04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< Welcome back | main | 明日はダービー >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

ついに!遂に!!
 平野選手の怪我を心配しながらなのだが、復帰までを首を長くして待ちながらの日々である。

 その平野選手の代わりといえば誰になるのだろうか?やはり一番最初に名前が挙がるのは関本選手なのだろうか?藤本選手なのだろうか?

 俺としてはこの気に坂選手と大和選手を併用してほしいのだ。

 坂選手については使えば結果を出す選手でないかと思っている。確かに1軍では満足な数字を残せていない。しかし天性ともいえる柔らかなバッティングはきっと通用するだろうし、サードよりはセカンドの方が実力を発揮できると思っている。

 大和選手については本職はショート。でも確か、出場機会を増やすためにセカンドも練習していた気がするんだけど。

 こんなことを書くのは失礼かもしれないが、大和選手はタイガースにしては珍しく、どこでどのように使うかという目的をはっきりと持って獲得した選手だ。それは2番打者。自己犠牲を厭わず累上の走者を確実に次の塁へ届ける選手。それを期待されている選手。きっと和田コーチの現役時代のような選手をイメージして獲得したんだと思う。平田さんの現役時代でもいいのかもしれないけど、イメージとしては和田さんだなぁ。

 そのようなチーム状態で、平野選手の怪我を補うには選手としてのタイプがあまりにも違うのだが、存在で黙らせることが出来る選手が帰って来た。ある意味で固まらなかったライトを固める男。固まらなかった5番という打順を固める男である。そう!林選手。

 もうね、この選手は凄いと思うのよ。

 天才打者っていうのが何人かいて、その天才にもいくつかのタイプがあるんだなっていうことには気づいている。そして林選手も天才である。そこを強調してみたい。

 どんな天才か。それは適応能力が人並み優れている天才であるということだ。

 確かに現時点で対戦成績が振るわない投手もいる。でも彼の場合はそれすらも適応できるのではないかと思う。ずっと苦手のままでいるとは思えないのだ。

 昨年はファーストを守った。これにしたってプロではほとんど経験の無いポジションで、その1年目でのプレーだった。そして特筆すべきはそういった守備位置であってあの打撃成績であることだ。

 センスとかいう言葉で片付ければそうかもしれない。でも彼にはそれ以上がある。平野選手の登録抹消は非常に残念。だが帰ってきた天才打者が切り開くのだ。

P.S. そしてこれも根拠が無いが、育成枠から這い上がった背番号52と捲土重来を期す7番もそれに続くのだ!!

| タテジマに想いを | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/185848