10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 関本“様”、梅野“様々” | main | チャンスで明暗 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

野球は2アウトから
人気ブログランキングへ


 野球は2アウトからなんてよく言ったもので、今日の岩崎投手はまさにそのとおりという感じだった。

 バッテリーを組むのは梅野選手。若いバッテリーに託すのは、昨日の梅野選手の決勝打を考えれば若い勢いで行ってくれと言っているかのようで、間違いではなかったはず。ただ岩崎投手の登板したイニングでは初回は先頭打者を、その他のイニングでは2アウトまではきっちり取れていたのでそこから先で失点したのは何とも勿体ない。もしもベテラン捕手である鶴岡選手だったらどうだっただろ?と思わないでもなかった。この辺のコンビの組み合わせについては今後も動かしながらってことになる。

 無得点では勝てないのだが7失点で勝つというのもなかなか難しい。そういう点では今日の試合は2アウト、またはイニングの先頭打者を打ち取ってからどう攻めるのか?ということを若いバッテリーが勉強した試合だったと思う。これから先、きっとベテランともお互いに組むだろうけど、そこでまた勉強して成長した姿でバッテリーを組んでくれれば。

 ただ今日は下位打線が全然脅威じゃなかった。6番以降で投手含め8つも三振していたらチャンスで上位に回らない。ここをなんとかしないとね。そうなるとマートン選手と無理に勝負しなくなるから。

 そんななか、存在感を示したのは昨日に引き続き俊介選手。上本選手とはタイプが少々違うのかもしれないけど、5回打席に入って4回出塁。大和選手もうかうかできず、福留選手を休ませるときには相手投手の左右関係無く使って当然という結果を出している。昨年から俊介選手の存在が再び大きくなってきているのだが、こうしたところで生き残ってくれるとチームにとっても本当に助かるんじゃないだろうか?

 最終回のヒットもよかった。あのまま終わるのと、最後に1人でも出して終わるのではチームにとってというよりは俊介選手にとっても違うはず。福留選手を起用する意義もあるだろうけど出番があるときは下位である7番。だったらここは調子が上がっている時くらいは(上本選手も故障中であることから)俊介選手の出番が多くなっても良いと思う。それを見てまた福留選手も練習して鍛えて負けまいとすれば良いのであるのだ。



人気ブログランキングへ

| タテジマに想いを | 22:09 | comments(0) | - |