10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 〜過ぎる!高松ファイブアローズ(バスケの話) | main | そんなになるのか >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

まだ謝るな!高松ファイブアローズ(バスケの話)
人気ブログランキングへ


 遠征2日目。これまで観戦してきた中で最大の点差だったかもしれん。

 今日の試合、やはり昨日のエントリーにも書きましたが、ドレの脚が痛そう。そしてパケも痛そう。そりゃコート上に立てば痛いとか言えないし、言い訳にはできないのは百も承知です。この2人がプレーしているだけでも良しとすべき試合なのかもしれませんけど、インサイドで戦えていない。なので島根は立ち上がりからインサイドのボールを集めてこちらの様子を見るかのようなバスケットを見せます。パケちゃん、4QTラストで膝の痛みを訴えていました。

 そして今日もエドワードが大当たり。島根の試合となってしまいました。

 重い試合でした。そしてベンチも重い空気があったように思います。入退場のときの選手の表情も硬く。連敗という事実だけでなく、島根に勢いづかせてしまったことも来週末に向けて不安が増し・・・・・たように感じても不思議ではありません。

 来週末に切り替えて・・・・・といいたいところですが、正直、インサイドの両外国人が故障明けでしかも万全ではないとなれば苦戦必至です。行けるものならアリーナに行きたい。声を枯らして応援したい。正直な気持ちです。どうか多くのブースターの前でプレーできますように。

 今度の週末の連戦が終わると、高松はバイ・ウィークもあり試合間隔が開きます。そこでしっかり故障を治して立て直して欲しいです。いや、もちろんそのまえに島根とのホーム対戦でしっかりやり返さないと!

 で、これはいつもスポーツを見るたびに思うことを少し書きます。

 この試合、試合を終えてコートから去る選手は怒りを持ったような表情でした。それをブースターは見送ります。藪内選手に「ホームでは勝って!」と声をかけた時、「今日はすいませんでした。」と返事をしてくれました。

 でもね、「謝るな!ヤブ!!」と言いたいです。勝つためにプレーしたんだから謝るな!と。甘い考えかもしれないんですけどそう思うんです。

 見ているこっちにしてみれば見たくもない負け方ですよ。決して安くない遠征費とチケットですよ。それでも謝るな!と。そこに闘志を持って、それでも何とかしようとして、辛いだろうけど最後までコート上から逃げなかったんだから謝るな!と言いたい。その代わり、次の勝利を約束してくれ!といいたい。それでも負けるかもしれないけど、そしたらまた次の勝利を約束してもらいたい。そう思うんです。これ、散々負けまくった阪神ファンだから言えるのかもしれませんし、2勝50敗のシーズンも応援していたから言えるのかもしれません。

 チームとファン、選手とブースターの約束事ってなんでしょうか?島根のホームで見た光景の中に、試合前に宣誓書にサインするんですね。その約束事の最後に「NEVER GIVE UP」ってあるんです。その言葉、ファイブアローズそのものじゃないですか?!参ったしちゃってもおかしくない状況から何とかしようとしているわけで。だから逃げるな、諦めるな。その気持ちがあるうちは謝るな!と言いたいのです。

 今年はメンバーが揃った、選手層厚くなったと言われます。でもそんなに簡単に勝てりゃ苦労しないんです。順調に勝ち星伸ばしました。だから今年は当然それ以上・・・・・と思いたくなりますが、対戦相手だって補強しているし、研究してきます。それを上回る何かをしないと勝ち星は伸びません。現に、今年はディフェンスで崩れてないですか?

 でもまだ終わりではありません。ここから先が残っています。実際、昨シーズンも終盤にチームにケミストリーが出来上がってからは快進撃でしたから。

 見つめ直して立て直す。辛いけど逃げない、諦めない。そんな気持ちにさせてくれる試合をまた見せてほしいと願っています。



人気ブログランキングへ


コメント欄は時間によってご利用いただけることがあります。


コメント欄や投稿者名にショッピングサイトなどへのリンクが貼られていた場合は削除することがあります。ご承知おきください。

| バスケの話(ファイブアローズと76ers) | 23:59 | - | - |