07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 昨日と同じでは勝てない!高松ファイブアローズ(バスケの話) | main | 捕手最大で4人制? >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

夕闇のクリスマスイブ(イナリワン追悼)
人気ブログランキングへ



 1989年12月24日は、俺が競馬を見るうえできっと忘れないという1日になっている。(とか言いながら記憶違いがあるかもしれないが。)

 イナリワンが先日亡くなった。もう32歳になっていたらしい。あれから25〜6年経っていればそうなるよな。

 地方競馬からやってきたイナリワン。同じ時代にオグリキャップという人気実力を備えたスターホースがいたことで、確か1歳年上のイナリワンが霞むかのように見えた時もあったが、1989年の春の天皇賞、宝塚記念を勝って暮れの有馬記念に進んできた。 

 この年の秋競馬では春のグランプリホースの実力を充分見せることが出来なかったせいか、有馬記念ではオグリキャップ、スーパークリークの次となる3番人気。人気2頭が先行策でも勝てるのに対し、イナリワンは追い込みで駆け抜けるタイプ。この追い込みが決まってくれれば・・・・・と思いながらぼんやりテレビを見ていた。

 中継はオグリキャップとスーパークリークの様子を中心に進められていた。レース中も同じ感じで。ただ、途中でオグリキャップがどうも調子が出ずに後退っていうか、レースの中心から外れていった感じがした。

 「そりゃ強い馬でも負けるときだってあるよなぁ。」

 のんびりとそう思って、あとはスーパークリークが勝つだけかぁ・・・・・って思って見ていた。

 天気があまり良くなかったのか、今でもテレビ画面から見える中山競馬場が、やけに暗かったような記憶がある。

 その中を、イナリワンが駆けてきた。スーパークリークがゴールする直前で黒い影が飛び込んできた感じ。それがイナリワン。

 そのあとの写真判定は普段よりも長く感じたんだけど、どっちが勝ったというよりも、「イナリワン、すげぇ!」と思ったことも覚えている。今さらながらイナリワンのファンになったというか。

 このレースが繰り返すけど、なんか空が暗くなっていた(ような気がする)中山競馬場だったというのがさらに印象を強くした。

 そしてこのレース以降、イナリワンは中央で勝っていない。全て出し尽くしたというかどうかは知らんけど、スーパークリーク、オグリキャップの2強に、走りっぷりと同じ感じで追い込んで3強にしたって感じがした。

 この有馬記念、記憶が正しければ枠連は3−8のはず。買ってないので馬券的には負け。でも外したレースでこんなに長く覚えているレースも無い。ファンになってからもう1度、イナリワンのGI勝利が見たかったなぁ。

 ご冥福をお祈り申し上げます。


人気ブログランキングへ


コメント欄は時間によってご利用いただけることがあります。


コメント欄や投稿者名にショッピングサイトなどへのリンクが貼られていた場合などは削除することがあります。ご承知おきください。

なお、当面の間、サイドバーのコメント表示を非表示にしてあります。
| ドキドキ☆ミソジーズ w(><)w | 22:12 | - | - |