03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 井川のいる有難さ | main | 【2本立て】 いつもの。。。 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

【2本立て】 闘志燃やせ 駆け抜けろ【虎っくばっくスタジアム 中盤戦!こうすれば勝ち抜ける! に対応】
 このところ何回も書いている全力でプレーして欲しいという願い。これが中盤を戦うタイガースに必要なものと考えている。

 ベースまで全力で走ってみる。打球を全力で追ってみる。それだけじゃない、状況に応じて自分のできることを全力でやってみる。これって凄く重要だけど疎かにしがちなことだ。

 他所の球団だけど、ベンチ内でコーチが若手選手を怒鳴りつけたのも方法としてはいただけないものがあるが、あれも全力プレーを怠ったことを叱責したと思っている。
 まぁ、他所は置いといて。

 今現在のタイガースにはプレーしたくても怪我で出来ない主力選手とか、一軍で出場したくても厚い選手層の前に出場できない、または一軍に登録されることすらない選手が大勢いる。そんななか、出場機会を与えられながら結果を出せずにファームに行く選手もいる。プレーしたくても出来ない選手もいるんだから。そこにいるべき選手がいないことを嘆くんじゃなくて、代わりに自分がそのポジションに座ってやるくらいの気持ちで行ってみよう!そうすりゃ「いるべき選手」が帰ってきた時には今までよりも強力なチームになる。

 確かに昨年の疲労はあると思う。昨年の良い自分へのイメージと今年の自分へのイメージの差もあるだろう。そしてその差に戸惑いも感じると思う。でもそれすらも全力で。抜く時は抜くことも必要だけど、それはしっかりTPOに応じて。

 ゴロを打った後の赤星選手が見せるベースまで、または守備時の打球までの全力疾走。金本選手のベースランニング。球児投手、ウィリアムス投手の気迫あふれる投球。こういったプレーへの思い入れを各々の選手が持ち、表現すること。それが伝わる場所だから甲子園は素晴らしい。そういった素晴らしい場所でプレーできるプライドや誇りがあれば全力プレーができるはず。

 忘れている部分もあるかもしれない。全力でプレーするのは大変だろうし、しんどいと思う。でも「大変だから。」、「しんどいから。」はプロだったら現役中は言って欲しくない。その大変さ、しんどさを超える姿を見せてくれるからファンは選手に憧れる。見せかけの気迫とかではなく、必死なプレーに気が付いたら自然に溢れている気迫を見て感動する。

 タイガースは弱くない。弱い時期はとっくに終わった。だから強いチームらしく、弱音を吐かずに、気を抜かずに、全力でこの時期を戦うこと。それが中盤を乗り越えて歓喜の終盤へと向かって行く大切なことだと思っている。

 勝とうぜ!阪神タイガース!!最後の最後まで自分に負けるな。

| タテジマに想いを | 21:17 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/95539