04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 途中経過 | main | 戦力外通告が終わった >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

後方から
 ナニワ四天王と言われていた高校時代を経て、タイガースに入団した鶴選手の2年目の秋が始まる。

 あの年は岡田(オリックス)、平田(中日)、辻内(讀賣)と並んで称されていた。
 タイガースは報徳の片山(楽天)を狙うと散々言われていたが、鶴選手を一本釣りして交渉権を獲得した。

 その鶴選手、高校時代の怪我で最初は体作りであったが、この怪我を心配していながらも、聞くところによると怪我の原因が“あまりにも腕の振りが速いために関節が追いつかなかった”という並みの投手ではない理由。「はぁ、プロはこういう子が来るところなんだ。」と改めて思ったものだが、そのプロ入りする選手の中でも腕の振りとフォームの美しさは群を抜いていたんだそうだ。

 その鶴選手の入団した年は球児投手が遂にブレイクしたシーズン。その頃から“球児タイプ”と言われていたものだ。

 ナニワ四天王を見比べれば、辻内はどうも・・・なようだが、岡田はオリックスのファームで長打力に磨きをかけて期待を集め、平田はクライマックスシリーズにも先発メンバーで出ていた。その中で鶴選手は焦る気持ちもあっただろうけど、その焦る気持ちとの戦いを続けながら腕を磨いていた。その成果が徐々に出ているようだ。

 同じチームには、これも一足先に一軍登板を果たした若竹選手がいる。この選手は兵庫の育英高校で投げていた選手。そして甲子園でも投げた選手。

 本当にこの選手層が厚い世代の中にあって、同年齢選手の活躍は励みにもなるだろうし、焦りにもなるだろう。

 でもプロ野球選手生活は始まったばかり。そして鶴選手の活躍を誰もが待っている。言わば今はこれから続く選手生活というレースのスタートを切ったばかりなのだ。だからなにも焦ることは無い。競馬で言ったら最初のカーブにも入っていないのだ。

 秋季キャンプに行けるということはそれだけ鍛える必要があるということと、鍛える価値があるということ。それを感じさせるには充分な素質を持った選手ということ。

 本人にも焦るなと言いたいし、そして思い切り野球ができることにお祝いを言いたい。あとは周りも焦るなと。そう書いている俺も鶴選手の投球を早く見たいという思いが強い。
| タテジマに想いを | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/163518