03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 続・初夢のゴキブリに負けるな! | main | 【オフシーズンなので】 2009年 この選手に期待 【捕手編】 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

【オフシーズンなので】 2009年 この選手に期待 【投手編】
 今日から4日間、更新が不規則になりますがシーズンオフの企画記事を書きます。

 今日は投手編。

 2009年、私が特に期待するのは若竹投手です。新鮮味から言っても面白いと思うんですよ。

 現在のタイガースでは非常に有望な若手投手がたくさんいます。鶴投手は昨年はファームのタイトルを獲りましたし、玉置投手だって出番を得れば結果を出せるものがあると思います。

 でも俺はこの2人への期待以上に若竹投手に期待しています。

 それはノーヒット・ノーランを決めたからというだけではありません。緩急のコンビネーションを使えるからです。

 日本のプロ野球は、過去に何度も流行といっては適切かどうかわかりませんが、投球に関する変化を遂げています。

 例えば佐々木投手や野茂投手がいた頃は絶対的な球種がモノを言った時期でした。

 しかしそれは他の投手にとっては比較されることが辛くなり、さらに慣れられてくるわけですね。そういった中で別枠で注目され、現在も有効であるのが“緩急の差”を利用した投球です。これは人間の感覚に訴える有効な手法であることはわざわざ私が書くまでも無いでしょう。

 この“緩急”を一番うまく利用できるのが若竹投手だと思うんです。

 若竹投手はドラ1の指名ではありません。同期のドラ1は鶴投手ですから。でも俺は若竹投手を1位指名でなくても獲得できたことを大喜びしたのを覚えています。

 数年前までタイガースは結果的に左腕を大学社会人から、右腕は高校から獲得していた。最近は即戦力右腕を中心に獲得しているのだが、そんな中でもファームから順調に育っていることを証明してほしい。それがファームの活性化につながるからだ。

 鶴選手はちょっと故障が多い感じ。玉置投手は中継ぎ中心。その中で堂々とローテに食い込める逸材である。俺の中では昨年がむしろ期待はずれといってもいいくらいの選手だ。

 課題は言うまでも無く安定感。1試合だけ良くてあとはダメというのでは1軍に上がることはできても定着できない。より高い目標に向かって進んでいってほしい。なんといっても(出身は大阪府だが)地元兵庫県の高校で活躍した選手なのだから。

| タテジマに想いを | 16:20 | comments(0) | - |