10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 動いて、動いて!香川ファイブアローズ(バスケの話) | main | セカンド争い >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

雑な感じはしたものの?!香川ファイブアローズ(バスケの話)
 昨日の大勝を経て臨んだ試合。立ち上がりから鹿児島が修正してきたのか、それともアローズがもう1つなのか分かりませんが、簡単なプレーを失敗し、相手に与え・・・という展開となりましたが、鹿児島もオフェンス面での精度に欠けるシーンがあり、序盤から点差が離れないゲーム展開となりました。

 鹿児島はゴール下にチャド選手が君臨。昨日はシェイを中心にうまくマッチアップしましたが、今日は何度も得点を許してしまいました。

 スターターにマーフィー選手を持ってきた鹿児島。この選手のオフェンス力を抑えることも課題となりますが、今日はわずか1得点?!に抑えることに成功。これが今日はモノを言ったと思います。 

 加えて鹿児島の安慶選手に1QTだけで3つのファウルをさせてファウルトラブルにさせたこともインサイドを不利にしないでプレーできた大きな要因でしょう。

 2日続けて数字になるか否かに関わらず、高田選手の献身的なプレーは見事でした。これは書いておかないと。そしてこれも2日続けて肉を持って帰ることはできませんでしたが、秀人選手の連続スリー、近選手のタフショットは勝負を持ってくる大きなプレーでした。 

 これも2日続けてフォーブス選手がダンクで飛ぶなど、試合を通じて大きく崩れずにプレーできた勝利でした。

 肉を持って帰ったのは徳永キャプテン。試合後も礼儀正しくブースターに接してくれる選手ですが、キャプテン自らが体を張ってリバウンドに飛びまくります。昨日同様、ガード陣に2人の故障者がいることもあり、プレータイムが伸び、きっと疲れもあるでしょうけどチーム最多の13リバウンド。その場面以外にもゴール下にサイズ関係なく飛び込む場面を何度も見せてくれました。

 攻撃の精度がもっと高ければ早い時間帯から点差をつけることが出来たかもしれませんし、上位チーム相手に今日のような展開ではもっと早く試合を持っていかれるかもしれません。そこは勝っても修正を要します。ただ、連勝できたことでチームとしても流れを変えるきっかけになると思うのです。

 昨日も今日もテレビカメラが会場に入っていました。観客動員数は2日合わせても1,000人に達しないという苦境ですが、昨日の大勝と今日のような中盤までの接戦から引き離す展開をテレビで見た人たちに1人でも多く観戦に来てほしい。そう願わずにはいられません。

 次はB2西地区上位の広島と、広島のホームで対戦します。好調な相手にどんなバスケができるのか?まだまだ続く日程の中で、なんとか1つ勝ってきてほしいですね。



| バスケの話(ファイブアローズと76ers) | 17:07 | - | - |