06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 必死に生き残れ | main | 何でも集めたらえぇんよ >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

涙の準備
 2005年の優勝が近づいたとき、球児投手はお立ち台で「涙の準備はよろしいでしょうか?!」とファンに語りかけた。

 いま、こうしてCSを迎えると、やはり心の方の準備も必要と考えるようになった。

 報道では光信選手が「恩返ししたい。」語っているようだ。

 光信選手は事あるごとに「恩返し」という言葉を使う。

 ベテランといっても俺よりも若い選手が「恩返し」という半ば忘れられているかのような言葉を使うのだから、本当に心から思っているのだろう。

 先日の記事でも書いたが、岡田監督によって“いい思い”をさせてもらった選手は非常に多いと思う。光信選手はトライアウトで契約を勝ち取った選手であるが、これだって監督の判断抜きでは成立しなかったものだろう。

 居場所を失った。でも自分ではまだできると思っている。だからトライアウトを受験した。そして自分の「まだできる!」を分かってくれる人がいて契約してくれた。

 人間とは不思議なもので、どんなに実力がある人でも“分かってくれない”人の下では実力を発揮しきれないものだ。

 反対に“分かってくれる”人の下だと実力以上のものが出たりもする。これって選手だけじゃなくて社会人全般に言えるものかもしれない。

 分かってくれる人がいて、期待に応えようと思う。そして今年は結果を出した。結果を出したら分かってくれる人が喜んでくれた。だからもっとやってやろうと思う。

 この好循環が光信選手にはあるのだろう。

 辛いことは今更思い出す必要はない。ただ、この5年間、岡田監督と野球をやってきて楽しかった、嬉しかったことだけを思い出せば良い。

 5年間一緒にいなかったのなら、せめて今年楽しかったこと、嬉しかったことを思い出して、それをプレーに変えれば良い。

 楽をすることが楽しむことではない。自分の精一杯のプレーでチームを勝利に導く。精一杯のプレーで勝利する。その充実感が本当の楽しいということだと思う。

 涙の準備はできてるか?喜ぶ準備はできてるか?楽しむ準備はできてるか?すべての準備を整えて、クライマックスを迎えよう!!

| タテジマに想いを | 22:15 | comments(2) | - |
やっと気持ちも盛り上がってきました!
気合いを入れて、応援楽しんできます!!
| ピンクハット2号 | 2008/10/18 9:03 AM |

ピンクハット2号さん
 行ってらっしゃい!!
 俺も部屋で応援しています。
 デーゲームと思ってたんですけど、ナイトゲームでしたね^^;
| たけ | 2008/10/18 12:36 PM |