10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 今年を始めるにあたり | main | 右の大物 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

投げろ〜!!
岡田監督がハワイで「先発は7回投げろ!」と言ったらしい。「2005年は遮二無二勝ちに言った。」とも。あぁ、それが分かっていてくれたら安心だ。とまでは思わないけど、2005年が特別な投手起用だったことを自覚してくれてはいるようだ。

 先発争いには他球団が羨むくらいのメンバーが揃っている。

 個人的に期待しているのは左の三東投手。2004年終盤に現われて5勝無敗を記録した投手。しかし今年は怪我の影響で活躍できなかった。

 2004年の三東くん。立ち上がりは好投するけど5回あたりから怪しくなって降板というシーンが数回あった。スタミナなのか、中継ぎ向きなのか?でも速球と落ちる球のコンビネーションはかなり良かったとおもう。

 岡田監督の「先発7イニング」構想では、あのときの三東くんでは外れてしまう。故障が癒えて、スタミナは戻っているのか?崩れる原因はなんだったのか?肩なのか、握力なのか・・・?でもあの投球は捨てがたいものがある。

 右では金澤投手。ちゃらちゃらしてるとか色々な非難?もあるけど、バランスの取れた体格からバランスの取れた投球をしてくれる。しかしトータルのバランスが今ひとつ小さくまとまっているというかなんと言うか、突出したものが感じない。肩は早くできるらしい。なので中継ぎに持ってこい。この壁を抜ければもっと良くなるのに・・・と、見ていて歯がゆい気持ちがあった。本当はここで太陽投手とかの名前が出てくるべきなんだろうけどなぁ。

 こういった選手たちが先発争いをしてくれればもっともっとチームは強くなる。それは野手陣も一緒。どんどん新しい競う相手が出てきてくれなきゃ困る。

 昨年は「JFK」という鉄板の投手陣がいた。「SHE」という3人もいたが、やはり比較されると辛いものがある。江草くんが(昨年もそうだったけど)先発候補になることで、「SHE」は発展的解消。そして今年はこの「JFK」に1枚加えることが出来るくらいの中継ぎ陣にしたいと思う。ベンチ入りの人数が決まっているだけに難しいと思うがそれでも誰か1人!!と切に思う。メンバーが固定されるよりもそこに競争が入ればレベルは上がる。ファームの抑えをやっていて、実績だってある牧野投手が加わってくれればと願っている。

 監督のひと言でチームや選手の目指すものが見えてくる。これは目指す方向は別にしても正常な状態だろう。一部のフロントの意向じゃないんだから。そしてその方向どおりにやって結果が出なければ・・・という時は監督の覚悟だろう。

 面白く、そして強いタイガースを観たい。そのための準備は確実にされていると思う。

 最後に、僕が子供の頃から他球団で監督をされていた近藤貞雄さんがご他界されました。ご冥福をお祈り申し上げます。












 そういやぁ、箱根駅伝で優勝した亜細亜大学の監督さんも「オカダ」監督か。
| タテジマに想いを | 13:50 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/67063