08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 勝って決めた | main | 桧山さんが引退する朝 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

おめでとう、ありがとう
人気ブログランキングへ



 先ずは松田投手、プロ入り初勝利おめでとう!!今年は途中から頑張って腕を振って投げてくれてチームを何度も救ってくれた。その中でプロの怖さも知ったと思うし、1年間続けて出ることの難しさや、その為には何が足りないか?なども経験したと思う。今年のオフはしっかり過ごして、来年は最初から1軍にいて欲しい。

 その松田投手の登板で感心した場面があった。今日は宮本選手の引退試合。松田投手が宮本選手と対戦したのは延長11回の最初だった。

 おそらくこの打席が宮本選手の現役最終打席。同点なので大きいのを打たれるわけにもいかないけど、思い切りど真ん中にストレートを投げ込んでも誰も責める人はいないと思われる場面。とにかく一番やっちゃ行けないのはコントロールを乱して四死球で歩かせることだ。

 腕を振るのも勇気がいる場面。ボールが2つ続いた日に平行カウントまで持ってきた。フルカウント後にもストライクを投げて1球ファウル。そしてそのあとに投げた球がほぼ真ん中のストレート。これを打つ宮本選手。でも打球はフェンスの手前でマートン選手のグラブに収まった。

 これね、この場面でストライクを放ることができたことが本当に凄いと思うのよ。宮本選手のような偉大な選手の最終打席でしっかりとストライクに投げることが出来る。そりゃプレッシャーも感じたことと思う。しっかり勝負して打ち取る。これは松田投手にとっても良かったこと。そして宮本選手の笑顔にもあったけど、あのボールをスタンドに放り込めないことが自分の最終打席の結果として踏ん切りがついたのかな?なんてタイガースファンの視点として思ったのだ。

 宮本選手の最後の挨拶も感動した。本当にしっかりした挨拶だった。

 相手チームの選手としては打席に入られると本当に嫌だった。なんか何でも出来そうな選手だったし、ただで打ち取られるような選手には見えなかった。

 宮本選手とオレは同い年。その選手がグランドを去るのは応援しているチームの選手じゃなくても寂しい。なんだかんだいってここ数年はプレーしている姿を見るのは励みになっていたのが正直なところ。残る同い年の現役選手はドラゴンズの谷繁選手だけになった。

 松田選手、おめでとう。こういう大きな試合で勝利投手になれた意味を、これからもっともっと大きな花を咲かせるきっかけにして欲しい。

 宮本選手、ありがとう。テレビで見て「おぉ、宮本も頑張ってるなぁ。」と思ったことは1度や2度ではありませんでした。またいつか、グランドに戻ってきてください。


人気ブログランキングへ
| タテジマに想いを | 23:12 | comments(0) | - |