03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 一発回答 | main | どう使うんだい? >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

1プレーの怖さ
人気ブログランキングへ



 久保投手のナイスピッチングを何とか勝利につなげたかった!!もうそれだけしかない試合である。

 今夜の久保投手はストレートに非常に力があり、打たせて取るスタイルではなく奪ってアウトを稼げる内容であった。本当にナイスピッチングである。

 相手のマエケンが良くて、悔しい内容であったが勝てる気配も結構あっただけにもったいないと思える。

 それにしても藤川俊選手のプレー、凄いねぇ!!なんか久しぶりに“THE 守備固め”ってプレーを見た。その直後の打席で初球に手を出してアウトになっちゃったのは反省点。守備でノッて攻撃に反映されれば今夜のヒーローだった。でも守備だけでメシが食える選手って感じで、彼のところに打球が飛ぶのが凄く楽しみである。

 できればもっと打席に立たせて1軍の投手に慣れさせたい。そこに至るまでの時間はかかると思うがタイガースの並居る俊足系外野手の中で1歩リードしたというところだろう。

 今日の試合中、何回か流れが変わったのだが1プレーで流れが変わった出来事を1つ挙げれば8回の城島選手の打席だと思った。

 チャンスをつくり、広島は満塁策を選択。マエケンと言えども慎重になる場面である。この打席、カウントは0−2(ストライクを先に書いた)である。0−3は当然避けたいところ。ストライクを投げる確率は非常に高かっただろう。

 だがこの打席、マエケンはストライクを取るのに苦労していた感がある。その中の0−2。ここで城島選手のスイングはファールとなるのだが、ここはストライクを1つ取られるまで「待ち」で良かったんじゃないか?と思った。あの一振りがマエケンを楽にしてしまったと思うのだ。「あのコースは振る。」そう思われたのかもしれない。

 微妙に流れが変わった場面を経て城島選手は三振。一発の怖さがあるブラゼル選手だが2アウトになっていることから外野フライでもいけない場面となっている。高さ的には甘いところにきたスライダーを捉えることが出来ず三振。どんなに打っても7割程度、出塁率を見ても6割程度は凡退するのが野球というスポーツ。2アウトになった時点で厳しいものだったかもしれない。

 ここで流れを持っていかれたと思ったのだが、前述の藤川俊選手の攻守で流れを渡さない。再びタイガースに流れが・・・・・と思った瞬間に小窪に打たれちゃった。

 勝負を分けた場面は他にもあったと思う。ただ1つのきっかけを逃しただけで結果は大きく変わるということを再認識した。そういう意味では経験とか戒めとなる貴重な試合。でも勝てる試合を落とした印象もあり、そういった意味でも前者とは違う勿体無いという意味での貴重な試合だった。この試合の1つの勝ち星が後々シーズンを左右するものとならなければ良いが。


人気ブログランキングへ
| タテジマに想いを | 21:32 | comments(0) | - |