04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 生まれ変わる姿 | main | 金澤さん!次はもらおうぜぃ!! >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

解説のお2人
 いつも僕はスカパーで観戦するんだけど、今日の解説はすごかった。
 
 なにが凄かったって、元・阪急監督の上田さんと、針の穴を通すコントロールと言われた小山さんだったことだ。

 さすがに日本の野球殿堂入りしているお2人だけあって、その言葉には重みを感じられたと僕が言ってしまっては申し訳ないくらいだった。

 解説と言うと、世界の盗塁王・福本さんや、牛若丸といわれた吉田さんあたりだとほのぼのしているんだけど、今日の2人には本当に勉強させていただいた。

 名監督だった上田さんはチームのあり方をお話してくれた。一方、小山さんは投手としての見方を存分に話してくれた。

 小山さんのプレーは見たことが無いけれど、投げているところは見せていただいたことがある。それは昨年秋に静岡で行われた巨人VS阪神OB戦だった。

 先発で登板した小山投手はストレートが山なりにならずにキャッチャーミットに収まった。さすが名投手!!

 その小山さんがおっしゃるには、今の投手は投げ込み不足。だから毎年活躍できる投手が少なくて、投げないから球種も増えずマスターできない。ということだった。

 小山さんの時代は今よりもスポーツ医学は遅れていて、っていうか無くて?それでも投げて、コントロールを身に付けて名投手になっている。温故知新と言うように、先人の教えと言うのはきっとものすごいものだと思った。

 そんな小山さんの解説で印象に残ったお言葉がある。

 「今のタイガースに6番目の投手はいない。」

 そう、いない。でも裏を返せば誰でもチャンスがあるということだろう。ファームから帰ってきた、三東投手、牧野投手、中継ぎとして結果を出しつつある金澤投手などチャンスをつかむ寸前まで来ていると思うし、期待している。

 そしてもうひと言。

 「今の巨人のピッチャーは打てる!」そう、明日からは巨人戦!!巨人戦はカンフル剤だ。さぁ、明日から全部勝って、借金返済しよう!!

 燃えろ!阪神タイガース!!

6.17
| タテジマに想いを | 19:45 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/5051