07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 【2本立て】 音楽を移す話 | main | 井川のインタビューを見た >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

ポスト○○
 ポスト井川なんてのが最近の報道の主語みたいになっている。しかし忘れてないか?実はタイガースには2年間空白のポストがある。

 それはポスト代打の神様だ。

 そりゃぁもう、代打の神様といえば八木さんなんだけど、それ以前は真弓さんが代打の神様だったし、それ以前はといえば神様バース様が「代打の」なんて言葉が要らないスタメンの神様だった。その時期は代打といえば神様ではなく切り札って感じで背番号4の川藤さんがいたりした。
 タイガースは代打の切り札を探している。昨年までは町田選手に期待をかけたが上手いこと行くことが少なく、2005年は片岡さんが一時期結果を出した。

 代打にもいろいろある。

 チャンスメイク型、繋ぎ型、決定打型、万能型。

 八木さんの場合はほとんどの場合、どれでもOKだったことだ。もちろん真弓さんも。入団が噂されている高橋光選手の場合はどうなんだろうか?チャンスメイク&決定打型のような気もする。

 八木さんは代打になったのは打撃では依然、スタメンを張れる実力があった時期。どうしても代打というと補欠というイメージを与えられがちだが、代打は打つことでしか結果をアピールできない重責を担う。

 しかもだ。代打の切り札ほどの選手が打席に入るときの相手投手は相手チームにとっても抑えの切り札だったり、ワンポイントで一人一殺を狙ってくるような投手ばかりだ。そりゃぁもう、相手の投手が岩瀬だったり、タイガースで言ったら球児投手のような選手だったりするわけよ。そういう選手相手に結果を出すなんて本当に凄いことなんだと思わない?八木さんはそういう中で、年間代打打率で4割を超えたこともあるんだから。 

 で、前置きが長くなったけど、タイガースは代打の神様・・・・・とまで行かなくても、代打の切り札を探している。高橋光選手かもしれない、若手の桜井選手かもしれない、今年集中力を見せた林選手かもしれない、潜在能力が高そうな喜田選手かもしれない。高橋光選手を除けばスタメンを張って欲しい選手ばかりだが、1試合でも多く出番を与えたい選手たちだ。

 ポスト○○というと、どうしてもチームの主役に当てはめがち。でも代打のように、いなくては困る選手の後釜だってそう簡単に見つからない。

 1打席に賭ける。この一振りに賭ける。それはファンの声援も勝負の行方も。そして試合後にファンがあげる祝杯の行方も。コアなファンから幅広いファンまでの思いを背負って1打席に賭けることができる選手の出現を俺は待っている。

追記1:藤本選手の守備が契約更改でも評価されて安心しました。

追記2:関本選手にはもっと年俸を上げて欲しいものです。
| タテジマに想いを | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/121316