08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< いまさらながら本塁打厳禁 | main | きっとローテの都合 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

打って勝って
人気ブログランキングへ


 やはり立ち上がりを何とかすれば何とかなるもんだ。

 今年のチェンは少々悪いのか、勝ち星に恵まれていない。この日も立ち上がりに1点をいただく。これが1点しか頂けなかったと受け取るか、先ずは1点取れたと思うかは微妙なところ。1点で終わるには勿体無い展開だったとは思うが。

 しかしこれで終わらずに、マートン大先生がホームラン♪ こりゃスゲェ。ナゴド?そんなん関係あるかいな!!ナゴド云々を意識しない選手は強いなぁって思った。これはタイガースの選手としてナゴド経験が薄い選手はみんな同様である。

 ここで3点を獲る。しかし上園投手が和田に打たれて1点差。しかもその後もボールが飛ぶわ飛ぶわ。でもフェンスは越えない。これ、いいねぇ。どっかの球場だったら軽く越えるもんが越えないんだもん。ナゴド、流石だわ。

 打つほうも良いのだが、投手陣の頑張りがあってこその勝利だと思う。上園投手も粘って投げたけど、西村投手がゼロに抑えてくれて良かったと思う。

 観戦していた試合で言えば、読売戦で4失点した試合があった。それまで好結果を出していた選手が読売戦でつまずいた。こういう場面を経験すると怖さというか、それまで感じなかったものを感じるようになるんだと思う。そこをどう克服するか?それは自分で投げて自分で結果を掴むしかないと思うのだ。その怖さを覚えた上での今日の無失点。確かに1イニングだけだけど、この無失点の積み重ねが大きな意味を持つと思うのだ。

 そういった場面を経験済みの渡辺投手と久保田投手はドラゴンズ打線をしっかり抑える。内容的にも今年の渡辺投手は結構いけている。

 9回表の攻撃。2点獲ってなおノーアウト2塁。ここで何とかあと1点がほしかった。それは決して2桁得点というものを意識したのではなく、試合展開にかかわらずこのようなチャンスはキッチリ得点に結びつけることが出来るチームであってほしいということなのだ。

 最後は鶴投手と小宮山捕手の若いバッテリーが試合をしめた。バッターに和田を迎えたときなんか結構意識しただろうし、一流打者との対戦は非常に良い勉強になったことだろう。

 で、能見投手が投げる予定だった試合は鶴選手が先発するのだろうか?そろそろ休ませて調整させないと・・・・・と思うのだが。まさか、筒井投手の先発を再び試すのか??ま、鶴投手が見たいのだが。


人気ブログランキングへ
| タテジマに想いを | 23:58 | comments(0) | - |