07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 才木、凄かった | main | 初オールスター >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

最後の1球、梅野選手のリード
人気ブログランキングへ


 3点のリードで入った最終回。ドリス投手が登板する。これはいつもと同じ。

 しかし今夜もストライクが入らない。これもいつもと同じ・・・・・今年はこういう場面が多い気がする。

 もともと精密なコントロールを持つタイプではないかもしれないが、これではリードする方も大変。ストレートは逆玉となり、
フォークは引っかかる。そんな内容だった。

 その状態を黙って見逃してくれるようなスワローズ打線ではない。先ずはきっちり1点差まで詰められてしまった。

 バレンティン選手が犠牲フライを打ちながら悔しがっていたのは、ホームランにできるボールだったということもあるかもしれないし、犠牲フライではスコアリングポジションにランナーを残せなかったことを悔やんでいることなのかもしれない。いずれにしてもあの犠牲フライは1点差になったけど正直言って助かった一打だった。

 しかし同点のランナーをなおも残し、長打が出れば同点、ホームランでサヨナラ負けという場面は変わらない。

 雄平選手は今日タイムリーを打っている。でも球児投手との対戦では2アウトだけどチャンスで大きな外野フライで凡退。そして最後の打者となってしまった。普通だったらタイムリーを打っているだけでも十分なのに、さらに一打を望まれてしまうのは仕方ないというところ。

 この試合最後の1球がとても印象に残っている。

 繰り返すがドリス投手はストライクを取るのに苦労している。ストレートでも危ういのに変化球なんて・・・・・しかもフォークなんて引っかかっているし、そうなると当然パスボールのリスクだって大きくなる。待つとすればストレート・・・・・かと思ったらフォークで空振り三振。梅野選手のリードの凄さに驚きを隠せなかった。

 キャッチング技術の高さと肩の強さは分かっていたけど、ここでフォークを要求できることが凄い。ドリス投手の場合、フォークも140キロを超える場合があるほどのスピード。あらゆるリスクを考えたうえでフォークを選択したのだろうけど、とにかく強い印象を持ったリードだった。

 カード勝ち越しも、そして打線がこの3連戦は活発だったことも嬉しいこと。ただ、最後の1球のインパクトが頭に残った3連戦だった。







人気ブログランキングへ


コメント欄は時間によってご利用いただけることがあります。


コメント欄や投稿者名にショッピングサイトなどへのリンクが貼られていた場合などは削除することがあります。ご承知おきください。

なお、当面の間、サイドバーのコメント表示を非表示にしてあります。



| タテジマに想いを | 23:14 | - | - |