07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 黄金のマサカリ(非阪神) | main | アニキ藪 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

走れ!走れ!!
 赤星くんが今年の公約として11球団全てからの盗塁を掲げている。 赤星 全11球団から盗塁決める@デイリー

 赤星くんの足の速さは言うまでも無いが、そのイメージが実際には「アウトじゃないか?」という場面でも塁審に「セーフ」と言わせてしまうものがある。と世界の盗塁王の福本さんは言っていた。このイメージはすごい。ある意味で「どこに投げても打たれちゃう。」イチローのようなものだ。

 みんな知っていることだけど、盗塁阻止はキャッチャーだけがすることではない。投手もクイックで投げたり、牽制で塁に釘付けにしたり、そういった共同作業で行うものだ。だからキャッチャーが強肩なら走れないということは無い。そりゃ確かに走りづらいだろうけど。パなら福岡の城島(呼び捨て)から走れればおそらく他球団も大丈夫だろう。

 そのためには実は赤星くんの後ろの打者の役割が重要になる。キーワードは右打者。

 以前、ソースは忘れたけど赤星くんは雑誌のインタビューで「後ろが右打者の方が走りやすい。」と言っていた。それはキャッチャーの動きが見えるから。今まで赤星くんの後ろは今岡選手だったり、アニキだったり、鳥谷くんだったり色々代わってきた。でも今シーズン、後ろが関本選手に固定されてから盗塁が増えたのは、出塁率の上昇だけが理由じゃないと思っている。

 彼が走るための好条件が揃ったからと僕は思っている。そういう点では1番赤星くん、2番関本選手という打順に僕は賛成だ。

 赤星くんが出塁するとスタンドからは何とも言えないどよめきが起こる。「さぁ、行くでぇ!!」という期待のどよめきだ。そして次の打者へのコールより大きな声で「はっしれー!はっしれー!あっかほし!!」という歓声が起こる。わずか数秒の彼のベストパフォーマンス。盗塁成功率もかなりの高確率だ。出塁率から見ても2試合に1回は彼の盗塁が見れる。

 彼の優しさと誠実さの印、盗塁数と同じ数以上の車椅子は勇気を与え続けている。今年も大勢の人がそれを待っている。チームの勝利、待っている人のために今年も走る。

 あえて課題といえば3塁への盗塁が少ないこと。確かに凄く難しいけどチャレンジしない手は無い。これが出来れば虎に翼だ。赤星という虎に翼は生えるか?!
| タテジマに想いを | 20:12 | comments(4) | trackbacks(0) |
しょうもないツッコミ入れさせてください。
昨季開幕時に次を打ってた右打者→キンケード(笑)
| dai_manager | 2005/01/13 9:57 PM |

dai_managerさん
 あ、その選手、すっかり忘れてた(汗)
| たけ | 2005/01/13 10:25 PM |

転がしてくれれば、もう翼が生えてきたようなもんです。
| 現場 | 2005/01/14 9:24 AM |

現場さん
 昨年はライトスタンドで「転がせ!転がせ!あっかほし!!」と声援を送ってしまいました。
 サードゴロかバウンドの高いゴロを転がせばこっちのものですね^^
| たけ | 2005/01/14 9:44 PM |










http://tatemise.tblog.jp/trackback/8134