02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 3番福留 | main | リバウンドを制す!香川ファイブアローズ(バスケの話) >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

攻守で圧倒!香川ファイブアローズ(バスケの話)
 結果を先に書けば圧勝。完勝でした。

 試合途中でちょっともたついて4点差に迫られますが、後半はさらにギアを上げて得点を量産しました。

 大量点差になっても最後まで外国籍選手を2人出し続けたこともあり、100点ゲーム。40点を超える点差を記録して勝利しました。

 外国籍選手が3人ともダブルダブルの活躍。チームで5人が2ケタ得点という数字的にも素晴らしいものとなりました。

 いくつもの勝因があるなかで、2つ書いてみるとすれば1つ目は高さです。

 愛媛はニカともう1人のインサイドの選手がファウルを重ねてしまったこともありプレイタイムが少なめに。ただでさえ強力インサイドとなるレジーとクウソーがいる香川相手に大変なのに、インサイドで対抗できないのは大変だったと思います。

 もう1人の愛媛の外国籍選手は昨シーズン香川でプレーしてくれたシェイ。シェイ投入で得点力で対抗できてもインサイドで不利になってはチームとして苦しかったと思います。

 また、愛媛の強力アウトサイドシュートを好きに打たせることを防ぐことができたことにも無関係ではないでしょう。

 もう1つは若さです。

 この試合、得点力の高いシェイに対し、香川は積極的にダブルチーム、トリプルチームを仕掛けます。そうなるとフリーの選手ができてしまうものですが、アンケー、ケイタロー、タクローといった若い選手たちがパスを出されると同時にしっかりとマークに戻っているので愛媛も好きにできません。これを試合を通じて実行できる若さと体力が愛媛を疲れさせることになります。

 4QTになり、ちょっと得点が停滞した場面でも若いモンテがダンク。試合を香川ペースで動かし続けるきっかけとなりました。

 攻守で愛媛を圧倒した凄い試合でした。大勝の翌日、試合の入りから緩むといったシーンが今シーズン数回あるので、明日の試合の入りについては今日の試合で慢心するのではなく、謙虚に入ってほしいと思います。

 でも今日の勝利は喜び一杯、格別なものです。明日も今日のような試合後を迎えることができるように、ベストコンディションで戦ってほしいと思います。


| バスケの話(ファイブアローズと76ers) | 21:47 | - | - |