03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 奇跡のドラマ | main | 〔3日間観戦記〕 こういう試合もあるんだな・・・・・が2試合も!! >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

だから燃えろ赤星!と書いてみる。
 3連戦観戦記は明日記事にしたいと思います。観戦中に皆様から頂いたコメントにはこちらの記事でお返事させていただきました。ありがとうございます。

 9回表の先頭打者に対する球児投手の余裕(?)が気になったのだが、やはり打たれるはずがないという意識を逆手に取られたというか、昨日の杉内に対する野口さんのような感じを逆にやられた気がしていた。やっぱり強いチーム相手には一瞬の気持ちの隙が命取りだなぁと思った。

 ただ、俺はこの球児投手の風格とも言うべきものは嫌いではない。そしてこれが敗因の1つであったとしても敗因の全てではないことも分かっている。

 それは同じイニングの裏に同じような展開をタイガースも招いていたからだ。
 先頭の鳥谷選手がヒットで出塁。藤原選手が送りバント。しかしこれを馬原投手が好判断で2塁封殺。桧山選手が倒れて藤本選手がヒット。このヒットは大きかったねぇ。

 今年は出番が少ない藤本選手だが、数少ない打席に集中力を乗せて良い感じで打てていると思う。その証拠に右中間に引っ張ることが出来るようになった。

 ここで赤星選手が登場。でも首の状態が相当悪いんだろうなぁ。ボールが見えていないんじゃなくて、ボールを見ることが出来ないのではないだろうか?そんな感じの打席で凡退。フォークボール、見えてなかったもんなぁ。

 確かに辛い状態であると思う。広大選手もいるし庄田選手も昇格してきた。俊足タイプなら赤松選手やトレードで獲得した山田選手もいる。そういった逆風とでもいうべき「ポスト赤星」候補の出現には気の良いはずが無い。まだまだ「ポスト」を心配されるような立場ではないと本人も思っていることだろう。

 怪我をしているので走塁も辛いのではないかと思うし、そのせいか1塁ベース上でのリードも小さく見える。応援団の「走れ!走れ!」コール、俺は観戦した3連戦では叫ぶことが出来なかった。

 でも出る以上は言い訳にならない。それを赤星選手自身が分かっているであろうことは簡単に想像できるからなおさらなのである。

 今、チームは今までのレギュラー組に控え組みが必死に結果を出してアピールしている。林選手は居場所をガッチリ掴んだ。野口さんも昨日はジャン投手を、今日だって下さんをナイスリードで引っ張っている。そういった中で赤星選手は桜井選手や葛城選手、林選手が時にはセンターに入る中で起用されている。自分が当たり前のように試合開始時に着いていた“定位置”を他の選手が守るのをベンチで見ることは悔しいなんてもんじゃないだろう。
 赤星シフトを引かれ、それでもそこに打球を飛ばしてしまう。予想どおりなんて全くらしくない。敢えて嫌味のように広く開けられた1,2塁間を鋭く破る打球は復活するのか?

 厳しい状態のチームにあって辛い状態の赤星選手の厳しい表情がテレビに映る。だから敢えて書いてみる。怪我しているから無理をして欲しくないし、現役でいるうちは完治が難しい症状であるのであることも承知しているし、ただでさえ燃えている選手であることも百も承知である。でも書いてみる。

 輝いてくれ!赤星選手!!と。ブラックホールに飲まれた星ではないのだ。やはり星はどんな先にも何万光年も先にある場所にも光を届ける。そういうものなのである。
| タテジマに想いを | 22:01 | comments(4) | trackbacks(0) |
>藤本選手だが、数少ない打席に集中力
特にここ数試合はほんとうに集中力がすごいですよね。まだまだレギュラー獲るぞ!与えられたチャンスはモノにするぞ!とギラギラしたものがにじみ出ているようです。

赤星くんはほんとのところ状態はどうなんでしょう?休んでも完治しないというのはわかっていますが、その日その日の状態をしっかり見据えて、悪い時はつかわないであげてほしいです。責任感の強い選手だけに無理しすぎてしまいそうですね。

そして無理するといえば、西武戦帯同するというニュースが流れている矢野さん!歩きはじめて1週間でしょう?早すぎます・・・どう考えても無理していますorz心配ですが、信じて応援するのみですね。でも、西武戦は事情により見れないんです・・・・それがもっと辛いです。

日曜日は勝利の六甲颪途中で泣く泣く引き上げました。なので新大阪20時前の新幹線でした。たけさん!静岡だとひかりですよね?今、そんなにないですよね〜ほんとお疲れ様でした。
| sorako | 2007/06/12 7:58 AM |

ボールが最後まで見えてませんでしたね。
選手会長という重責を背負わせることがプラスなのかどうかわかりませんね。
最近の彼の表情には底抜けの溌剌さが影を潜めてますよ。
競争力で勝ち取った他の選手が出てくることは当然の世界ですが
急速に赤星選手の元気のなさが目立つのはちょっと悲しいです。
春先は打率もそこそこありましたし、盗塁もいいペースでいってただけに
ここにきて控えになることが多いですが、
ただの不調なのか、体調不良が深刻なのか
ホントに心配になります。
いくら俊足の選手は他にもいるとはいえ、
彼の名が相手に与えるインパクトは計り知れません。
鋭く一二塁間を抜く打球、
塁上で両腕を開きながら駆け抜ける赤星選手に早く戻ってきて欲しいです。
| とらうびこ | 2007/06/12 3:28 PM |

sorakoさん
 そうですよね。選手としてのタイプもあるのでしょうけど、今年の藤本選手は少ないチャンスで狙いを絞ったプレーが出来ているのかな?って気がしています。
 矢野さんの存在というのがこのところ大きくなっていますね。出場が適わなくても打撃だけならDHもありますし、ベンチで捕手にアドバイスも出来るでしょうからね。赤星選手同様、相手に「いるぞ」と思わせることが出来れば効果がある存在ですね。
 sorakoさんは帰りの新幹線は指定席だったんでしょうか?やはり観戦していた周りのお客さんでもそんな方がいたようで、自由席で・・・とか言っていました。
 デーゲームの場合、こういうこともあるかと思い、俺は金券屋で回数券なんですよ。静岡駅にのぞみはいいので、ひかりだけでも全部停めて欲しいですよ。
| たけ | 2007/06/12 11:17 PM |

とらうびこさん
 おっしゃるとおりですね。
 赤星選手の真面目さが逆に自分を追い込んでいるのかもしれません。
 そういう性格の選手ではないことは承知の上ですが、一度背負っているものを軽く出来るように気持ちの整理をさせてあげることが出来れば。。。とも思いますね。
 考えてみれば赤星選手が入団するまでの数年間は盗塁に対する比重が軽く、盗塁王のタイトルが本当に少ない数で争われていた時期がありました。
 それを今のように多くの数でタイトルを争うレベルにしたのは間違いなく赤星選手です。他の選手がタイトルを獲っても現役では「盗塁=赤星」と思われていることでしょう。
 最近は一ニ塁間を抜く打球も減っています。怪我を治すだけではなく、引っ張る打球が打てることが本当の輝きを取り戻すことなのかもしれませんね。
| たけ | 2007/06/12 11:21 PM |










http://tatemise.tblog.jp/trackback/145886