03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< セカンドキャリア | main | 雑な感じはしたものの?!香川ファイブアローズ(バスケの話) >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

動いて、動いて!香川ファイブアローズ(バスケの話)
 連敗脱出!試合前から絶対に負けられないと煽って臨んだこの一戦、試合を通じて動きまくったファイブアローズの勝利となりました。

 鹿児島も70点を超える得点を挙げているので、今日の勝因はファイブアローズが動きまくったことと勝手に思っています。

 とにかくパスが回ります。この結果、アウトサイドからフリーでシュートできるシチュエーションが多くなります。

 今年のチームはアウトサイドの決定力のある選手が複数います。秀人選手に近選手。今日は練習中の故障により欠場となりましたがテツ選手も。そして今日はここまでプレイタイムに恵まれてこなかった堀田選手も3ポイントを積極的に決め、肉を持って帰りました。

 鹿児島は試合前から要注意選手である中園選手の3ポイントが脅威ですが、今日も決められながらもそれを上回るチームとしての3ポイントシュートでしっかり勝ち切りました。

 大量点差での勝ちは本当に大きく、これまで香川と鹿児島は勝敗的に同じ1勝9敗でしたが、直接対決の得失点差で香川が最下位になっていました。しかしこの試合の結果、勝敗も直接対決の得失点差も逆転したことでしょう。

 エイケン選手も出番を得てプレーしました。ゴール下まで鋭く切り込むもののパス出しが苦しくなる場面が多くあり、もっと自分でフィニッシュまで持っていってもいいのかな?と思いました。ただ、この選手のスピードの緩急は目を見張るものがあるので、エイケン選手のパスを活かせるようになればもっと面白くなると思います。

 ガード陣2人の故障がありながら、しっかりチームでカバーした試合です。先ほども書きましたが肉は堀田選手が持って帰りましたが、近選手と秀人選手にもなんかあげて!そう思った試合でした。

 さて、大量得点の翌日のバスケはどうなるんでしょうか?



| タテジマに想いを | 23:04 | - | - |