03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< スタンリッジの長い夜 | main | 9月15日 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

勝負するということ
人気ブログランキングへ


 バレンティンの56発目に注目が集まるこの試合。藤浪投手は勝負しきった。

 解説の金村さんもいってたけど、勝負しきる藤浪投手が凄いわ。

 ただワイルドピッチと牽制悪送球でピンチを招いてしまったのは反省材料・・・・・ってか、得点がなけりゃ勝てない。ここは打撃陣も猛省だ。

 さて、今日の試合で嫌でもピックアップされるのはマートン選手と相川選手がホームで交錯したこと。今年はマートン選手のタックルで田中選手が怪我をしてしまっているだけにね。

 で、ここから先は言い訳でもなんでもないんだけど、まずはタックルについてNPB全体で考えた方がいいわ。

 今日は相川選手がタックルを喰らっているけど、その相川選手もタックルで矢野さんを脱臼に追い込んだことがある。そのときのコメントで「ベースを完全に塞ぐ方が云々・・・」と言ってた記憶がある。そういう点では今日の位置取りは走路を塞ぎすぎているのも事実だろう。全速力で走っている選手の走路をふさがれるのも苦しいし、また送球が3塁方向に行ってしまったのもなぁ。

 だからといって、マートン選手のタックルが正当化されるということを書きたいのではない(これ、強調)。どちらのチームにとっても選手が怪我をするようなことは気持ちの良いことではない。

 どっちがどうのこうの言ったらバレンティン選手だって黒羽根選手や藤井さんに凄いのを過去にかましている。だから本当に「お前んとこがやったからウチんとこもやっても文句言うな。」というのではなくて本当に今のうちにNPBと審判団で何とかしないと。エスカレートしてからでは遅いのよ(これも、強調)。

 今日のあの場面では回したうちの3塁コーチもアレだし、マートン選手ももう少し走塁の練習を。3塁を回ったあの場面、外に膨らみすぎじゃないか??

 とにかくせっかく盛り上がっているバレンティン選手の偉業に注目が集まる試合を変な印象で終わらせたくないわ(ここも強調)。


 一応、クロスプレーについて大変参考になる記事とエントリーを以下に引用?させていただこうと思います。

 5月13日のスポニチと、5月14日の自称阪神タイガース評論家さんです。



人気ブログランキングへ
| タテジマに想いを | 22:26 | comments(0) | - |