06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 明日は勝ってお祝いを! | main | 祝!オールスター! >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

つもりが・・・
人気ブログランキングへ


 カープ3連戦の前に金本監督は「3連勝するつもりで・・・」と語っていたが、結果的に3連敗。勝ちきれないチームの姿を見せてしまった。

 この3連戦も得点力不足は解消されないまま。でも打線を見れば1軍経験の浅い若い選手をこれだけ使いながら少しでも得点できているのは善戦といってもいいんじゃないか?と思っている。

 岩貞投手が好調に投げるなかで、ノーヒットで1失点したイニングが本当に勿体なかった。現在のタイガースにおいては1失点が1点以上の重みを持つだけに。「2点で勝とうなんて甘い。」と言われようと、実際にそうするしかないんだから仕方ない。でも、この好投を続けて行ってほしいと思った。1試合にこういうヤマは何回か来るものなんだから。

 試合前に平田コーチがミスの多さに対して厳しい声をあげたとのことだが、結果的に9回裏はミスで失点したことになる。

 決定的だった俊介選手と中谷選手の衝突。先ずは担架で運ばれた俊介選手の無事を祈りたいし、中谷選手も怪我をしていないように祈っている。

 あの場面、どちらが声を・・・というのではなく、それ以前にどう約束事をしていたのか?という準備はどうなっていたんだろう。なかなかメンバーが固定されないとこういう際の準備も難しいのだろうか?

 ミスに含んで良いのか分らないところだが、大和選手のセカンド守備もあれでよかったのか?というのはルナ選手のセカンドゴロで併殺を取れなかった場面。捕球した場所があまりにも良かったというか、走路上だったこともあり、1塁走者にタッチプレーを狙っているうちにルナ選手が1塁を駆け抜けたのだが、決して俊足とはいえないであろうルナ選手が打者走者だっただけに、セカンドに投げて4−6−3でも良かったのではないか?と、あの瞬間は思ったんだけど。

 球数も少なく投げていたので9回もマウンドに上がった岩貞投手。勝ちを意識したとは思えないけど投げ切ることが出来なかった。でも頼りにできる投手であることは間違いない。

 シーズンを通じてローテーションを守る大変さを実感しているはず。チームも越えるべき壁は高くて多いけど、若い選手が本当に貴重な経験を積んでいる時間として、こっちも見ている。



人気ブログランキングへ


コメント欄は時間によってご利用いただけることがあります。


コメント欄や投稿者名にショッピングサイトなどへのリンクが貼られていた場合などは削除することがあります。ご承知おきください。

なお、当面の間、サイドバーのコメント表示を非表示にしてあります。
| タテジマに想いを | 23:12 | - | - |