04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 今日はひと言だけ | main | 超えるべき壁 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

ここでも忘れ物を取り返す
 関本選手への熱血指導があったらしい。これはすごくいいことだと思う。

 関本選手は体格に恵まれている大型内野手。守備力に疑問を持たれているけど、普通に見えるけどなぁ。俺が変なのかな?

 バントも上手い。でもそれだけで終わっちゃいけない選手だ。

 昨年と今年。規定打数には達しないけど、ほぼ3割の成績を残した。

 しかし今年は本塁打ゼロ!!球児くんの「本塁打厳禁」を気にしたわけではない(当たり前か。。。)が、そういう数字だった。

 関本選手がみんなの前に姿を現したのは、2002年のことだと記憶している。

 怪我で選手が次々と離脱する中、ファームから上がってきた彼は豪快な打撃でチームを押した。怪我人続出で困り果てたときには「関本を4番で!」という声も上がったが、星野監督(当時)はそれを良しとしなかった。時期尚早だという判断だ。

 実際に彼は短期間で成績を落としてしまった。それはスタミナ不足。スイングがバラバラになっていたということだ。

 2004年。彼は打率を上げてきた。そして2005年。彼は相手が左投手のときに起用され続けた。

 守備云々。それはいつも言われている。しかし複数のポジションをこなせる器用さは見逃してはいけないものと思っている。

 でもやっぱり豪快な打撃は捨てがたい。っていうか、捨てちゃいけない。

 忘れてしまった?預けてきた??長打力を取り戻そう。最強の2番打者?超攻撃的2番打者?それとも何番がいいのか?とにかく関本選手の長打力はタイガースに不可欠。小さくまとまってしまってはもったいない選手なのは間違いない。来年はスタンドで「ホームラン、ホームラン!」とコールできるといいなって思っている。
 
追記:俺は「頼むぞ」で立ち上がるのは嫌です。
| タテジマに想いを | 18:27 | comments(4) | trackbacks(0) |
健太郎でお辞儀するのはもっと嫌です。
| のぶ | 2005/11/10 2:18 AM |

 お辞儀の後に頭を上げる瞬間、メガホンでどついてやりたい衝動にかられます。
| たけ | 2005/11/10 6:42 AM |

>守備力に疑問を持たれているけど、普通に見えるけどなぁ。

藤本、関本のどちらのファンでもありませんが、
二人を比較すると、守備範囲が全然違うと思います。

関本も、捕れる範囲をキッチリ捕れると言う意味でいうと、普通だとは思いますが…。
| モーリス | 2005/11/10 11:24 AM |

モーリスさん
 初めまして。コメントありがとうございます。
 守備の要素には色々あって、守備範囲はおっしゃるとおりだと思います。
 関本選手の特徴もそうだと思います。
 守備範囲に比例する確実さを求めたい藤本。確実さの範囲を広げるために、ポジション取りなどをさらに向上させたい関本選手。色々な比較方法がありますよね。
 他にもスローイングなどの点も上げられるでしょう。
 しかし打撃が捨てがたいなぁ・・・といつも思ってしまうんですよ。
| たけ | 2005/11/10 11:13 PM |










http://tatemise.tblog.jp/trackback/58541