10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 【このシリーズ最終回記念6本立て】 酒と猛虎と男とバレーボール | main | 【このシリーズ最終回記念6本立て】 酒と猛虎と男と自信 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

【このシリーズ最終回記念6本立て】 酒と猛虎と男と箇条書き
 結構色々書いてはいるが、今日は1つの記事にはならないけど、それなりに書ける内容を箇条書きにする。これは俺自身の経験もあるけど、周りの連中のそういう姿を見て書いたものもある。
1 直すから・・・
  AくんはBさんと付き合って半年が経過した。しかし半年で別れようと決意した。理由は彼女が地に足をつけた考え方が出来ず、このまま結婚を考えるのが嫌になったから。他にも様々に相性が合わなかったらしい。で、別れを切り出したのだが。。。彼女は粘る。「悪いところがあったら直すから、言ってほしい。」と言われたAくん。そのときAくんは思ったそうだ。「言って直る欠点なら、とっくに言っている。それに様々な相性って・・・それは言えねぇだろ!」。。。結局「いや、もう好きな気持ちが無くなったから。」と言って別れたらしい。
 これを某球団の某選手に置き換えて考えてみましょう
 選手「悪いところがあったら言ってください。直しますから。」
 監督「いや、送りバントが下手だから。。。」
  こんな感じだろうか?違うか。。。

2 くせぇ
 Cくんの彼女のDさんはかわいかった。でも別れた。理由は「おタバコ」。俺もタバコを吸う女性は得意ではない。今は吸っていても、付き合うようになったら止めてくれればいいや。って感じだけど、Cくんの彼女はそうじゃなくて、タバコがお好きなようだ。で、Cくんは結局別れた。別れる理由は他にもあったんだろうけど、僕に聞かせてくれた理由は1つだった。「もうヤニ臭い口とキスをするのは嫌だ。」・・・そうか、モンダミンじゃダメなのか??
 俺は何年か前に、タバコの煙を鼻の穴から出す女性をコンパで見たことがあるけど、確かに鼻の穴は嫌だったな。

3 金遣い
 Eくんの彼女のFさんは独り暮らしをしていたが、親元に帰らされた。理由は金遣いが下手だから。まぁだらしないとも言う。
 給料は手取りで25万円程度だが、まるで35万円くらいは稼いでいるような金遣いらしい。それだけじゃなく、27歳にもなって親から借金して遊んでいるらしい。確かに褒められたもんじゃないな。
 Eくんはイイ歳なだけに、真面目に結婚を考えていたようだけど思いとどまり、考え抜いた末にやめたようだ。そりゃそうだろう、自分の給料を好き勝手にやられて、残さず全部使われたら嫌だもんなぁ。

4 駅前で待ち伏せ
 Gくんは彼女と別れた。しかし数ヵ月後に、彼の通勤する駅前で待ち伏せされた。それは別れてキャンセルした旅費の返金を渡すためらしい。だがそれは怖いわ、マジで。必死で振り切ったらしい。人間、諦めも肝心。Gくんが言った「俺は避妊はしっかりやっていたぞ!」

5 彼氏の誕生日を忘れた女
 忘れんなよ・・・。しかもその日に他の男に口説かれてんじゃねぇよ。しかもその途中で彼氏に会いに行ってんじゃねぇよ。で、結婚して「最近、加齢臭がするのよね。」とか言ってんじゃねぇよ。加齢臭はお前もしてんだよ、きっとな。でもそういう俺も、女友達の誕生日を間違えたことがある。

6 仕事をやめると宣言した女
 非常に優秀と言われている大学を卒業してきたHさん。彼女は大学の後輩と付き合っているらしく、彼氏は法学部で弁護士だか、検事だか判事を目指しているらしい。そりゃすげぇ、その大学が優秀なのは俺も知っている。で、Hさんは新人の頃に宣言していた。「彼氏が卒業して就職したら仕事を辞めて結婚します。」と。
 ほぉ、そうかそうか。こっちが真面目にやっている仕事を腰掛け程度に言われたら俺も少しむかついたが、他人事なんてそんなもの。適当にあしらっておいた。
 それから5年は経過した現在、Hさんは未だに職場にいる。彼氏は就職できなかったのであろうか?それとも司法試験に落ちまくったのであろうか?それともそれ以前に別れたのだろうか?どうでもいいことだが、すっげぇ気になる出来事だ。
 後日、別れていることが判明した。

7 職場で男は見つけないと言った女
  少し濃い顔のバイトの I さんは常々「職場で相手を見つけない。」と言っている。しかーし!俺も参加した飲み会でIさんはそうも言ってられない状況になった。俗に言う「イケメン」が来てしまったのだ。そりゃ嬉しかっただろう。Iさんは喜んでいた。
 2軒目の店でも「イケメン」をマンツーマン・ディフェンス!!宣言内容はどこへやら、それ以降毎晩のようにイケメンに電話しまくったそうだ。しかしあまりのしつこさに頭に来たイケメンもすげぇことをした。なんとデートの待ち合わせ場所に行っておきながらその場で「おれ、2人で会うの嫌だ。」と言って帰ってきたそうだ。俺からすれば2人ともスゲェことするなぁ。。。と思った。ちなみに俺は、数ヶ月付き合った彼女から「アタシ、やっぱり彼氏いらな〜い。」と言われたことがある。


 34年独身やってると色々あるわ。また思い出したら書きます。
| 酒と猛虎と男と○○ | 21:22 | comments(0) | - |