03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 焦るな岩田くん | main | キャンプインする人たち >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

どうする?下さん??
今やセ・リーグ癸浦枯咾噺世辰討發いげ爾気鵝その下さんをお立ち台に立たせようとアニキまで「その気」になっている。矢野さんとアニキに挟まれてしまった下さん、どうする??

 2005年のシーズン、下さんは2回だけお立ち台に立ってくれた。2回目は9月の「勝てたらいいなと思ってました。」で有名になったあのシーンだ。あの時はアニキがとなりにいた。

 1回目は偶然俺も観戦していた楽天戦。濱中選手が復帰後初めてお立ち台に上がった試合で、となりには下さんがいた。その時も恥ずかしそうに立っていた。

 アナウンサーが「そういえば下柳さんは誕生日が近いですね。」という内容を話し掛けたら、「僕の誕生日なんかどうでもいいです。」と言ってたし、他にも「恥ずかしいです。」とか調子を聞かれたら「たまたまです。」、そして最後に「ご声援ありがとうございました。」と礼儀正しく言っていた。

 契約更改では「お立ち台は嫌だ。」とかおっしゃったそうだが、やはりたまには立って欲しいものだ。

 だがしかし!そんな下さんにもピンチ?があった。

 下さん登板と思われた日の前日、ヒーローインタビューでお立ち台に上がったアニキが「明日は下柳投手が投げると思うのでお立ち台に〜〜〜〜〜」なんてことを言った翌日、登板した下さんはメッタ打ちにあってしまった。

 まさか下さん、そうまでしてお立ち台が嫌なのか?なんてことも思ったが、そんなはずはないだろう。でも意識させちゃいけないな。意識してしまっても2006年は沢山好投してチームを勝利に導いて欲しい。

 下さんが好投する。勝ち投手になる。みんなが「下さん、お立ち台に上がってくれぇ!!」と叫ぶ。でも上がらない。でも下さんのおかげで勝てたことをみんなが知っている。そういう雰囲気も俺は嫌いじゃない。世の中には希少価値ってものがあるってことを下さんはお立ち台を通じて教えてくれている。(ホントか?)

| タテジマに想いを | 20:22 | comments(0) | trackbacks(1) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/70316
今なら新登録ブログ1週間TOPページにて特集掲載
100万アクセスを誇る超人気ブログランキングにて今新規登録されたブログをTOPページにて特集掲載するキャンペーンを行っています!数に限りがございますのでお早めに登録お願いします!!
| 超人気ブログランキング | 2006/01/25 4:49 PM |