03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< だから燃えろ赤星!と書いてみる。 | main | イチからの信用作り >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

〔3日間観戦記〕 こういう試合もあるんだな・・・・・が2試合も!!
 今月は3日間で相手が途中で変わる3連戦という交流戦ならではの日程。心配なのは雨だけという日程だった。

 この時期のチケットを取るときに、俺は必ずと言っていいほど雨天中止を覚悟する。だって平年並みだったら梅雨入り前後の日だしね。そういう時って雨が降ったりハッキリしない天気だから梅雨入りするんだし。

 そんなわけで行きの新幹線に乗っていたときに岐阜羽島から米原間で強い雨が降っていても全然不思議じゃなかった。

 さてそこで、この記事は普段とは違い箇条書き形式で振り返りましょう。また普段は記事の中で選手名を書くときは後ろに「選手」とか「さん」を付けるんだけど、この記事に限っては一部書かない箇所がありますがご了承くださいね。

 さらには今日の記事は長い文章ですよ〜。休憩しながらお読みください。
【1日目】

 ‐絮狃蘚佝

 新聞報道などで予めそんな気がしていたけど上園投手が初登板した。投球練習が終わり試合が始まるのだが、最初の感想は「危ない。。。」だった。何が危ないって球速がストレートで140km/hを切っていて、しかも高めに入っている。確かにプロ発登板で初先発。緊張するなと言う方が無理かもしれないけど正直言って「今日は何点取られるんだろう。」と思った。

 ところがローズを三振に獲ったあたりでリズムが出始めたのか、その後は村松には打たれるものの良く抑えていった。これでローテ入り!!が確定するわけでもないだろうけど、少なくとも次のチャンスは与えられるんだろうね。ストレートと落ちる球を中心に組み立てる雰囲気は井川に似ている気がしないわけでもない。体がタフなようなので、次に期待できるよね。首脳陣も「上園は5回まで」と決めていた感じの継投で6回からは投手交代でした。

◆,修靴橡れるアレ

 オリックスの平野はナイスピッチングなんですよ。この投手に限らず関西出身の選手が活躍するたびに思うのは「なんでタイガースも獲れなかったんだろうなぁ?」ということなんですけど、これも結果論ですね。

 この日の平野投手は繰り返しますがナイスピッチングですよ。しかしその流れを変えたプレーが出ます。えぇ、アレですよ、アレ。鳥谷選手のバントです。

 平野投手が投じた球を鳥谷選手がバントしようとします。これを鳥谷選手はバットに当てるのですがフライにしてしまいます。それを追うオリックスの日高捕手。しかしここで日高捕手と鳥谷選手が交錯します。

 主審は鳥谷選手の守備妨害で1アウトを宣告するのですが、鳥谷選手は打席の中で動かずに立っていただけなんですよ。そこにボールに集中していた日高選手が鳥谷選手の足につまずいてしまうんですね。これでバランスを崩してしまうんです。鳥谷選手も急に後ろからぶつかられたので前のめりに倒れます。抗議する岡田監督。そりゃそうですわ、抗議しますって。だって鳥谷選手何もしてないんだもん。

 長引く抗議。いやぁ、長い。前回のオリックスとの連戦といい揉めますなぁ。長い抗議に平野投手も一旦ベンチに戻ります。キャッチボールだけで何球投げたんだろうね?これが降板の原因とは思ってないんだけど。

 げんばさんと観ると負けない試合

 とあるサイトで4年位前に知り合って、今も一緒に観戦する中の観戦友達げんばさん。この方と観るとなぜか試合に負けないんです。別に科学的根拠があるわけではございません。ただ2人とも大きな声で応援するところは共通しています。

 なので1点負けていても「逆転するでしょ?」って感じですわ。9回表終わって「0−1」だったときなんて「お?!サヨナラか?」なんて思ってましたから。で、とりあえず言ってみました。「サヨナラ勝ちせぃ!」と。そしたらそうなったんですよ。言ってみるものですねぇ。

ぁ,気蕕貌阿試合

 さて、オリックスは最終回、抑えの切り札ともいうべき加藤大投手を登板させます。しかしここで計算外?っていうかなぁ、俺の個人的な思い込みかもしれないんですけど、あまりにも良い内容の平野投手のあとの加藤投手って辛いと思うんですよ。外野から見ていても140km/h台後半の平野投手のストレートの方が150km/h超えている加藤投手のストレートよりも伸びているんですよ。こうなると打てる打てないは別としても加藤投手の球の方が見やすいと思うんです。

 そしてアレです。降り始めた雨もあって加藤投手のコントロールが定まりません。満塁で迎える藤本選手。こういうときに何気に勝負強い藤本選手ですが、ここは打ち気にはやることなく球を見て押し出し!同点です。ま、俺も36歳を超えるオヤジですから、ここはオヤジギャグを書きます。オリックスにとっては「同点」で「動転」です。

 ここでオリックスは左のセットアッパーとして起用中の高木投手を登板させます。実はこの高木投手、静岡出身なんですよねぇ。静岡高校で甲子園出場し、三振を沢山獲った選手です。でもベスト8かな?その大会で優勝した群馬県代表の桐生一高と対戦して敗れます。その桐生一高のエースだったのが今年日ハムからトレードでタイガースにきた正田投手なんですよね。

 さて、この高木投手、鋭いカーブが持ち味です。左打者の鳥谷選手に投げ込みます。そして2球目が鳥谷選手の背中に!!逆転サヨナラです。こんな幕切れ初めてですよ!!だってチームとして打点ゼロで勝つんですから。平野投手は思ったことでしょう。「俺、何か悪いことした?」と。とにかく何でもいいから勝ってくれという願いは叶いました。

6年連続サヨナラ勝ちを観戦

では思い出せるままに書きましょう。

2002年 VSドラゴンズ 関本選手か矢野さんのヒットを中日の蔵本(現:英智)がトンネルでランナー生還してサヨナラ
2003年 VS広島 桧山選手サヨナラホームラン
2004年 VS広島 雨の延長12回、赤星選手サヨナラヒット
2005年 VS横浜 藤本選手、大魔神佐々木からサヨナラヒット
2006年 VSオリックス シーツ先生サヨナラ2ランホームラン
  〃   VS西武 今岡選手、サヨナラヒット
  〃   VSヤクルト 矢野さんサヨナラ犠牲フライ
2007年 VSオリックス 鳥谷選手サヨナラ押し出し死球
  〃   VSソフトバンク 林選手サヨナラ2ランホームラン

【2日目】 

 ,△ ∧仝

 ん〜・・・・・リズムが悪い。球数が多いんだよなぁ。今日は『悪い福原』が出ちゃいました。今の打撃陣はナイーブなのでちょっとしたことでリズムが狂います。その中でも鳥谷選手がタイムリーを打ったことは良かったことですね。

◆‥亙侫淵ぅ好團奪船鵐

 今年は色々なところで投げている渡辺投手。この日も良く投げてくれました。太陽も「0」に抑えたのですが、捕らえられてましたねぇ。2人とも「ナイスリリーフ賞」をもらっていましたが、そうなのかなぁ?って思いました。

【3日目】

 〕鬚僚章

 昼頃に甲子園に着いたのですが雨ですよ。しかも雲が動いていない。まったく困ったものですね。昼飯食ってしばらくして球場入りしようとして携帯でチェックしたら「試合開始は30分遅れます。」という表示。帰りの新幹線が・・・・・と少し心配になったのですが中止よりはよっぽどマシですね。で、時間をずらして球場入りです。空には夏のような入道雲。六甲山方面には怪しげな雲もあるのですが・・・・・。お客さんの声は大きかったですよ。さすが前売り一番人気試合ですね。

◆/内投げてます

 ソフトバンクは杉内先発。やっぱり来たか!!軽く投げている感じなんだけどスイスイと投げ込んでいく杉内です。

 こっちのジャンも

 こっちの先発はジャン。セットポジションが心配でしたがそれ以前にランナーを出さないんだからセットポジションにならないんです。この日の主審はストライクゾーンが低めに広いようで、有効に活かしていましたね。これは両先発共にですけど。

ぁ々澆蟒个恒

 そしてこの日のドラマの一発目。大雨です。5回表、1点リードのソフトバンクは当然早打ちします。早く攻撃を終わらせて、早く抑えて試合を成立させてしまおうって考えですね。リードしていたら当然でしょう。5回裏も杉内がテンポ良く投げ込みます。そして増々強まる雨。その中で桜井が打席に立ちます。

 印象に残っているのは桜井選手、1球だけ凄いファールをレフトに打ち込んでいるんです。そこで慎重になったのかな?とも思いましたが、それ以前に雨で滑ってボールが手につかなかったのでしょう。杉内投手は四球を出します。この打席で早撃ちをせず、慎重に打席でバッティングを心がけた桜井選手の打撃はこの日の超ファインプレーでした。そしてこの1打席がドラマの幕を開けました。

ァ〇韻肪躇

 雨が強まり、グランドには見る見るうちに水が溜まります。試合前にも雨が降っていたのでグランドは相当水を吸っているんですね。なので普段よりも水を吸わないんだろうと思います。

 お客さんも凄い勢いで客席から通路に入ろうとします。でもね、あんな人ごみの中でも傘を差したままの人って多いんですよ。これ、考えてほしいですよね。

 傘ってね、差している自分は濡れないんでしょうけど、人ごみの中では他の人が傘の雫で濡れるんですよ。しかもね、それだけじゃないんです。危ないんですよ。

 この日は通路でもおばちゃんが怒鳴ってましたよ。「こんなところで傘差すな!」って。俺も危ない目に会いました。女性の差していた傘の骨の部分の先が顔の眼の高さをかすめたんです。運良く俺は雨ガッパのフードを被っていたのでフードの上を擦っていったのですが、フードがなけりゃ眼に怪我をしていたかもしれません。あの、相手が女性に限らず人前で大声を出して怒るのは良くないんでしょうけど、この時ばかりは・・・・・でした。「すいません。」って謝ってましたけど、怪我してからじゃ謝って済む問題じゃないですよね。球場での降雨時は雨ガッパで観戦がマナーではないでしょうか。

Α〕襪砲眞躇

 そんななか、雨だけではなく本気で雷も鳴りやがってもぉ・・・・・と思ったら爽やかに場内アナウンス。「お客様にお願いいたします。カミナリが鳴っておりますので、充分にご注意ください。」・・・・・爆笑のライトスタンド。参ったなぁ。何を気をつけるんだ?とりあえず考えてみた。/箸防佞韻討い覿眤偉爐魃す。△悗修魃す。B腓な音にも驚かない。でもカミナリが落ちそうなものを持っているのって応援団ばかりなんだよね。金属類(トランペット)とか、避雷針になりそうなもの(応援の旗)とか。

А〔梢遊殀簣

 さてその雨の中で試合が降雨コールドになるかと思いきや、そうならないのが甲子園の怖さです。中止にしなかった原因がいくつか考えられます。

顱.愁侫肇丱鵐にしてみれば4回2アウトまで勝っているのであと1人を抑えて試合を成立させ、逃げ切りたい。
髻ー膾殿Δ箸靴討澆譴仭闇笋螳貳嵜裕い了邱腓任△蝓∧Гぬ瓩靴肇船吋奪箸虜独稜笋任和傘廚生ずるのが目に見えているので試合をしたい。
鵝ゝ綯弔箸靴討澆譴仗兇蠡悗┿邱腓任脇程がきつくなるので負けているといっても1点差なので試合を続けたい。
堯.淵ぅ肇押璽爐任發覆い里濃邱臀了時間にも帰りの足などの余裕がある。

 以上のお互いの利害が一致したため、切り札の阪神園芸さんを投入しました。吸水シートを貼り、土を入れ、ラインを引きなおし、ついに試合ができるようになりました。1時間10分の中断でした。ま、俺は帰りの新幹線の心配もしてましたけど。最悪、寝台特急かなぁ?なんてね。そしてこの神業が試合を再開させてくれたのです。

─―々に杉内とこっちは必殺リレー

 「これでソフトバンクが負けたら楽しい結果だなぁ。」と思っていたのですが、再開されてからも杉内は憎いくらいのナイスピッチングです。困ったもんだよ全く。でもね、徐々にではあるのですが球が高めに行くようになるんですよ。徐々に外野に打球が飛ぶようになるんですよね。タイガースも必勝リレーで対抗します。でも苦しいのはこっちですよ。延長に入って長引けば出せる投手がいないんですよ。9回に球児投手を出したってことは長引かせても延長10回までにケリをつけるってことですからね。そしてその気持ちが通じる瞬間が来ます。

 お手本のような得点シーン

 迎えた9回。少しずつ、ほんの少しずつ球が高くなってきていた杉内投手を鳥谷選手が捕らえます。打球が左中間を割り、2ベースヒットになります。そして浅井選手が送ります。打席には野口さん。この日の野口さんは杉内投手の球を比較的上手くバットに当てていました。そして打った瞬間にランナーが帰れると思えるフライを打ち上げます。ライトからはヒットになったように見えたのですが犠牲フライでしたね。ここで同点です。ライトスタンドが揺れます。大興奮です。

 ドラマのフィナーレは絵に描いたように

 延長10回、ソフトバンクは投手を篠原に変えます。これも金曜日のオリックス同様なんですけど、杉内に比べると打ちやすい感じがするんですよ。精神的にもタイガースが優位になれるんでしょうね。それを実証するように関本選手がサヨナラホームランか?というくらいの2ベースを打ちます。そして出てきたのは林選手。このシーンについては言葉が要らないくらいですよね。打った瞬間は「大きいぞ!」という感じ。それが徐々に「サヨナラは間違いない!」になって「入ったぁ!」になりました。もう絵に描いたようなドラマのような勝利ですよ。客席大興奮。雨にも関わらず残ってよかったですよ。凄い勝利でしばらく放心状態でした。

 家に帰ろう

 さて、勝利の六甲颪と勝利のHMを歌ってから急いで甲子園を出発します。目指すは20:23分新大阪発ひかりです。これに乗れないと静岡に着くのが23:00になります。そりゃしんどい。ひかりに乗れたら22:23分に静岡です。で、無事に乗れました。

【まとめ】

 しかし凄い3日間でした。3試合のうち2試合でサヨナラなんて球場で観戦をするようになってから初めてです。過去にもタイガースは2002年に3試合連続サヨナラ勝ちということやっていますが、俺が観戦したのはこの3戦目だったんです。だから3連戦で2つもサヨナラなんて本当に初めてなんですよ。観戦友達の、のぶさんが読売戦で狩野選手のサヨナラヒットの試合の後に「普通の勝利で満足できない贅沢病になる。」っておっしゃっていましたけど、その気持ちが今は痛いほど良く分かります。それほどの衝撃的な試合でしたね。

 次に甲子園に行くのは7月下旬です。それまでは甲子園には行けないんですけど、この試合で次も思い切り応援しようと思いました。
| タテジマに想いを | 23:12 | comments(4) | trackbacks(0) |
3連戦お疲れ様でしたm(__)m
ウチのblogに頂いたコメントの返信も重ねてコチラへ(*^▽゜)/

ホンマあの日、意外と近くに居ましたね!メールに気付かなくて、貰って30分後くらいに探し出しましたよ(笑)
ただ帰りにちょこっと話しただけってのがちょっと残念ですが、まぁたけサンはいつもこっち居ますもんね♪(俺の中ではいつものイメージ)
遠くから来られる方には、たまにしか逢えないから、その都度いっぱい話するよぅにしてるんですけどね(^_^;)
いや、実際はたけサンもコチラに分類されるハズですが(笑)

次は7月ですか!
僕は夏になると、毎年野球を冬眠(夏眠?)するんで、次逢えるのは秋ですね♪(←来るもんだと勝手に決め付けてます!)
その頃は、今よりもっと熱い戦いをしている事でしょう(^^)v

| 輝石@常勝気流 | 2007/06/12 11:41 PM |

輝石くん
 こちらこそありがとうございました。
 輝石くんを探す場合、先ずは49と31と32の数字のあたりを探して・・・・・いた!!って感じで見つけました^^
 まぁ、俺の場合は気がつけば毎月甲子園なので・・・でも「いつもこっちにいる」と思ってもらえるのは嬉しいね。遠くの人って感じで「わざわざどうも・・・」よりは「よぉ!」って感じのほうが嬉しいから。
 夏のお休み!!遠征はしないのかな?次の秋は・・・今のところ9月中旬が決まっているよ。9月中旬って秋なのかなぁ?もちろん、プレイオフに出場すれば・・・っていうか、すると思うので、その時はチケット確保して行かないとね!!そういう点では結局秋も行くんだよね。
| たけ | 2007/06/13 12:27 AM |

楽しい試合観戦させていただきありがとうございました。

またご一緒できる日を楽しみにしてます。
| げんば | 2007/06/13 12:53 AM |

げんばさん
 こちらこそありがとうございました。これでご一緒した観戦は2試合連続でサヨナラ勝ちでしたね。
 是非、また誘わせてくださいね。
| たけ | 2007/06/13 6:28 AM |










http://tatemise.tblog.jp/trackback/146040