08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 開幕1軍切符の話(投手編) | main | 庄田坂 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

開幕1軍切符の話(捕手編)
 そして捕手編だが。。。。。これは(一部の方から)コミーの愛称で親しまれている小宮山選手に頑張ってほしい。

 1軍生涯打率は5割である!!(2打数1安打1打点だが)

 でもな、これ、おちょくっているわけではないぞ。大量得点差があった試合であるが、守備固めというよりは経験で出場した試合で打線がつながりまくって打席が回ってくること。そのときにヒットを打つこと。それもファームではたくさんヒットを打っていると言えない状況でもタイムリーを打っていること。こういった何かを持っている選手はきっと何かができる選手なのだ。

 リードも打撃も経験が重要である。その経験を積むステージというか、そういう資格というか、1軍に帯同するレベルには達してきていると思うのだ。

 既に多くの方が心配しているとおり、矢野さんの後釜探しは急募中である。当然、昨年同様かそれ以上に矢野さんを休ませながら使うことになる。その試合では1人の捕手に全イニングを任せることよりも、試合中に捕手だって代えながら試合を進めることにもなろう。

 捕手だって打者である。ましてや矢野さんのように打てる捕手がいるとどうしても攻撃にも秀でたタイプを求めてしまう。だが捕手にも守備固めは絶対に必要。そこでコミーである。強肩である。リードは知らんが終盤で相手のランナーをビビらせるには充分な肩を持っている。

 打撃について言えば、昨年からバットを本当に短く持っている。そして好球必打。ボールに逆らわずに打てているのでその姿勢を継続すれば徐々に成績が上がるのではないか。さすがに3割を望むのは厳しい話だが、2割5分でもリードと強肩で充分に戦力である。

 先行投資かもしれないがコミーで行ったらどうだろう?浅井選手はせっかくなので右の外野の控えで使いたい。そこでコミーだ。ホップ・ステップ・ジャンプのホップの年にするのだ。楽しみな捕手争いである。
| タテジマに想いを | 20:12 | comments(0) | - |