06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 凄いぞ!! | main | TAKU−TIME!!香川ファイブアローズ(バスケの話) >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

ナイスゲーム!香川ファイブアローズ(バスケの話)
 リバウンドでは試合を通じて10本以上の差をつけられ制空権を握られたこの試合。熊本は速いパス回しからアウトサイドを放つと思えばインサイドに切り込んでも来る。非常に苦しめられたゲームでした。

 それだけではなく、毎度のことなのですが審判の笛が安定しないというか、両チームにとってもフラストレーションがたまることに。

 でもアローズはディフェンスで気を抜くことなく戦い、最後は3点差で西地区上位の熊本に勝利しました。

 地区交流戦を経て再開された同一地区内の戦いですが、前回大戦時と大きく違うのはこちらに坂東選手がいたことです。事実、この日の試合も彼のターンアラウンド・ジャンパーから始まっています。兎角シェイしかオフェンスオプションがなさそうに見えていたチームに、アウトサイドの得点源になりうる選手が加わったのは今更ながら大きいですね。

 この試合は、QT終了間際に放たれた2本のスリーがとても印象に残る試合でした。

 1本目は大澤選手。一時期は遠征に帯同できない時期もありましたが、ジョーHCが動きの良さを買っていることもあり、2番手PG争いにおいてエイケン選手と坂井選手に対し少しだけ優位になっているのかもしれませんね。

 2本目は前村選手。テツって呼んだほうがしっくりくるんですけど、パスを受けてのクイック・リリースで放つという独特のリズムで放ったスリーは、しっかりリングの中に入ってくれました。

 シェイのプレイタイムを伸ばす以上、1&3QTでのミスマッチは避けられません。その分は得点力を維持したい。それは当然のことです。でもやはり高さの苦戦は免れません。さすがにいくらなんでも背の高さは急に補えない。だとしたらどうするか?それはチームとして約束事をしっかり履行するしかないと思います。

 明日は相手も立て直してきます。前半はこちらのゲーム、後半はあちらのゲームでした。だからこそ、明日も最初から流れを握れるように。

 相手にしてみれば西地区5位が確定している香川に負けるのは「取りこぼし」扱いでしょう。でもこちらも黙って負けて帰るわけにはいきません。精神論と言われても、明日こそ魂込めろ!意地を見せろ!根性見せろ!で頑張ってほしいです。
| タテジマに想いを | 23:01 | - | - |