04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 執念開幕 | main | 昨日と同じ感じで?香川ファイブアローズ(バスケの話) >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

何もできず・・・香川ファイブアローズ(バスケの話)
 年に1回の観音寺開催。何もできずに試合が終わってしまいました。

 スタッツを見ると熊本のシュート確率が凄いことになっています。特に3ポイントは60%を超える数字。これではさすがに勝てません。さらにリバウンドでも17本の差を付けられてしまいました。

 熊本には途中から、西宮でプレーしていたヴァンデンバーグが加入。数字は残していませんが、この試合でも彼がいるだけでリバウンド争いに参加しづらい状況が生まれています。大きな選手はそれだけで武器になるということでしょう。

 今回、熊本は香川にウッドベリー選手を帯同させておらず2人の外国籍選手で戦っているのですが、それを感じさせない強さを見せました。

 確かにスリーが入りすぎです。これほど入る試合も珍しい。でも香川が打たせてしまった面もある。古野選手と小林選手の外は要警戒ですね。

 この試合、香川としては安部選手の活躍がありました。近選手の故障もあり、SGとして出場する機会が増えると思うのですが、今日はシーズンハイの10得点。躊躇わず高いアーチを描くシュートを決めることも重要ですが、それ以前に放つことも重要。それを実行しています。

 PGがここにきて固定できないことも正直痛いです。戦績的には昨年のほうが悪いとしても、徳永選手で固定できていました。今シーズンは大澤選手でスタートし、固定できると思っていたら調子を落とし、その期間が長くなっている今、ケイタローや石川選手がボールを運ぶ場面も増えています。試合を作るという意味でも、PGを固定できないのは痛いことです。

 なにもさせてもらえなかったという印象が残ってしまったこの試合。明日のカムバックに期待です。
| バスケの話(ファイブアローズと76ers) | 23:15 | - | - |