03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 坂の再起 | main | 最近の若い人(いい人)の話 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

それはマジですか?
人気ブログランキングへ


 永久欠番。その件に関して触れられている。

 でも触れているのはデイリーだけか?なんとも現時点では微妙な話だ。

 金本選手の活躍については、ここ数年は数字が挙がっていないが2003年の移籍以降はそりゃぁもう孤軍奮闘の時期を含めれば本当に頼りになる選手として活躍した。(過去形なのはあくまでも現時点で。来季の成績にも注目している。)

 背番号6といえばタイガースでは名選手がつけた番号でもある。平さん、和田さん、途中でなぜかホワイトがつけて金本選手。欠番という扱いなら他にも欠番にしたい思い入れのある背番号はオールドファンになればなるほど多くなる。

 22番だったら今のファンは球児投手だろうが、俺は田淵さんにも同じくらいの思い入れがある。31番や44番にも同じように。

 永久欠番というのは、その背番号をその選手のものとして永久に他の選手がつけないもの。背番号6の先輩たちに了解を得てからでも・・・・・やっぱり生え抜きの選手が・・・・・と思わないわけではない。この辺の背番号の扱いについては読売の杉内同様に解釈が分かれる。

 こんなところで優柔不断な書き方になるのだが、俺の中ではどちらもアリ。永久欠番にするもしないもどちらもどちらも理由が立つからだ。

1 する理由
 ・タイガースのチーム体質を変えたと言われる
 ・タイガース在籍年数も長くなり、フルイニング世界記録はタイガースで達成した
 ・通算で500本近いホームランを打っている
 ・プレースタイル

2 しない理由
 ・生え抜きではない
 ・生え抜きの背番号6の藤田平さんも名球会に入っている
 ・他にも背番号6には和田さんのような名選手がいた

 ま、どっちにしても難しい結論であります!!


人気ブログランキングへ
| タテジマに想いを | 22:57 | comments(0) | - |