06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 過去を消す | main | また難しい試合に・・・ >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

4,500
 今日の勝利は球団設立から4,500勝目という記念すべき勝利。ここまでの4,500という数多くの勝利のうち、自分が観てきたのは何勝だろう?俺が生まれてから何勝を積み上げてきたかはデータを拾えば分かるかもしれないけどそれだけでは量れない思い出がある。

 その試合でタイガースは今季を象徴するような試合を見せている。

 とにかく走った。そういう試合に見えた。それは機動力がそう思わせるのかもしれない。鳥谷選手の盗塁もそうなんだけど、最終回に金本選手が2ベースにした当たりもそうだし、金本選手といえば4回に今岡選手のセンターへの犠牲フライで新井選手がホームに帰る間に3塁に進塁するという大きな走塁も見せている。

 守備面でも積極的な守備で効果を出すなど、攻守にわたり積極性が目立つ。これは相手にとって本当に嫌なこと。だって去年まで中日に同じようなことをされて嫌だったでしょ?それをタイガースがやっているようなものだ。

 アッチソン投手はちょっとね・・・・・球が読まれやすいのか、コースが悪いのか、それともスタミナ面で調整方法を変えたほうが良いのか分からないけど、おそらく完投は望んでいないタイプだろうから少なくとも6回まではしっかり抑えてもらいたい。メジャーでは主に中継ぎとして起用されていたようなのでスタミナ面で課題はあると思うけど、開幕当初のようにコースに気をつけて投げれば使える投手だと思うので、はやく立ち直りのきっかけを掴んでほしい。俺としては低めの徹底だと思うけどね。同じようなタイプに見える福原投手の好投の秘訣を学んでほしいな。

 早めに捕まえるに限る相手の先発を捕らえたのは今岡選手だった。打った瞬間に俺は部屋で「行ったんじゃねぇか?!」と叫んでしまったが、実際にふくらみの少ない東京ドームの左中間に飛んでいった。あれで随分楽になったと思う。次の打席ではやはり同じようなところに入ってきた球を犠牲フライに。中継では今岡選手が徐々に良くなって来たかのように伝えられているのでが、こうして打つ場面を何度も見せてくれると実感が湧いてくる。守備でも強い打球にトライできるようになってきたね。

 今のタイガースには復調しなけりゃならない選手が何人かいる。それは今岡選手であったり久保田投手であったりするのだが、やはり優勝するためには彼らの復調と貢献は絶対に必要。その気配を戦いながら掴むのは容易ではないけれど、一流と呼ばれる選手はこれが出来なけりゃいけない。そういう意味では絶好の試合展開だったと思う。

 4,500の次は4,501。そういった1つ1つの積み重ねが歴史を作るものなんだけど、その場面を見ることが出来るのは嬉しい限りだ。

 昨年はコケたゴールデンウィークだが、同じ失敗は何度も出来ない。明日も油断しないで思い切り戦おう。せっかく内海もグライシンガーも出てこなさそうなんだからね。
| タテジマに想いを | 21:20 | comments(0) | trackbacks(1) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/183187
復活への序曲
 5月6日、阪神vs.読売戦。  阪神の五番打者は久しぶりに先発出場の今岡。二回、先頭打者として登場、 粘った末に、読売先発・高橋尚のスライダーを捉え、先制ソロホーマー。  しかし三回、阪神先発のアッチソンは亀井に同点タイムリーを許してしまう。 開幕から3
| 虎のおしゃべり堂 | 2008/05/06 11:57 PM |