03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 浮上? | main | もう1イニングを次こそは >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

7月最後も無援護
人気ブログランキングへ

 岩田投手が帰ってきた。そしていきなりの好投。そう、今日の内容は間違いなく好投である。

 ただ、岩田投手が変わって帰ってきたかといえばそれは言い切れるものでもない。個人的には一昨年の岩田投手になって戻ってきたという感じだ。

 というのは、今日のような投手戦で先に失点する岩田投手の姿を一昨年の東京ドームで観てしまっているから。東京出張の日にドームで阪神の試合があるってことで喜んで行ったところ、今日のような投手戦で先に失点していた。

 2安打しか打たれていない投手を責めるのは酷というもの。でも2ボールからストライクを取りにいく場面でも無かったと思うけど、あそこで高めのストレートが入ってしまったのは失投・・・・・かなぁ?1球の怖さを今さら知るキャリアでもないはずの岩田投手。ここまで抑えきったからこそ先に失点することだけは避けなければならなかったのではないかなんて思った。いやぁ、要求のハードル高すぎるかな?

 ただ次への期待もチャンスもガッチリ掴んだはず。とにかく相手よりも先に失点しないこと。岩田投手の課題はここに集約されているといっても過言ではない。今年はトレード候補に挙げられたとか報じられたこともある。自分の価値は勝ちで証明するしかない(ここでダジャレ)。内容もいいけど結果が全て。結局プロってそれしかないんじゃないか。

 しっかし打つほうは大反省大会。見ていて思ったのはファーストストライクが一番甘いんじゃないかということ。これを見逃しすぎてないか?最初から振ってくるほうが若い投手は怖かったんじゃないかと思う。増してや今日の主審は低めに広い。甘いファーストストライクを見逃したり仕留められなかったりして最後に低めで・・・・・この辺の工夫やらが何とも無かったのがなんとも。

 これで首位とのゲーム差は6.5。そのうち自力が消えるんじゃないか?というよりも3位とのゲーム差も9.5。もうね、優勝とかそういうのじゃなくて、補強した福留選手も西岡選手もいない。連れてきたコンラッドもボイヤーも現時点で戦力になっていない。ってことはドラフトで獲得した藤浪投手だけを補強したような状態で戦うというチームの自力が試される時期となっている。ここで若い選手や普段控えの選手が燃えなくてどうする?こういう試合で結果を出す選手が1軍で1年間活躍できる選手。

 もしも上本選手がいたら坂選手に出番はこれほど回ってきただろうか?今成選手も昨日の活躍を今日に継続するために打席でどんな工夫をしたんだろう?

 今、出番を得ている若い選手が1年間戦力になれるか?その試金石となる夏なのだ。明日こそはもっともっと打席でも必死な姿で粘って粘って粘りまくって、その上にもういっちょ粘りまくって爪あとを残して欲しいと心から願うのだ。



人気ブログランキングへ
| タテジマに想いを | 22:31 | comments(0) | - |