03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 「1,2,3」まで言うか?! | main | 今日は負けたくなかったなぁ >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

この試合をどう書けばよいのだ?!
 正直言って、この試合をどのように書いても、どのような言葉を使っても、それはただの言葉の羅列に過ぎない。どんな言葉を使っても気持ちを正確に表すことなんて出来ないのだ。

 最終回、2点のビハインドだが負ける気がしなかった。いや、負けてはいけないのだ。帰ってきた男をお立ち台に上げるのだ。だから負けるわけにはいかないのだ。

 桧山選手が左中間にヒットを落とした。そしてセカンドへ激走を見せる。葛城選手が大きな当たりをライトフェンスへ放つ。矢野さんが広島市民でも見せたようなライト線ギリギリへの当たりで走者を迎え入れる。

 ヤクルトバッテリーは平野選手を敬遠した。右対右というのもあろうが、前進守備からホームゲッツーという併殺狙いも多少あったかな?と思う。

 以下、今岡選手のファンである私が、今岡選手のことだけ書きます。ご了承くださる方のみ、ご覧ください。

 スタメンと知ったとき、俺は弱気にも「せめてヒットの1本でも打ってくれれば・・・」とか、「チャンスで併殺とかならなきゃいいけど・・・」という気持ちがよぎった。

 しかしそんなことは無かった。今岡選手に始まり、今岡選手で終わった試合だった。もちろんそれ以外の選手だって必死に頑張っていた。だからこそこの試合がある。

 ただ、それも1つの、たった1つのハッピーエンドを見るために試合が進んでいったのだ。

 今岡選手は今年、読売の高橋尚からホームランを打っているように、左腕で変化球主体の投球を見せる投手には合うようだ。それがこの日の初回に的中した。そもそも初球から強く振れるようになってきたことが大きいのだが、思い切り振りながらタイミングを合わせた。

 何球も粘った。粘っているうちにタイミングを合わせた。そしてレフトスタンドへ放り込んだのだ。

 昼までは鳴尾浜にいた男である。関本選手の代わりに出場した男である。かつては関本選手が今岡選手の代わりだった。しかし今は違う。この現実の上に彼は立ち、そして第一打席に賭けたのだ。 

 打った。そして1塁へ走った。1塁ベースを回る手前で大きく叫んだ。それは「行け!」と叫んだようにも見えたし、「入れ!」と叫んだようにも見えた。見ている全てが、目の前の全てが夢のような光景だった。

 負けられない!この男が帰ってきた試合で連勝を止めるわけにはいかない!!その気持ちはグランドだけじゃなく観客席まで広がっていたのではないだろうか。

 日焼けしている顔である。以前よりも更に短髪にして、パッと見た感じでは坊主頭にしたのかとさえ思った。その精悍な顔つきが今度は最終回にチャンスで輝いた。

 チームの皆で同点にした。前述したが1アウト1,3塁で平野選手を迎えたバッテリーは敬遠策を取った。

 今岡選手をお立ち台に立たせるための試合。仮にこの打席で凡退しても負けるわけではない。この状況が今岡選手を更に落ち着かせていた。

 この試合の最終打席は立っているだけであった。ただ第1打席のホームランがあったせいで、甘く入れば犠牲フライくらいは簡単に打つだろうことは、これも簡単に予想できた。必然的にヤクルトバッテリーは厳しいコースを選択する。当然ボール球も多くなる。そしてそれは全てが今岡選手で決めるための場面へと流れていったのだ。

 これで完全復活というには早い。それは事実だろう。だが、これほどの「ただいま!」の挨拶をされるとは思ってもいなかった。誕生日であることはオマケのようなものかもしれない。ただ今岡選手は2005年もか?自分の誕生日にはホームランを打つのだ!!

 正直言ってここまで書いても興奮が治まらない。最初に書いたように、何をどう書いたって今日の試合を観た気持ちを書ききれないのだ。そして普段なら15分程度で仕上げる記事に今日は倍近く時間がかかっている。そりゃそうだ、だって泣けてきて何度も書くのを中断しているから。

 完全復活ではない。ただ、今岡選手のファンでいて良かったと本当に思えるのだ。これからまだまだ大変な日々が続く。少し打てなくなると叩かれる日もあるだろう。でも今日の試合で分かったように、今岡選手は普通ではない何かを持っている選手なのだ。その“何か”を信じているから俺は何度でも応援できるのだ。

 2008年9月11日、阪神甲子園球場には確かに、ひと振りに唸った誠の救世主がいた。あ〜、もうどこまで書いても気持ちを書ききれないのでこの辺にする。ただ1つ、本当に心から言えることを最後に書く。


 今日は本当にいい日だ!!
| タテジマに想いを | 22:38 | comments(4) | trackbacks(0) |
今年は鳴尾浜では年配のファンに「もういらん!トレードや!」とやじられ、ナゴヤ球場では年配のドラゴンズファンに「今岡いつまでここ(2軍)におるの?」と同情され、元気なく、首をひねる姿を、僕は見てました。今夜はもう泣けましたまじで。もう苦しむのはええでしょう。今から再び駆け上がってほしいと切に願います。
| 藤村星男 | 2008/09/12 1:11 AM |

ただいま甲子園(ケンペイ)より帰宅しました!
今岡選手のホームラン本当に感動しました!!!

正直私は今岡選手の熱狂ファンではありませんが、新井選手が抜けた後、右打者不足の中で、桜井選手より今岡選手を起用した方が良いんじゃないかとずっと言っていました、、(理由は、このストレス溜まる状態をなんとかしてくれそうな気がする。ダメだろうと周りが思う時こそやってくれる。。そんな気がしたからなんですが。)

そんな時、今日突然の昇格、そしてまさかいきなりホームランとは!たけさんがおっしゃる通り、今岡選手はなんか持ってますよ〜!

本人は「夢のようだ」と言われてましたが、夢で終わらせることなく、日本一に欠かせないメンバーとして活躍してほしいと思います!

| ピンクハット2号 | 2008/09/12 1:39 AM |

藤村星男さん
 帰ってきた姿で一番変化を見せていたのが、迷いの無いスイングでした。
 初球からでも積極的に狙う姿を久しぶりに見ました。
 来た球で打てるものは全部打つ!!そんな風に見えましたね。
 これからも少しずつでいいのでチームに貢献して欲しいです。
| たけ | 2008/09/12 10:05 PM |

ピンクハット2号さん
 私は今岡選手のファンなんですがww
 非常に嬉しかったです。泣きそうでした、いえ、泣きました。嫁に隠れて泣きました。KENPEIさんに行ったら酒の勢いできっと泣きました。
 本当の夢は日本一ですね。その夢、叶えてもらいましょう!!
| たけ | 2008/09/12 10:13 PM |










http://tatemise.tblog.jp/trackback/197427