03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 雨に降られて | main | 出張の楽しみと言えば >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

最後の3塁打は気にするな
人気ブログランキングへ


 とにかくしびれた投手戦だった。試合のテンポも速い。両先発の闘志が伝わってきて、見惚れると同時になおさらこういう試合は勝ちたいという気持ちが強くなっていった。

 チャンスだけで言ったらタイガースの方が多かった。序盤の2アウト満塁の場面をはじめ先制のチャンスはあったのだが、そこを抑えきるのは吉見のプライドってもんかもしれない。

 こちらの岩田投手の心配な点は立ち上がりだけ。ここを静かに立ち上がればその日の好投は保証されたようなものだ。現に今日も岩田投手が投げた9イニングで打たれたヒットはわずか2本。四死球も2つ。とにかくボールが切れ切れだった。

 今まで苦労してきた投手である。怪我もあった。今年の岩田投手に期待する気持ちはすごくあったけど、故障上がりと言ってもいい岩田投手にどこまで期待を寄せていいのか分からない気持ちもあった。

 でもこの数試合、しっかり投げて試合を作って徐々に貫禄も出てきて。ここから大事な試合が続くので岩田投手にはとにかく故障が無いように、ドラゴンズに強いところを見せ続けて欲しい。

 岩田投手と吉見。先にマウンドを降りたのは岩田投手だった。降りたって言っても9回まで投げきっての降板。胸を張れる内容であることは間違いない。

 そして10回は球児投手。アウトは全部三振。相手は5番から下位に向かう打線だったので試合時間の関係から球児投手で来るかどうか分からない気もしたが、昨日と違って良い投手を出し惜しみしない継投だった。

 対する中日も岩瀬投入。ここから先は分からないもんだなぁって思いながら見た。

 ただ1つ、結果的に徹底できた面もあっただろうけど鳥谷選手、4番マートン選手、ブラゼル選手の3人とも逆方向に打ったヒットだったということだ。引っ張りにかかったら引っ掛けるかもしれない。それを考えた上かどうか知らないけど反対方向に打ち返すことで打球は野手の間を抜けていった。これにドラゴンズの拙い守備が重なって得点。記録上では打点は藤井さんにしか付いておらず、どれだけミスが試合を動かしてしまうかというのをドラゴンズを観て改めて実感した。

 ただ、そのミスを招くほどの粘りとか、ミリ単位の前進とでもいおうか、そういう攻撃を試合を通じて繰り返してきたタイガースの執念もあったんじゃないかと思う。

 最後の守り、とても間に合わないような打球に飛び込む浅井選手。かえって傷口を広げたな。状況判断よなぁ。個人のファインプレーよりもチームで失点を2点までで済ませることを考えていかないと。もしも俺の手元に吹き矢があったら吹いてたなww

 ただ、こういう場面でもセーブにつなげた榎田投手は良かったと思う。

 プロ入りして初めてセーブが付く場面での登板。しかも自分の前を投げていた投手はこの日凄い投球を見せた岩田投手とチームの抑えの切り札である球児投手。そりゃ緊張もするわ。

 森野と和田という相手の3番、4番に対し真っ向勝負し打ちとってみせた。榎田投手がいてくれて良かったという場面だった。

 今日は新井さんが6番になった。4番のマートン選手は自分で決めるというよりもつなぎに徹してチーム全体で点を取りに行くときの4番目の打順が回ってくる選手。今日は大当たりだった。

 6番になっても結果が出ていない新井さん。最後の打席もピッチャーゴロ。なんとかなって欲しいと思う。

 この3連戦。とにかく借金を1つ増やしただけで終わったことが現時点で良いのか悪いのか分からん。負け越したんだから良くは無いわな。ただこうした投手戦をものにできて本当に良かった。それもナゴドで。明日の移動日をはさんで今度は東北でヤクルトと。粘って我慢して少しずつ相手のストレスを積み上げて。なんか我慢強くなったタイガースの次の試合が楽しみである。


人気ブログランキングへ
| タテジマに想いを | 23:01 | comments(2) | - |
浅井選手が飛び込んだプレーを見た瞬間、私は「まぁ3点リードやし、チャレンジするのは悪くないんちゃうかな」と思いました

おっしゃるように2失点までOKだとすると、打者走者が1塁に残るのも、ランニングホームランとなって2点取られるのも大きな差はないと思ったからです
自責点が増えて防御率が高くなる榎田投手には迷惑でしょうが

アウトカウントを増やす事だけを考えて飛び込んだ浅井選手の判断の裏に、ノーリスク・ハイリターンを見て、チームの勝利を目指す精神を感じたのです

ただ、その打球が追いつけるものなのか、間に合わないものなのか
この判断は的確ではありませんでしたよね

解説してらした福本さんもお怒りでした
「3点リードの状況はある。でもそれは置いて、外野手として捕れるか否の判断を的確にすべきだ。浅井にはそこまで期待してる。」
語られはしませんでしたが、勝手にそんな言外を受け取りました

浅井選手は、そこまで期待して良い外野手ですものね
あくまで、当社比でってレベルではありますが^^;





| 吉朝夢 | 2011/07/08 11:53 PM |

吉朝夢さん
 コメントありがとうございます。
 そうなんですよ!目指す姿勢と判断の違いですよね!いやぁ、言いたかったことはコレだったんだ!ってスッキリしました。ありがとうございます。

 あの場面なんですけどね、当たっていないとはいえ3番、4番を迎えることを考えると実に嫌な感じがしたんですね。

 もしも浅井選手がダイビングしなかったら・・・・・間を抜かれていたかもしれないし、止めていたかもしれない。でも1塁ランナーは3塁に到達していた可能性は高かったと思います。その上であのプレーはどうだったのか?と考えてみたら、とりあえず気にすんな!ってことにしておいたって感じです。勝ったから言えるセリフですが。

 浅井選手への期待は私も実感しています。俊介選手がファームで鍛え直しの時間を得ることが出来たのも、右打ちの外野手で守備も悪いわけではない浅井選手がいたからです。西武ドームで見せた、抜けるような打球をシングルで止めたような守備を見せることもあります。あとは安定感と判断力だと思うのですが、これは鍛えることが出来るんでしょうか?
| たけ | 2011/07/09 12:31 AM |