03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 粘って粘って、もういっちょ粘って | main | メンタルタフネス >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

地味だが好プレーを続けよう
 直久投手が(以下、略)で、しかもビクトリアマイルは外し。だって母馬がニシノフラワーなんだもん。現役時代を知っているから買ってみたんだけど(以下、略)。

 あの序盤で2失点で終わったのが幸運だったのかどうか分からないけど2点差という少ない点差で終盤へ進もうとしていた。

 この2失点の取られ方は、数字上では「2」だったが実際にはもう少し大きな差に感じたものだ。

 その点差を追いかける場面でいずれも得点には結びつかなかったが代打で出てきて送りバントを決めた2人の選手を称えたい。

 浅井選手と藤本選手である。

 浅井選手は3番手捕手の座を不動のもの?にしていた時期があった。でも清水捕手だったり狩野捕手だったり小宮山捕手だったり・・・・・に出番を奪われた。そこで外野手登録へ変更となる。そのなかで代打の出番となるのだが、その難しさと試合展開上の出番の少なさで実戦経験を積めずにいる。

 藤本選手にいたってはレギュラーとして活躍し、アテネオリンピックの日本代表選手でもあった。しかしこれも定着せず、関本選手、坂選手と昨年は競い、今年は平野選手がセカンドの中心にいる。

 そういった出番の少ない選手なのだが、今日のような場面で、それも1打席のチャンスでバントを求められ決めるというのは実は非常に重要なものだと俺は思っている。

 バントといっても決してバットにボールを当てるだけのものではない。何せファーストやサードがかなり前に出てきている。その正面だったらセカンドや、場面によってはサードで送るべきランナーがアウトになってしまったり、下手すりゃ併殺になってしまうこともある。

 送りバントの構えだから相手野手は真正面まで出てきている。そこに転がしてはいけない。打上げるわけにも行かない。その難しさの中で決めた2人の選手は、得点には結びつかなかったが相手にプレッシャーを与えることには成功している。

 出番の少なさは残念である。しかしタイガースにはその少ない出番を大切にして、1打席に賭けて、ベテランながら今日はスタメンに名を連ねている桧山選手のような選手もいる。続けることでそうなれるように、注目していきたいものである。
| タテジマに想いを | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/184524