05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 魂込めて!高松ファイブアローズ(バスケの話) | main | ベテランの週末 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

清冽!高松ファイブアローズ(バスケの話)
人気ブログランキングへ



 短いようで長かった?その逆か?シーズンが終わりました。

 昨年の京都のように、シーズン最後の試合前に何とコートサイドで選手とブースターがハドルを組むシーンがありました。もちろん私も加えていただき、最後まで一緒になって戦う気持ちをいただきました。選手のご家族もお見えになり、声援を送ります。

 この日も試合で10分以上出場したのは6人だけ。PGがいない、出場できる選手も少ない。とてもじゃないけど怪我さえしないでもらえたら・・・と思っても不思議ではないはずでした。

 しかしチームは今日も必死に戦います。特に凄味を発揮したのはJでした。来日当初のキレのある動きから更にギアを上げたような動きでマッチアップ相手を振り切ります。滋賀の日本人選手が何人もバランスを崩し、ときには尻もちをついてしまいます。

 得点だけではなく、オフェンスリバウンドにも積極的に飛ぶのは相変わらず。本当に最後まで素晴らしいプレーを見せてくれました。

 昨日も書きましたが満身創痍です。途中ベンチに戻るケントや山下選手が口の中を切っている場面もありましたが、すぐにコートに戻ります。試合後の高田選手、右ひざのアイシングが欠かせません。

 この試合、最後の最後ということで怪我で故障中の選手も含め、ロスター全員がコート上に立ちました。

 試合前の練習である程度動けるようになっていたカツオ選手。やはりPGが入ると落ち着きます。

 楯選手はラスト20秒程度出場。コートに立ったとき、滋賀のパーマーが笑顔で寄ってきていました。ジャンプするのも無理そうな状態で3ポイントを1本だけ放ちますがエアボール。少しだけ寂しそうな笑顔に見えました。

 試合後は楯選手と米澤選手がブースターの中に来てくれて挨拶をしてくれました。

 これで今シーズンの、いえ、「高松」ファイブアローズ全日程が終了しました。次は「香川」ファイブアローズとなって迎える新シーズンとなりますね。

 苦しみました。沢山負けました。でも応援が終わってみればなにか清冽な印象を持った。これは毎シーズンなんですけど、そんな風に思った試合でした。



人気ブログランキングへ


コメント欄は時間によってご利用いただけることがあります。


コメント欄や投稿者名にショッピングサイトなどへのリンクが貼られていた場合などは削除することがあります。ご承知おきください。

なお、当面の間、サイドバーのコメント表示を非表示にしてあります。
| バスケの話(ファイブアローズと76ers) | 22:33 | - | - |