07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 【オフシーズンなので】 2009年 この選手に期待 【投手編】 | main | 【オフシーズンなので】 2009年 この選手に期待 【内野手編】 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

【オフシーズンなので】 2009年 この選手に期待 【捕手編】
 昨日から始めたシリーズ、更新が不規則になりますがシーズンオフの企画記事を書きます。

 今日は捕手編。

 捕手に関しては何度も書いているんですけど、やはり小宮山選手です。

 タイガース捕手陣の中では若い方から2番目ですか?そんな年齢ですが、昨年は1軍で初ヒット初打点を記録。偶然にもその瞬間を私は横浜スタジアムで見ることができました。

 だいたい捕手の打順というのは8番が多いのですが、古くはノムさん。それ以降は古田選手や城島選手が強打の捕手像を作り上げ、現在はタイガースに矢野さんがいるように、他のポジション以上に守備力が重視される捕手というポジションであっても打撃が重視される時代となっています。つまりそれほど捕手が大変な時代になっているってことですね。

 そういう意味で強打の捕手に人気が集まるのですが、当然ながら守ってリードする能力の方が優先されるわけです。捕手にとって経験が特に重要なのは、こういった対戦する中で傾向を覚え、対策を練っていく作業を打席でも守備位置でも求められるからですね。

 そういう点では、昨年、一昨年と試合数は少ないながら打席に入った小宮山選手は非常に良い経験をしていると言えます。 

 一昨年、終盤も終盤のヤクルト戦で打席に入ったときは、館山投手のスライダーに手も足も出ず空振り三振。でも昨年は打点を挙げるなど、打撃の向上というにはファームでの数字も物足りないのですが、それでも勝負強さというか、打点を挙げる楽しさを感じたのではないでしょうか。

 目指すタイプとして私が思うのは、守備型捕手。例えばドラゴンズの清水将海選手とか、広島の倉選手とか、欲を言えばドラゴンズの谷繁選手。前者の2選手はスタメンの試合は減っていますが、選手寿命は長い選手になるタイプですね。

 そして小宮山選手の最大の武器は肩。強肩です。1度肩の手術をしたんでしたか?それが少し心配ではありますが、あの強肩は最大の武器です。鳴尾浜で初めて見た場面は今でも覚えてますよ。ホームからセカンドへ低く投げた送球がまるでホップするように、しかも正確にセカンドへ届いた場面をね。イニング間の練習の時から是非とも相手チームに見せ付けてやってほしいです。

 私は好きな選手のユニフォームを作って着るのが好きですが、1つ気をつけているのは“活躍してから着よう”ということ。確かに早いうちから着るのも良いことだと思いますし、選手にとっても励みになるでしょう。でも結果が全ての世界ですから「活躍すればこんなに注目されるんだ!」ということも知ってほしい。そう思っているので、ある程度の活躍をしてから着ることにしています。だから背中に「KOMIYAMA」の文字を入れたユニフォームを早く着たいですね。

 現実的には今年もファーム中心に出場すると思います。1軍登録されてベンチにいるのも勉強ですが、ファームで試合出場機会を増やすのも勉強ですね。その中でも少ない機会であっても最大のアピールをしてほしい。そしてそのアピールできる最高の武器を持っている。そんな選手だと思い、今年の期待に変えています。
| タテジマに想いを | 16:20 | comments(0) | - |