09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< そして勝利が残った | main | 粗末なことをしないように >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

とりあえず笑っとけ!!
 金村投手が大量失点した。どうも和田が苦手らしい。ま、苦手は誰にでもあるけど今日は打たれすぎちゃったね。これは金村投手だけじゃなくて、捕手も一体となって取り組むべきことだと思う。今日は野口さんが支えきれなかったね。

 失点しても金村投手にある程度のイニングを投げさせたのには賛成。やはり中継ぎ酷使とかいうまえに、7月の現時点ではしっかりとイニングは投げさせたい。だた勝負はわからないもので、結果的に5回の投球が裏目に出てしまった。

 金村投手の登板時には、好投するけど勝ちを付けることができない試合が続いていた。もちろん金村投手にも勝負どころのコントロールの精度を上げなきゃならないという課題はあるが、チームとしてみればこういう試合もあるってことだ。

 ルーキーの石川投手は今日も抑えた。抑えたといっても飛んだコースに恵まれていたという点もあるため、次は今以上に内容にこだわってほしい。いや、実際に1軍登板2試合経過時で「内容にこだわって」なんて言葉を使うことが出来るなんて嬉しい限りなんだよね。

 最終回の攻撃には色々感じることがあった。

 まずそれまでのフォード選手については1つ疑問があった。それは“なぜボールではなく投手を見てスイングするのか?”という疑問だ。

 いや、実際にインパクトの瞬間はボールを見ているのだろうけど、投手方向に顔を向けすぎているっていうか、モロに投手をガン見している感じで、俺としては「もっとボールを見て打たんかい!」と声を出している(自宅で)。

 そのフォード選手から始まりフォード選手で終わった9回の攻撃であった。

 タイガースの粘りについての件は今更何も言うことは無い。これが今年のタイガースである。それは新井選手がいなかろうが、林選手がいなかろうが変わりは無い。とにかく粘るのだ。それも相手が勝負をかけてきた投手に対して粘るのだ。

 中田が出てきて中盤は抑えられて、もしかしたら苦手復活?なんて思ったりもしたが、何のことは無い、久しぶりに顔を見る中田を思い出すのに時間がかかっただけだ。

 そして岩瀬である。疲れか不調か、ストレートもスライダーもある程度対応可能な投手である現在、非常に読みやすくなっている。関本選手のアウトは、少々詰まっていたが飛んだところに恵まれなかったとでも言っておこう。

 矢野さんと勝負してフォード選手で打ち取るのは予定どおりと言われそうだが、こっちにしてみれば矢野さんと勝負した時点で「何で?敬遠でフォード勝負だろ?」とか思っていた。

 終わってみれば、両チームともに苦手投手を攻略して試合を進めていた。これでお互いに苦手克服とは言い切れないだろうけど、1つの新たな局面を迎えた気がしている。とりあず今日は良く追い上げて、完敗ムードを飛ばした事実をたたえよう。

 スカパーを観ているとCMで日本代表壮行試合を宣伝している。セ・リーグ選抜とパ・リーグ選抜と1試合ずつやるらしいが、新井さんがいなくて矢野さんもいなくて球児投手もいないという設定で行うなら、阪神タイガースとやらんかい!!と思っている。今のタイガースなら星野JAPANにも勝てるんじゃなかろうか?そう思うことがある。それほど今のタイガースは充実しているのである。

 さぁ、明日からは読売戦。野球と関係ないヤジも飛ぶだろうけど、笑えるヤジで頼むよ!と思うと同時に、目の前でマジック点灯の瞬間を見せることが出来るよう、勝利を目指すのみだ。
| タテジマに想いを | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/191725