05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 約束だよ!! | main | 繰り返すな >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

ここで見せる存在 
 今回のT-BLOG虎っくばっくスタジアムは「今、タイガースには何が必要?」って感じのお題。
 はっきり書く。4番打者の復調。これしか無いのではないか?

 一時期のどん底状態は幸いにも脱したと見てよいだろう。赤星選手の怪我の心配は依然としてある。平野選手が時に冷静さを欠くようなプレーをする心配も無いことは無い。林選手の明らかな調整不足っていうか、練習量が充分でないかのようなプレーぶりも気になる。 

 だがしかし、やはり4番の不調は心配なのだ。

 今は今岡選手が効果的な打撃を見せてくれているので持ちこたえられているが、やはり4番が舐められちゃ、4番が結果を出さなけりゃ相手は怖がってくれない。

 ここ数試合は4番と勝負せざるを得ないという状況を作り出せるタイガースである。今までは4番を避けても何とかなるくらいのことまでされていたが、今は4番と勝負しなけりゃ!という流れを作り出せている。だから4番の調子が戻ればチームは躍進を始めるのだ。

 3番と5番はそれなりに固まってきた。だから4番打者にとってはこれからが実力発揮の一番大事な時期なのだ。 

 4番はチームの勝敗の責任を背負うもの。だから誰でも座れる椅子ではないのだ。タイガースもかつて、幾多の強打者が4番に座り、勝敗の責任を背負ってきた。田淵さんも掛布さんも岡田さんもみんな背負ってきたのだ。その絵になる存在に金本選手は座っている。

 今シーズン、どんなときも4番に座っていた。さすがアニキ!と思ったことは1度や2度ではない。何度目かわからないけど再び「さすがアニキ!」と言うしかないような結果。それが今一番タイガースに求められているものなのだ。

 4番が魅せる存在。これが大きく輝いたときに、タイガースはさらに強くなるのだ。
| タテジマに想いを | 22:39 | comments(0) | - |