帰ってきた選手がいることが証明されていた。

 試合を決めたのは4番の差だったんだろう。ブラゼルも金本選手も最後の打席を迎えるまではノーヒットだった。ブラゼルはチャンスに併殺打を打つなどちょっとブレーキになっていた。アニキもチャンスで打席に入らないものの物足りない打席を重ねている。

 しかし最後だけは違った。ホームランを打たなくても良い場面。こういったミートすれば良い場面のアニキは本当に怖い。2周り目に入ったグラマンから軽く打って外野へ飛ばすことは今の金本選手にとってはそんな難しいことではなかった。軽く打った打球(それでも充分速いのだが)は追うのを諦めたライトの横を転がっていった。

 1番の赤星選手と2番の平野選手が揃って出塁できなかったのはこの試合では初回だけだ。あとか必ずどちらかが何らかの形で出塁している。執拗なまでに相手へ与えるプレッシャー。そしてチャンスを作り出す作業を根気よく続けていった先に待っていたのがサヨナラ勝ちだった。

 勝てる場面をガッチリと。タイガースは更に強くなる階段を昇っているのである。
| タテジマに想いを | 22:44 | comments(0) | trackbacks(1) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/185394
アニキが決めた!グラマン撃墜で三連勝
 5月26日、阪神vs.西武戦。  阪神の先発は下柳、西武は許。序盤はともにそれなりにランナーは出るが なかなか決定的な場面を作れない展開。しかし、五回、とうとう阪神が先制 する。  一死から関本がヒット、下柳の送りバントがフィルダースチョイスを誘って 一
| 虎のおしゃべり堂 | 2008/05/26 10:48 PM |