03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 結構酔ってるんで勝ったけど箇条書き | main | いんやぁ、気持ちよかったww >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

危機じゃねぇよチャンスだよ
人気ブログランキングへ


 城島選手の登録抹消でピンチになると思われる捕手事情だが、ここはチャンスを思ったほうが本当にいいと思う。

 当面は藤井選手がスタメンマスクを被ることになると思う。これはこれでFAの藤井選手を獲得したことの意味が結果的に証明できるのだからいいことだ。

 藤井選手がメインとなることで、おそらく他の捕手の出番も増えると思う。打力よりも守備の人といった感のある選手と俺は思っているので、勝負どころでは藤井選手に代打という場面もあるだろう。こうしたあとに控えの捕手が出てきてマスクを被る。場合によっては何試合に1回は他の捕手がスタメンマスクということもあるかもしれない。岡選手、小宮山選手、清水選手あたりは大きなチャンスを貰うと思う。

 ただし、藤井選手の評価が低いかといえば決してそんなことはない。むしろ捕球の安定さは城島選手を凌ぐと思う。東北楽天時代は盗塁阻止率だって悪くないはず。盗塁阻止率は投手との共同作業なんで捕手だけのせいじゃないし。

 ヤクルトの古田さんから始まり、打てる捕手が重宝される時期が長く続いている。打席に立つからにはバッターであるのでそれは当然だ。城島選手のように打力に秀でるものがある選手がクローズアップされるのは当然ということだ。

 でも俺が元プロ野球選手や某球団の現役の球団スタッフから聴いた話では全員が「捕手は打率は2割でいい。それよりもしっかり投手をリードしてくれるほうが何倍も大事。」と口を揃えていうのだ。(あとは肩の強さも)

 ということで、藤井選手が頑張ってくれているうちに、そして城島選手の復帰までの間に次世代の正捕手が居場所を掴む戦いが始まるのだ。それは先ずは2番手捕手という居場所である。

 みんなが必死になって居場所を探せば良いのだ。当然藤井選手だって次までのつなぎであるわけが無い。これをチャンスに自分が城島選手の帰ってくる場所を無くすつもりでプレーするのは当然だ。

 同一ポジションのチーム内競争。これはきっとレベルアップにつながるはず。今まではファームから呼ばれても3番手捕手扱いでとりあえずベンチに置かれているだけだったかもしれない。それはそれで1軍の空気を吸うという経験でもあるのだが、やはり1軍で出場してナンボの世界。ここからが競争の始まりなのだ。

 「この投手にはこの捕手で!」ってくらいの存在になってくれれば面白い。最初から全てが揃うわけではない。でも最初に何を揃えるか?強肩か?リードか?キャッチングか?誰が抜き出すのか?これに俺はワクワクしている。


人気ブログランキングへ
| タテジマに想いを | 22:57 | comments(0) | - |